Home > 5月, 2015

2015.05.30

今日のみ言葉【No.1051】(2015年 5月30日)

そこでイザヤはそのようにし、裸、はだしで歩いた。
(イザヤ20:2)

——————

昨年9月の全米オープンで準優勝を果たしたテニスの錦織圭選手。

マイケル・チャンコーチに「軽く洗脳されている」と言うほど、叱咤激励を浴びせかけられていたのだそうです。

実はその3ヶ月前の全仏オープンでも、マイケル・チャンコーチは自分の経験を彼に伝えようとしていたのです。

しかしその言葉はまだ彼の心に届いていませんでした。

チャンコーチは屈せず、同じことを語り続け、励まし続けました。

そしてついに錦織選手の心のスイッチが入った瞬間が来たのです。

マイケル・チャン氏が、必ずそうなると信じ続けることがなければ、その時は来なかったでしょう。

粘り強く継続することの大事さを思い知らされます。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第20章は、3年間に渡るイザヤの行動預言の個所です。

行動預言とは、言葉を使わずその姿で神のメッセージを示すことです。

イザヤは

「裸、はだしで歩いた」
(イザヤ20:2)

とありますが、彼はこのスタイルが好きだからそうしたのではありません。

神に命じられて、お尻丸出しの姿を人前に晒すことになったのです。

イザヤは貴族です。

裸、はだしで歩かせられるのは当時の捕虜の姿です。

ですから、相当恥ずかしい思いをこらえながら歩いたのは間違いないでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

そこまでして神が預言者イザヤを通して知らせようとしたことは、

「あなたがたが頼ろうとしているエチオピア・エジプトの人々はこのような姿でアッスリヤに捕虜として連れて行かれる」

ということでした。

間違ったものに頼ってはいけない、神に信頼せよ、ということなのです。

イザヤの姿を通して与えられたこの視覚的メッセージは、人々の心に突き刺さったに違いありません。

実際の歴史を見ると、パレスチナ諸国がアッスリヤに攻めこまれた時、助けてくれるはずのエジプトは援軍を出しませんでした。

そしてエジプトはアッスリヤに負け、イザヤの体を張った預言が成就したのです。

神に信頼せよ。

これが聖書の言う一貫した真理です。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの目を通して継続的に入ってくる神のメッセージは何でしょうか?

今日も神に信頼して歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.05.29

今日のみ言葉【No.1050】(2015年 5月29日)

主はエジプトを撃たれる。主はこれを撃たれるが、またいやされる。それゆえ彼らは主に帰る。主は彼らの願いをいれて、彼らをいやされる。
(イザヤ19:22)

——————

私の父は40代を過ぎて糖尿病と診断されました。

医師から、いろいろな合併症、こういう症状、ああいう症状、散々恐ろしいことを聞かされました。

しかし最後に、

「食事を糖尿病患者向けのメニューに切り替えていきましょう。お薬とインスリンの注射で血糖値をコントロールすれば大丈夫ですよ」

と言われてホッとし、希望を持ちました。

それから先は、医師の指示通りの生活をしたおかげで、80歳まで普通に車を運転するほどの安定した生活を送ることができました。

滅びの宣告のその先にある希望を先取りし、実際にそれを生きた人生でした。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第19章はエジプトの滅亡と将来の回心の預言です。

イザヤが預言者として活躍した当時、エジプトは勢いのある大国でした。

誰もその後の混乱、衰退、滅亡など思い描きもできない時に、イザヤはエジプトの将来を語ったのです。

しかし、神の裁きが下されるのは、悔い改めのためです。

イザヤは滅びの預言が成就するその先に、希望があることを預言しています。

「主はエジプトを撃たれる。主はこれを撃たれるが、またいやされる。それゆえ彼らは主に帰る。主は彼らの願いをいれて、彼らをいやされる。」
(イザヤ19:22)

エジプトがイスラエルと共に主なる神を礼拝する未来があるのです。

この預言がなされてから二千数百年が経ちました。

現段階ではまだ成就していませんが、過去の歴史において、神の言葉が必ず成就したことを見る時、この希望の未来が必ず訪れることは確かなのです。

この希望を先取りし、希望を土台として、現実に立ち向かっていく。

これが信仰生活の実際です。

-*-*-*-*-*-*-

芸能界で幅広く活躍する関根勤さんの前の名前は「ラビット関根」でした。

師匠の萩本欽一さんが、若いうちはいいが年取ってからもラビットでは大変だろう、ということで、関根勤に芸名を変更させたと言います。

なるほど、娘さんの関根麻里さんが結婚して活躍している今の時代では、ラビット関根より関根勤の方がしっくりきます。

さすがに欽ちゃんは先見の明があります。

更に萩本さんはこうアドバイスしたそうです。

「関根、おまえの芸は100万円持ってたら全部出して見せびらかしている芸なんだ。そうじゃなく、5万円だけ見せて、“懐には95万円ありますよ”って芸をしろ」

関根さんは何を言われているか分からなかったそうですが、ガムシャラにやって逆に浮いている、ということはわかっていました。

それからは、あえて控えめにやり、徐々に自分の芸を出していくと、ウケ始め、自分のペースをつかみ出し、そして今の安定した実力と人気に結びついているのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちも、今は5万円しか持っていないのかもしれません。

しかし、天の父なる神様の金庫には、いつでも出せる95万円があると信じて、現実の100万円の買い物に挑戦するのです。

希望を土台として、それを先取りする人生。

ここに信仰生活の醍醐味があります。

-*-*-*-*-*-*-

神の希望と共に、今日の一日にチャレンジしてまいりましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.05.28

今日のみ言葉【No.1049】(2015年 5月28日)

「晴れわたった日光の熱のように、刈入れの熱むして露の多い雲のように、わたしは静かにわたしのすまいから、ながめよう」
(イザヤ18:4)

——————

メロディーチャイムNO.1 ニ長調 作品17「大盛況」

これはファミリーマートの入店音の正式名称です。

作曲者の稲田康さんによると、ヨーロッパの教会の鐘をイメージして作られたのだそうです。

↓作曲者ご本人の演奏がこれです。

このチャイムの音程には工夫が施されています。

優しい感じの3度の音程で始まったメロディが、途中5度の音程に切り替わり、冷たい雰囲気を出します。

しかし最後は3度の音程でホッとする流れにされています。

数秒間の短いメロディの中にも、緻密な計画と作曲者の意図が込められていることがわかります。

-*-*-*-*-*-*-

神様のご計画も、緻密で愛に満ちたものなのですが、人間にはなかなかそれが分かりません。

神の言葉を預かった預言者イザヤは、当時のイスラエルの民に対して、

「晴れわたった日光の熱のように、刈入れの熱むして露の多い雲のように、わたしは静かにわたしのすまいから、ながめよう」
(イザヤ18:4)

と主なる神はされているのだ、と伝えています。

この時の社会情勢は、東から攻めてくるアッスリヤに対して、

「エチオピヤの川々のかなたなるぶんぶんと羽音のする国」
(イザヤ18:1)

つまり、西のエチオピア・エジプトが、我が国と連合してアッスリヤに当たれ、と圧力をかけていたのです。

イスラエルは小国ですから、東の大国アッスリヤの脅威に対して、西の大国エジプトと同盟を結べば対抗できる、と考えるのも無理はありません。

しかし、イザヤはその案に反対します。

エジプトは自国の利益を考えて、イスラエルをアッスリヤの防護壁として利用するだけなのだから、ここは何もするな、動くな、神を信頼せよ、と語るのです。

神様は天で静かに地上の状況を眺めておられます。

そして、神の最善の時に雨を降らせ、また陽を射されるのです。

人間の工夫以上の神の工夫があることを信じ、そこに信頼を置いて生きることが祝福の道なのです。

-*-*-*-*-*-*-

4人のお子さんをお持ちのKさんご夫妻は熱心なクリスチャンです。

子供たちには信仰を強制することなく、しかし最大限に信じるチャンスを与えようとし、折を見て信仰の話をし、そして見守る姿が明らかでした。

さて、

「神様なんかどこにいる!」

と一番反発していたのが次男でした。

ところが、4人のお子さんの中で、一番早く洗礼を受けたのが彼だったのです。

堅い殻を破って柔らかな芽が伸び出るように、硬い表情だった彼が柔和な笑顔で教会におられるのを見た時、そこに私は神様の深いご計画を見る思いがしました。

-*-*-*-*-*-*-

天から静かに見ておられる神の視線を意識しながら、神のご計画の中を歩ませていただく幸いを選択して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.05.27

今日のみ言葉【No.1048】(2015年 5月27日)

その日、人々はその造り主を仰ぎのぞみ、イスラエルの聖者に目をとめ、
(イザヤ17:7)

——————

「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」

2015年サラリーマン川柳の堂々第1位です。

脂肪は悪者扱いされがちですが、体脂肪率が低い人は夏バテしやすいのだそうです。

プロ野球選手でも体脂肪率20%程度の人が夏場に調子を上げて来る、と現ソフトバンクホークスの工藤公康監督が語っているほどです。

最近では、スーパー細胞ASCという天然の治療薬が皮下脂肪に存在することがわかってきました。

皮下脂肪恐るべしです。

神様が与えてくださったもの、として視点を変えて見る時、そこに思いをはるかに超えた祝福が眠っているのです。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第17章には2つの滅亡が預言されています。

まず、スリヤの首都ダマスコの滅びです。

これはアッスリヤに滅ぼされてしまいました。

このアッスリヤも後に滅びます。

南ユダを攻撃し、敗退したことがきっかけで国が衰退し、新興国バビロンに負け、征服されてしまいます。

イザヤはこのように、正確に当時の社会情勢を見ていました。

と同時に、単なる国の隆盛と衰退の歴史でなく、イザヤはその背後にある神の働きと御旨を民に伝えました。

それは、裁きの目的は神様に立ち返らせるため、すなわち悔い改めのためだ、ということです。

神は

「その日、人々はその造り主を仰ぎのぞみ、イスラエルの聖者に目をとめ、」
(イザヤ17:7)

となる日が来ることを期待し、アダムとエバが犯した罪ゆえにエデンの園を出ざるを得なくなったその時から、救い主を遣わす意図を明らかにしておられました。

「わたしは恨みをおく、おまえと女とのあいだに、おまえのすえと女のすえとの間に。彼はおまえのかしらを砕き、おまえは彼のかかとを砕くであろう」
(創世記3:15)

「主なる神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた。」
(創世記3:21)

-*-*-*-*-*-*-

「滅び」を体験し、自分が持っていたと思うものを全て失うときは、悲しいものです。

しかし、そのような悲痛な現実を通らなければ方向転換できない自分であることを知らされた時、裁きは恵みに変わるのです。

滅びと裁きは救い主に出会うための神の招待状です。

人々が地獄行きの切符をもらったかのように感じる時、

「それは神様からの招待状ですよ」

と目を天に向けさせ、希望の方向を指し示すこと。

これがあなたの残りの人生で最も大事な仕事です。

-*-*-*-*-*-*-

Tさんは健康診断で「要再検診」の結果が出ました。

大きな病院で精密検査を受けたところ、腫瘍があり、それが悪性のものであることがわかりました。

彼はすぐに先輩クリスチャンのHさんに相談しました。

Tさんが手術への不安やら絶望を語り切った後、Hさんの次の言葉が、彼の人生を大きく変えました。

「Tさん、良かったね。それは神様からの最高のプレゼントだよ。」

一瞬、何を言われたか分からなかったそうです。

しかし、次の瞬間、スパッと心が変わるのを感じました。

「そうか、これは神様の祝福への招待状か!」

Tさんはその後、今までやめられなかったお酒とタバコをやめました。

食事も刺激物は避け、野菜中心の食生活に変えました。

1年後の彼は、20キロ減量、早寝早起き、高血圧解消という健康体になりました。

そして先日の検査の結果、医師から

「全て良性です」

という診察結果を受けました。

人生の方向を変える神様からの最高のプレゼントを彼はしっかりと自分のものとしたのです。

-*-*-*-*-*-*-

試練の中、神を仰ぎ見る一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.05.26

今日のみ言葉【No.1047】(2015年 5月26日)

モアブのさすらい人を、あなたのうちにやどらせ、彼らの避け所となって、滅ぼす者からのがれさせよ。
(イザヤ16:4)

——————

「生活保護の担当者向けの研修をしてほしい」

ということで、かつて役所の福祉課に呼ばれてカウンセリングの講義をしたことがあります。

時代が変わり、今までの対応の仕方では通用せず、むしろトラブルを招いてしまうことが明らかになったからです。

ただ、生活保護を悪用する人も世の中にはいるので、窓口の担当者としてはきちんと仕事をしなければなりません。

しかし、受給条件を満たしているか、という仕事一点張りで対応する職員は、当然申請者の反発を買います。

今すぐ助けてもらいたい側からすると、「お金をなるだけ出さないように、条件をつけられて、断ろうとしている」と感じるからです。

その研修では、「助ける」ということと「厳格に仕事をする」という両者の橋渡しとしてのカウンセリングの技法を講義させていただきました。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第16章では、「助ける」方を優先させよ、と神はイザヤを通して語っておられます。

モアブはアッスリヤに対抗して敗れました。

敗因はモアブの高慢です。

「われわれはモアブの高ぶりのことを聞いた、その高ぶることは、はなはだしい。われわれはその誇と、高ぶりと、そのおごりとのことを聞いた、その自慢は偽りである。」
(イザヤ16:6)

そして大量の難民が隣国イスラエルに避難してきました。

すべて自業自得です。自分が蒔いたものを自分が刈り取っているのです。

しかし、たとえそうであったとしても、助けてやれ、と神はイスラエルに語ります。

困っているなら助けてあげなさい。

これが神の基準です。

もちろん、安易に援助してかえって相手を自立させないということはあり得ます。

そのような可能性はありますが、それでも基本的には「助ける」という方向に踏み切れ、と神はおっしゃるのです。

そこから先は神の世界です。

神の言葉に従った者だけが味わえる、不思議な祝福の世界が開かれていきます。

-*-*-*-*-*-*-

神の世界を体験する一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »