Home > 4月, 2014

2014.04.30

今日のみ言葉【No.815】(2014年 4月30日)

わたしは死ぬまで、潔白を主張してやめない。わたしは堅くわが義を保って捨てない。
(ヨブ記27:5-6)

——————

今や名作マンガの一つとなった「ドラえもん」。

日本のみならず海外でも高い人気を持ち、テレビアニメは全世界で放映されている…、と思いきや、アメリカでは放送されていません。

その理由は、なんと、

「子供に悪影響があるから」

だそうです。

「ドラえもんがあまりにものび太くんを助けるので、自立の思いが育たない」

というのです。

つまり、依存性を助長し自立を阻害する、という見解です。

その代わり、自力で問題を解決しようとする「ドラゴンボール」等の冒険ものは大人気で放映されています。

物事には何でも表と裏があり、一長一短があります。

短所は長所の裏返し、長所は短所の裏返し、です。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブは間違いなく頑固親父です。

今日の聖句

「わたしは死ぬまで、潔白を主張してやめない。わたしは堅くわが義を保って捨てない。」
(ヨブ記27:5-6)

にあるように、自分の正しさを主張し、どんなに反論されても逆に反論し返し続けます。

「頑固」という一見短所に見える性質は、裏を返せば「意志が強い」ということです。

以前はその性質がヨブを過ちから救い、彼を守る強力な武器となっていました。

しかし今のこの苦難の中にあって、己が義を立てることが返って自分を苦しみに追い込むことに彼は気づきません。

その生き方しか知らないからです。

-*-*-*-*-*-*-

しかし、新約聖書では、神の赦しの中に生きる新しい生き方が提示されています。

どんなに頑張っても完全無欠の生き方はできません。

どんなにきよく正しく生きたとしても、人は神の御前では罪人なのです。

聖書は、人はそのままでは皆自分の罪の責任をとらなければならず、永遠の滅びへと向かう、と警告しています。

と同時に、その罪の身代わりとして十字架上で命を捧げ、全人類の罪の代償を払ってくださった神の子イエス・キリストを信じることによって、永遠の救いに入れられると語っています。

ドラゴンボール的な生き方は、神の前では限界があります。

神は、こと罪に対しては、ドラえもん的生き方を勧めています。

自力での解決のみが答えではありません。

神により頼み、神に依存して良いのです。

自分の限界を素直に認め、スパっと神のゆるしをいただく方向に切り替える悔い改めのチャンスは、今、誰にでも与えられています。

神の声を聞いたなら、その場で方向転換する勇気を持ってまいりましょう。

「きょう、み声を聞いたなら、神にそむいた時のように、あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない」
(ヘブル3:15)

-*-*-*-*-*-*-

キリストがもたらした良き知らせを心に受け入れる一日でありますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.04.28

今日のみ言葉【No.814】(2014年 4月28日)

あなたはだれの助けによって言葉をだしたのか。
(ヨブ記26:4)

——————

ヨブ記第26章は、前の章でのビルダデの言葉に対して、ヨブが皮肉を言っているところです。

ビルダデが

「彼は高き所で平和を施される。」
(ヨブ記25:2)

と神の至高性を語ったことに対して、

「神の前では陰府も裸である。」
(ヨブ記26:6)

と彼が触れていなかった陰府を加え、

「ご高説ごもっとも。しかし私はあなた以上に考えていますよ。」

と自分の優位性を誇示します。

「あなたはだれの助けによって言葉をだしたのか。」
(ヨブ記26:4)

と言ったのは、

「神からのものか?いやそうではないだろう!」

という意味を内に含んだとげとげしい言葉です。

まさに

「知識は人を誇らせ」
(第1コリント8:1)

です。

-*-*-*-*-*-*-

確かに知識は人を誇らせます。

しかし、

「もし人が、自分は何か知っていると思うなら、その人は、知らなければならないほどの事すら、まだ知っていない。」
(第1コリント8:1)

というのが真実の姿なのです。

「自分は知っているつもりで実はまだ知らないことが沢山あるのだ。」

という謙遜な思いが必要なのです。

第1コリント8章1節の御言葉はその後に

「愛は人の徳を高める。」

と続きます。

謙遜こそが愛を生み、それが人々に益していくのです。

-*-*-*-*-*-*-

「あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。」
(ヤコブ1:5)

神に知恵と導きを求める謙遜な愛の人として歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※ご注意

み言葉メールを登録されるとすぐに申込確認メールが自動送信されます。
3分たっても来ない場合は
maruyama@mikotoba.nows.jp
からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

2014.04.26

今日のみ言葉【No.813】(2014年 4月26日)

それで人はどうして神の前に正しくありえようか。
(ヨブ記25:4)

——————

「高度経済成長を果たした日本にいながら、その豊かさを実感できないのはなぜか?」

この質問に対する答えは実にシンプルです。

「貧しさの体験に乏しいから」

これが解答です。

物がなく貧しい時代を体験した人は、今の豊かさを過去との比較で実感することができます。

しかし、生まれながらに豊かな時代を生きている人は、これが当たり前で普通なのですから、「豊か」とは実感できないのが当然です。

貧しさや苦労の中に居続ける必要はありませんが、貧しさや苦労を体験して初めて味わえる豊かさや幸福感があります。

-*-*-*-*-*-*-

ヨブ記第25章は6節までしか無い短い章です。

ヨブと友人たちとの議論は平行線。言いたいことはほぼ言い尽くされました。

しかもヨブの関心は、友人たちの言葉よりも沈黙を続ける神ご自身の態度へと移りつつあります。

もはや友人ビルダデも言うべき言葉に詰まったのかもしれません。

-*-*-*-*-*-*-

ビルダデが言った

「それで人はどうして神の前に正しくありえようか。」
(ヨブ記25:4)

は、直接はヨブに向かって語りかけられましたが、それはブーメランのように自分自身へも返って来たことでしょう。

今まで、「ヨブに非あり」「彼に罪あり」として、自分は正しい側にいると思っていたのに、ふと、

「人はどうして神の前に正しくありえようか。」

という「人」の中に自分も含まれていることに気づくと、誰も他人をそれ以上追求することはできなくなります。

25章が短いのはそのせいなのかもしれません。

-*-*-*-*-*-*-

神の前にいかにして正しくいられるか、の難問に対して、実にあっさりと新約聖書に解答があります。

「人の義とされるのは律法の行いによるのではなく、ただキリスト・イエスを信じる信仰による」
(ガラテヤ2:16)

イエス・キリストを救い主と信じること。ただそれだけで神の前に無罪とされ、義とされます。

この救いが何とありがたいものであるかと感じるためには、その前の

「罪のもだえ」

が必要です。

正しく生きようと思ってもそうできない。

やらなくてもいいことをやっている。

自分を何度責めてもまた元に戻ってしまう。

ほとほと自分に愛想が尽きるほどの惨めな体験があればあるほど、

「ただキリスト・イエスを信じる信仰による」

だけで救われることのありがたみが感じられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神様はあなたが良かったと思う体験も悪かったと思う体験も全て用いて下さいます。

「人はどうして神の前に正しくありえようか。」

この問いに明快に答えられるように、あのつらい日々があったのです。

今日も天を見上げ、キリストを信じる恵みを味わって参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.04.25

今日のみ言葉【No.812】(2014年 4月25日)

しかし神は彼らの祈を顧みられない。
(ヨブ記24:12)

——————

「どうせやってくれないんでしょ!」

の真意は

「今すぐやって欲しい」

です。

「言ってもムダでしょうけど…」

「私の言うことを聞いて欲しい」

が本当の気持ちです。

このように人は否定的表現で強烈に自分の思いを伝えることがあります。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句はまさにそれです。

「しかし神は彼らの祈を顧みられない。」
(ヨブ記24:12)

