Home > 7月, 2013

2013.07.31

今日のみ言葉【No.622】(2013年 7月31日)

わたしの命を、もろもろの苦難から救われた主は生きておられる。
(サムエル記下4:9)

——————

「アトムは女性なんです。」

とアトム生みの親、手塚治虫氏が対談で明かされたことがありました。

発表が少年雑誌だったので、「鉄腕」が付けられ、「7つの威力」や「十万馬力」を持った強力スーパーロボットを描く羽目になったのだそうです。

手塚氏が本当に描きたかったのは、差別され、虐げられ、孤独を味わう悲劇のロボットだったというのですから驚きです。

-*-*-*-*-*-*-

サウル王の息子イシボセテを討ち、その首をダビデの下に持って行ったレカブとその兄弟バアナも驚いたに違いありません。

彼らは自分たちがしたことをダビデは喜び、

「大手柄だ!」

と喜ぶはずだと思っていたのです。

なぜなら、イシボセテはダビデの命を狙っていたサウル王の子ですから、敵方です。

その敵をやっつけたのですから、ほめてもらえると思うのも当然です。

しかしダビデは彼らに対し怒りを発し、部下に命じて二人を処刑してしまいました。

その理由は、いくら敵であっても、サウルは「神が油注がれた者」であり、イシボセテはその子であったからです。

ダビデにとって、自分の命よりも、神の選びの方が大事だったのです。

-*-*-*-*-*-*-

もう一つの理由は、レカブとバアナの存在を許せば、神に頼ることよりも人に頼る方にダビデは傾いてしまうからです。

彼は神のみに頼ろうとしました。

それが、今日の聖句、

「わたしの命を、もろもろの苦難から救われた主は生きておられる。」

という宣言に現れています。

ダビデにとってイシボセテの死は実は大助かりなのです。

しかし、今回は神の御心とは全く無関係に、人間の欲得、打算、保身の結果として強引になされた結果でした。

ダビデは主のみに助けを求める姿勢を崩さず、レカブとバアナを断罪したのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたはこのお話から何を得ますか?

人の助けは全て拒否せよ、ということでもなさそうです。

一番のポイントは、神により頼むことを最優先にする、ということではないでしょうか?

神により頼むことを第1番とし、その結果として様々な人にお頼みすることは自然なことです。

しかし、神を抜きにして人に頼り、それで成功してしまったら大変なことになります。

なぜなら、その人抜きでは自分の状態を保てなくなるからです。

そうすると、その人の顔色をうかがうようになります。

その人がニコニコしていれば自分はホッとし、その人が怒っていれば自分は不安になり、その人が自分を捨てないだろうかと絶えず心配する日々が始まるのです。

「人を恐れると、わなに陥る、主に信頼する者は安らかである。」
(箴言29:25)

神に頼って人に頼らず、とはこのことを言います。

-*-*-*-*-*-*-

「わたしの命を、もろもろの苦難から救われた主は生きておられる」という宣言を私たちもして参りましょう。

2013.07.30

今日のみ言葉【No.621】(2013年 7月30日)

わたしは油を注がれた王であるけれども、今日なお弱い。
(サムエル記下3:39)

——————

ダビデは軍部の独走を押さえられませんでした。

3章ではダビデ軍の将軍ヨアブがサウル軍の将軍アブネルを殺害してしまう事件が記されています。

ヨアブは自分の弟が殺された恨みを晴らすため、ダビデに自分の行動を知られないようにして実行しました。

「わたしは油を注がれた王であるけれども、今日なお弱い。」

という今日の聖句は、王として任命はされたけれども、まだまだ実力が伴わないダビデの嘆きの言葉です。

-*-*-*-*-*-*-

現代でもそのような状況を目にすることがあります。

肩書きが与えられて実力はこれからという方々の苦労です。

二代目の若手社長が古参の事務局長に頭が上がらない、とか、新米医師がベテラン看護師からたしなめられる、とか…。

クリスチャンも同じで、「神の子」という素晴らしい肩書きが先行しますが、実態は

「この間悔い改めてスタートしたばかりの赦された罪人」

です。

世間が

「クリスチャンだからこれくらいは…」

と要求するイメージ通りに毎日生きられるはずがありません。

つまり、洗礼を受けたということは霊的に新しく生まれた、ということで、霊的幼な子からスタートします。

洗礼を受けて、いきなり大人として霊的に生まれるわけではないのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたは霊的何歳児でしょう?

霊的0歳児ならば、堂々と霊の乳、すなわち御言葉を読み、どんどん栄養を吸収することが最優先です。

「今生れたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。それによっておい育ち、救に入るようになるためである。
(第1ペテロ2:2)

0歳児は自立しようとして自分で立ってはいけません。転んで怪我をしてしまいます。

立つ前に十分栄養を取り、体全体が立つのに十分なくらい強くなることが先です。

-*-*-*-*-*-*-

まだおむつが取れない霊的3歳児ならどうでしょうか?

つまり、一丁前のことを言うけれども、弱音や愚痴、肉の思いを自分で始末できないので、周りの方々にお世話になっている人です。

そのような人は、おむつを取って自分でトイレに行けるように、誰かにそばについてもらって、やさしくトレーニングをしてもらわなければなりません。

おもらししても、怒らないで

「きっとできるようになるよ。」

と、やさしく励ましてくれる人を選び、つきあってもらうのです。

-*-*-*-*-*-*-

このように、クリスチャンは一挙に大人になってはいけません。

おのおの、その霊的ステージに見合った訓練があるのです。

完全受容が必要な時期があり、厳しい訓練が必要な時期もあります。

どの段階でも共通するのは、

「後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、目標を目ざして走り、」
(ピリピ3:13-14)

とあるように、成熟した姿を目指し、必ずそうなると信じて神の訓練にチャレンジしていくことです。

-*-*-*-*-*-*-

クリスチャンは肩書き先行、実体後行です。

焦らず、くじけず、御言葉と祈りにより実体を築き上げていきましょう。

2013.07.29

今日のみ言葉【No.620】(2013年 7月29日)

時にユダの人々がきて、その所でダビデに油を注ぎ、ユダの家の王とした。
(サムエル記下2:4)

——————

悪名名高き人種差別政策アパルトヘイト。

南アフリカ共和国をアパルトヘイトから解放したのが、ネルソン・マンデラ氏です。彼はこのことにより、ノーベル平和賞を受賞しています。

解放運動をはじめたのが第2次大戦中の1944年。

その後、27年間の投獄生活を経験しながら、ついに1994年、彼は大統領として選出され、アパルトヘイトは撤廃されました。

つい最近、一時危篤が伝えられましたが、ネルソン・マンデラ氏は95歳の高齢を保っています。

彼の人生を見る時、事は一瞬にしては成らず、多くの出来事を経た後に成っていくことを知ります。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句は、ダビデが人々から受け入れられてユダの王となった個所です。

実は彼は祭司サムエルから油注がれ、王として任命されていました。

神の言葉はその通りになります。

しかし現実は、一気にその通りにはならないようです。

ダビデはサムエルに見いだされ、油注がれた後、サウル王に認められますが、民衆のダビデに対する人気に嫉妬したサウルから追われます。

サウルの死後、ユダの王として迎えられますが、この段階ではまだまだサウル王の残党との内戦が続きます。

名実ともにイスラエル全体の王となるのはまだ先のことなのです。

私たちに対する神のお約束も、必ず実現します。

しかし、その多くは一瞬にして成るのではなく、行きつ戻りつ、紆余曲折を経て、時には消え去った後に復活し、段階を踏んで成就するのです。

-*-*-*-*-*-*-

米沢興譲教会の八巻ご夫妻はその一例です。

奥様は先に信仰を持たれ、小学校の教師時代の昭和39年の新潟地震時、ビクともせずに生徒たちを誘導した堅い信仰の持ち主です。

ご主人の救いのためにずっと祈ってこられましたが、何十年間、その祈りは何の実も結ばない状態でした。

しかし、時至って50年後、ご主人も洗礼を受けられ、ご一緒に礼拝に集っておられます。

-*-*-*-*-*-*-

今日の祈りが今日かなわなくても、落胆するのは早すぎます。

祈りが答えられることを信じ、現実に沿った祈りを続けながら、神のみ業を待つ一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●み言葉メールを新たに申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に、件名・本文無しの空メールを送信して下さい。

・新規申込
reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止
del@mikotoba.nows.jp

※ご注意
ご登録されるとすぐに申込確認メールが自動送信されます。
3分たっても来ない場合は

からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

2013.07.27

今日のみ言葉【No.619】(2013年 7月27日)

どうしてあなたは手を伸べて主の油を注がれた者を殺すことを恐れなかったのですか
(サムエル記下1:14)

