Home > 12月, 2011

2011.12.31

今日のみ言葉(2011年12月31日)【No.209】

「ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。
また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。」
(エペソ5:17-18 新改訳)

——————

クリスマスパーティー、忘年会、新年会と、この世の宴会が続く季節です。

現代の日本で、飲酒・喫煙の問題で悩むクリスチャンは結構いらっしゃいます。

しかし、飲酒・喫煙は信仰・救いとは無関係です。

全く土俵が違います。

救いの唯一の条件は、イエス・キリストを自分の罪からの救い主として信じることです。

お酒を飲むから救われないとか、タバコを吸うから信仰を剥奪されるということはあり得ません。

-*-*-*-*-*-*-

ただし、せっかく救われ、神の宮として聖霊様が住んで下さるこの肉体を損ねたり、周囲の人の健康に害を及ぼさないようにという意味で、喫煙を控えるようにおすすめしています。

国立保健医療科学院の調査によると、タバコを1日1〜9本吸い続ける人が肺ガンになるリスクは、無喫煙の人の4.6倍です。

これを放射能に換算すると、3400ミリシーベルト。原発作業員の被曝限度の14倍です。

原発事故の影響を恐れる前に、まずタバコが健康に及ぼす影響を考えた方がよいようです。

-*-*-*-*-*-*-

酒と聖霊は似たところがあります。

どちらも酔います。

つまり、アルコールも聖霊も人間の脳に影響を与えるのです。

聖霊は人の思いを聖なる思いに満たし、神の御心に従おうという方向に導きます。

一方、酒に支配されると、人間は「放蕩」の方向に向かいます。

自分の欲望を満たそうとし、理性のブレーキを外してしまうのです。

-*-*-*-*-*-*-

大事なことは、聖霊に満たされる、ということです。

つまり、「今、御霊の影響下に自分はいるか?」と、事ある毎に確かめながら生きることです。

厳しい時代を生きているのですから、プレッシャーやストレスにさらされ、心が弱る時があります。

その度毎に、自力で気持ちをごまかすのではなく、聖霊様に頼るのです。

人間ですから完璧にはできません。

その事をご存知の聖霊は、私たちを赦し、慰め、励ましを与え、再スタートをする力を与えて下さいます。

このスピリットに触れ、同じ波長にさせていただき、神の子としての自分を取り戻し、来るべき新年を歩み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-


東日本大震災後の3月21日から始まった御言葉メールも大晦日の配信をするまでに守られました。

皆様のご愛読ありがとうございます。

お正月休みをいただき、次回は1月5日から配信させていただきます。

来年は新約聖書をマタイによる福音書から順々に1章ずつ進めていく予定です。皆様の聖書通読の助けになれば幸いです。

感謝を込めて。

2011.12.30

今日のみ言葉(2011年12月30日)【No.208】

「見よ、さきに預言した事は起った。わたしは新しい事を告げよう。その事がまだ起らない前に、わたしはまず、あなたがたに知らせよう」
(イザヤ42:9)

——————

大地震で揺り動かされた2011年も、今日を入れてあと2日で過ぎようとしています。

この2日間で何が起きようとも、神は既にそこにおられることを心にしっかりと刻みましょう。

-*-*-*-*-*-*-

神様は人間と違い、時間と空間に縛られません。

現実に左右される方ではなく、その口から発する御言葉により現実を創り出すお方です。

私たちは、この先どうなるかわからないという恐れを抱く時があります。

しかし、今日の聖句を知る人は、「神はそこにもおられる」という慰めを得るのです。

神は起こらない先のことをご存知であり、その時の救いを準備しておられ、今、そのために働いておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

それはちょうど宿泊を予約して旅行をするようなものです。

事前にきちんとホテルや旅館を予約して出発します。

考えれば、本当にそこに泊まれるかどうかは着いてみないとわかりません。

しかし、「泊まれるものだ」、と信じて安心して旅を楽しみます。

「本当に大丈夫なのだろうか…」と不安一杯で、周りの美しい景色も目に入らずに旅先の時間を費やす人はいません。

まして、この先のことを熟知しているガイドと共にいるのなら、なおさら安心です。

人生の旅は、最高のガイドである神が共に歩んで下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの未来は神の御手の中にあります。平安を自ら手放すことなく、神と共に歩んで参りましょう。

2011.12.29

今日のみ言葉(2011年12月29日)【No.207】

「あなたは、身ごもった女の胎の中で、どうして霊が骨にはいるかを知らない。そのようにあなたは、すべての事をなされる神のわざを知らない。」
(伝道の書11:5)

——————

太陽は東から昇り、西に沈みます。

西から太陽を昇らせることは可能でしょうか?

そんなこと不可能!?

いえ、既に人類は20世紀中に可能にしたのです。

-*-*-*-*-*-*-

ある牧師がフランスのパリ発アメリカのワシントンD.C.行きの飛行機に乗りました。

出発時刻は午後9時。既に夜です。

離陸後、暗闇の夜空が徐々に明るくなり、西に沈んだはずの太陽がその西側から昇るのを目にしました。

地球の自転速度より速く飛ぶ、超音速旅客機コンコルドで西方向へ向かったからです。

-*-*-*-*-*-*-

不可能が可能になるにはいくつかの方法があります。

自然の法則を超える超自然的法則があるのかもしれません。

あるいは、今は神様だけがご存知で、後に人類が発見する自然法則があるのでしょう。

この牧師はその体験からこのように書いています。

「信仰とは、不可能が現実に可能となるのを許すことです。」

-*-*-*-*-*-*-

  << 祈 り >>

神様、たとえ可能性が見えても、「それは非現実的だ」と拒否してしまいたくなる私に、謙遜さを与えて下さい。

そして、喜んで信じる時に信仰が成長するのだ、ということを確かめる事ができるように助けて下さい。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの内側にある「できない」という思いを、神様の御手にそっとお預けしましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※お詫びと訂正
204号が抜けておりましたので、今回のメールを204号として発行いたしました。

2011.12.28

今日のみ言葉(2011年12月28日)【No.206】

「はとは夕方になって彼のもとに帰ってきた。見ると、そのくちばしには、オリブの若葉があった。ノアは地から水がひいたのを知った。」
(創世記8:11)

——————

箱舟に乗ったノアは、洪水が去ったかを知るために一羽の鳩を飛ばしました。

鳩はそのまま帰ってきました。足を止める所がなかったからです。

ノアはまだ水が引かないことを知りました。

いつまでこの状態が続くのか、箱舟の中での生活の行く末を案じる時だったのではないでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

しかし彼はその1週間後、もう一度鳩を飛ばしました。

すると鳩はオリブの葉をくわえて戻ってきたのです。地の上の水が引いた証明です。

このオリブの若葉はどんなにノアを喜ばせ、安心させたでしょうか。

更にその1週間後、もう一度鳩を飛ばした時、もう鳩は箱舟に帰ることはありませんでした。

洪水は完全に終わったのです。

-*-*-*-*-*-*-

神は私たちに希望のしるしを与えて下さいます。

今日、鳩が若葉をくわえずに空しく戻ってきても、オリブの木と葉はその時もう既に備えられているのです。

やがて私たちの手元に与えられることを堅く信じ、再び鳩を飛ばす気力を養っていくことが、人生の夜を過ごす秘訣です。

-*-*-*-*-*-*-

神の励ましのしるしを見つける一日となりますように…。

2011.12.27

今日のみ言葉(2011年12月27日)【No.205】

「種まく人に種と食べるためのパンとを備えて下さるかたは、あなたがたにも種を備え、それをふやし、そしてあなたがたの義の実を増して下さるのである。」
(第2コリント9:10)

——————

神はイエス・キリストを通し、本当に祝福して下さるお方です。

今日の聖句を見ると、祝福を今までにも増して増やしてやりたいと願う方だということがわかります。

-*-*-*-*-*-*-

なぜでしょうか?

神は愛にあふれた方であるから…、

私たちの父であるから…、

祝福することがご性質だから…、

そして、私たちがキリストの姿に似た者となって欲しいからです。

神が私たちを祝福されるのは、私たち自身が他の人々の祝福となるためなのです。

「わたしは…、あなたを祝福し…、あなたは祝福の基となるであろう。あなたを祝福する者をわたしは祝福し…、地のすべてのやからは、あなたによって祝福される」
(創世記12:2-3)

-*-*-*-*-*-*-

祝福が見えない人のために、3つのアドバイスがあります。

(1)感謝を3つだけ探しましょう。

「私のどこに祝福が?不幸ばっかり…」という感覚が去らない人は、感謝が見えないものです。

しかし、どんな人でも感謝すべき事はあるはずです。

まず3つ、感謝すべきことを挙げてみましょう。

最初は3つだけでも感謝を探すのは大変ですが、身の回りの小さな出来事から3つだけ探してみましょう。

注意点として、調子に乗って4つ以上探そうとしないことです。

感謝する習慣のない人が感謝をするということは、心にも体にも相当負担がかかります。

感謝することが痛みとなってはいけませんので、初めの出だしは3つだけに止めておくことです。

後になれば、泉のように自然に湧きあがってきます。

-*-*-*-*-*-*-

(2)失敗を交換してみたら、と考える。

誰かがあなたのところに来て、

「あなたの失敗と私の失敗を交換してみませんか?」

と言われたとしましょう。

自分のこれ以上ないというほどの過去の失敗を、他人のそれほどとは見えない失敗と交換できるとしたら、どうでしょうか?

その時、あなたの心に浮かぶ思いを注意深く観察してみましょう。

-*-*-*-*-*-*-

(3)苦労がもたらしたものを考えてみる

「あの苦労がなかったらどんなに良かっただろう」と人間は思うものです。

しかし、その苦労をすることで得たものがあったはずです。

そしてそれは現在のあなたにとってかけがえのない財産となっていることが少なくありません。

もしあの苦労をすることがなかったら、今の私は何を失うだろうか、という面から考えてみましょう。

苦難という包装紙に包まれて贈られた神の祝福が見えてくることでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

今日も神から贈られる祝福を見て参りましょう。

Next »