ヨブのこの言葉を文字通りのものとするなら、彼はこの後、神との関わりを断ち切るはずです。

祈りもやめ、友人との議論も終わりです。

ヨブ記終了…、となるはずですが、まだまだヨブの言葉は続きます。

つまり、

「神は祈りを顧みられない」

は、

「神様、私の祈りを聞き届けて下さい!」

という強い願いの裏返しなのです。

24章で描かれているその当時の虐待、差別、搾取、といった暗い現実の中で何とかして神を認めようとするヨブの信仰のもがきがこの一句に凝縮されているようです。

-*-*-*-*-*-*-

ご相談の電話を受け取る時があります。

その中で

「先生、お忙しいのにこんな話を聞かせてしまってすみません。」

と言われることがあります。

私にはそれが、

「忙しいあなたの貴重な時間を割いてでもいいと思うほど、私の存在を大事に扱って欲しい!」

という叫びに聞こえてならないのです。

ですから、私は、

「ちょうど、話し相手が欲しかったところです。私のほうがありがたかったです。」

とお答えし、更にお話を聞こうとします。

しかし、そう言った後は、あっと言う間に電話は終わることが多いのです。

その人が、

「自分は価値ある存在だと認められた」

とお感じになるからでしょう。

否定的表現で来る人こそ、実は純粋で強烈な願いを持っていらっしゃいます。

そして一旦その思いが満たされれば、今度はその新しい方向へ猛烈に前進していくのです。

-*-*-*-*-*-*-

否定的つぶやきが口から出た時、それを押し隠してはいけません。

強烈な神への思いがそこにはあるのだ、と、受け止めましょう。

そして神は、むしろストレートに、素直に求めることを願っておられます。

まっすぐに天を見つめる一日として今日も歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.04.24

今日のみ言葉【No.811】(2014年 4月24日)

彼はわたしのために定めた事をなし遂げられる。
(ヨブ記23:14)

——————

「御心がわからない」

という人にとっておきの答えがあります。

AかBかCか、どう考えても祈ってもわからないとき、あなたの自由意志で選択するのです。

そうすれば必ずうまく行く…、とは限りませんが、実行した後で

「あれは御心だった」

「ああ、あれは御心ではなかったんだ」

とわかります。

意地悪な答えでしょうか(^_^;)?

-*-*-*-*-*-*-

神は隠れておられるのです。

「隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。」
(マタイ6:6)

事を行う前に、神様が現れて、あれこれ教えてくれたらどんなに楽で安全なことでしょうか。

しかし、常にあなたの前に神様が目に見える形でおられたら、あなたの本心が何かは決して表に出てこないでしょう。

それはいつも後ろに警察の車がついて運転するようなものです。

あなたは絶対に安全運転をし、スピードを出すようなことはしません。

しかし、本当にあなたが交通規則を守り、安全運転をする人なのかは、誰も見ていないという条件の中で初めて明らかにされるのです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句は

「彼はわたしのために定めた事をなし遂げられる。」
(ヨブ記23:14)

ですが、これを、

「神は私のために最善を用意しておられる」

と取るか、

「どうせ何をやったって厳しい人生だけが待っていて逃れられない」

と取るかは私たちの選択にかかっています。

ヨブは後者の受け取り方をしました。

その理由は、自分を正しい、としたからです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書はこう語ります。

「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。」
(黙示録3:17)

自分の本当の姿を知ることがポイントです。

そしてイエス・キリストご自身がこう私たちに勧めておられます。

「そこで、あなたに勧める。富む者となるために、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。」
(黙示録3:18)

白い衣とはキリストの救いのことです。

みじめな自分を認めてしまったらもう終わりだ、と考えるのではなく、罪あるみじめな自分だからこそキリストによって救われるのだと考えましょう。

その一歩を決心して踏み出した後に、隠れたところから神様はあなたの人生に現れてくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

自由な決断をする一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »