Home > 11月, 2013

2013.11.30

今日のみ言葉【No.710】(2013年11月30日)

しかしダビデはエルサレムにとどまった。
(歴代志上20:1)

——————

亡くなった名優、緒形拳さんが映画の中で、

「人も煙草も、煙になってみねえとわからねえ」

とつぶやきながら煙管(きせる)を吸うシーンがありました。

妙に心に残りました。

私はその時こう思ったからです。

「うまいこと言うなあ。タバコの味は見ただけではわからない。煙になって吸ってみてからわかる。人も今生きている間の出来事だけでは判断できない。死んで火葬場の煙になった時、初めてそこで評価が出来る。」

-*-*-*-*-*-*-

歴代志には、列王紀にあるダビデとバテシバの出来事は記されていません。

ただ

「しかしダビデはエルサレムにとどまった。」

という記述があるのみです。

これは同じ歴史書でも編集の目的が違うからです。

歴代志は神の宮である神殿建築に重きを置いて編纂されています。

ですから、神殿建築に深く関わったダビデの業績を取り上げ、彼の罪の部分は取り上げていないのです。

-*-*-*-*-*-*-

確かにダビデには罪の部分がありました。

預言者ナタンの指摘がなければ、おそらく一生そのままだったでしょう。

しかしダビデはナタンから罪を示された直後に、自分の罪を悔い改めました。

その心からゆるしを求める心境は、詩篇51篇に記されています。

「神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。」
(詩篇51:1)

-*-*-*-*-*-*-

他人の人生を、

「ああ、あの人はもう終わりだ」

などと軽々しく判断してはならないのです。

まして自分自身に対して、

「私はもう終わりだ…」

などと言ってはならないのです。

いつでも赦しと希望と新しい道を用意して待っておられる神がいらっしゃるからです。

あなたが本当に煙になる時まで、常に神のチャンスがあることを覚えましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.11.29

今日のみ言葉【No.709】(2013年11月29日)

どうか、主が良いと思われることをされるように
(歴代志上19:13)

——————

「天は自ら助くる者を助く」

という言葉があります。

その意味は、

「人に頼らず自分自身で努力する者には、天が助け、幸福をもたらすということ」

だそうです。

「人のせいにする前に自分で努力しなさい!」

とお説教をする時に使えそうな諺です。

確かに、自分を励まし、自分を助けようとする努力は必要ですが、

「天は自ら助くる者を助く」

だけですと、努力しない人間は神は助けない、という意味にもとれてしまいそうです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書にあるのは、

「どうか、主が良いと思われることをされるように」

という祈りです。

一見、自分はお手上げで何もせず、全部神様に丸投げ、放り投げ、という努力をしないすすめのように思えます。

しかしそうではありません。

これは、

「神は最善をなされる」

という信仰告白なのです。

その神の最善の中に私も参加し、

「一生懸命させていただきます。しかし、結果がどうなろうと、神様におゆだねいたします。」

というのが信仰者のあり方です。

ここに信仰と現実の両輪がマッチして走り出す道があります。

-*-*-*-*-*-*-

このような人が死を間近に迎えた時は、本当に

「見事!」

としか言いようのない終わり方をなさいます。

神様がそのように備えて下さるのです。

お身体はつらく苦しいのですが、お見舞いに行ってその方の神にゆだねつつ最善をなそうとしているお姿を拝見すると、

「神の平安を周りにばらまき散らしている」

としか言いようのない雰囲気にこちらが包まれてしまいます。

-*-*-*-*-*-*-

「どうか、主が良いと思われることをされるように」という祈りを捧げ、今日一日を全力で走り抜いて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.11.28

今日のみ言葉【No.708】(2013年11月28日)

主はダビデにすべてその行く所で勝利を与えられた。
(歴代志上18:6)

——————

女子マラソンの大会なのに、男子選手3〜4人がトップ集団を引っ張っている…、という情景をテレビで見たことはありませんか?

あの方々は目立ちたくて走っているのではありません(^_^;)。

実はペースメーカーとして走る契約のランナーなのです。

女子選手らに好記録を出してもらうため、速いペースでグングン引っ張る役割を果たした後、ある地点でレースから抜けます。

世界記録が出るための縁の下の力持ち役と言えるでしょう。

それだけではなく、大会運営者や多くのボランティアの協力が支えとなって42.195キロの距離を走り抜くことが出来るのです。

金メダルを獲得した選手は、そのことをも忘れてはなりません。

-*-*-*-*-*-*-

ダビデ王は連戦連勝、向かうところ敵無しの状態でした。

この強さの秘密は何だったのでしょう?

幼い頃からの苦労が実を結んだのでしょうか?

リーダーとしての統率力?
人間関係力?
武器の発達?

いいえ、聖書はこう語ります。

「主はダビデにすべてその行く所で勝利を与えられた。」

彼が勝利したのは、神が伴われたからだ、というのがその理由だと説明しています。

-*-*-*-*-*-*-

神が共におられるゆえに今の私がある。

神が勝利を与えて下さったがゆえに今の私の生活がある。

このことを忘れて、自分の努力のゆえに今の状況があると錯覚してしまうと大変なことになります。

あっという間に、

「神が伴われない、自力で生きるしかない自分」

になってしまうからです。

-*-*-*-*-*-*-

勝利の秘訣は

「謙遜」

です。

「神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。」
(第1コリント15:10)

この位置を保ち続けることが人生のマラソンを走り抜ける秘訣です。

今日も謙遜を身につけ、恵みにあふれた一日を送って参りましょう。

「また、みな互に謙遜を身につけなさい。神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵みを賜うからである。」
(第1ペテロ5:5)

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.11.27

今日のみ言葉【No.707】(2013年11月27日)

それゆえ、しもべはあなたの前に祈る勇気を得ました。
(歴代志上17:25)

——————

人が祈れない時、それは、あまりにもうまく行きすぎている時が1つ。

もう一つはあまりにもひどすぎて祈ることすら出来ない苦しみの中にいる時です。

その中で祈りを再開できるのは、神の希望の言葉に触れた時です。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句で

「しもべはあなたの前に祈る勇気を得ました。」

とダビデが語ることが出来たのは、

「わが神よ、あなたは彼のために家を建てる」
(歴代志上17:25)

とダビデに示されたからです。

ここでの「家を建てる」とはダビデ王朝を確立するという意味です。

彼は神の希望の約束を得て、祈る勇気を得たのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちが祈れない時は、神のお約束に触れることが必要です。

今すぐ、マジシャンのようにリンゴを鳩に変えるような瞬間的な奇跡は見られないにしても、そのようになると信じ、希望の言葉に触れていくと、少しずつ、少しずつ、心は栄養を得ていき、息を吹き返します。

それは本当にささやかな変化かも知れません。

しかし、日ごとに強められ、やがて他者をも覆うほどの力強い祈りへと強められていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。」
(エレミヤ29:11)

「わたしはあなたがたを捨てて孤児とはしない。」
(ヨハネ14:18)

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」
(第1コリント10:13)

-*-*-*-*-*-*-

主の希望をいただき、御言葉を胸の中に守りつつ、今日一日を送って参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2013.11.26

今日のみ言葉【No.706】(2013年11月26日)

そのみ名にふさわしい栄光を主に帰せよ。供え物を携えて主のみ前にきたれ。聖なる装いをして主を拝め。
(歴代志上16:29)

——————

かつてセレモニーホールが今のように建っていなかった頃、キリスト教式の葬儀を行う場合、必ず問い合わせの電話があったものでした。

その質問は大抵次の2つでした。

(1)「表には何と書いたらいいのですか?」

「ご佛前」はともかく、「御霊前」でも「志」でも形式にはとらわれなくてもようございます、とお答えしました。

そのうえで、

「キリスト教式では『お花料』と書けば一番よろしいかと存じます。」

と付け加えます。

-*-*-*-*-*-*-

(2)「葬儀には何を着ていったらいいのでしょうか?」

これに対しては、

「平服で、葬儀にふさわしい服装で構いません。一般に皆様が着られる黒い礼服で結構です。」

とお答えしました。

形や服装で失礼の無いように、そして故人を大切にする心がこのような質問になって現れてくるのだな、と思わされました。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句では、神の前に出る時の条件をはっきりと書いています。

神に栄光を帰し、供え物を携え、聖なる装いをして主を拝め、とあります。

旧約聖書の時代は本当にこのことを神は厳しく守らせました。

毎日、午前9時と午後3時の2回、その年に生まれた1歳の羊を祭壇に捧げます。

同時に添え物として、オリーブ油約1リットル、小麦粉2.3リットル、ぶどう酒約1リットルも捧げます。

祭司はこれを毎日行うのです。

更に大祭司の衣装たるや、それこそ特別なものでした。

さばきの胸当という前掛けのようなものの記述です。

「その中に、宝石をはめ込み、宝石を四列にする。すなわち、第一列は赤めのう、トパ一ズ、エメラルド。第二列はトルコ玉、サファイヤ、ダイヤモンド。第三列はヒヤシンス石、めのう、紫水晶、第四列は緑柱石、しまめのう、碧玉。これらを金のわくにはめ込まなければならない。」
(出エジプト記28:17-29 新改訳)

-*-*-*-*-*-*-

このようないでたちをしなくても私たちが教会に行けるのはなぜでしょうか?

全てキリストが払って下さったからです。

毎日捧げものを持って行かなくても、宝石の付いた服を着て行かなくても、神の前に出られるのは、イエス・キリストの十字架のゆえです。

この恵みに感謝し、自分が出来る応答を神に帰していくのがクリスチャンの生き方です。

「各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。」
(第2コリント9:7)

-*-*-*-*-*-*-

自由な心で神を礼拝する恵みの中に生かされていることを覚えて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »