Home > 4月, 2013

2013.04.30

今日のみ言葉【No.558】(2013年 4月30日)

あやまって、知らずに人を殺した者を、そこへのがれさせなさい。これはあなたがたが、あだを討つ者をさけて、のがれる場所となるでしょう。
(ヨシュア記20:3)

——————

忠臣蔵は日本で大変人気がある時代劇です。

主君浅野内匠頭の無念を晴らすため、大石内蔵助率いる四十七士が吉良上野介邸に討ち入り、見事仇討ちを果たす物語です。

虐げられた善玉が一気に悪玉をやっつける筋書きは、まさに勧善懲悪。爽快そのものです。

ところが、日本で2個所だけ忠臣蔵を好ましく思わない土地がありました。

吉良家のあった三河吉良庄は当然のこととして、米沢もそうだったのです。

吉良上野介の長男が上杉家へ養子(後の第4代藩主上杉綱憲)として入り、親戚関係となっていたからです。

映画全盛時代の昭和30年代でも、米沢では忠臣蔵の映画は1本も上映されないほどでした。

現実は何でもスパッと割り切れるものではないようです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句は、「のがれの町」の具体的制定です。

故意ではなく、誤って人の命を奪ってしまった場合でも、遺族には恨みの感情が残り、それが「血の復讐」へと進み得ることは人間である限り全世界共通です。

復讐の念に駆られた者が、裁判を経ずに容疑者を殺してしまうことのないように「のがれの町」が設けられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

では故意に殺人を犯した人にも「のがれの町」は適用されたのでしょうか?

いいえ、彼らには救いの場所はありません。

これが旧約時代の当然かつ厳正なる限界です。

しかし、驚くべきことに、新約時代では

「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」
(第2コリント5:17)

とあるように、どんな人もキリストを信じるだけで救われる世界となったのです。

ただしこれは法律を守らなくてもよい無法時代になったと言うことではありません。

キリストの十字架には、どんな者でも救うことができる力があるということなのです。

神の子の犠牲により、滅びに向かうしかなかった人に救いの道が与えられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

「滅びに向かうしかなかった…」という罪認識の有る無しが、神への愛と感謝が生まれるかどうかの境目となります。

神の前で自分はいかなる存在であるか、そこのところに深く目を注ぐ一日として参りたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

神の愛はどんな人をも救う愛です。

2013.04.29

今日のみ言葉【No.557】(2013年 4月29日)

すなわち、主の命に従って、彼が求めた町を与えたが、それはエフライムの山地にあるテムナテ・セラであって、彼はその町を建てなおして、そこに住んだ。
(ヨシュア記19:50)

——————

ヨシュア記19章で各部族への土地の分配が終わります。

そして最後にヨシュアへの土地の割り当ての記事があります。

ヨシュアは自分の地位を利用して最良の土地をあらかじめ得ておく…、というようなことをしなかったのです。

もしそうしたとしても、イスラエルの功労者である彼を責めるものは一人もいなかったでしょう。

当然の功績としてヨシュアは真っ先に自分の住む土地を得ても良かったはずです。

しかし彼は、自分への嗣業を受け取らず、最後の最後にしたのです。

ここに彼の公平性が見て取れます。

-*-*-*-*-*-*-

老年に達した彼は、温暖で住みよく、子どもたちに囲まれた地を望んだでしょうか?

ヨシュアが進んで求めたのは、

「エフライムの山地にあるテムナテ・セラ」

でした。

どうやら太陽を崇拝する偶像礼拝の町だったようです。

何と彼は

「その町を建てなおして、そこに住んだ。」

とあります。

何歳になってもチャレンジするヨシュアの精神的若さが表れています。

-*-*-*-*-*-*-

人は何歳になろうと、若くても老いても、その年齢でなければできない神の使命があります。

健康な時には健康な人向けの、病の時には病の人向けの、神様が用意された働きがあります。

若く、経験も乏しいからこそやってのけられることがあるのです。

年老いて、体も思うように動かず病気がちであるからこそ、その状態でなければ出会えない人との出会いがあるのです。

私たちがいかなる状況にあろうと、神は使命を与えていて下さいます。

今、やれることがあるのです。

ヨシュアのように山の中の難しい町の立て直しはできなくとも、私でなければできない何かが今日あるのです。

そこに時を費やす一日でありたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

神のチャレンジに取り組む日として参りましょう。

●み言葉メールを申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に、件名・本文無しの空メールを送信して下さい。
・申し込み reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止 del@mikotoba.nows.jp

※ご注意
登録すると申込確認メールが自動送信されます。来ない場合は迷惑メール設定をご確認ください。そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できません。

2013.04.27

今日のみ言葉【No.556】(2013年 4月27日)

あなたがたは、先祖の神、主が、あなたがたに与えられた地を取りに行くのを、いつまで怠っているのですか。
(ヨシュア記18:3)

——————

もしあなたが

「1ヶ月後に転勤・引っ越し」

という辞令をもらったとしたら、どんな気持ちになるでしょう?

「片づけだ。捨てるチャンス!そして新しい出会い!ワクワク!」と心踊る方がおられるでしょう。

あるいは、

「家探し、引越しの段取り、ご近所への挨拶回り、役所・学校関係の手続き…。あー、やることいっぱい、頭が痛い!」と否定的反応が出てくる方もおられることでしょう。

この世は前者の前向き反応の人を優遇します。

そして後者の後ろ向き反応が出てこないように抑え込もうとします。

-*-*-*-*-*-*-

さて、聖書はどうなのでしょうか?

今日の聖句では、

「あなたがたは、先祖の神、主が、あなたがたに与えられた地を取りに行くのを、いつまで怠っているのですか。」

と、引っ越しに消極的な人々を叱咤激励しているようです。

カレブのように自分から申し出て土地を獲得しようとする強者もいましたが、今日の聖句のように、土地が与えられても尻込みする部族もいたのです。

新しいことに挑戦することを喜びと感じる人と、未知のことに恐ろしさを感じる人との違いです。

古代イスラエルの民が皆勇者ではありませんでした。

祝福を得るには、その過程で戦いを経験しなければなりません。

そのつらさや犠牲を思う時に、一歩も二歩も後ずさりをする部族が7つもあったのです。

-*-*-*-*-*-*-

この民に対して、ヨシュアは次のように接しました。

「部族ごとに三人ずつを出しなさい。わたしはその人々をつかわしましょう。彼らは立っていって、その地を行き巡り、おのおのの嗣業のために、それを図面にして、わたしのところへ持ってこなければならない。」
(ヨシュア記18:4)

彼は「今すぐ戦いに行け!」、と尻をたたくことはしませんでした。

調査せよ、と告げたのです。

最初の一歩を踏み出しやすいものにしたのです。

いきなり戦うことが彼らにとって到底無理なことであっても、調査ならできるかもしれません。

戦いは全員参加で一致団結しなければできませんが、調べに行く人は全員でなく、部族の中のたった3名です。

しかもヨシュアが出した課題は、その土地の図面を提出することだけです。

これなら身の危険もなく、やれそうです。

ヨシュアは、自分たちにできることから始めさせたのです。

-*-*-*-*-*-*-

チャレンジすれば必ずその向こうの祝福が得られる、と頭で分かっていても、踏み出す前の人には真の意味では分かっていないのです。

ですから、神様は何かの形で、まず踏み出すことを私たちに促されます。

今日あなたにできることは何でしょうか?

大きなことではなく、自分ができる小さな事です。

その一歩を踏み出した時に、次の踏み出すべき一歩が見えてきます。

「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」
(詩篇119:105)

神の光はサーチライトのように遠くまで照らす光ではありません。

ともしび、ランプですから、足下の一歩先を照らす光です。

先が見えないからと言って動かないでいては、その光を持っている意味がありません。

一歩先まで見えているととるか、一歩先しか見えないととるか、ここが人生の分かれ道であり正念場です。

2歩目は、1歩踏み出した人にだけ見えるのです。

あなたの勇気ある一歩を、神は祝福されます。

-*-*-*-*-*-*-

与えられている恵みの光の中で、あなたが踏み出せる一歩を進めて参りましょう。

神は次の一歩を示して下さいます。

2013.04.26

今日のみ言葉【No.555】(2013年 4月26日)

カナンびとは鉄の戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」。
(ヨシュア記17:18)

——————

日本経済新聞社が毎年暮れに発表するヒット商品番付。

昨年、2012年の1位は東京スカイツリー。

一昨年、2011年の1位はスマートフォン。

では2010年の1位は何だったでしょう?

3年前、あなたもきっと購入したか、お店で手に取ってみたはずです。

私もスーパーで買おうとして行ったら売り切れで入荷待ちでした。

それほどの人気商品。

お忘れでしょうか?

