Home > 3月, 2015

2015.03.28

今日のみ言葉【No.1015】(2015年 3月28日)

三つよりの綱はたやすくは切れない。
(伝道の書4:12)

——————

私は昨年ビデオテープをほとんど処分して捨てました。

見る機械が壊れてもう見ることができなくなっていたからです。

時代は画質がぐんとアップしたDVDとなり、やがてそれより更に画質の良いブルーレイとなりました。

ビデオテープ時代を思い出すと、「よくあんな画質の粗いのを見てたなー」と思います。

さて、私は工学部出身なので、ビデオデッキの性能向上のために努力を重ねた技術者の方々のことが心配になります。

あれほど時間と労力を注ぎ、犠牲を払って作り出したものが、あっという間に時代遅れとなり、捨てられ、忘れ去られていくわけですから、その空しさを何でまぎらわしているのだろう、と思うのです。

きっと何か新しい分野に挑戦しているのでしょうが、それすらも数年後には無用の長物になっているのかもしれないと考えると、この世の移り変わりの激しさに翻弄される人間の空しさが浮かび上がってきます。

-*-*-*-*-*-*-

伝道の書第4章では更に4つの空しさが語られます。

最初に、この世にはしえたげられる者が必ずおり、彼らを救うはずの強者が、権力を適正に用いず、かえって更にしえたげている現実です。

次に、人間の社会的成功です。

その動機は「ねたみ」であると喝破されています。

つまり、

「見返してやる!」
「倍返しだ!」

という思いが強烈なエネルギーとなっているのです。

伝道の書の記者は、これを、

「風を捕えるようである」

と空しさを表現しています。

3つ目は、一人で生きる孤独の空しさです。

この類の人は

「その目は富に飽くことがない」
(伝道の書4:8)

とあるように、お金を自分の支えとしようとします。

しかし、肝心な時にそれは助けとはなりません。

「しかしひとりであって、その倒れる時、これを助け起す者のない者はわざわいである。」
(伝道の書4:10)

最後に、王となる空しさです。

現代で言えば、国のトップである首相や、組織の長たる市長や社長を思い起こせばよいでしょう。

たとえ彼らが貧民階級の出身で、しえたげられる者の気持ちがよくわかり、あるいは迫害を受けて投獄された経験があったとしても、

「老いて愚かで、もはや、いさめをいれることを知らない王」
(伝道の書4:13)

となっていくのは共通だという現実を目の当たりにするのです。

まことにこの世は空しいというのが伝道の書の記者の見たありのままなのです。

-*-*-*-*-*-*-

私達はどこかでこの世に見切りをつけなければなりません。

この世は空しいからです。

また、私達はどこかでこの世の空しさを徹底的に味わされます。

頼りにしていた人、お金、契約、機械など様々なものが、ある時、何の助けにもならなかったと、化けの皮が剥がされる時がそれです。

その時に、死の向こう側の永遠の世界を知っている者は幸いです。

この世に執着する必要はなく、手放す恵みの中でこの世を生きることができるからです。

-*-*-*-*-*-*-

天国に向かう道中では、

「三つよりの綱はたやすくは切れない。」
(伝道の書4:12)

とあるように、不動の神を中心として生きることが、この世を歩む私達に必要なことです。

1本の綱は神様の綱ですから動きません。

では残る2本はどうなるのでしょうか?

三つよりの糸を織る場合、お互い反対方向に回しながら撚っていきます。

片方を時計回りに回したら、もう一方を反時計回りに回す、ということが繰り返されます。

つまり、私達の周りに起きる良きことも、またその反対の悪しきことも、神様を中心として自分の人生として織り成す時、その人の人生は、

「たやすくは切れない」

という強靭な人生へと神様が造り上げてくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神様の手の中で、強靭な三つよりの綱として織られる一日としてまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.03.27

今日のみ言葉【No.1014】(2015年 3月27日)

神のなされることは皆その時にかなって美しい。
(伝道の書3:10)

——————

花粉症の方にはお気の毒なシーズンになりました。

ドクターに聞くと、花粉に毒性があるわけでも何でもなく、人間の側の体質の問題なのだそうです。

まだまだ衛生状態の悪い発展途上国ではこのようなアレルギーは見られないということですから、日本は相当衛生的な国になったということなのでしょう。

物事の嫌な面には必ず別の良い面も必ずあるという典型的例です。

-*-*-*-*-*-*-

伝道の書第3章の1節には、

「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。」

とあります。

神様は私達に起こること、また、身の回りに起こること、全てに時を定めておられます。

人の側からすれば、その神の時を待つ辛さを味わうこともあるでしょう。

また、ある年突然花粉症の症状が出た人にとっては、

「体に悪いことなどしていないつもりなのに、なぜ?」

と、災難が降りかかったように思うことでしょう。

しかし聖書は語ります。

「神のなされることは皆その時にかなって美しい。」
(伝道の書3:10)

何がなんでも全部最善なのだと無理矢理丸め込むつもりはありません。

神のなされることには、辛いこともあり心地良いこともあります。

今日の聖句から言えることは、嫌なことも良かったと思えることも、辛かったことも悲しかったことも、すべて

「美しい」

と心から納得して見える時が来るということなのです。

-*-*-*-*-*-*-

私はうつ病になったことは神の御心だったのだと思わされています。

動けなくなり、希死願望の中を生かされていた年月があったおかげで、逆に多くの災いを免れさせてもらったというのが実感です。

また、同じうつ状態の人の心に共感と理解を持って接することが、少しでもできるようになったと感じます。

しかし、手放しで喜んでいるわけではありません。

うつ病は再発率が高いですから、用心していても、花粉症のごとく、気がついたら鬱だった、ということがよくあります。

鬱によって失うものを差し引いても、それでも「良かったんだな」と思えるのは神の不思議な御業です。

-*-*-*-*-*-*-

先日、

「私なんか生きてていいんでしょうか」

というお電話をいただきました。

私も

「本当に私なんか生きてて何の意味があるんだろうか」

と常々思っている者なので、その相談のお電話にもスッと共感できます。

聞けば何年も難病を患い、確実に治る見込みがないまま高額な治療を続けていていいのか、いっそのこと死んでしまったほうが良いのでは…、という内容でした。

私はあわてて

「生きてて良いのですよ」

「あなたが死んだら周りの家族が大きなダメージを受けますよ」

と自殺を引き止めることはしませんでした。

「なるほど、今は将来が真っ暗にしか見えない心の状態にあるのですね」

と相手の心の姿を写す鏡の役目を果たします。

私自身がその方と同じ思いを味わってきたので、

「全くそうだな」

としか思えません。

結果的にそれが冷静に相手を受け止める応答となって現れてくるのです。

死にたい気持ちが受容され、今の自分が理解されているとわかると、人はホッとします。

すると、自分が今までいかに苦労して病気と戦ってきたか、この死にたい気持ちは今回だけではなく、何度も味わい、その都度、どうやって心をコントロールしてきたかを語り出してくれます。

私はここぞとばかりに、

「そうですよね。だから今回も頑張れますよ。大丈夫です」

とは言いません。

「なるほど、すごいなあ。今までそうやって乗り切ってきたんだ」

と賞賛の言葉しか出てこないのです。

「本当に偉いもんだ、私はそこまで思ってなかった」

と相手に対する尊敬の念しか出てこないのです。

私の負けです。

ですからそこで話は終わりです。

素直に降参して、私はこう言います。

「いいんじゃない、それで?そうやって生きてきたあなただもの、これからも何とかなるんじゃない?」

文字だけ読めばかなり無責任な言葉に見えますが、相手は生きる元気を取り戻しているのです。

「ありがとうございました。また自分を見失って元気がなくなったら電話していいですか?」

とおっしゃるので、

「もちろん私で良かったらいいですよ」

と言って電話を切ります。

今までの経験上、再び電話をかけてくる人はまれです。

ほとんどの方々は、私を踏み台にして下さり、現実の世界に飛び込んで元気に生きておられます。

-*-*-*-*-*-*-

「神のなされることは皆その時にかなって美しい。」

この御言葉を心に刻んで、今日も歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.03.26

今日のみ言葉【No.1013】(2015年 3月26日)

だれが神を離れて、食い、かつ楽しむことのできる者があろう。
(伝道の書2:25)

——————

私はいわゆる「パソコンオタク」です。

昔は高性能の高価なパソコンを追い求めましたが、今は飽きました。

最近のパソコンはどれもちゃんと動くからです。

普通に動き、普通に速く、電源を入れるだけでネットも印刷もなんの問題もなくできます。

これが私には面白くないのです。

エラーも出ないフリーズもしない…。何のやりがいも感じられません。

昔はワクワクした通ったパソコン売り場が、今は素通りするようになりました。

-*-*-*-*-*-*-

伝道の書を書いたのはソロモン王だと言われていました。

なるほど、伝道の書の記者はそれと思わせるほどの大成功の人生を送ったことが第2章に記されています。

とにかく、やることなすこと、全部うまく行き、望みは全て叶えられる人生を達成したのです。

快楽を追求し、大事業をなし、富と宝を集め、名声を得、知恵者と呼ばれるほどの尊敬も得ました。

まさに勝ち組中の勝ち組。この世の栄華を極め尽くしたのです。

しかし彼が最終的に味わったのは、空しさでした。

「そこで、わたしはわが手のなしたすべての事、およびそれをなすに要した労苦を顧みたとき、見よ、皆、空であって、風を捕えるようなものであった。日の下には益となるものはないのである。」
(伝道の書2:11)

知恵を得ても、結局愚か者と同じことが自分にも起きます。

「愚者に臨む事はわたしにも臨むのだ。それでどうしてわたしは賢いことがあろう」
(伝道の書2:15)

汗水たらして働き、倹約に倹約を重ねて蓄財したとしても、自分が死ねばそれを相続する者がおり、自分の労苦を知らずに使い果たしてしまいます。

「知恵と知識と才能をもって労しても、これがために労しない人に、すべてを残して、その所有とさせなければならないのだ。」
(伝道の書2:21)

このような有り様を目にすると、空しさしか残らないというのです。

-*-*-*-*-*-*-

このような中で、チラリと雲間から光が差しこむように今日の聖句が挿入されています。

「だれが神を離れて、食い、かつ楽しむことのできる者があろう。」
(伝道の書2:25)

神を離れての富や快楽や知恵は、一時的な満足を与えても、結局空しさを呼ぶに過ぎないということがここで暗示されているのです。

自分のため、自分のため、と生きる人生の果ては空しさだと先人は教えてくれました。

神と共に生きる時に、人は真の満足を味わい、空しさから解放されるのです。

-*-*-*-*-*-*-

さて、パソコンオタクの私が、この分野で神と共に生きることを最近発見しました。

それは、見捨てられたパソコンに愛の手を差し伸べる、ということです。

具体的には、

「XPのサポートが終了したのでもう使えないですよね」

と放置されているパソコンを再生させたり、

「ネコが踏んづけて画面にヒビが入って映らなくなりました」

というパソコンの別の利用法を考えて差し上げたり、ウンともスンとも動かない「ジャンク品」を復活させてどなたかに使ってもらったり、ということです。

すると、その作業のため、時間も労力も使って疲れるはずが、かえって元気になっています。

やりがい、生きがいさえ感じだします。

人のお役に立てることが嬉しいのです。

土台となる御言葉は、

「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」
(マタイ25:40)

です。

つまり、自分の為を追求するのでなく、誰かのために生きること、その中でも「最も小さい者」のために生きることです。

それが神と共に歩むことであり、その道を歩んでいく時、たとえようのない喜びに包まれる人生が与えられていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

空しさを感じるときが人生では必ずあります。

その時こそ今日の御言葉を思い出し、神と共に歩む生き方で再出発してまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.03.25

今日のみ言葉【No.1012】(2015年 3月25日)

伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である。
(伝道の書1:2)

——————

五七五の俳句の最後に

「それにつけても 金の欲しさよ」

と付けると、どんな名句も情けなくなるというお笑いのネタがあります。

「春の海終日のたりのたりかな」(与謝蕪村)

春ののどかな情景を詠んだ趣のある俳句が、最後に例のフレーズを加えると、お金のない侘びしさが一層引き立って感じられるから不思議です。

いつものレールから、ふとしたこと外れると、途端に当たり一面に寂しさが蔓延していた現実を感じるものです。

-*-*-*-*-*-*-

「伝道の書」は、新共同訳聖書では「コヘレトの言葉」という書名になっています。

「コヘレト」には「伝道者」という意味があるので、口語訳聖書では「伝道の書」、新改訳聖書では「伝道者の書」という名前になっています。

中身は伝道者たるにあるまじき虚無的言葉が散りばめられています。

今日の聖句を新共同訳で見ると、

「コヘレトは言う。なんという空しさ
なんという空しさ、すべては空しい。」

とあります。

つまり、

「何をやっても変わらない」

「どうせムダ」

「人生は虚しい」

ということなのです。

-*-*-*-*-*-*-

この書が聖書に取り入れられていること自体が素晴らしいのです。

人間の陰の部分や虚無的思い、あってはならないはずの後ろ向き否定的部分。

これらを抹殺せず、このこともあって一人の人間の存在があり、人生があることを神はご存知なのです。

私達の現実をありのまま受け入れてくださる神の存在が背後に感じられます。

-*-*-*-*-*-*-

何をやっても気力が出ず、「なんという空しさ」と心の中でつぶやくあなたをも神は受け止めていてくださいます。

無理やり元気を出そうとせず、まず、その神がいらっしゃることを心に覚えましょう。

神様は、順々に、御心の場所へとあなたを押し出してくださいますから…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.03.24

今日のみ言葉【No.1011】(2015年 3月24日)

あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。
(箴言31:30)

——————

ご婦人の集まる聖書研究会で、イサクのお嫁さん候補(後のリベカ)を探しに行ったしもべの話をした時のことです。

彼はアブラハムのしもべの中で最も年長でした。

この人のような人生の経験者ならこういう女性を選ぶだろうな、と私は思い、ある有名人の写真を用意して皆さんに見せました。

誰あろう、北斗晶さんです。

あの「鬼嫁」で売り出した元女子プロレスラーの方で、好感度抜群。テレビCMでもよくそのお顔を拝見します。

実は私は半分本気で、しかし半分笑いを取るために彼女の写真を出したのですが、その場にいた全員、

「その通り」

と真剣に納得されたのにはびっくりしました。

男性の私からすれば、家へ帰れば最新の「オール電化」ならぬ鬼嫁が待つ「かかあ天下」の日々しか見えず、恐れます。

しかし、同性の女性の方々は見事に結婚の本質を捉えていたようです。

「あの人なら間違いない」

これは主婦として実際の生活を長年続けてこられた皆さんが共通して下した評価でした。

-*-*-*-*-*-*-

箴言には悪い女性の例がたくさん記され、その罠に陥らないようにと警告が発せられていますが、最終章では見本となる女性の姿が記されています。

それは10節以降に見られます。

「だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い。」
(箴言31:10)

「力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている。」
(箴言31:25)

ここを読むと、男性側からすれば、「こんな奥さんがそばにいる夫はさぞ幸せだろう」と思います。

しかし、女性側からすればどうでしょうか?

もちろんその通りだと思われるでしょうが、同時に、

「自分がこの人と比べられたら大変だ」

「聖書に書いてある通りの賢い妻を要求されたら、息が詰まる」

と思われるのではないでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

箴言の最終章は、第1章と同じ言葉で締めくくられています。

それは、

「主を恐れる」

ことです。

「あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。」
(箴言31:30)

始まりの第1章では

「主を恐れることは知識のはじめである」
(箴言1:7)

とあり、最終章でも

「主を恐れる女はほめたたえられる」

とあります。

良き嫁、賢い妻になろうとしても、そうそううまくなれるものではありません。

それはあくまで結果です。

主を恐れること。

神を恐れて、一歩も二歩も後ろに下がって神を第一として生きることによって、箴言最終章のような実を結んでいくのです。

-*-*-*-*-*-*-

よく、「男性は結果を重視し、女性はプロセスを重視する」と言われます。

男性の場合、人間関係のゴタゴタが多少あるにしても、仕事の結果が良ければ、「シャンシャン」と手を打って終わりにできます。

しかし女性の場合、終わりが良くても、その過程の人間関係で気まずさがあると、とても満足はできません。

ですから、「同じ思いでいる」「共感できる」ということが確認できなければ、確認できるまで突っ込みたくなり、それがまた相手との関係をこじらせることとなったりしますが、気がおさまらないのでどうしようもありません。

Yさんは最近Aさんが自分に対して冷たい態度をとっているように感じました。

同じグループの集まりにAさんは顔を見せなくなりました。

電話やメールで連絡をとっても、以前と比べてそっけない態度で返しているように感じます。

「なにか私が気に障ることでもしたのだろうか」

「知らないところで迷惑をかけたのだろうか」

そう思うと、一気に不安が増してきます。

しかし彼女は神を恐れることを学んでいました。

「何事にも神様のご支配がある。神様の知らないところで起きていることは何もない。神様のご計画の中でこのことも進んでいるのだろう。」

そう自分に言い聞かせ、祈りの中でAさんのことをゆだねることにしました。

すると不思議なことに、Aさんの消息を知らせる情報が寄せられてきました。

彼女はあちらこちらのグループに参加し、ご自分の人生の課題を解決しようとされていたことがわかりました。

Yさんは、自分の不安を解消するために

「どうしたの?なんかあったの?私に悪いことがあったら言ってね」

と危うく言いそうだったところを、神様に救われたと感じました。

主を恐れること。これが救いの第一歩です。

-*-*-*-*-*-*-

今日も神の知恵である「主を恐れる」歩みをして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »