御言葉

七度目にしもべは言った、「海から人の手ほどの小さな雲が起っています」。 (列王紀上18:44) ------------------ 列王紀上18章はすぐお読みになることを勧めします。 エリヤがバアルの預言者450人と対決し、神が天から下した火で勝負をつけ、悪王アハブの鼻を明かす痛快この上ない個所です。 まさに勧善懲悪。 テレビの水戸黄門を見終わった時のよう ...

御言葉

わたしはからすに命じて、そこであなたを養わせよう (列王紀上17:4) ------------------ 王の中には極悪人という名前がふさわしいほどの悪王がいました。 代表的なのはアハブ王です。 ところが、悪王がのさばる時代に神は大預言者を遣わします。 アハブに対しては、神の人エリヤです。 王は時の権力者であり、その強大な力で王に刃向かうものを殺してしま ...

御言葉

彼はネバテの子ヤラベアムの罪を行うことを、軽い事とし (列王紀上16:31) -*-*-*-*-*-*- サウル、ダビデ、ソロモンと続いた王国は、ソロモンの死後、2つに分裂しました。 10部族の北イスラエル王国と、2部族の南ユダ王国です。 南ユダはダビデの家系で王が続きますが、北イスラエルは違いました。 前の王は今の王に殺され、次の王は今の王を殺して王になる ...

御言葉

アサはその父ダビデがしたように主の目にかなう事をし、 (列王紀上15:11) ------------------ バングラデシュという国のある村に農業のボランティアに行ってきた人の話です。 バングラデシュの美人の3条件は、 (1)色が浅黒い (2)ポチャッとした小太り (3)目がぱっちりと大きい だそうです。 そうなると、日本人女性が考える美人の3条件 ( ...

御言葉

なぜ、他人を装うのですか。 (列王紀上14:6) ------------------ 高木裕樹先生は牧師になる前、カリスマ美容師として活躍し、芸能人の方もお客様となっていたそうです。 ある時仙台市内を歩いていたら、 「ヤァ!高木さん!」 と見知らぬ風変わりな背の高い男性に声をかけられました。 その人はサングラスをちょっとだけ外して目を見せてくれました。 当 ...

御言葉

だれでも好む者は、それを立てて高き所の祭司とした。 (列王紀上13:33) ------------------ かつてロシアが共産主義国家のソビエト連邦となり、キリスト教(ロシア正教)は弾圧を受けました。 70年後、ソ連は崩壊し、再び国はロシアとなりました。 キリスト教は死に絶えたかと全世界の注目が集まる中、人々のキリスト教信仰は途絶えていなかったのです。 ...