Home > 12月, 2014

2014.12.02

今日のみ言葉【No.946】(2014年12月 2日)

主はわたしに耳を傾けられたので、わたしは生きるかぎり主を呼びまつるであろう。
(詩篇116:2)

——————

今日は榎本保郎牧師の『旧約聖書一日一章』にある秀逸な例えと解説を以下にご紹介いたします。

-*-*-*-*-*-*-

祈りとは、これについてブルンナーはその著書『われらの信仰』に一つのたとえ話を書いている。

山から巨大な石がころがってくるのを見て、その石が自分の方に来ないようにと神に助けを求めるようなことがよくあるが、それは祈りではない。

そうではなくて、森の中でまい子になって泣いていた子供が、どこからか自分の名を呼ぶ父の声に気がつき「お父さん、ぼく、ここだよう」と言う、それが祈りであると。

-*-*-*-*-*-*-

もし祈りに喜びどころか、むしろ重苦しさを感じるならば、それは神の呼びかけを現実に聞いていないからではなかろうか。

「あなたがたに必要なものを天の父はあなたがたに先立って知りたもう」と主イエスは言われたが、その神に向かって祈るのだとボンフェッファーは語っている。

神はただ絶対者であられるだけではない。

私たちに必要なものを私に先立って知りたもうだけでなく、ひとり子をもこの世に送り、十字架につけ、私たちの罪のいっさいをゆるしてくださったのである。

この愛の呼びかけ、神のみ愛にこたえていくところに私たちの本当の祈りがある。

-*-*-*-*-*-*-

どんなに暗いさびしい森の中に迷い込んでも、さがしに来てくれる親があるかぎり子供は恐れることはない。

「お父さん」と叫べばよいのである。

-*-*-*-*-*-*-

以上です。

「主はわたしに耳を傾けられたので、わたしは生きるかぎり主を呼びまつるであろう。」
(詩篇116:2)

の御言葉に支えられて、今日も神の御声を聞きながら、祈りの一歩を進めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2014.12.01

今日のみ言葉【No.945】(2014年12月 1日)

主はわれらをみこころにとめられた。
(詩篇115:12)

——————

昨日のモンテディオ山形の試合はサッカー漫画にもないくらいの劇的フィナーレでした。

まさか後半ロスタイム、攻撃には参加しないはずのゴールキーパーがヘディングで見事な決勝ゴールを決めるとは!

鳥肌が立つとはまさにこのことです。

最後まであきらめない、命あるチームであるからこその勝利です。

-*-*-*-*-*-*-

詩篇第115篇は

「彼らの神はどこにいるのか」
(詩篇115:2)

と異国の民から嘲笑された時、

「われらの神は天にいらせられる」
(詩篇115:3)

と、胸を張って答えている歌です。

異邦人らが信じている神は、手で造った偶像神です。

つまり、命がありません。

ですから自分からは何も出来ず、全て人間の手によって動かされ、意味付けられているのがその正体です。

しかしイスラエルが信じる真の神は、

「主はわれらをみこころにとめられた。」
(詩篇115:12)

とあるように、命満ちあふれる神ご自身が人間に目を止め、人に働きかける存在なのです。

人間のほうからお膳立てをして祭り上げなければ何も始まらないのが偶像神です。

しかしそれとは違い、真の神はご自分で愛の計画を準備され、ご自身から行動を起こされる方なのです。

-*-*-*-*-*-*-

山形市で開拓伝道を始め、現在の山形ジョイフルチャーチの礎を築いてくださったのは、渡辺一典先生、公美子先生ご夫妻でした。

本当に無いところからスタートし、祈って家財道具が与えられ、祈って救われる人が与えられ、という連続の日々を送られました。

さて、この世に生きていますから、税金申告の日がやって来ました。

正直に

「収入はこの程度です」

と明細を見せると、担当者は渡辺先生を疑いの目で見たようです。

この世では脱税をする人がいるので、係の者としては当然の対応だったのでしょう。

その人はこう尋ねてきました。

「この金額で、一体どうやって暮らしているのですか?」

渡辺先生は、臆せず、力むわけでもなく、自然に口からこういう言葉が出てきました。

「はい、祈って暮らしております。」

担当者は一瞬、

…… ( ̄□ ̄;)!!

となり、

「あ、そうですか」

となったそうです。

渡辺先生にとっては当たり前のことを当たり前に言っただけだったのです。

「主はわれらをみこころにとめられた。」
(詩篇115:12)

それを実感し、その中を生きているからこその言葉だったのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちは自分で神様を動かさなければならないのではありません。

神は既に私たちをその御心にとめておられます。

今日も神の光の中を照らされていることを信じ、平安に包まれて歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※新規お申込みをなさる方へ

reg@mikotoba.nows.jp
へ空メールと送ると自動的に登録されます。
そして1分以内に申込確認メールが送信されます。

3分たっても来ない場合は
maruyama@mikotoba.nows.jp
からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。