Home > 2月, 2014

2014.02.28

今日のみ言葉【No.774】(2014年 2月28日)

われわれの神、契約を保ち、いつくしみを施される大いにして力強く、恐るべき神よ
(ネヘミヤ記9:32)

——————

私はソチオリンピックでもサッカーでも野球の試合でも、リアルタイムでその時の生中継を見ることはしません。

年のせいか、あのハラハラドキドキ感に身体が耐えられなくなっているからです(^_^;)。

その代わり、スポーツニュースを録画して見ています。

これだと冒頭の雰囲気で勝ったか負けたかある程度察しがつくので心の準備ができます。

また、「ここが見所!」というシーンだけにまとめられているので、それさえ見れば全部見たのと同じ感覚になります。

聖書にも同じような個所があります。

ネヘミヤ記第9章は、旧約聖書の歴史がダイジェスト版でまとめられているところです。

-*-*-*-*-*-*-

ネヘミヤ記第9章では、エズラが神とイスラエルの間の歴史を語っています。

今日の聖句で、祭司エズラが「われわれの神」とはこのような方であると告白しています。

-*-*-*-*-*-*-

(1)契約を保ち

神はご自分が立てられた契約を必ず守るお方です。

「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。」
(創世記12:2)

アブラハムとの間に結んだこの祝福の契約を果たすために、イスラエルの民が単なる部族から一大国家へと成長するよう導かれました。

-*-*-*-*-*-*-

(2)いつくしみを施される

しかし、イスラエルの民は何度も神を忘れ、勝手な行動をし続けました。

彼らは痛い思いをして神に立ち返り、平穏な日々が続くとまた神を忘れて自己中心な生活を送る、というパターンを繰り返しました。

たとえそうであっても、神はアブラハムの子孫を祝福するとの契約を忘れず、悔い改めるたびに彼らを赦し、また、背いている最中は預言者らを送り、元の道に帰るように諭し続けたのです。

-*-*-*-*-*-*-

(3)大いにして力強く、恐るべき神

だからといって、神は甘いお方ではありません。

愛と忍耐の方ですが、同時に、罪と妥協せず、正義を求められる方であり、人間の力など及ぶはずもないほどの力を持っておられる方です。

この方から

「あの件はどうなっている?」

と問い正されたら、罪ある人間はひとたまりもありません。

「罪の支払う報酬は死である」
(ローマ6:23)

の言葉通り、人は永遠に神から切り離され、滅んでしまうのです。

-*-*-*-*-*-*-

神はいつくしみを施される「愛」の方ですが、「義」の方なので人間に罪があれば死の刑罰を下し、裁かれるお方です。

しかしそれでは一人も滅ぶことを望まない「愛」の部分が成り立ちません。

また、祝福の契約も必ず果たすとなると、一体どうしたらいいのでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

その答えは十字架にあります。

神の子イエス・キリストが人間の罪の身代わりとして十字架でその罰を受けて下さいました。

これは例えて言えば、返せないほどの莫大な借金を誰かが全部払ってくれたようなものです。

綺麗サッパリ罪の借金がなくなったので、神の義が通り、神は自由に人間を愛し、祝福の契約も全うされます。

イエス・キリストの十字架にこそ、真の神を知る道があるのです。

-*-*-*-*-*-*-

自分の人生を振り返るひとときを持つ一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.02.27

今日のみ言葉【No.773】(2014年 2月27日)

主を喜ぶことはあなたがたの力です
(ネヘミヤ記8:10)

——————

メタボ、コレステロール、血液ドロドロ…。

美味しいものをたらふく食べて、運動不足で動かない結果がこれです。

中年以降の日本人は昔のような粗食に帰り、1日2食の方が健康になると唱える人もいらっしゃいます。

ところが、聖書の中に、

「あなたがたは去って、肥えたものを食べ、甘いものを飲みなさい。」
(ネヘミヤ記8:10)

と勧められている個所があります。

何と我々に都合の良いことが書いてあるのでしょうか!

-*-*-*-*-*-*-

このネヘミヤ記第8章の背景には、エズラが民の前で律法を朗読したことがあります。

彼らは

「律法の言葉を聞いて泣いた」
(ネヘミヤ記8:9)

とあります。過去の歴史を思い返していたのです。

今までいかにイスラエルの民が神に背く歩みをしたか。

その結果として外国勢力によって国が滅ぼされ、数十年間のバビロン補囚の憂き目に遭ったこと。

にもかかわらず、神はエルサレム帰還を許し、その後、妨害に遭いながらも城壁の再建ができ、国の復興ができたこと。

そして、今ここで神の律法を聞くことができ、神の赦しの恵みを体験していること。

民は自分たちの罪を示され、心に迫りを感じ、涙を流したのです。

-*-*-*-*-*-*-

ところが、エズラとネヘミヤは、

「この日はあなたがたの神、主の聖なる日です。嘆いたり、泣いたりしてはならない」

と民をたしなめました。

むしろ、

「あなたがたは去って、肥えたものを食べ、甘いものを飲みなさい。」

とすすめました。

なぜなら、

「主を喜ぶことはあなたがたの力」

だからです。

-*-*-*-*-*-*-

今やエルサレムの復興は成され、神を礼拝することが許されているのです。

この時に至って、悲しんでいることはふさわしくありません。

この赦しの神を喜ぶことがふさわしい時なのです。

この神を喜ぶことが生きる力となるのだ、とネヘミヤは人々に語りました。

-*-*-*-*-*-*-

新約聖書では更に明確に、キリストの十字架で私たちの罪が赦され、信じる者全てに永遠の命が約束されていることが書かれてあります。

これを喜ばずして何を喜べばいいのでしょうか。

人は死に向かって吸い込まれるように落ちていく…、としか思えなかった人生が、年をとり、老年になっていけば行くほど天国に近くなり、永遠の命の希望に支えられて人は生きていくことができるのです。

自分の罪や至らなさ、欠けや失敗に目を止め、悲しむことはもう終わりにしましょう。

神を知る者にとっては、

「主を喜ぶことはあなたがたの力です」
(ネヘミヤ記8:10)

の御言葉こそ、これからの人生を支える言葉として身につけていくべき言葉なのです。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.02.26

今日のみ言葉【No.772】(2014年 2月26日)

彼は多くの者にまさって忠信な、神を恐れる者であったからである。
(ネヘミヤ記7:2)

——————

ロシアで行われていたソチオリンピックが閉幕しました。

大会前はテロの可能性が指摘され、厳重な警備体制が敷かれました。

大量の警備隊員、各地での検問、数多くの監視カメラ…。

危険が見える時は、水も漏らさぬ態勢で臨まなければならないのは、今も昔も変わりません。

-*-*-*-*-*-*-

ネヘミヤ記第7章では、エルサレムの周りの城壁が完成しました。

それでもなお危険な状態に変わりはありません。

警備を厳重にするため、通常、日の出と日没に開閉する門を

「日の暑くなるまで」

つまり、人々が活動を開始するまで開けてはならず、

「人々が立って守っている間に門を閉じさせ」

つまり、日没を待たずに閉じる、というようにネヘミヤは命じました。

-*-*-*-*-*-*-

その仕事を任されたのが、ハナニとハナニヤでした。

彼らが選ばれた理由は、

「多くの者にまさって忠信な、神を恐れる者であった」

からだと聖書は記しています。

神に対する誠実さ、そして、神を恐れる心の持ち主。

ネヘミヤは選抜試験でもしてこの二人を選んだのでしょうか?

いいえ違います。

普段の何気ない生活の中で、この二人の性質が際立っていたからでしょう。

毎日々々の生活の中で当たり前のようにしていること。

何も特別に意識もせず、普段通りにしていること。

そこに本物の誠実さと神を恐れる心が現れてくるのです。

毎日の生活が決め手だったのです。

-*-*-*-*-*-*-

ある時、教会に来ていた若い学校の先生が、

「名前もまだ知らないのですが、あの女性と結婚を前提にお付き合いしたいのですが…。」

という相談を牧師にしました。

なぜ彼女に魅力を感じたのか、聞いてビックリ!

「私が教会の玄関で靴を脱いだ時、サッとスリッパを出してくれたのです。しかも私が履きやすいようにこちら向きに。あれで『この人だ!』と思いました。」

と言うのです。

牧師が当の彼女に問い合わせたところ、

「全く記憶がない」

とのこと。

つまり、彼女の方でも、

「誰かいい人いないかな〜」

という婚活意識を持って、意図的に独身男性を狙ってスリッパを出していた…、ということではなかったのです。

あまりに自然で、何の意識もなかったからこそ、その愛の行為は彼の心を射ぬいたのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

毎日の生活が鍵です。

昨日までの生活を悔い改め、神に赦しを求めれば、恵み深い神様はすぐ許して下さり、今日からの新しいスタートを祝福して下さいます。

当たり前のことを当たり前に行う一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.02.25

今日のみ言葉【No.771】(2014年 2月25日)

神よ、どうぞいまわたしの手を強めてください。
(ネヘミヤ記6:9)

——————

講演家の中谷彰宏さんがこんな質問を受けました。

「質問の時間に、講演内容に反対する人がいたらどうしますか?」

よく講演の最後に質疑応答の時間が設けられます。

その際に、

「○○先生はあなたと違うことを言っていますが…」

とか、

「ネットで調べると、こういう意見がありますが…」

という反論を受けたらどう対応したらいいのか、というお尋ねです。

中谷さんは、反論する人にはこう答えよ、とアドバイスしています。

「はい、僕が間違っています。あなたが正しいです。」

そして、

「はい、次の質問の方…」

と進めます。

そうする理由は何か?

