Home > 10月, 2013

2013.10.31

今日のみ言葉【No.687】(2013年10月31日)

その時大祭司ヒルキヤは書記官シャパンに言った、「わたしは主の宮で律法の書を見つけました」。
(列王紀下22:8)

——————

ヨシヤ王の時代になりました。

彼は、

「ヨシヤは主の目にかなう事を行い、先祖ダビデの道に歩んで右にも左にも曲らなかった。」
(列王紀下22:2)

と評されるように、善い王でした。

彼の治世時代にとんでもないことが起こります。

律法の書の発見です。

-*-*-*-*-*-*-

律法の書とはモーセの律法のことで、申命記だろうと言われています。

悪王の時代が長く続き、イスラエル国内には他宗教が幅をきかせていたので、聖書が置き去りにされていたのです。

書記官シャパンがそれを王の前に読んだ時、

「王はその律法の書の言葉を聞くと、その衣を裂いた。」
(列王紀下22:11)

とありますから、相当の衝撃を受けたに違いありません。

つまり、ヨシヤ王はそれまで聖書の内容を知らなかったのです。

「イスラエルの王がモーセの律法を知らないなんて、まさかそんなことが…」

と思いますが、悪王によって神の言葉が断たれた時代が確かにあったことを表しています。

-*-*-*-*-*-*-

悪がはびこり、矛盾が横行する現状の中で、人はどのように生きたらよいのか。

その答が今日の聖句の中にあります。

「わたしは主の宮で律法の書を見つけました」

と告げたのが、大祭司ヒルキヤであったということです。

前の王マナセの悪政と不利な条件の中、その時代の祭司や預言者たちが律法の書をまとめ、いつか正しい世になった時のために神殿の文庫に保管しておいたのです。

彼らは、やがて神が悪を裁かれる時が来ることを信じ、その時のために、自分たちが出来ることを行っていました。

これが解答です。

不遇の時代や不条理な取り扱いを受ける時、徹底的にそれに抗戦するのも一つの生き方です。

しかし、後の世の勝利を信じ、今自分に出来ることを粛々と行うことも正解の一つなのです。

-*-*-*-*-*-*-

現実をいたずらに嘆いてはいけません。

主はこう仰せられます。

「わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。」
(黙示録3:15)

熱く燃えて対抗するか、冷静に自分のなすべき事を行うか、あなたはどちらをお選びになるでしょうか?

どちらでもなければ、

「熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう。」
(黙示録3:16)

という厳しい言葉が次に控えています。

人生にはどうしても決断しなければならない時がやって来ます。

しかし、決断し飛び込んでいく先に、神のご計画が現されるのです。

-*-*-*-*-*-*-

御言葉に立ち、今日の人生の方向をはっきりと定めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.10.30

今日のみ言葉【No.686】(2013年10月30日)

マナセは十二歳で王となり、五十五年の間、エルサレムで世を治めた。
(列王紀下21:1)

——————

現在、日本のプロ野球もアメリカの大リーグも、最終勝者を決めるシリーズが続
いていて予断を許しません。

ハラハラドキドキの展開です。

ところが、安心して見ていられる方法が1つあります。

結果を先に知り、ひいきのチームが勝ったことを確認してから、録画してある
ゲームを観戦することです。

これだと、どんなにピンチの時があっても、審判の誤審があっても、安心して見
ていられます。

勝ったことに変わりはないからです。

-*-*-*-*-*-*-

列王紀下21章では、マナセが南ユダ王国の王として最長の55年間の治世を行った
ことが記されています。

さぞ良い政治をしたのかと思いますが、その逆で、マナセほどの悪王はいないと
聖書はその悪行三昧を書き残しています。

なぜ悪い王なら神様は早々と罰を与えて退けなかったのでしょうか?

その答はありません。

ただ、

「マナセは十二歳で王となり、五十五年の間、エルサレムで世を治めた。」

という客観的事実だけが記されているのです。

-*-*-*-*-*-*-

悪が栄え善が虐げられることは現実にも聖書にもあります。

「神に仕える事はつまらない。われわれがその命令を守り、かつ万軍の主の前に、
悲しんで歩いたからといって、なんの益があるか。今われわれは高ぶる者を、祝
福された者と思う。悪を行う者は栄えるばかりでなく、神を試みても罰せられな
い」
(マラキ3:14-15)

伝道の書の記者は、だから人生はむなしいのだ、と次のように語っています。

「わたしはこのむなしい人生において、もろもろの事を見た。そこには義人がそ
の義によって滅びることがあり、悪人がその悪によって長生きすることがあ
る。」
(伝道の書7:15)

-*-*-*-*-*-*-

この人生の矛盾を解決する考え方が2つあります。

一つは、神の時がある、という考え方です。

やがて悪が滅びる、という「やがて」がキーワードになります。

人間には計り知れない神の御心があり、神の最善の時にそれが果たされる。

今は解決の途上なのだ、という考え方です。

-*-*-*-*-*-*-

もう一つは、罪人が悔い改めるのを待つ神の愛のゆえだ、という考え方です。

悪王とて人間。

神は人を愛され、悔い改めて神の方に向きを変えることを望んでおられます。

そのチャンスを忍耐強く与え続けているので長期間かかっているという考え方で
す。

このように言われると、私たちは急に手も足も出なくなります。

自分が罪人であることを知っているので、

「その愛の神があなたの悔い改めを待っています」

というメッセージがこちら側に食い込んでくるからです。

「お互い様か…」という落としどころで納得する人もいらっしゃいます。

-*-*-*-*-*-*-

この2つの考え方は、真理の一面を語っていますから誤りではありません。

しかし、最終的解決はキリストの十字架と復活にあります。

「もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのであ
る。」
(マタイ28:6)

イエス・キリストが十字架にかかられたのは、この人生の矛盾を一身に背負い、
解決するためです。

十字架上で全人類の罪の身代わりとして犠牲になり、罪の支払いを全てご自分が
払って下さいました。

従って、イエスを救い主と信じる者の罪は赦され、神の前で全ての負債は帳消し
となりました。

復活とは、罪と死に対する勝利の証明です。

悪に対する最終的勝利はまだ先のことになりますが、現在の私たちは勝利の喜び
を先取りして生きることが出来るのです。

-*-*-*-*-*-*-

復活の喜びを味わいつつ、今日も確かな一歩を踏み出していきましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.10.29

今日のみ言葉【No.685】(2013年10月29日)

わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたをいやす。
(列王紀下20:5)

——————

ヒゼキヤ王は病になり、預言者イザヤから、余命幾ばくもないから

「家の人に遺言をなさい」

という神の言葉を伝えられました。

ここで、

「はい、さようですか。神の御心ですからお受けいたします。」

と、そのまま死を受け入れる選択もあります。

しかしヒゼキヤは

「顔を壁に向けて主に祈って言った」

とあります。

「ああ主よ、わたしが真実と真心をもってあなたの前に歩み、あなたの目にかなうことをおこなったのをどうぞ思い起してください」
(列王紀下20:3)

と泣いて祈りました。

すると神は、

「わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたをいやす。」

と宣言され、帰る途中のイザヤを引き返させ、ヒゼキヤに告げさせるのです。

ヒゼキヤ王は癒されただけでなく、予定の年齢より15年長く生きることも宣言されました。

-*-*-*-*-*-*-

神は人と共に働かれます。

神はご自分の計画の中に、人間を引き入れ、祝福を共に味わわせたいと願うお方なのです。

ですから、私たちが、

「どうせ御心でしょ。人がどう思おうと、がんばって努力したとしても、御心以外成らないんでしょ。」

と思うことがある時、私たちから祈りを呼び醒まそうとなさいます。

ヒゼキヤの場合は、それが外国からの侵略であり、不治の病であったのです。

-*-*-*-*-*-*-

苦しい時は、

「神様、この苦しみを取り去って下さい!」

と祈りましょう。

それが人間の自然な気持ちです。

ただし、今すぐ楽になれるかどうかは分かりません。

むしろ、祈ってすぐ苦しみが取り除かれるのは、まれです。

なぜなら、苦しみが取り除かれた瞬間から私たちは神を忘れてしまい、また元の日常生活を続けるからです。

苦しみと祈りは神からのギフトセットです。

これが私たちを神と共に歩ませます。

そして祝福へと導びかれていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

私が初めてギックリ腰を体験したのは、玄関で靴を履こうとした時でした。

重労働をしたのでも何でもなく、なる時はなるものです。

突然襲った激痛に、最初は何が何だかさっぱり分からず、それから3日間、寝るだけの日々を過ごしました。

もちろん、

「主よ、あのヒゼキヤ王のように癒して下さい!」

と祈りました。

その祈りはすぐにはかなえられませんでしたが、動けないでいる間に、人の愛を知りました。

こんなにも多くの人がギックリ腰を体験しているのか…。

そして、その痛みを味わったゆえに、同じ痛みで苦しんでいる人への愛といたわりがその方々の内に養われているのを感じさせていただきました。

激痛と、そこで得たケアによって、私も愛の人に変えられました。

神様はこの祝福を用意しておられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

神は私たちを祝福の中に入れようとなさっています。

苦難という包装紙に包まれた祝福が今日もやってくるかも知れません。

祈りを呼び醒まされつつ、今日の一日を神と共に歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.10.28

今日のみ言葉【No.684】(2013年10月28日)

この残っている者のために祈をささげてください
(列王紀下19:4)

——————

つい最近、二人の大物司会者が番組をやめる発表をしました。

一人は「テレビ局に感謝、国民の皆様に感謝」と言って、惜しまれつつ去ります。

片や、引きずり降ろされるかのように降板させられ、会見の最後では「バカヤロー!」と叫ぶ始末。

引き際を定めることは本当に難しいものです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書では積極的に「退く」ことを勧めています。

それは試練から逃げ出す消極的意味ではなく、自ら進んで

「神に退く」

ことです。

「しかしイエスは、寂しい所に退いて祈っておられた。」
(ルカ5:16)

退いて祈るために神に向かうことのできる人は幸いです。

-*-*-*-*-*-*-

列王紀下19章では、アッスリヤの圧力に屈しようとするヒゼキヤ王がどのようにしたかが記されています。

彼は

「きょうは悩みと、懲らしめと、はずかしめの日です。」
(列王紀下19:3)

と表現するほどの苦境に陥っていましたが、それを叫びやつぶやきだけで終わらせない信仰を持っていました。

預言者イザヤの下にこの叫びを祈りとして持って行ったのです。

そして、

「この残っている者のために祈をささげてください」

とイザヤに懇願します。

神のしもべイザヤに話したということは、神に伝えたということです。

神は、

「あなたがわたしに祈ったことは聞いた」
(列王紀下19:20)

と語り、アッスリヤがエルサレムに来襲することをとどめられました。

-*-*-*-*-*-*-

人生には退く時が必要です。

引き際が見苦しくなるのは、普段から引く訓練をしていないからです。

常に、前へ前へと出ようとしている人が、いきなり幕を下ろすことなど到底出来ることではありません。

「自分がこれをやらねばならぬ!」

から、一歩も二歩も下がって、

「どうぞこれらの方々のために祈って下さい」

と他者に祈りを依頼し、自分は退いて神に明け渡す…。

頼りとして握っていたものを手放す瞬間は不安を覚えるものです。

自分を支えるものを失い、自分がどうにかなってしまいそうに思うからです。

しかしやがてわかります。

いかに握っていたものに自分が振り回されていたかということを…。

神の不思議な御業が目の前に展開されるのを見るのはその時からです。

-*-*-*-*-*-*-

米沢興譲教会の金藤晃一先生は、1ヶ月に100人もの人とカウンセリングをし、猛烈に働いていました。

やがて知らぬ間にエネルギーが枯渇し、うつ病となり、強制休養となりました。

何も出来ない長期間、

「クライエントの皆さんに申し訳ない…」

という、うつ病独特の自責の念にとらわれましたが、どうしようもありません。

やがて復帰した時、彼はこう思いました。

「あの人は私が関わらない間にきっと精神病院に入院しただろう。あの夫婦は離婚しただろう。あの人は引きこもったままでもっとひどくなっているだろう…。」

さて、蓋を開けてみると、その人たちは今までよりずっと良くなっていたのです。

詳しく話を聞くと、

「金藤先生がいなくなったので、もう頼る人はいない、これは自分たちががんばらねばならぬと思って、一生懸命努力しました!」

とのこと。

金藤先生は、

「私はいない方が良かったのか…」

という存在の危うさをちょっぴり感じながらも、不思議な神様の御業を見させられ、神を褒め称えました。

-*-*-*-*-*-*-

全てから身を退き、神に退くひとときを持って参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●み言葉メールを新たに申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に、件名・本文無しの空メールを送信して下さい。

・新規申込
reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止
del@mikotoba.nows.jp

※ご注意
ご登録されるとすぐに申込確認メールが自動送信されます。
3分たっても来ない場合は

からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

2013.10.26

今日のみ言葉【No.683】(2013年10月26日)

あなたが頼みとする者は何か。
(列王紀下18:19)

——————

苦しい時の神頼み、という言葉があります。

普段信仰していない人が、困難にあった時だけ神にすがり、それが去るとまた元の無信仰に戻る姿を戒めて使う言葉です。

しかし、苦しい時に神を頼むしかないことは良いことなのです。

神の他に頼るものがないということですから、良い意味で開き直ることが出来ます。

勝たねばならぬ、やらねばならぬ、という力みから解放され、

「結果は神様に任せるほかない」

という無心の境地、リラックスした状態になれるので、案外本来の実力を出せるものです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句の

「あなたが頼みとする者は何か。」

とは、敵のアッスリヤ王の使者ラブシャケがエルサレムに来て、降伏を勧告した時の言葉です。

これは、

「おまえたちの信じる神に頼っても無駄だ」

という挑戦であり挑発でした。

自国の強大な軍事力を背景として、エルサレムの住民にアッスリヤ王に従えと演説したのです。

-*-*-*-*-*-*-

これに対する民の反応はどうだったのでしょう?

「しかし民は黙して、ひと言も彼に答えなかった。」
(列王紀下18:36)

とあります。

時のヒゼキヤ王が「答てはならない」とあらかじめ命じておいたせいもありますが、そうでなくとも一言も答えられないほどの状態だったことでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

苦難に遭う時、私たちはあれこれ手段を講じ、ここから脱出しようとします。

しかしどれもうまく行かず、万事休すの状態になります。

言葉も出ない状態になります。

黙する状態です。

この時を神は待っておられるのです。

「主があなたがたのために戦われるから、あなたがたは黙していなさい」。
(出エジプト記14:14)

明け渡しの瞬間です。

そこから先は神様に動かされますから、マリオネット(操り人形)のような感覚です。

ああしろ、こうしろ、と動かされるので結構忙しくなります。

しかも、「自分ではこうはしないな」という違和感も持ちます。

そして時が流れ、後ろを振り返る余裕が出た時、神に導かれたことを納得できるようになるのです。

-*-*-*-*-*-*-

作家の三浦綾子さんは、肺結核、そして脊椎カリエスで療養中、毎日自殺を考えていた時期があったそうです。

「癒えぬまま果つるか癒えて孤独なる老に耐えるか吾の未来は」

という短歌を作ったのもこの時期です。

「おまえの病気は絶対治らない」

「どうせ私は人に迷惑をかけるばかりなんだから」

と決めつけて生きていました。

しかし、

「今よりのちのことは、神の領分である」

という言葉を知り、十字架のイエス・キリストの福音に触れてからの三浦綾子さんは、この時の姿からは思いもよらない人生を送ることになるのです。

彼女はこう語ります。

「人生は思わぬ展開をするものである。自分の思い通りに動くものではない。」

「私たち人間には何もわからないが、しかし神の御手に委ねて一歩一歩歩むならば、絶望がいつの間にか希望に変わっているということがある。」

「それは誰の上にも言えることである。どんな時でも自分の人生を投げ出してはならない。」
(三浦綾子著『明日のあなたへ』より)

-*-*-*-*-*-*-

黙してしまう時こそ神に最も近い時です。

ゆだねて神と共に歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »