Home > 6月, 2015

2015.06.30

今日のみ言葉【No.1074】(2015年 6月30日)

見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起る、あなたがたはそれを知らないのか。わたしは荒野に道を設け、さばくに川を流れさせる。
(イザヤ43:19)

——————

学校給食の定番だった牛乳を取りやめる自治体が出ています。

思えば、弁当が当たり前の時代から給食の時代へ。

毎回パンだった給食がご飯も出るようになり、そしてご飯に合わないからという理由で牛乳がなくなり…。

今まで想像もできなかった新しい時代が、当たり前のようにやってくるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第43章は豊富な内容を持った章ですが、その中でも終末の地球の大変革を取り上げてみましょう。

「見よ、わたしは新しい事をなす」
(イザヤ43:19)

とは、

「荒野に道を設け、さばくに川を流れさせる」

という公共事業の土木工事を想像させますが、聖書が語るこの自然界の変容はもっともっとスケールが大きいものです。

なぜならその直前の節に

「あなたがたは、さきの事を思い出してはならない、また、いにしえのことを考えてはならない。」
(イザヤ43:18)

と、わざわざ断り書きが出されてあるくらいだからです。

「さきの事」とは出エジプト時、紅海が二つに分かれ、海の中をイスラエルの民が歩いて渡った出来事を言っています。

これだけでも凄いことなのに、

「そんなのは些細なことだ。忘れろ、忘れろ。あの時とは比較にならないくらいの新しいことが起きるのだぞ」

と神が言っているかのようです。

世界の終末の時、救い主メシヤ、つまりイエス・キリストが再臨し、地球全体の環境が理想的状態に回復される様子がこの第43章で預言されているのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの心に、この救い主を迎え入れる時、神は今日の聖句と同じように人生の大変革をもたらしてくださいます。

あるおばあちゃんの葬儀をした時のことです。

本人の洗礼の意思を確認し、まだ元気な今のうちに、というご家族の希望で洗礼式をした1か月後、神様は待っていたかのようにおばあちゃんを天国に連れて行かれました。

実はこのおばあちゃんは、生前「意地悪ばあさん」として有名な方で、周りの方々はずいぶん振り回されたようです。

ところが、ご家族の祈りが聞かれ、教会に来られるようになり、ついにイエス様を救い主として信じ受け入れ、天国への希望をいただいた頃から徐々に表に変化が出始め、今思えば洗礼式の時が最高に輝いた時でした。

というのは、その洗礼式の時に私が何気なくデジカメで撮った写真が告別式の遺影として採用されたからです。

葬儀の会場に続々と人々が入ってこられます。

すると、その中から、突然、

「あらら、ウソ!これがあの人?」

という声が聞こえてきました。

どうやら、かの「意地悪ばあさん」の過去の被害者らしき方々からの声です。

写真の中の、喜びに満ちた聖なる感じさえ漂わせる笑顔と、自分が持っているあの意地悪な顔の記憶と一致しなかったのでしょう。

「こんなに変わるものか。まるで天女(てんにょ)のようだ」

とつぶやかれ、キリスト教の葬儀ですから「南無阿弥陀仏」とまでは声に出しませんでしたが、持っていた数珠を擦り合わせて一生懸命お棺と遺影の前で祈っておられる姿が印象的でした。

-*-*-*-*-*-*-

神は地球も人も変えられます。

今日もキリストの救いを得て、変革の道を進んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.06.29

今日のみ言葉【No.1073】(2015年 6月29日)

わたしは新しい事を告げよう。
(イザヤ42:9)

——————

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は、「逆境での強さ」が見る人の心を引きつけます。

ところが、そのなでしこらを率いる佐々木則夫監督は、山形県尾花沢市で過ごした少年時代、

「一人っ子で、おばあちゃん子。ひ弱で、もじもじする子」

だったそうです。

しかし、このおばあちゃんの行動が佐々木少年の人生に強さを加えたようです。

「いじめに反発できなくて、授業中におばあちゃんがクラスに殴り込んできたことがあった。気の強いおばあちゃんでね。恥ずかしいからやめてくれよと思ったけど」
(2015年6月16日付 読売新聞

佐々木氏の人生にはその後も逆境が続きますが、このおばあちゃんの行動が逆境を乗り越える一助となったことは想像に難くありません。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第42章は、

「わたしの支持するわがしもべ」
(イザヤ42:1)

つまり、新約聖書で明らかにされるイエス・キリストが預言されているところです。

しかもここは、神がイスラエルを愛していることを熱烈に語っている章でもあります。

しかしイスラエルにはその神の愛が分かりません。

神の愛の声が聞こえず、愛のわざが見えないイスラエルに対して、

「耳しいよ、聞け。目しいよ、目を注いで見よ。」
(イザヤ42:18)

と神は叫びます。

これほどまでに人間のことで心揺さぶられ、感情的になる生きた神の姿が明らかにされている個所は他にないでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

この愛は、「わたしの支持するわがしもべ」である救い主キリストによって成就されます。

ただし、神が遣わす救い主は、「しもべ」としてあなたのもとにやって来られるので、

「彼は叫ぶことなく、声をあげることなく、その声をちまたに聞えさせず、」
(イザヤ42:2)

とある通り、大声であなたを説き伏せる方ではありませんから、じっと心の耳を澄ませて声を聞かなければなりません。

と同時に、

「また傷ついた葦を折ることなく、ほのぐらい灯心を消すことなく、真実をもって道をしめす。」
(イザヤ42:3)

とあるように、神の愛がわからないままのあなたを忍耐強く支え、正しい道へと導こうとされます。

この「しもべ」として仕える救い主が

「わたしは新しい事を告げよう。」
(イザヤ42:9)

と、人生に新しい展開があることを知らせてくださいます。

人生の大波の向こうに、神の愛の光が待っていることを先取りして、今の不安を乗り越えていけるのはなんと幸いでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

先日、

「うちの子が最近なかなか学校へ行かなくて…」

というお母様からの相談を受けました。

よくある話かと思われるかもしれませんが、実はその方の職業はカウンセラーなのです。

カウンセラーなら自分の子供をカウンセリングできるのではないか…、と思いますが、当事者となるとまた心の動きが違います。

カウンセラーは公に人に関わる仕事に携わる前に、十分、自分がカウンセリングを受けなければなりません。

そうやってクライエントの気持ちがわかり、カウンセリングとはこういうものだという実際の体験を経てからようやく相手の心に触れさせていただけるのです。

さてそのお母様のお話では、小学校6年からぐずぐず言い出し、中学校の今は、長期の休みはしないまでも、

「最近は3日に1回は休んだりぐずったりの毎日が続いています」

ということでした。

親の心境としては、このままズルズルと休みが長引き、最悪の場合は…、と明るい方向へ考えることはなかなかできません。

第3者の客観的視点が必要なのはこのような時です。

私はお母さんにこう言いました。

「3日に1回が続くということは、それはお子さんのペースなのではないでしょうか?」

「今日学校に行ったら自分が壊れてしまう、と感じる本能的直感なのかもしれません」

「お子さんは、自分の命を守るセーフティネットを、3日に1回、自分で作っている、というふうに考えてみたらどうでしょう?」

するとそのお母さんは、

「う〜ん、それをうちの子に言うのは難しいですね」

と自分で自分を受容し、

「でも、そう考えて子供に向きなおしてみます」

と、さすがカウンセラー、チャレンジすることを決心なさいました。

-*-*-*-*-*-*-

最良のカウンセラーは、救い主イエス・キリストです。

聖書の御言葉に耳を澄まし、新しいことをなされる主に信頼し、今日の一歩を踏み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※新規お申込みをなさる方へ

reg@mikotoba.nows.jp
へ空メールと送ると自動的に登録されます。
そして1分以内に申込確認メールが送信されます。

3分たっても来ない場合は
maruyama@mikotoba.nows.jp
からのメールが迷惑メールと判定され、ブロックされているからです。
そのままだと「今日のみ言葉メール」が受信できませんので、ご自分の「迷惑メール設定」を変更して下さいますようお願いいたします。

2015.06.27

今日のみ言葉【No.1072】(2015年 6月27日)

恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる。
(イザヤ41:10)

——————

今日の聖句を座右の銘としておられる方もいらっしゃるでしょう。

この聖書個所を読むだけで力が湧き出ると感じる方もいらっしゃることでしょう。

物理的に考えれば、私たちが見る聖書の言葉は、単なる紙の上のインクです。

しかしその背後におられる神の存在が力となって現れてくるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第41章は、歴史の背後で働かれる神の存在を強く訴えています。

「だれが東から人を起したか」
(イザヤ41:2)

これはバビロン捕囚から民を解放したペルシャのクロス王のことであると言われています。

確かに直接的にはこの人のおかげでイスラエルの民は故国に帰還できました。

霊的視力が乏しければ、ここで人間崇拝にのみ陥ってしまうでしょう。

しかしその背後で彼を動かしたのは主なる神である、と、この2節は語っています。

イスラエルとの契約を果たされる神は、時至って必ずそれを実行されます。

その時が来たら、

「わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる」
(イザヤ41:10)

という神の支えを強く信じて、一歩も二歩も前へ進んでいかなければなりません。

神の追い風に帆を張って、思いもよらない速さと方向へ導かれていく人生。

それがあなたに待っている未来なのです。

-*-*-*-*-*-*-

私は何人もの自殺願望の方々のカウンセリングをさせていただきました。

ここでは自殺に失敗して生き残った方々の話をします。

まず、死にたいと思う多くの方々は、生き方が分からないでいます。

ですから、どうやればこの世で生きることができるのか、ということがわかり、それが実行できる範囲のことであれば、死にたいという気持ちは雲散霧消してしまいます。

ですから私が「死にたい」というご相談を受ける時には、

「この人はこの世で生きる技術を習得しているかいないか」

という面に最初に焦点を当てます。

次に、自殺を決行したが、命をとりとめた方です。

生きることへの絶望感にプラスして、自分で死ぬことすらできないという絶望感が加わりますから、本当に自分は何もできないという一種の放心状態に置かれた方々です。

このような方々に対してすることは、ただ一緒にいて、ため息を吐けば一緒にため息を吐き、フーっと息を出せば私も一緒に息を出す、ということだけです。

押せば反発して死のうとするかもしれません。引けばまた自殺の方向に行くかもしれません。

押すことも引くこともならず、じっと息を潜めて相手とその時を共にする時間が続きます。

いわば「人生の凪(なぎ)の時間」です。

やがて

「先生、私って、なんで生きてるんでしょうね」

「生きているんじゃないですね、手足を動かされて、周りから生かされているっていう感じです」

と言われる時が来ます。

生きることへの抵抗感が抜けた段階です。

生きようともせず、生きることをやめようともせず、ただ生かされるままに生きていること。

ここまで来るのにどれほどの方々が背後で働いておられるか、本人も私も想像することができませんが、多くの助けの後に、命の根が根付き始めるのはこの時からなのです。

それから後は、浮き草が水に漂う…、どころではなく、しっかりとこの世に根を張り、静かに生きることを始められます。

そこから先は、神様しか知らない新しい人生が備えられ、本人も考えつかなかったような人生を生きるのを、私は何人も目にしてきました。

-*-*-*-*-*-*-

神の助けがあります。

恐れず、勝利の右の手を持って支えてくださる神と共に、今日の新しい日を送って参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.06.26

今日のみ言葉【No.1071】(2015年 6月26日)

しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。
(イザヤ40:31)

——————

人はある年齢に達すると、

「私の持ち時間はあと何年あるだろう」

と気づきます。

人生のどこかで、今まで生きてきた時間より、これから生きるであろう時間のほうが短いのだと悟るのです。

ここがある意味、人生の分かれ目です。

「あと何年として、その限りある時間をどう過ごしたらいいか」

と考える人は、臨終の直前、心安らかに死と向かい合えることでしょう。

しかし、

「そんなことより今が大事」

と、せっかく神様から提示されたチャンスを無視して進む人は、必ずやってくる死の時に乏しい備えで臨まなければなりません。

人生の最後の時が、「未練たっぷりの時」となるか、「生涯最良の一瞬」となるか。

選択のチャンスが与えられている間に、それをしっかりとつかんでいきたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第40章からは回復と慰めのメッセージが続きます。

バビロンに捕囚された民の多くがこの異国の地で死に絶え、この国の住民としてずっと生きるとしか考えていない2世・3世が活動していた時期での預言です。

彼らにとって、イスラエルは故郷ではなく外国であり、エルサレムは知らない土地です。

ようやく人々の信用を得、根付いてきたバビロンの地で生きることの方が、全くゼロから始めるエルサレムでの生活よりずっと安全です。

しかしイザヤは、神の裁きの時は終了し、ここから解放され、新たな時代が始まると民に語りました。

事実、永遠にその繁栄が続くかと思われたバビロンはペルシャに負け、神はペルシャ王クロスの心を動かし、捕囚の民にエルサレム帰還の勅令を出します。

-*-*-*-*-*-*-

ここにおいて、帰った者と帰らなかった者の2つに分かれたのです。

聖書は、バビロンに残る選択をした者たちを

「罰(ばち)当たり者め!」

などと責めてはいません。

勇気を持って帰還した者達の名前と人数がエズラ記とネヘミヤ記に残されているだけです。

この人たちは徒歩で1000キロ以上の道のりを歩き、見るも無残に荒廃したエルサレムにたどり着きました。

その後も幾多の試練の中を通らなければなりませんでした。

それならバビロンに残った方が利口であり、その方が安定した幸せな生活を送れたのではなかったのでしょうか?

エルサレムに帰還した人々は貧乏くじを引いたのではなかったのでしょうか?

ただ一つ言えることは、彼らこそ

「しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。」
(イザヤ40:31)

という神の御言葉の約束を実感した人たちだったということです。

-*-*-*-*-*-*-

人生には様々な選択があり、それが正しかったかどうか、生きている間に判断できないこともあります。

しかし、神の言葉に従った者だけが、神の言葉の真実を味わうのです。

それが本当だと証明されたから従うのではありません。

従って、その通りに生きてみて、

「神は真実であった」

としみじみ振り返ることのできる人生。

それが神を信じる人生なのです。

-*-*-*-*-*-*-

御言葉に従う一歩を踏み出す今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.06.25

今日のみ言葉【No.1070】(2015年 6月25日)

ヒゼキヤは彼らを喜び迎えて、宝物の蔵、金銀、香料、貴重な油および武器倉、ならびにその倉庫にあるすべての物を彼らに見せた。
(イザヤ39:2)

——————

イザヤ書第39章にはヒゼキヤ王の大失敗が記されています。

病気全快のお祝いにやってきたバビロンの使者に、国の財宝全てを見せてしまったのです。

彼は浮かれてしまったのでしょうか、あるいは、まだ大国ではなかったバビロンに自国の優位性を示そうと思ったのでしょうか。

とにかく言えることは、彼の慢心であり、

「私共など、まだまだ至らない国です」

という謙遜さの欠如です。

イスラエルの財宝を見たバビロンの使節の心には、これを欲しがる心が起きました。

「見る」と欲しくなることは、エデンの園のエバの例から見て明らかです。

彼女は、神から禁じられていたにもかかわらず、蛇にそそのかされ、園の中央の木の実を見ると、欲しくなって食べてしまいました。

「女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ」
(創世記3:6)

バビロンは後にイスラエルに攻め入り、この財宝をことごとく奪い去りました。

それだけにとどまらず、民は何百キロも離れたバビロンまで連れて行かれ、捕囚として働かせられたのです。

イザヤの預言の通りです。

-*-*-*-*-*-*-

自分の人生に与えられているものは、全て神からの贈り物であり、自分に所有権は無いと知っておくこと。

これがヒゼキヤを反面教師として学ぶ時に得られる最大の知恵なのではないでしょうか。

彼がなぜ財宝を見せびらかしたのか。

それらを自分の力で得たものだと思い込み、自分の力を誇示したかったからではないでしょうか。

神の宝を自分のものとして示すこと。

私たちも陥りやすい過ちです。

一方、謙遜に生きるとは、「自分はダメな存在だ」と自分を責めて打ち叩き続けることではなく、

「神の力によって今日も生かされている」

ということを確認しながら生きていくことでしょう。

ここに、浮かれず、騒がず、着実に歩んでいく人生の道があります。

-*-*-*-*-*-*-

クリスチャンの詩人、水野源三さんの詩集のタイトルのように

「今あるは神の恵み」

と思いつつ、今日の一日を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »