Home > 1月, 2014

2014.01.31

今日のみ言葉【No.751】(2014年 1月31日)

そこでヒゼキヤ王およびアモツの子預言者イザヤは共に祈って、天に呼ばわったので、
(歴代志下32:20)

——————

強国アッスリヤの使者が、ヒゼキヤ王が治める南ユダ王国を挑発しにやって来ました。

彼らは他の国々を攻め取り、連戦連勝で自信を得ていました。

そして南ユダ王国をも攻め取ろうとし、全軍を率いてエルサレム目前まで来ていたのです。

「あなたがたは何を頼んでエルサレムにこもっているのか。」
(歴代志下32:10)

これは神に対する挑戦であり、戦わずして降伏することを求める誘惑でもありました。

-*-*-*-*-*-*-

実績でも国力でも、ヒゼキヤと南ユダはアッスリヤには圧倒的に劣ります。

彼らの言うことを聞くしか無いのでしょうか?

いいえ、神を信じるものは、神に聞くのです。

「ヒゼキヤ王およびアモツの子預言者イザヤは共に祈って、天に呼ばわった」
(歴代志下32:20)

するとどうでしょう、

「主はひとりのみ使をつかわして、アッスリヤ王の陣営にいるすべての大勇士と将官、軍長らを滅ぼされた。それで王は赤面して自分の国に帰ったが、その神の家にはいった時、その子のひとりが、つるぎをもって彼をその所で殺した。」
(歴代志下32:21)

神が不思議な方法で働かれ、アッスリヤ軍は壊滅。逃げ帰ったセナケリブ王も自国で家族に殺されるという悲惨な運命をたどり、滅んでしまいました。

-*-*-*-*-*-*-

「もう望みがないからあきらめようか…」

と思うのは、周囲の否定的意見や状況しか目に入っていないからです。

天に呼ばわったヒゼキヤとイザヤのように、私達も顔を上に向け、天に向かって

「神様、聖書にあるように、あなたがすでに助けを与えてくださっていることを信じます」

と祈ってみましょう。

そうすると、神のみ使いがあちらにもこちらにも働いた跡が見えてきます。

そこから私達は神の目でもって新たに現実を見ていく歩み方を始めることができるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の助けを見出す一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.01.30

今日のみ言葉【No.750】(2014年 1月30日)

イスラエルの人々は穀物、酒、油、蜜ならびに畑のもろもろの産物の初物を多くささげ、またすべての物の十分の一をおびただしく携えて来た。
(歴代志下31:5)

——————

お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されました。

ある年、お米10kgが当たりました。

生まれて初めて当選したことが嬉しくて嬉しくて、1合ずつ小袋に取り分け、教会の皆さんに配った思い出があります。

-*-*-*-*-*-*-

喜びの後に来るのは感謝の応答です。

何をもってこの感謝を表したらいいのか。

イスラエルの民は

「もろもろの産物の初物」

をもって神に捧げました。

余り物や、規格外で売り物にならない物ではなく、収穫の初物を持ってきたところに彼らの深い感謝が表されています。

-*-*-*-*-*-*-

心の中にあるものが、何らかの形となって必ず外に現れます。

規則で決まっているからと義務的に捧げるものも、神様は寛容な心で受け入れて下さるでしょう。

しかし、神が本当に望んでいるものは、

「神にささげる自発のささげ物」
(歴代志下31:14)

です。

「各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。」
(第2コリント9:7)

-*-*-*-*-*-*-

あるおばあちゃんが洗礼を受け、その感謝として多額の献金を牧師に申し出ました。

「このお金で教会用に車を買って下さい」

牧師はその時、

「これで中古車なら何台買えるだろうか」

という考えが頭の中を巡りました。

するとそのおばあちゃんがピシャリと一言。

「ただし、必ず新車を買って下さい。新車を買わないならこの献金は取り下げます」

おばあちゃんは最良のものを捧げたかったのです。

牧師は数台の中古車をそろえるのをあきらめ、泣く泣く(?)新車を1台購入したとのことです。

-*-*-*-*-*-*-

喜んで、しかも最良のものを捧げさせていただけるように、今日も神の恵みを一杯に受けて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.01.29

今日のみ言葉【No.749】(2014年 1月29日)

このようにエルサレムに大いなる喜びがあった。
(歴代志下30:26)

——————

韓国に教会研修旅行に行った帰り、税関で引っかかってしまった時がありました。

もらった資料の中で係員の目を引くものがあったのです。

私はもらっただけで韓国語のハングル文字は読めませんから何が書いてあるのかわかりません。

しかし、過去の戦争に関する文書だったようなのです。

別室に連れられた際、一緒に旅行者の韓国人ガイドさんがついてくれました。

彼女は一生懸命、

「モクサニン!モクサニン!」

と叫ぶようにして私を擁護してくれました。

モクサニンとは「牧師様」という意味で、「この人は牧師様なのだから決して怪しい人ではありません!」

と強烈に言ってくれていたらしいのです。

しばらくして私は解放されました。

ガイドさんのとりなしに感謝し、そして大きな平安と喜びに包まれた思い出があります。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句のように

「大いなる喜び」

があったのはなぜでしょうか?

それはヒゼキヤのとりなしの祈りのゆえです。

彼は過越の祭りに来た人の中で、

「まだ身を清めていないのに、書きしるされたとおりにしないで過越の物を食べた」
(歴代志下30:18)

人々がいるのを目にしました。

無理もありません。彼らは北イスラエル王国から来た人たちだったからです。

北イスラエルでは長く偶像礼拝が続き、しかもこの時にはアッスリヤによって国が滅んでしまった後だったからです。

ヒゼキヤは

「恵みふかき主よ、彼らをゆるしてください。彼らは聖所の清めの規定どおりにしなかったけれども、その心を傾けて神を求め、その先祖の神、主を求めたのです」
(歴代志下30:18-19)

と、とりなしの祈りをしました。

神はその祈りを聞き、民の心を癒されました。

-*-*-*-*-*-*-

知らなかったとはいえ、規定違反の罪は罪。

しかしそれはヒゼキヤの

「形ではなく心を見てください」

という祈りによって神に受け入れられたのです。

民の中に大いなる喜びが湧き上がったのは言うまでもありません。

-*-*-*-*-*-*-

人は赦しを受けた時に喜びを感じます。

「あなたのそのままでいい」

と受け入れられることは、愛されることだからです。

愛された応答が喜びとなって現れるのです。

-*-*-*-*-*-*-

誰かのために執り成しの祈りを捧げる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.01.28

今日のみ言葉【No.748】(2014年 1月28日)

今わたしは、イスラエルの神、主と契約を結ぶ志をもっている。
(歴代志下29:10)

——————

私の個人的経験ですが、海外に行った時、どの国に行っても味が変わらず、これを食べるとホッとするものが3つあります。

(1) マクドナルドのハンバーガー
言葉は分からなくても店員の応対はほぼ同じ。味も日本で味わったのとほぼ同じ。安心します。

(2) コカコーラ
一口飲むと、日本にいた時の日常感覚がサーッと戻ってきます。自分を取り戻したい時はこれに限ります。

(3) 中華料理
世界中どこに行ってもあるのがチャイニーズレストラン。そしてどこに行ってもおいしいのが中華料理です。必ず口に合う料理が食べられます。

よく「中国三千年の歴史」と言いますが、3000年かけて積み重ねられた食の知恵が詰まっているのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

さて聖書の世界では、今から3000年前の紀元前1000年頃、ダビデが王となりました。

そこから約300年下って紀元前700年頃、今日の聖句のヒゼキヤが王として活躍しました。

彼は王の中でも善王であり、名君と言っても差し支えないほどの働きをしました。

その中核は、神との契約です。

-*-*-*-*-*-*-

ヒゼキヤは、現在の国の困窮の原因は、軍事力の不足でも外交力の不足でも経済力の不足でもないと見て取りました。

彼が断定したのは、

「神との関係不足」

です。

彼の施政の最初は宗教改革でした。

「今わたしは、イスラエルの神、主と契約を結ぶ志をもっている。」
(歴代志下29:10)

神の約束を信じ、神の契約の書である律法(聖書)に則った政治を行うことに力を尽くしたのです。

まず神の宮が清められ、律法の規定通りに犠牲が捧げられ、礼拝を守りました。

これは神の心にも人々の心にもかない、規模が徐々に大きくなり、

「こうして、主の宮の勤めは回復された」
(歴代志下29:35)

のです。

-*-*-*-*-*-*-

何年、いえ、何十年かかってもいいですから、神との関係を確かなものにすることです。

まず神の宮としての自分の密室の環境を整え、聖書を読む場所を確保しましょう。

環境は大事です。

心安らかに聖書を読み、祈れる場所と時間を決めるのです。

そこを中心として、神があなたの人生を動かして下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

神様とあなたとの間に、一本、筋を通す一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.01.27

今日のみ言葉【No.747】(2014年 1月27日)

このアハズ王はその悩みの時にあたって、ますます主に罪を犯した。
(歴代志下28:22)

——————

世界的なコンピューターメーカーのデル社のサポート係に電話をかけると、中国の大連につながり、日本語を話す優秀な中国人スタッフが対応します。

話す相手が中国人だとは、ほとんどの場合気づかないくらい日本語が上手です。

しかし、当初、トラブルが相次ぎました。

原因は言葉ではなく文化的問題でした。

例えば、日本人が

「これで4回目の電話です」

と言うのに対して、

「そうですか」

と気持ちを汲み取ることのないのが普通の中国人の態度です。

不満を直接口にしない日本人の態度を読み取ることは難しいのです。

そこで

「4回もお電話をいただき、大変申し訳ありません」

と言うように指導されます。

また、

「日本語がお上手ですね」

と言われと、

「はい、そうなんです。長年勉強していますから」

が中国での普通の反応です。

しかしそれでは日本人は良い印象を持ちません。

「そんなことありません。まだまだ勉強中です」

というのが、日本人の感情に配慮した回答となります。

この改善をしたおかげで、顧客満足度は大幅にアップしたそうです。

どこかで自分たちの対応を変えることが、企業でも私達でも問題解決のポイントとなるのです。

-*-*-*-*-*-*-

ウジヤ、ヨタムと続いた南ユダ王国ですが、それを受け継いだアハズ王は父や祖父と同じ道を歩みませんでした。

その故に国が大きく傾いていく様子が歴代志下28章に描かれています。

八方塞がりの状況の中で、天の一角だけは開いています。

苦難の時には天を見上げ、神を頼りとして歩むのが正解なのです。

-*-*-*-*-*-*-

しかしアハズは

「その悩みの時にあたって、ますます主に罪を犯した」

のです。

敵国スリヤに負けたのは、スリヤの神の方がイスラエルの神より強いからだと彼は考えました。

そこで、

「スリヤの王たちの神々はその王たちを助けるから、わたしもそれに犠牲をささげよう。そうすれば彼らはわたしを助けるであろう」
(歴代志下28:23)

と真の神を捨て、あろうことか敵の神々を頼みとするようにしました。

しかしその結果は、

「彼らはかえってアハズとイスラエル全国とを倒す者となった」

のです。

-*-*-*-*-*-*-

悩みの時こそ、真の神に立ち返る時です。

方向転換の時は毎日与えられています。

今日も神の方向に目を向け、歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●み言葉メールを新たに申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に、件名・本文無しの空メールを送信して下さい。

・新規申込
reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止
del@mikotoba.nows.jp

※ご注意 ご登録されるとすぐに申込確認メールが自動送信されます。
3分たっても来ない場合は
maruyama@mikotoba.nows.jp
からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

Next »