Home > 3月, 2014

2014.03.22

今日のみ言葉【No.793】(2014年 3月22日)

見よ、神に戒められる人はさいわいだ。
(ヨブ記5:17)

——————

死を間近にしている方の病床で読む聖書個所の定番は、詩篇第23篇です。

これは洋の東西を問わず、全世界のクリスチャンに共通しています。

「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。」
(詩篇23:4)

難しいことは何も言っていないのに、心に深い慰めと平安を与える聖書個所です。

このように、何気ない言葉でありながら深く心に刻まれる言葉と、綺麗で正確な言葉でありながら、心の上っ面を滑り落ちて、残らない言葉もあります。

その違いとは何でしょうか?

前者は神の言葉、後者はヨブ記のエリパズの言葉です。

-*-*-*-*-*-*-

第5章でエリパズは非の打ち所のない程の神学理論をとうとうと述べます。

ただ、私がヨブであったら、おそらく心の中に起きる反発と抵抗を抑えながら聞くだろうとなあ、と思います。

「見よ、神に戒められる人はさいわいだ。」
 ↓
(ああ、そうですか。そういうもんですか。)

「それゆえ全能者の懲しめを軽んじてはならない。」
 ↓
(はい、左様ですよね。神は全能ですから。)

「彼は傷つけ、また包み、撃ち、またその手をもっていやされる。」
 ↓
(でも私、今、痛いんですけど…)

「彼はあなたを六つの悩みから救い、七つのうちでも、災はあなたに触れることがない。」
 ↓
(おい、もういい加減にしろ(# ゜Д゜)!)

エリパズの言葉は綺麗な言葉ですが、なぜか心に響きません。

むしろ怒りが引き出されるような感じがします。

-*-*-*-*-*-*-

それに比べて、イエス・キリストの言葉は何と心に染み渡ってくるでしょうか。

同じ「さいわい」という言葉を使っても、

「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」
(マタイ5:3)

「悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。」
(マタイ5:4)

では響きが違ってくるように思います。

その理由はおそらく、イエス様ご自身が私たちと同じように苦しみと悲しみを味わった方だからだと思われます。

-*-*-*-*-*-*-

悲しみを知らない人から

「悲しんでいる人たちは、さいわいである」

と言われたら、

「バカにするな!あんたにこの気持ちがわかってたまるものか!」

と心が騒ぎ立つかもしれません。

しかし、同じ悲しみを味わった人から

「悲しんでいる人たちは、さいわいである」

と言われたなら、

「そうですか、あなたは立ち直れたんですね。でも私はまだ無理なようです…。」

と心の内をつらつらと語り出せるような気がします。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは苦しみと悲しみを知っておられます。

「主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試錬の中にある者たちを助けることができるのである。」
(ヘブル2:18)

「この大祭司は、わたしたちの弱さを思いやることのできないようなかたではない。罪は犯されなかったが、すべてのことについて、わたしたちと同じように試錬に会われたのである。」
(ヘブル4:15)

そして復活し、死に勝利されたお方です。

ですから、主イエスは悲しみの終わりをご存知であり、悲しみが消えることも残ることも全て知っておられます。

その上で、

「悲しんでいる人たちは、さいわいである」

と私たちに告げておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

理論理屈でなく、この方の言葉に賭け、信頼して生きていく時、悲しみはさいわいへと変えられていきます。

イエス様に依りすがり、悲しみに慰めを得ながら、今日という日を送ってまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.03.21

今日のみ言葉【No.792】(2014年 3月21日)

考えてみよ、だれが罪のないのに、滅ぼされた者があるか。
(ヨブ記4:7)

——————

いよいよ友人たちの最初としてエリパズが口を開きます。

苦しみを語るヨブに対して彼はまず「頑張れ」と言っています。

今までのヨブは

「多くの人を教えさとし、衰えた手を強くした」
(ヨブ記4:3)

のに、

「今、この事があなたに臨むと、あなたは耐え得ない」
(ヨブ記4:5)

とは何事か、今まで人に言っていたように自分もやりなさい、という理屈です。

そして次に因果応報の論理でヨブを説得しようとします。

「考えてみよ、だれが罪のないのに、滅ぼされた者があるか。」
(ヨブ記4:7)

つまり、ヨブが災難と病の中にあるのは、何か罪を犯したためだ、と断罪しているのです。

まとめると、

・やるべきことをやれ。そうすれば直る。

・誤りを正せ。そうすれば元に戻る。

ということです。

そして最後に自分が神秘的体験をしたことに確信を得て、

「私の言うことに間違いはない!」

とダメ押しを加えています。

-*-*-*-*-*-*-

エリパズは知恵者だったので、まことに完璧な理論です。

しかしそれがヨブを慰め、かれに立ち直りのエネルギーを与えたかという事はまた別問題です。

ヨブにしてみれば、自分の苦しみと悲しみを語ったのに、分かりきったことを言い返されたように感じたでしょう。

あるいは、自分でも頑張らねば、と思っているのにできないでいて、自責の念に駆られているところにさらに追い打ちをかけただけなのかもしれません。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブとエリパズでは立っている位置が異なっています。

これがすれ違いの原因です。

苦しみの最中にいる人に、苦しみから遠く離れている人からの言葉は、なかなか届かないことが多いのではないでしょうか。

共に苦しみ、共に喜ぶという同じ位置にいてのみ、人の言葉は相手に受け取ってもらえるのです。

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。」
(ローマ12:15)

-*-*-*-*-*-*-

あなたと共に罪のために苦しんでくださったイエス・キリストが今日も言葉をかけて下さっています。

神の言葉に潤され、その潤いをどなたかにお届けできる自分を育ててまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.03.20

今日のみ言葉【No.791】(2014年 3月20日)

この後、ヨブは口を開いて、自分の生れた日をのろった。
(ヨブ記3:1)

——————

夏の暑い盛り、ジリジリと太陽が照りつけるグラウンドで、2本のタイヤをロープで腰に巻きつけた高校生が、ハアハア言いながら、あごを突き出し、汗だくで走っています。

いじめでしょうか?虐待でしょうか?

いいえ、彼は甲子園出場を目指す野球部員です。

彼は何のためにこの苦しいトレーニングをしているのか理解しているので、

「次の1周はタイヤをもう1本増やそうか」

とまで考え、目を輝かせて走っています。

人は苦しみの意味がわかっていると耐えることができます。

耐えられないのは、なぜ自分がこの苦しみを味わわねばならないのか、意味も理由もわからない時です。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブはまさしくこの中を通らされていました。

またたく間に財産と子供たちを失い、自分は全身の腫物に悩まされる…。

「なぜ自分がこの苦しみを味わわねばならないのか?」

「何が原因でこうなったのか?」

「自分はこの苦しみに値する罪を犯したか?」

いくら考えても心当たりはありません。

すると行き着く先は次の2つです。

(1)なぜ死ななかったのか
「なにゆえ、わたしは胎から出て、死ななかったのか。腹から出たとき息が絶えなかったのか。」
(ヨブ記3:11)

こんな人生など最初っから無い方がよかったのだ、という考え方です。

(2)なぜ苦しみながらでも生きていかなければならないのか
「なにゆえ、悩む者に光を賜い、心の苦しむ者に命を賜わったのか。」
(ヨブ記3:20)

生きることが苦しむことばかりなら、そもそも生きる理由などあるのか、という疑問です。

-*-*-*-*-*-*-

このような人生の根源的問いに対する答はヨブ記の最終部分に譲るとして、応急処置はあります。

それはヨブの苦しみを解決してあげようとすることではなく、彼の悲しみと苦しみに寄り添うことです。

「大変だったなー」

「それは辛いね」

これは言葉だけですと相手の傷を逆なでし、かえってひどい思いを味わわせてしまいます。

しかし、ある方々が語ると、これらの言葉がその苦しみの渦中にいる人の慰めと癒しになるのです。

どんな人たちでしょう?

それは、同じ苦しみと悲しみを味わった人たちです。

上からの同情的目線での

「大変だったでしょう。辛いですよね。」

という言葉ではなく、全く同じ高さの目線で、

「大変だったよね。そりゃ辛いわ。」

と共感して言ってもらう言葉で、人は慰めを得、苦しみを分かち合うことによって心の重荷が減るのです。

あなたが今味わっている苦しみや悲しみの体験は、将来、誰かの慰め手となるために必ず生かされます。

なぜ今こういう状態から抜け出せないかはわからないでしょう。

しかし、あなたの体験を必要とする人を神は備えていてくださり、その人に寄り添えるのはあなたしかいないという未来が必ずあるのです。

-*-*-*-*-*-*-

昔の米沢興譲教会の会堂の2軒家を挟んだ先に神社がありました。

日曜の朝、その境内に幼い女の子を連れたお母さんがポツンといらっしゃいました。

「お早うございます!よかったら教会にいらっしゃいませんか?」

と明るく声をかける教会員には何の反応も示しません。

その内、クリスチャンのYさんが通りがかりました。

彼女はピンと来ました。

「あの人、私と同じにおいがする…」

思い切って声をかけてみました。

「私、これから教会に行くのですが、あなたもどうですか?」

不思議とその若いお母さんはYさんの言葉には反応しました。

そしてわかりました。

Yさんは離婚し、幼いお子さんを失うという境遇からクリスチャンになられた方ですが、そのお母さんも同じような境遇で、つい最近離婚したばかりだったのです。

Yさんと共にその日礼拝に出席されたお母さんが、やがてイエス様の救いを信じ、洗礼を受けてクリスチャンになられたことは皆様も想像がつくことでしょう。

それは誰も触れることの出来なかった心の傷をそっと包めるYさんがいたゆえだったのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの過去の心の痛手は、主によって変えられ、どなたかの心の傷のための包帯となります。

心の傷を神の光の中に差し出し、愛の人として用いられるようにゆだねてまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.03.19

今日のみ言葉【No.790】(2014年 3月19日)

すべてこの事においてヨブはそのくちびるをもって罪を犯さなかった。
(ヨブ記2:10)

——————

ヨブはいかなる災いが下ろうとも、罪を犯すことはしませんでした。

彼の妻が呆れ果て、

「神をのろって死になさい」
(ヨブ記2:9)

とまで言っても、彼は

「われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」
(ヨブ記2:10)

と取り合いません。

しかし、次の3章では一転して

「ヨブは口を開いて、自分の生れた日をのろった。」
(ヨブ記3:1)

とあります。

-*-*-*-*-*-*-

なぜでしょうか?

それは、彼は自分の行動に何の落ち度もないと思っていたからです。

正しいことをしているのに災いが起きる。

それなら生まれてこないほうが良かった、と考えるヨブの気持ちです。

「自分が正しい」

「私のどこが間違っている?」

確かにヨブの災いの原因は天にありました。

しかし、どこまでも自分を正しいとする生き方は、ヨブのように周囲と対立を招き、生きることを否定する考えに至ります。

-*-*-*-*-*-*-

ではその考えをすぐ変えれば良いのではないでしょうか?

理論的にはたしかにそのとおりです。

ヨブ記第38章で、

「この時、主はつむじ風の中からヨブに答えられた」

ことで、彼は納得するからです。

しかしヨブ記はその間、3章から37章までを費やし、延々とヨブとその友人との間の論争を繰り返させます。

思考の転換も必要ですが、感情の吐き出しはもっと必要であり、時間をかけて丁寧に、これでもかこれでもかとばかりに自分の思いのたけを注ぎ出す時間が必要なのです。

その後に真理を語られ、人の心は腑に落ちるのです。

-*-*-*-*-*-*-

子が与えられない苦しみを、ハンナはこう言いました。

「いいえ、わが主よ。わたしは不幸な女です。ぶどう酒も濃い酒も飲んだのではありません。ただ主の前に心を注ぎ出していたのです。はしためを、悪い女と思わないでください。積る憂いと悩みのゆえに、わたしは今まで物を言っていたのです」
(サムエル記上1:15-16)

言葉にならないうめきや嘆きを神は祈りとして受け取って下さいます。

その一言一言は決して無駄とはなりません。

前に進むためには、神の御前に心を注ぎ出し、気持ちを露わにする時間が必要なのです。

堂々と主の御前に祈るひとときを持ってまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.03.18

今日のみ言葉【No.789】(2014年 3月18日)

ある日、神の子たちが来て、主の前に立った。サタンも来てその中にいた。
(ヨブ記1:6)

——————

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの両親の滋さんと早紀江さんご夫妻が、モンゴルでお孫さん、ひ孫さんと面会できたことが報道されました。

めぐみさんのお母さんの早紀江さんはクリスチャンです。

きっと辛抱強い祈りの末にこの日を迎えられたのでしょう。

しかし、なぜ普通の人がこのような理不尽な目に遭わなければならなかったのでしょう。

思いもよらない人生の苦しみに出会う時、ヨブ記がその助けになります。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブ記は、人生にはなぜ苦しみがあるのか、をテーマとしています。

しかもヨブは、

「そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。」
(ヨブ記1:1)

と冒頭に記されているほどの義人でした。

人生を真面目に、不正を働かず、正しく生きているのに、なぜ苦難があるのか。

全42章を費やしてヨブ記はそのことを論じています。

-*-*-*-*-*-*-

しかし、その答は実は最初の2章で既に出されているのです。

神とサタンとの間でヨブに災いを下すという取り決めがあった。

それだけです。

天においてその理由ははっきりとしているのです。

-*-*-*-*-*-*-

そのことは今日の聖句の

「ある日」

という一語で表されています。

原語のヘブル語では定冠詞がついていますから、本来は

「その日」

なのです。

私たちにとって苦難は「ある日」突然、何の前触れもなく起こります。

しかし天において、私たちの苦難は神のカレンダーに記された「その日」に予定通り起こるのです。

神がご存じない所で起こる苦難はありえません。

必ず何がしかの理由と意味があってこの苦難は存在しているのです。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブは結局、なぜ自分が苦しみに遭ったのか、その理由は最後まで知らされませんでした。

それは、

「間違ったことはしていないはずなのに、なぜこんなことが起きるのか?」

という問いに対して、必ずしも答が与えられるとは限らないということを表します。

しかし、この苦難には神が与えた何らかの意味があることだけは確かなのです。

自分にとっての「ある日」は、神にとって「その日」であることを心にとめてまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »