Home > 10月, 2012

2012.10.31

今日のみ言葉【No.438】(2012年10月31日)

おおよそ、人は征服者の奴隷となるものである。
(第2ペテロ2:19)

——————

人は征服者の奴隷となります。

肉の欲に征服されている者は、肉の欲の奴隷となります。

奴隷は主人の意のままに動きますから、肉の欲の意のままにその人は行動します。

私たちが神に征服されているなら、神の奴隷となります。

神の意のままに、きよい生活を送ることになります。

-*-*-*-*-*-*-

ただし、人間には自由意志が与えられていますから、神と戦って負け、しぶしぶ服従せざるを得なくなる…、のではありません。

自ら神に征服されることを選択するのです。

つまり、神に明け渡す、ということです。

神様に自分の人生を

「お使い下さい」

と明け渡す時、

自分色の人生に神様の色が加えられ、それが相まって、きよい芸術作品となっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

東京美術学校(現東京芸大)の校長で、院展の創始者でもあった岡倉天心は、「The Book of Tea(茶の本)」で茶道を海外に紹介しました。

この本の中で、茶道とは「不完全なものを良しとする」世界である、と説明しています。

それを具現化しているのが「茶碗」です。

その辺の消息を小川哲央氏はこのように語っておられます。

「茶わんの代表、志野、黄瀬戸、瀬戸黒、唐津、粉引、萩、楽等は、あえて土を十分に焼きしめません。その為、素地と釉薬との融合作用が不十分なままであり、つまり、科学的に言えば、まさに『不完全なもの』なのです。しかし、反面長所もあります。熱が伝わりにくく、茶を飲むには、実に都合が良い。また、長年使っていくうちに、素地と釉薬との間に異物が入り込み色合いが変わっていきます。よく、『茶わんは使い手が育てるもの』と言われる理由はここにあります。」

(「小川哲央の窯ぐれ随筆 2008年12月4日」より http://ogawagama.exblog.jp/i7/

 

-*-*-*-*-*-*-

私たちは不完全であるからこそ、神の手に育てられ、より良いものへと変えられていくのです。

そのための鍵は、あなたという茶碗を毎日、神様に使っていただくことです。

神の御手に自分をゆだねることを拒んで、棚の奥にしまっておけば、何の変化も起きません。

しかし、あえて神に征服され、その奴隷となるという強烈な表現のように自分を明け渡していくと、神様色に染み渡ったあなたという茶碗が出来上がっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

生活の一つ一つの部分で、神様に明け渡す一日を送って参りましょう。

2012.10.30

今日のみ言葉【No.437】(2012年10月30日)

それだから、あなたがたは、力の限りをつくして、あなたがたの信仰に徳を加え、徳に知識を、
(第2ペテロ1:5)

——————

今日の聖句では、

「信仰に徳を加え、徳に知識を…」

と、良きものをどんどん加えることを勧めています。

この「加える」という言葉を調べると、音楽のコーラス活動にたどり着きます。

当時のギリシャ社会では、

「コーラスを結成する人は、惜しみなく金をつぎ込み、りっぱな人を雇ってきた。」(『新約聖書 一日一章』より)

つまり、信仰生活に必要なことや役に立つことは、貪欲になるほどに求め、取り入れていきなさい、ということです。

思い切って、自分の中に良きものを迎え入れるということです。

-*-*-*-*-*-*-

ところで、良い材料を集めれば必ず良い作品が出来る、とは限りません。

かつて、プロ野球チームの巨人は、他球団の四番クラスの強打者を集め、最強打線を誇り、これで優勝間違いなしと言われました。

しかし結果はそううまくは運びませんでした。

走攻守、バランスのとれたチームを率いた監督のチームがリーグ優勝を果たしたのです。

神様にあなたという野球チームの監督になって下さい、とお願いすると、風雨にさらされた面も、素直な面も共に生かして用いて下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

法隆寺・薬師寺の宮大工棟梁(とうりょう)西岡常一氏は、

「堂塔建立の用材は木を買わず山を買え」

と伝えています。

木の癖は育った環境によって決まります。

例えば、風に枝をねじられた木には、何とか元に戻ろうとする性質が生まれ、それが木の癖というものになります。

それを見極め、それぞれの癖、個性を生かしてこそ風雪に耐える立派な堂塔が建つというのです。

実際に、建物の南側の材料は南側で育った木を使い、北側の材料は北側の木を用い…、というように組み合わせて全体を建てあげていきます。

こうやって建てられた建築物は、何百年を経ても、美しさと品格が漂います。

あなたという神の作品は、人前に出せる立派な材料のみを集めて作られるのではありません。

人には言えない苦労も、神はそこから「忍耐」という材料を取り出し、あなたという作品に加えて下さいます。

神様は私たちの人生の全てを使って、私たちを神の作品へと組み上げて下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の与えて下さるものを感謝して受け、今日一日を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●み言葉メールを申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に空メールを送信して下さい。
・申し込み reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止 del@mikotoba.nows.jp

2012.10.29

今日のみ言葉【No.436】(2012年10月29日)

だから、あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。
(第1ペテロ5:6)

——————

米沢興譲教会の「興譲」とは、

「譲る心を興す」(ゆずるこころをおこす)

という意味です。

謙譲を興す、つまり、その人の内に謙遜な心が作られていくことです。

今日の聖句が興譲の土台となる御言葉です。

-*-*-*-*-*-*-

謙遜は何よりもイエス様がその見本となられました。

最後の晩餐の席で、先生であるイエス様が弟子たちの足を洗い、

「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしは手本を示したのだ。」
(ヨハネ13:15)

と、へりくだる生き方をするように教えられました。

謙遜とは、「私はダメなんです」と自分を卑下することではありません。

洗足のイエス様のように、自分の立場を越え、僕(しもべ)の立場になって他者のために奉仕する生き方をすることです。

-*-*-*-*-*-*-

僕(しもべ)となるとは、人より下の立場になることですから、見くびられたり虐げられたりする可能性は当然あります。

それを恐れて謙遜になれない人もいます。

また、頭の良い人は、

「自分が下に出れば後で自分は高くされるだろう」

という計算づくで行いますが、それでは真の謙遜とは言えません。

ポイントは、

「神の力強い御手の下に、自らを低く」

するということです。

神の守りがあるという信仰で自らを低くし、思いもかけぬ出来事に出会っても、むしろそのことを通して神の力に触れていけるのが信仰の醍醐味です。

-*-*-*-*-*-*-

神にゆだね、謙遜の道を歩んで参りましょう

2012.10.27

今日のみ言葉【No.435】(2012年10月27日)

彼らは、やがて生ける者と死ねる者とをさばくかたに、申し開きをしなくてはならない。
(第1ペテロ4:5)

——————

日本三景として名高い、松島、天橋立、安芸の宮島。

天橋立では仏教施設が多くあり、その中で久々に地獄絵図を見てきました。

とりわけ目を引いたのは、地獄で罪人が鬼に取り調べを受けている風景で、大きな鏡の中に生前の悪行三昧が映し出されている絵でした。

仏教にも死後の裁きがあるのだなあ、と、キリスト教との類似を覚えた時でした。

-*-*-*-*-*-*-

聖書が繰り返しはっきりと伝えていることは、死後にある神の審判です。

「やがて生ける者と死ねる者とをさばくかたに、申し開きをしなくてはならない。」

私たちの命は神様から与えられた、いわば「借り物」ですから、地上で生きている間に命をどのように使ったか、与え主の神が説明と精算を求めるのです。

この神の裁きから逃れる方法は、罪を犯さないことです。

厳密に言えば、たとえキリストを信じていなくても、その人が生涯、何の罪も犯していなければOKなのです。

しかし、そのような人は誰もいません。

罪ある人間が、罪なし、と認められるには、誰かが身代わりになって神の裁きを受けてもらうほかありません。

それがイエス・キリストの十字架です。

キリストの死は私の代わりに罪の刑罰を受けたことだったのだ、と信じる者は神の裁きを受けません。

神の前での精算時、全部キリストが払ってくださったので、クリスチャンは何も申し開きをする必要はなくなりました。

これがキリストの福音、「Good news」(グッドニュース)、つまり「良き知らせ」です。

-*-*-*-*-*-*-

ミッション・バラバという元ヤクザの人たちによる伝道団体があります。

背中の入れ墨は消えませんが、むしろそれを背負って、元同じ世界のヤクザの人たちや薬物にはまった人たち、さらには一般の方々に伝道しているのです。

ミッション・バラバの伝道者には暗さがありません。

過去はすべて許され、新しい人生を歩むことのできる喜びにあふれているからです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストを信じる者は神の裁きにおびえる必要がありません。

喜びを持って今日一日を歩んで参りましょう。

2012.10.26

今日のみ言葉【No.434】(2012年10月26日)

夫たる者よ。あなたがたも同じように、女は自分よりも弱い器であることを認めて、知識に従って妻と共に住み、いのちの恵みを共どもに受け継ぐ者として、尊びなさい。それは、あなたがたの祈が妨げられないためである。
(第1ペテロ3:7)

——————

今日の聖句の、

「知識に従って妻と共に住み」

の知識とは、結婚生活に関しての情報が豊富にある、という意味ではないようです。

ここで言う「知識」とは、夫が、

「この妻は神様が私に与えられた方」

と、結婚に神の御心があると認めることです。

-*-*-*-*-*-*-

人間は相対的な存在ですから、今年Aさんが一番良い人でも、来年はBさんが最も良い人、となるかもしれません。

しかし、神から受け取った、とされる時に絶対化されるのです。

つまり、この人以外は愛さない、という夫婦関係は、

「神によって一つとされた」

という信仰があって初めて確かなものとされていきます。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句では次に、

「いのちの恵みを共どもに受け継ぐ者として、尊びなさい。」

と述べられています。

自分だけでなく、共々に神の恵みを受け継ぐ者であるから、相手を尊んでいくことができるのです。

榎本保郎牧師は、その点を以下のように書いています。

-*-*-*-*-*-*-

その人を尊んでいくためには、その人に注がれている神の御心を認めていかなければならない。

「キリストは彼のためにも、死なれたのである。」
(ローマ14:15)

人間はみな欠点を持っている。

しかしそういう見える世界ではなくて、神はあの人のためにも、イエス・キリストをこの世に送り、血を流されたのであるという信仰に立つとき、私たちははじめて共々にその恵みにあずかり、その恵みを受け継ぐ者として、その人を尊んでいくことができる。

そこにほんとうの愛が生まれてくる。

価値があるから尊ぶのではない。

その人が持っている能力というような外側のものではなくて、その人に注がれている神の愛において、人を尊んでいくのである。

そこにほんとうの平等、平和があるのではないかと思う。

-*-*-*-*-*-*-

神に選ばれた者として自分を思い、相手を思い、共々に神の恵みにあずかって参りましょう。

Next »