Home > 5月, 2014

2014.05.31

今日のみ言葉【No.836】(2014年 5月31日)

主はわたしの泣く声を聞かれた。
(詩篇6:8)

——————

悔い改めの詩篇と言われるものが7つあります。

興味のある方はお開き下さい。

詩篇6、32、38、51、102、130、143篇です。

これは

「私が悪かったです。すいません。」

としきりに頭を下げる公開謝罪会見のようなものなのでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

詩篇第6篇の記者は重篤な病の床にありました。

死に直面していたのです。

しかもその病は自分の罪が招いた結果のようです。

彼は病の苦しみを神の裁きの結果として受け止め、

「あなたの激しい怒りをもって、わたしを懲しめないでください。」
(詩篇6:1)

と祈り、延々と苦しみからの解放を訴えます。

-*-*-*-*-*-*-

ところが、8節からガラッと希望の歌へと転換します。

癒されたからでしょうか?

いいえ、病気が治ったとは記されていません。

転換点は、

「主はわたしの泣く声を聞かれた。」
(詩篇6:8)

と彼がはたと気づいたことです。

病の苦痛と死の恐怖に怯える彼にとって、神の姿は、罪の審判者として、そして生殺与奪の権を持つ圧倒的支配者としてしか目に映っていませんでした。

ところが、その恐ろしいはずの神が、自分のすすり泣く声をじっと聞いておられることに目が開かれたのです。

神は自分の頭の上に鉄槌を下す神ではなく、愛の神である…。

このように神認識が変わることが「悔い改め」なのです。

-*-*-*-*-*-*-

罪の告白や行動の変化は、この「悔い改め」が結ぶ実であり結果です。

神は病の床にいる私のそばにおられ、私の泣く声をじっと聞いておられる方。

私の苦しみを共に味わわれ、そこから一歩も動かず、逃げようとなさらない方。

むしろ、その苦しみを十字架で担われ、軽い荷と交換し、休みを与えてくださる方。

この神の見え方の変化が悔い改めであり、そこから人生は新しい流れが始まっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

117の時報やNTTドコモの留守番電話サービスのアナウンスはコンピューターが作る音声ではありません。

中村啓子さんというクリスチャンのナレーターの声です。

業界のトップとして人々の羨望の眼差しを受け、やれ買い物だ、海外旅行だ、とこの世の幸福の絶頂にいた39歳の時、腹部にガンが発見されます。

幸い手術は成功し健康を取り戻しましたが、入院中、仕事仲間は誰もお見舞いに来ませんでした。

「私は能力だけを買われていたのだ…」

「このまま死んだら薄っぺらな人生で終わってしまう…」

彼女は、

「人に愛されないのは、私が本気で人を愛したことがないからだ。」

と考え、人を愛することを学ぶために教会に行き始めました。

しかし、愛そうとする中村さんが出会ったのは、自分の罪を赦し愛して下さる神様の愛でした。

洗礼を受けた彼女は、幸せの価値観が180度変わりました。

自分の欲望を満たすことが幸福だと考えていたかつての姿から、誰かが自分の声を通して、本当の愛、本当の幸せとは何かと考えてくれるきっかけを作ることが幸せだ、という姿に変えられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

人生には新しい流れが始まる時があるのです。

神の愛に目を止め、キリストの十字架の愛に触れるところからその流れは始まります。

今日もその神の愛に触れ続ける一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.05.30

今日のみ言葉【No.835】(2014年 5月30日)

わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。
(詩篇5:8)

——————

朝、子どもが目を覚ますよりも前にお母さんは起きて朝食の準備をします。

子どもが

「朝ごはん食べる!」

と元気よく言った時には、すでに食事の用意はできているのが当たり前です。

まさか、

「あら、これからご飯炊いて、おかず作るわ。」

というお母さんはいません。

そのように、神様も私たちの朝の祈りの時に、すでに祈りの応えを準備し、受け取るだけにしていて下さっています。

ですから、

「なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう。」
(マルコ11:24)

と約束されてあるのです。

-*-*-*-*-*-*-

しかし現実は理論通りに進まないものです。

詩篇第5篇の記者は、朝ごとに神に祈り、神もその祈りを聞いていてくださっているのに、サタンを根源とする悪しき者にその祈りの応えが妨害される現実を語っています。

神の恵みを受け取るためには、

「わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。」
(詩篇5:8)

という求めが必要です。

神の朝食の美味しそうな匂いがし、目の前で見ることができるのに食べられない日々が続くと、

「神様は意地悪な方だ」

「どこに神はいるのだ」

と否定的方向に傾き、自滅してしまう弱さを人間は抱えています。

サタンの思うつぼです。

ですから、毎朝必ず、必死になって、

「わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。」
(詩篇5:8)

と祈る必要があるのです。

-*-*-*-*-*-*-

私が生まれ育った米沢は、上杉十五万石の城下町です。

江戸時代ですから戦(いくさ)を想定して町づくりが進められました。

攻めこんできた敵が迷うように、あちらこちらに行き止まりかと錯覚するように道が作られ、今でもその名残があります。

昔はこれが防御のために役に立ち、意味があったのですが、車社会になってからは何とも非効率的な道路構成となりました。

市内を抜け出していくのに、右折と左折を繰り返し、結構時間がかかるのです。

しかし市の都市計画に従い、何年、何十年とかかって新たな大きな道路が造られました。

こちらを進めば、あっと言う間に市外に出て、目的地に向かって快適に運転することができます。

神のまっすぐな道もこれと同じです。

ごちゃごちゃに入り組んだ人生の問題は、

「わたしの前にあなたの道をまっすぐにしてください。」
(詩篇5:8)

という祈りを地道に祈ることで必ず解決します。

-*-*-*-*-*-*-

今日も用意されている神の朝食をおいしくいただくスタートを切ってまいりましょう。

そのために必要なことは、神のまっすぐな道を引いていただくことです。

祈りつつ、神の道を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.05.29

今日のみ言葉【No.834】(2014年 5月29日)

わたしは安らかに伏し、また眠ります。
(詩篇4:8)

——————

東日本大震災の直後、福島第一原子力発電所で全電源が喪失したというニュースが流れた時のことです。

私は工学部の学生だったので、原子力についての知識がほんの少々ですがあります。

専門家は事故の規模を受け入れ、被害はどのくらいまでで収まるかを早い段階で把握しておられたようです。

しかし、私のように中途半端に知っている人は一番始末に困ります。

その日からしばらくの間、恐ろしくて眠れなくなりました。

ところが、水素爆発が起きて放射性物質が拡散されてしまってからは、案外安心できました。

恐れていたことが起きたので、あとは現実を受け入れるしか選択が無いことがはっきりしたからです。

これ以上の最悪は起きない。

それからは眠れるようになりました。

-*-*-*-*-*-*-

詩篇第4篇は、夕べの祈りの詩篇と言われています。

アブサロムに追われ、手の打ちようがない状況の中で、神は様々な人を使ってダビデに物質的援助や精神的励ましを与えました。

すなわち、どんなに八方塞がりの状況の中でも、

「主は神を敬う人をご自分のために聖別」
(詩篇4:3)

しておられるということなのです。

そして、

「主はわたしが呼ばわる時におききくださる」
(詩篇4:3)

お方です。

目に見える敵や味方が全てなのではありません。

自分の目には見えずとも、この私から愛と守りの眼差しを離さない神が味方としておられることを、今一度この詩篇で再確認致しましょう。

夜寝る時、思い巡らすのはこのことでなければなりません。

「主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。」
(詩篇4:8)

-*-*-*-*-*-*-

今晩から詩篇第4篇をあなたの枕元に置きましょう。

新共同訳聖書では、

「主は愛する者に眠りをお与えになる」
(詩篇127:2)

とあります。

神に愛されている者として堂々と安眠をいただき、主の祝福に満たされて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.05.28

今日のみ言葉【No.833】(2014年 5月28日)

しかし主よ、あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかたです。
(詩篇3:3)

——————

肩こりの原因の一つに猫背があります。

現代人は意識して猫のように背を丸くしているわけではありませんが、パソコン等を使ったりしていると自然に頭が前に出ています。

頭の重さは約5キロ。

ボーリングの球が体の一番上に載っているとイメージしてみてください。

これが前の方に出ていれば、当然、下の体全体でバランスを取ろうとして筋肉や骨が引っ張られます。

結果として肩こりにつながるというからくりです。

時々意識して、グイッと頭を上げ、胸を張る時を持つのが肩こりから解放される方法です。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句では、神は私たちの頭を

