Home > 5月, 2013

2013.05.25

今日のみ言葉【No.577】(2013年 5月25日)

そしてサムソンは言った、「ろばのあご骨をもって山また山を築き、ろばのあご骨をもって一千人を打ち殺した」。
(士師記15:16)

——————

ろばのあごの骨とは何でしょうか?

サムソンはこの「ろばのあご骨」をもってペリシテ人一千人を打ち殺したのですから、相当の武器となる骨だったのでしょうか?

その答は、

「無意味」

です。

全く無意味なろばのあご骨を使って敵を倒したのです。

-*-*-*-*-*-*-

ろばは荷を運ぶのに適した動物です。

性格も穏やかですから戦いの場では使い物になりません。

更に、旧約聖書ではろばは汚れた動物として扱われ、ろばの初子を捧げる時は代わりに小羊を捧げなければなりませんでした。

そのろばが死んで、道端に骨となってさらしてありました。

これが「無意味」ということです。

しかし、何の意味もないものが力ある人に拾われ用いられると、敵一千人を打ち殺すほどの成果をもたらすという希望が今日の聖句で語られているのです。

-*-*-*-*-*-*-

自分が神の手に拾われた「ろばのあご骨」である、と心から思える人は幸いです。

ろばのあご骨は自分からは何もすることができません。

その人生は既に終わってしまったのです。

誰からも見向きもされず、全く意味もなく朽ち果てるのを待つだけの「ろばのあご骨」。

しかし、いったん神によって用いられると、死んだはずの者が他者に命をもたらす働きをするようになります。

神にゆだねる人生とはそのようなものです。

-*-*-*-*-*-*-

「人生終わった…」

と思う人は、この「ろばのあご骨」になる資格があります。

神に人生をゆだねて、神に自分を用いてもらいましょう。

すると、

「あなたの人生を終わらせない!」

という神の力強い御声が心に響いてくるでしょう。

実り豊かな人生はすぐそこから始まります。

2013.05.24

今日のみ言葉【No.576】(2013年 5月24日)

父母はこの事が主から出たものであることを知らなかった。
(士師記14:4)

——————

日本映画の代表作「男はつらいよ」で故渥美清さんが演ずるフーテンの寅さん。

正義感は強くとも喧嘩は弱く、女の涙に弱くてコロッとだまされる愛すべきキャラクターです。

士師記のサムソンの性格は寅さんに似ていますが、ライオンを軽く一裂きにしてしまう腕力と、カッとなったらその怒りを誰も止められない獰猛さがあります。

-*-*-*-*-*-*-

そのサムソンが外国人の女と結婚すると言い出したので、同国のイスラエル人との結婚を望む両親は困りました。

息子のわがままに振り回される親の姿です。

しかしそのことを聖書は、

「父母はこの事が主から出たものであることを知らなかった。」

と記しています。

イスラエルを支配する敵であるペリシテ人の女との結婚。おそらく息子の一目惚れで長くは続きそうもない縁談。

人間の目で見ても、また、聖書の知識から言っても、どう考えても御心とは思えません。

しかし聖書は、「この事は主から出たもの」だと主張しています。

「サムソンはペリシテびとを攻めようと、おりをうかがっていたからである。」

という理由があったのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの目には「どう考えても分からないこと」がしばしば現れます。

それに巻き込まれ、実際の生活が影響を受けます。

善が倒れて悪が栄え、正直者が馬鹿を見るその隣で不正をする者が濡れ手で粟の富を得る現実です。

しかしそれは私たちが

「この事が主から出たものであることを知らなかった」

だけである、と聖書は宣言しているのです。

-*-*-*-*-*-*-

だからといって、

「何もかも神の御心だから文句を言わずに何でもハイハイということを聞いていればいいのだ」

という奴隷のような人生を送らねばならないのではありません。

人間が考える以上の考えを神がお持ちだということなのです。

「天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。」
(イザヤ55:9)

神は悪をも用いて善をされるお方なのです。

「あなたがたはわたしに対して悪をたくらんだが、神はそれを良きに変らせて、今日のように多くの民の命を救おうと計らわれました。」
(創世記50:20)

-*-*-*-*-*-*-

どう考えても分からないことは人生に起きるのです。

しかし、必要な時間がたち、後になれば分かることがあるのです。

今は分かりません。天国に行くまで分からないこともあるでしょう。

しかし分かることは、全てに神のご計画があり、神のご支配は全てに働いているということです。

そこに嵐の中でも平安を保つ秘訣があります。

-*-*-*-*-*-*-

「どうしてもこうならなければならない」

という思いを、そっと神様に手放し、

「御心のままに」

と祈れる一日でありますように…。

2013.05.23

今日のみ言葉【No.575】(2013年 5月23日)

しかし、あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。
(士師記13:3)

——————

私のスーツケースはサムソナイト製です。もうかれこれ30年近く使っていますが、ビクともしません。その耐久性は折り紙付きです。

サムソナイトという名前の由来は、今日の士師記13章で生まれるサムソンから来ています。

彼は怪力の持ち主として旧約聖書の中でも特異な存在感を放っています。

-*-*-*-*-*-*-

サムソンのストーリーを知るには、「サムソンとデリラ」(1950年アメリカ映画)をご覧になると良いでしょう。

怪力サムソンは美しい女デリラと恋に陥ります。

ところが、彼女はサムソンの力の秘密を知るためにペリシテが遣わした女スパイでした。

サムソンに苦杯をなめさせられた敵ペリシテは、デリラから得た情報で、サムソンの力の秘密は髪の毛にあることをつかみます。

恋した女に裏切られ、髪の毛を剃られてしまったサムソンは力を出せずに捕らえられてしまいました。そして目をくりぬかれた上に牢獄に入れられてしまうのです。

しかし彼は牢獄の中で悔い改め、…、

(以後のストーリーの結末は知りたい方は、ご自分で士師記16章までお読み下さい。)

-*-*-*-*-*-*-

波乱に満ちたサムソンの人生は、

「しかし、あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。」

という御使いの言葉によって始まりました。

サムソンの母は不妊の女でした。

その彼女に神の使いが現れ、神の言葉を告げたのです。

-*-*-*-*-*-*-

しかし、人は神の「不可能を可能にする」言葉をなかなか信じることができません。

なぜなら、

「今までが今まで…」

だったからです。

何度やってもその通りにならず、気を取り直して再びやり始めてはみたものの、やっぱり結果は同じ。

ですから、お子さんや夫や妻や部下から

「今度はちゃんとやるから大丈夫」

と言われても、頭の中をかすめるのは、

「今までが今までだったからなー…」

という思いです。

-*-*-*-*-*-*-

この壁を打ち破るのは、

「神が語られた」

という確信です。

神が語られたことは、途中に紆余曲折があっても、必ずそうなる、という確信です。

目の前の現実が変わるということを信じられない人は、その上に更に大きな神様の毛布を掛けてみましょう。

それは、

「神が語られたことは必ず成る」

という毛布です。

「この人は絶対に変わらない」

というあなたの確信の上に、

「神が語られたことは必ず成る」

という神様の暖かい毛布をかけ、それで覆うのです。

やがてあなたの

「今までが今まで…」

という言葉が、

「主にとって不可能なことがありましょうか。」
(創世記18:14)

という言葉に変わっていきます。

-*-*-*-*-*-*-

神様の毛布に包まれる一日を過ごして参りましょう。

2013.05.22

今日のみ言葉【No.574】(2013年 5月22日)

わたしは命がけでアンモンの人々のところへ攻めて行きますと、主は彼らをわたしの手にわたされたのです。
(士師記12:3)

——————

ユニクロを擁するファーストリテイリング社の柳井正会長は、今や日本の富豪第1位の人物です。

ところが、4月23日付の朝日新聞のインタビューで

「年収100万円も仕方ない」

と格差社会を認めるような発言をしたことがきっかけで、各方面から叩かれ、バッシングを受けました。

さて、昨年末から上昇傾向を続けていた株価はどうなったでしょう?この発言に嫌気がさし、会社の株価はガクンと下がったでしょうか?

実際は一向に下がる気配はなく、それからもどんどん上がり続けています。

ある経済学者は、「これが資本主義というものだ」と述べていますが、株主側からは、「このような人が経営する会社なら優良企業だ」と見えるからなのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

人が人を見る見方は様々あり、1つの評価がその人全て正しく語っているわけではありません。

エフタは不完全な人で、自分の娘を犠牲にしてしまうほどの大失敗をしましたが、だからと言って彼の思いや行為が全て間違っていたわけではありません。

彼は

「命がけでアンモンの人々のところへ」

攻めて行きました。

神は彼のその一途な思いに応えて下さり、アンモン人に対して勝利を授けて下ったのです。

-*-*-*-*-*-*-

ひるがえって、私たちの思いの中に、神に対する一途な思いがあるでしょうか?

「神は必ず答えて下さる。」

「御言葉がこう言っているから私はする。」

と信仰を持って生きることは、時に戦いです。

信じて信じて信じ抜けば必ず願い事は叶います。だからあきらめずに強く信じ抜きましょう…、というのは、ちまたの新興宗教や儲け主義の成功セミナーが強調することです。

信じたことすべてが叶ってしまったら、それは信仰ではありません。

信じてもあっさり却下されることが山ほどあるのです。

その中で、「神が言っていることは何か?」と尋ね究め、御心を求めることがポイントなのです。

自分の願いは神のふるいにかけられ、どんどん落ちていきます。

残るのは神の御心です。

その御心が到底不可能なことのように見えても、それが成ることを信じ、地道な一歩を積み上げていくのです。

神の栄光を見るのはその先にあります。

「もし信じるなら神の栄光を見るであろう」
(ヨハネ11:40)

-*-*-*-*-*-*-

神の栄光を見る道を今日も進んで参りましょう。

2013.05.21

今日のみ言葉【No.573】(2013年 5月21日)

父は誓った誓願のとおりに彼女におこなった。
(士師記11:39)

——————

士師記11章にはまるでテレビのドラマのようなストーリーが描かれています。

父親が遊女に産ませた子エフタは兄弟たちから追い払われ、その結果、彼はグレてやくざ者と一緒に暴れ回る鼻つまみ者となりました。

さて、何年かしてアンモン人が攻めてきました。人々は力に優れるエフタに頭を下げ、

「わたしたちの大将になってください。」

と手のひらを返したように彼を迎え入れ、戦いに勝とうとしました。

彼は抜群の知力と戦力をもってアンモン人を打ち破るのですが、戦いの前に主にこのような誓願を立ててしまうのです。

「もしあなたがアンモンの人々をわたしの手にわたされるならば、わたしがアンモンの人々に勝って帰るときに、わたしの家の戸口から出てきて、わたしを迎えるものはだれでも主のものとし、その者を燔祭としてささげましょう」。
(士師記11:30-31)

ドラマのクライマックスはこの次です。

「やがてエフタはミヅパに帰り、自分の家に来ると、彼の娘が鼓をもち、舞い踊って彼を出迎えた。彼女はエフタのひとり子で、ほかに男子も女子もなかった。」
(士師記11:34)

何と自分のひとり子、ひとり娘が最初にエフタを迎えたのです!

神に約束したことは必ず果たさなければなりません。

それでやむなく、

「父は誓った誓願のとおりに彼女におこなった。」

つまり、父は娘を自分の手で殺し、いけにえとして捧げたのです。

-*-*-*-*-*-*-

エフタの軽率な誓願、として聖書では有名な個所です。

私たちはこのところから何を教訓として学べばよいのでしょう?

安易に約束などするべきでないということでしょうか?

セルフイメージが低いことが影響したということでしょうか?

あなたは何を感じられるでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

アブラハムもひとり子イサクを捧げましたが、直前に主の使いが現れ、イサクは救われます。

しかしエフタの娘に対して、神は何の応答もなさいませんでした。

アブラハムとエフタの違いは何でしょうか?

それは、神の命令によるかどうか、ということです。

アブラハムの場合は神が捧げよと言われたのです。

「あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」。
(創世記22:2)

しかしエフタの場合は自分から

「その者を燔祭としてささげましょう」

と言ったのです。

-*-*-*-*-*-*-

燔祭とは神への捧げものですが、自分の思いで捧げてはいけないのです。

私たちはたくさん捧げれば捧げるほどよいと思いますし、なるべく高価な物を捧げた方が神様は喜ぶ、と考えがちです。

もしそれが本当だとすると、捧げるという行為の中に「もっともっと」というこの世の価値観が持ち込まれてしまいます。

その結果、犠牲が大きければ大きいほどその人は優秀で信仰深い人ということになり、教会がいつの間にか強い者が勝ち残る世界になってしまいます。

そのような教会では、他と比較してわずかしか捧げられない人は肩身の狭い思いをし、萎縮してしまい、最後にはいたたまれなくなり、去ってしまうのです。

-*-*-*-*-*-*-

捧げる時は、神に聞いて捧げるのです。

エフタのようにどんなに大きな犠牲を払ったとしても、それが神に聞いて行ったことでなければ、神は沈黙されるのです。

多大な犠牲を払ったから私たちは神の前に義とされるのではありません。

その払いきれない罪の借金を、神のひとり子イエス・キリストが身代わりになって払って下さった、ということを信じることで義とされるのです。

ですから、神に聞くことが大事です。

「これくらい捧げれば神様も聞いて下さるだろう。力を貸して下さるだろう。」

などという考えは今日を限りに捨ててしまいましょう。

もう一度言います。

捧げる時は、神に聞いて捧げるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の恵みに心を浸す一日として参りましょう。

Next »