食べるラー油です。

人の記憶は薄れ去るものです。

-*-*-*-*-*-*-

マナセの部族はかつての祝福の記憶を保持していました。

彼らは

「主が今まで、わたしを祝福されたので、わたしは数の多い民となった」

とは認めましたが、その次に、

「あなたはなぜ、わたしの嗣業として、ただ一つのくじ、一つの分だけを、くださったのですか」
(ヨシュア記17:14)

と、人口増加で住む場所が足りないことを不満に思い、ヨシュアに訴えたのです。

これに対してヨシュアが言ったのが今日の聖句です。

「カナンびとは鉄の戦車があって、強くはあるが、あなたはそれを追い払うことができます」

-*-*-*-*-*-*-

住む土地が足りなければ、山を切り開き、林を伐採し、そして敵の領地を征服して得なさい、という、一見冷たい回答のように見えます。

しかし、今日の聖句の言葉は、マナセ族が強いからカナンびとを追い払うことができるのではなく、神が共におられるので、鉄の戦車があっても勝利することができる、というヨシュアの堅い信仰の言葉なのです。

ヨシュアが持っていてマナセに欠けていた「祝福の記憶」とは、

「今まで祝福して下さった方は、これからも祝福して下さる」

というものです。

神が共におられ、自分たちが神から離れない限り、過去に祝福を与えられた神は、今この時も、そして将来にわたって祝福して下さるという信仰です。

「イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない」
(ヘブル13:8)

この主イエス・キリストを信頼して歩む人生に、祝福が尽きることはありません。

-*-*-*-*-*-*-

今日も、明日からも、祝福の雨は天から降り続けることを思い描き、一歩一歩、前へ進んで参りましょう。

2013.04.25

今日のみ言葉【No.554】(2013年 4月25日)

エフライムの子孫が、その家族にしたがって獲た地の境は、次のとおりである。
(ヨシュア記16:5)

——————

ヨシュア記11章の最後で、

「こうしてその地に戦争はやんだ」

とあるように、約束の地カナンの征服は終わりました。

それから後に続くヨシュア記の章は、得た土地の分配です。

ですから、まるで不動産の登記手続きのような、一見無味乾燥な記述が続いています。

-*-*-*-*-*-*-

しかし、実はこれは神がアブラハムに約束された契約の具体的成就です。

アブラハムがロトと別れた後、神は、

「あなたは立って、その地をたてよこに行き巡りなさい。わたしはそれをあなたに与えます」
(創世記13:17)

と約束なさいました。

「すべてあなたが見わたす地」

と表現された土地が、今、アブラハムの子孫であるイスラエルの民の手に渡され、具体的に各部族が住む土地として割り当てられているのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の約束がまだ成就していない前、それは燃えるような夢となって人を駆り立て、前進させるエネルギーとなります。

ところが、現実にそれが成就する段階では、まるで事務的手続きを行うように淡々となされていきます。

ニコニコ寮でお預かりした問題児と言われる人たちが癒される時もそうでした。

「彼らは将来素晴らしい人となる」、と信じ、その姿を心に描いて一生懸命祈ります。

するとその人がガラリと劇的に変わっ…、ということは滅多に起こりません。

教会スタッフは相変わらずその努力が実を結ばない日々を送ります。

祈りの中で描いた

「この人は将来、きっとこんなふうに素晴らしく変わる!」

という姿を心の慰め・エネルギーとして、かろうじて生きていきます。

-*-*-*-*-*-*-

やがて「その日」がやってきます。

毎日祈り、関心を持っている人でなければ気づかないような朝がやってくるのです。

夢にまで見た変化は実にあっさりと起こります。

昨日まで抵抗し、できなかったことが、まるで日常茶飯事のように、生まれてから今までずっと当たり前にやっていたかのように、何事もなくなされています。

「うわぁー!」とか「あ゛ー!」とかという叫びも歓声もありません。

朝になって目覚めたら、何年も地中にいた幼虫がセミとなって鳴いています。

堅く動かなかったサナギから蝶が飛び出し、朝から当たり前のように花々の中を舞っています。

人が癒される時もそのようなものです。

気がつけば、何事もないように普通の日常生活を送っているのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたが毎日淡々と送る日常生活は、実は神の約束とご計画の成就ではないでしょうか?

「神の恵みによって、わたしは今日あるを得ている」
(第1コリント15:10)

という御言葉を今一度かみしめる一日として参りましょう。

Next »