講演を聞いて反論する人は、ただ持論を述べたいだけの人だからだそうです。

その人と議論をしても絶対に納得してくれません。

自分が正しいと信じる意見を言いたいだけだからです。

中谷さんは、自分の話を聞いてくれる人に力を注ぎ、そこに集中せよ、と教えているのです。

ネヘミヤの危機対処成功の秘訣も、実はそれと同じ所にありました。

-*-*-*-*-*-*-

ネヘミヤ主導による城壁再建工事は完成に近づいて来ました。

敵は最初のうちは、嘲笑・威嚇でもって妨害していましたが、ここに至って謀略をめぐらし、ネヘミヤを無き者にしようと行動し始めました。

脅し、そして「共に相談しましょう」というおびき出し、預言者らを買収して偽預言を吹きこませる等、ネヘミヤが判断を一つでも間違えばその身に死の危険が迫る毎日でした。

彼は脅しに対抗して、「それは根も葉もない噂だ!」反論して相手を説き伏せようとはしませんでした。

工事を行うことに集中し、悪口を無視し、自分の行うべきことに向かいました。

そして我力で対抗することをせず、

「神よ、どうぞいまわたしの手を強めてください。」
(ネヘミヤ記6:9)

と祈る毎日を送ったのです。

-*-*-*-*-*-*-

その結果、

「こうして城壁は五十二日を経て、エルルの月の二十五日に完成した」
(ネヘミヤ記6:15)

のです。

まさに

「悪しき者は追う人もないのに逃げる、正しい人はししのように勇ましい。」
(箴言28:1)

の言葉通りです。

私達が神の御心を行うとき、様々な妨害があっておかしくありません。

その時、人の言葉を恐れて、

「追う人もないのに逃げる」

などという事をしてはならないのです。

シャンと立って、やるべきことを続けること。

すると、工事開始から52日という短期間で城壁を完成させることができるのです。

もちろんそこには神の助けがあったからです。

神に信頼し、脅しに屈せずまっすぐに進む人は、神の最短距離を進むことができるのです。

-*-*-*-*-*-*-

追う人もないのに逃げる一日を送るか、ししのように勇ましい一日を送るか。

それはあなたの決断にかかっています。

今日、確かな一日を送ろうと決心するスタートを切って行きましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.02.24

今日のみ言葉【No.770】(2014年 2月24日)

わたしは神を恐れるので、そのようなことはしなかった。
(ネヘミヤ記5:15)

——————

「電気ポットにいきなり熱湯を入れると、温度センサーが異常反応をしたり、故障の原因となりますよ。」

と教えてくださった方がいました。

ありがたいと思い、

「ではどのようにすればいいのですか?」

と聞くと、

「お湯ではなく水を入れるのが良いでしょう。電気代は多少かかるでしょうが、その方が電気ポットを長く使えます。」

というお答え。

ありがたくて、ありがたくて、

「詳しいですね。あなたは何をしておられるのですか?」

と尋ねると、

「○○電力に勤めております。」

というお返事。

「あっ、私が電気料金を納めている会社だ(・_・;)」

ありがたいという気持ちが別の気持ちに変質してしまいました!

誰に言われるか、という事は重要なことです。

-*-*-*-*-*-*-

外部からの妨害により、城壁建築の仕事は緊迫の度を増していました。

工事をする者たちは、

「片手で工事をなし、片手に武器を執った」
(ネヘミヤ記4:17)

「その腰につるぎを帯びて築き建て」
(ネヘミヤ記4:18)

という状況でした。

この中であっても穀物を得て食べていかなければなりません。

しかし農作物を作る時間やゆとりはありません

まさに、食うや食わずで毎日の生活を送っていたのです。

-*-*-*-*-*-*-

そこにとんでもない事実が発覚しました。

それはイスラエル人同士で搾取があったということです。

お金がなくて食べ物が買えない人の弱みにつけ込み、高利で金を貸していた者がいたのです。

お金を貸して利息を得るということは平常時ではあるでしょうが、今は非常時です。

ネヘミヤは怒り、

「彼らの田畑、ぶどう畑、オリブ畑および家屋を彼らに返し、またあなたがたが彼らから取っていた金銭、穀物、ぶどう酒、油などの百分の一を返しなさい」
(ネヘミヤ記5:11)

と命じました。

彼らは一言も反対せず、それに従いました。

ネヘミヤとその親類は、総督としての手当を一切受け取っていなかったからです。

「わたしは神を恐れるので、そのようなことはしなかった」

というネヘミヤだからこそ人々は彼に従ったのです。

-*-*-*-*-*-*-

神を恐れる人生は、やがてどこかで力を発揮します。

今日も神を恐れ、謹厳な一日を送ってまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●み言葉メールを新たに申し込みたい方や配信停止を希望される方へ。

以下のアドレス宛に、件名・本文無しの空メールを送信して下さい。

・新規申込
reg@mikotoba.nows.jp
・配信停止
del@mikotoba.nows.jp

※ご注意 ご登録されるとすぐに申込確認メールが自動送信されます。
3分たっても来ない場合は
maruyama@mikotoba.nows.jp
からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

Next »