——————

サウル王の死を報告した者は、ダビデに取り入ろうとしていました。

彼の考えは、あれくらいダビデを執拗に追い回したサウルが死んだのだから、その知らせを聞いたらダビデは大いに喜ぶだろうというものだったのでしょう。

自分を悩ます敵がいなくなり、危険が無くなったという知らせですから、当然のことだと思います。

しかしダビデの反応は違っていました。

「どうしてあなたは手を伸べて主の油を注がれた者を殺すことを恐れなかったのですか」

とその若者に詰め寄り、彼を殺してしまいました。

ダビデにとって、

「主に油注がれ、神に選ばれたこと」

はそれほどまでに重要なことだったのです。

-*-*-*-*-*-*-

これを新約の時代にあてはめると、

「この弱い兄弟のためにも、キリストは死なれたのである。」
(第1コリント8:11)

ということでしょう。

弱い人のためにも、自分を悩ます者のためにも、キリストは十字架で死なれたのです。

神の子の命と引き替えにするほど、その人を大事な存在として神は見られているのです。

私たちは、あまりにも悩まされ、相手を迷惑な存在だと思うと、ふと、

「いなくなればいいのに…」

「消えてくれればどんなに楽か…」

と思い、心の中でその人を抹殺していることすら知らないで生きています。

しかし神の視点からその人を見ると、イエス・キリストの命を支払ってでも買い戻したい大事な存在なのです。

-*-*-*-*-*-*-

「私を悩ますあの人が、神様にとっては大事な存在か…」

と、頭では分かりますが、嫌な人であればあるほど、その事実は考えたくもないことです。

多くの人はこのメッセージを聞いても、

「ふ〜ん」

と言ったきり、次の瞬間には忘れています。

それくらい拒絶したいことなのでしょう。

まさにキリスト教はここから始まります。

相手を心の中で殺しているこの私が何の裁きも受けずにキリストによって救われている。

この恵みに気づき、浸り続けなければなりません。

たとえて言うなら、キリスト温泉に入り、暖まることです。

温泉場に行き、湯につかって暖まり、毎日新鮮な海の幸山の幸のごちそうを食べ、また湯につかって暖まり…、という生活を飽くことなく繰り返すのです。

やがて、私たちの内側が神によって変えられていることを知るでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

神の恵みに浸る一日として参りましょう。

2013.07.26

今日のみ言葉【No.618】(2013年 7月26日)

その骨を取って、ヤベシのぎょりゅうの木の下に葬り、七日の間、断食した。
(サムエル記上31:13)

——————

サムエル記上の最後はサウルの死で終わっています。

彼は王に選ばれた時、荷物の間に隠れるほど謙遜な人でしたが、いったん権力の座につくと人が変わってしまいました。

サウルとダビデも共に王となり、共に完全な人ではなく、共に大きな失敗をしましたが、大きく違っていることがあります。

サウルは最後まで神の前に明確な悔い改めをしませんでした。

しかし、ダビデは人目もはばからず、王としてではなく一人の罪人として神の前に悔い改めました。

この点が同じ欠点を持つ人間でありながら、神に退けられるか神に愛されるかの違いを生んだのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

もし失敗することが悪いのでしたら、何もしない方が良いということになります。

そうではありません。

失敗が悪いのではなく、悔い改めをしないことが悪いのです。

今日の聖句はサムエル記上の最終章最終句であり、イスラエルの悔い改めを表しています。

ここからイスラエルに神の祝福がまた降り注ぎはじめます。

-*-*-*-*-*-*-

悔い改めの時期は、早ければ早いほどいいのです。

私の感覚で言えば、

「どうしようかな?もう少しやってみるか…。」

と薄々感じだした時です。

「これはダメだな。悔い改めないといけないな。」

という時は、とっくの昔に限界を越えています。

車を運転中に一気に反対方向へは行けません。必ずブレーキをかけ、止まってから方向を変えます。

悔い改めにもブレーキが必要なのです。

ただし、ブレーキをかけたらすぐ車が止まるかというと、そんなことはありません。

ブレーキを踏み続けて、それからようやく車は止まるのです。

ですから、7日に1回、日曜日を安息の日として休むことが人生のブレーキの日なのです。

そこで神を見上げ、立ち止まり、人生の方向を再点検するのです。

ブレーキなしの人生は、どんどんスピードがつき、人を追い越していくので大変気分がよいものです。

しかし、「危ない」と思った時にブレーキを踏んでも、すぐ止まれるかどうかの保証はありません。

あなたは今突っ走ってはいないでしょうか?

人生の運転も、適正な速度で、そして、定期的に止まりながら、方向を確認していきたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

神を見上げる時をもって参りましょう。

Next »