「もたげてくださるかた」

だと紹介しています。

新共同訳では

「わたしの頭を高くあげてくださる方」

と訳されています。

どんな時に神は私たちの頭をグイッと持ち上げてくださるのでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

詩篇第3篇は、ダビデがその子アブサロムから逃れた時に詠まれた歌だとされています。

彼は反旗を翻した我が子と戦うことはできませんでした。

アブサロムが謀反を起こした原因は、元をたどればダビデとバテシバとの姦淫にさかのぼります。

自分の罪の結果が影響していることをダビデは悟ります。

そして戦ってしまえばどちらかが命を失う。

自分が助かること、イコール、息子を失うこと。

彼が選んだ道は、逃れることでした。

このような、どうしようもない状況の中でこそ、

「わたしの頭を、もたげてくださるかた」

が私たちの信じる神なのです。

-*-*-*-*-*-*-

顔を上に向けられないくらい落ち込んでいる今であれば、自分で自分の頭を上げることなどできません。

しかし神こそが

「わたしの頭を高くあげてくださる方」

なのです。

自力や我力でなく、外からの力によっていつの間にか天を見上げるようになります。

うつむいたままでいいです。

祈りましょう。

「わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は聖なる山からわたしに答えられる」
(詩篇3:4)

と約束され、祈りに答えられる神が何かの形で私たちに応答してくださいます。

祈りのアンテナを張り巡らし、神からの答えをキャッチする一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.05.27

今日のみ言葉【No.832】(2014年 5月27日)

わたしに求めよ
(詩篇2:8)

——————

暴漢に襲われたAKB48のお二人が退院なさいました。

NHKのニュースによると、「ご心配おかけしました」と報道陣に頭を下げ、帰りの途についたそうです。

期待を裏切らないアイドルとしてきちんと訓練されていると感じます。

-*-*-*-*-*-*-

詩篇第2篇は王の戴冠式・即位式の時に読まれたものです。

王は油を頭に注がれて王として認められます。

それから先は、24時間、王として生きることが要求されます。

つまり、王でない振る舞いはそれ以降原則的にできないことになるのです。

これはクリスチャンにも当てはまります。

何の資格も業績もないのに、イエス・キリストを救い主と信じるだけで救われ、それ以降は

「神の子」

として扱われます。

つまり、クリスチャンになった瞬間から、24時間、神の子として生きることが要求されるのです。

これは王同様、相当大変なことなのではないでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

ですから神は

「わたしに求めよ」
(詩篇2:8)

と教えておられるのです。

神は、求めてくるなら、

「もろもろの国を嗣業としておまえに与え、地のはてまでもおまえの所有として与える」
(詩篇2:8)

ほどのお方だからです。

この地上で神の子として生きるためには、その都度、神に求め、導きを請いながら生きる生き方がポイントなのです。

-*-*-*-*-*-*-

「転職すべきでしょうか?聖書にそれがわかる御言葉はありませんか?」

と尋ねられたことがあります。

私は正直に

「ありません」

と答えました。

その人にとって私の答は想定外のものだったのでしょう、数秒間の沈黙の後、

「え、ないんですか?」

と言われたので、再び

「ございません」

とお答えしました。

その方は様々な人生体験を重ねたので、もう二度と失敗したくない、と強く思っていらっしゃるようでした。

それで絶対に間違わないで選択できる方法を聖書の中に探し求めておられたのです。

私はその方にこう加えてお話ししました。

「絶対に間違わないで生きることと、正しく生きることとは全くの別物です。」

「?」

「絶対に間違わないで生きている人間はいますか?」

「いません」

「その通りです。絶対に間違わないで生きる方法などありません。初めから無いものを見つけようとするから苦しくなるのです。」

「なるほど」

「自分は間違い、失敗する者だということを受け入れる。失敗するのが当たり前。その都度、神に答えを求め、正しい方向に導いていただくのが『神の前での正しい生き方』なんですよ。」

と申し上げた時、その方は別人のように明るくなられました。

-*-*-*-*-*-*-

「あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。」
(ヤコブ1:5)

不完全な存在のままで生かして下さる神に求め、導きを得ていく一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »