Home > 7月, 2015

2015.07.28

今日のみ言葉【No.1097】(2015年 7月28日)

母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。
(イザヤ66:13)

——————

「今晩、何を食べたいですか?」

この単純な質問に正確に答えられない人が数多くいます。

「冷蔵庫に昨日の夜の煮物が残っているので、これでカレーを作ります。一晩寝せたことになるから、味がしみてコクのあるカレーになりますよ」

「今日までの賞味期限のアレを食べないといけないので、今晩はそれにします。」

これはいずれも私の答えです。

質問に正確に答えていないというのは、食の本能ではなく、経済観念で食べるものを決めているからです。

このまま行くと、お金が惜しいばかりに、自分が本当に欲していて「食べたい」と思うものを食べずに一生を終わることになります。

人間は自分が本当に願っているものは何かを知らずに生きています。

特に今日の聖書個所では、それは「慰め」だと語っています。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書の最終章で、預言者イザヤは世の終わりと新しく始まる新天新地のビジョンを記しています。

そこには最後の審判や王としての救い主の到来などが書かれていますが、苦しみに遭った民に対して慰めが与えられることが約束されています。

「見よ、わたしは川のように彼女に繁栄を与え、みなぎる流れのように、もろもろの国の富を与える。」
(イザヤ66:12)

まず、損失が十分に埋め合わされ、差し引きゼロになった上にさらに富が加えられると記されています。

しかし人はそれだけで満足するのではないことが現代の調査によってわかってきました。

アメリカの経済誌『Forbes(フォーブス)』が、世界の長者番付に列せられる人たちの精神的満足度を調査したことがあります。

何とそれらのお金持ちの約4割が、普通の平均的所得のアメリカ人より満足度が低かった、という結果となりました。

日本でも国民の幸福度調査があり、過去において経済成長と幸福度は比例していました。

お金が儲かり、物が豊かになると、幸せを感じていられたのです。

ところが、衣食住の心配がなくなり、ある程度満たされた後、幸福度は上昇ではなく横ばいになっています。

人生の様々な問題を「消費」で紛らわせ、なんとか気持ちの折り合いをつける生き方には限界があるのです。

生きることには問題がつきまとい、しばしば理解することのできない不条理な出来事が起こります。

神はそのあなたに「慰め」という神の解答を与えておられるのです。

「あなたがたは乳を飲み、腰に負われ、ひざの上であやされる。母のその子を慰めるように、わたしもあなたがたを慰める。あなたがたはエルサレムで慰めを得る。あなたがたは見て、心喜び、あなたがたの骨は若草のように栄える。」
(イザヤ66:12-14)

なぜこれが起こるのかわからない。

自分にはわからないが、神様は知っておられる。

そして私の本当の心の底の底までご存知であり、私の心のある場所まで降りてきて下さり、共に悲しみ、慰めて下さる。

ここに私たちの心を真に満たす救い主の存在があるのです。

-*-*-*-*-*-*-

日本の教会は女性が多いです。ですから、

「私の夫はどうしたら救われるでしょうか?」

という質問をよく受けます。そのような奥様方に、私は時々、

「一緒に溺れてみて下さい」

と言います。

特に、

「イエス様を信じたら助かるのよ。大丈夫なのよ。」

と言う、一見信仰深そうな人に対しては、なおさら強く言わせていただいております。

なぜなら、この世の海で苦労し、溺れかけている夫に対して、妻は陸の上の安全な場所から離れようとしていないからです。

これは夫がクリスチャンで妻が未信者の場合も同じです。

溺れている人は大概まじめな人で、一生懸命やっています。なのに報われません。

ところが一方、チョイチョイと要領よく手を抜いてやっている他の人たちは優遇され、自分は理不尽な思いを味わわされているとしか思えません。

「あなたの言う神はどこにいるのか?」

と感じて当然なのです。

この方々に、

「イエス様を信じたら助かるのよ。大丈夫なのよ。」

は通じません。聞こえません。

分かるのは、溺れてどんどん海の底に沈んでいく自分の手をしっかり握ってくれる誰かの手の感触だけです。

安全な陸から離れ、海に飛び込み、浮き輪からも手を離し、一緒に溺れてくれる存在。

「あなたはこういう苦しいところを通っていたんですね」

と同じ苦しみを感じ、それをわかちあう人。

それが慰めの人です。

その人が握る手を通して、キリストの命が相手に伝わっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

主の慰めは、あなたを通してどなたかに伝わっていきます。

まず自分がじっくりと神の慰めをいただき、どなたかの心に触れさせていただく一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.07.27

今日のみ言葉【No.1096】(2015年 7月27日)

よからぬ道に歩み、自分の思いに従うそむける民に、わたしはひねもす手を伸べて招いた。
(イザヤ65:2)

——————

お正月によく聞く「春の海」の演奏の動画です。

「春の海ひねもすのたりのたりかな」(与謝蕪村)

の句で表される穏やかな春の海の様子が感じられます。

「ひねもす」とは「終日、一日中」という意味ですが、その言葉通り、一日中、のたりのたりと波打つ春の海ののどけさが伝わってきます。

しかし今日の聖句の「ひねもす」は、そんなのんびりとして気分とは異なり、神が必死に一瞬々々、一日中イスラエルの民に手を伸ばし、招いていた様子が描かれています。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第65章は、その神の招きの手に応じ、自分の罪を悔い改め、神の赦しを信じて飛び込んだ者たちへの祝福の約束が記されています。

と同時に、その神の招きの手を拒否し、相変わらず今までの生活を続ける方を選んだ者たちへの厳しい裁きの両方が記されています。

人は神にあって、2つに分かれるのです。

幼な子イエスが両親に連れられ、エルサレムに上った時、老人シメオンによって母マリヤはこう告げられました。

「ごらんなさい、この幼な子は、イスラエルの多くの人を倒れさせたり立ちあがらせたりするために、また反対を受けるしるしとして、定められています。」
(ルカ2:34)

イエス・キリストを前にし、彼をどう考えるかによって、その人の人生は倒れもし、立ち上がりもするのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の招きの手に応じた人生で象徴的なことは、

「アコルの谷は牛の群れの伏す所となって、わたしを尋ね求めたわが民のものとなる。」
(イザヤ65:10)

とあるように、悲惨な悩みの思い出の場所が、「牛の群れの伏す」ほどの豊かなものに変えられるということです。

アコルの谷とは、ヨシュアの時代に罪を犯したアカン一族を滅ぼさねばならなかった谷のことです。

(参照:http://mikotoba.nows.jp/?p=858

私たちの人生にとって、思い出したくもない失敗や罪の出来事が、神の招きの手に応じた後は、神が御自身の豊かさを持って祝福に変えて下さるというのです。

これが悔い改めた者の人生で一番顕著なことです。

弱さが強さとして用いられ、遠回りをして人より遅れを取ったはずが、逆にそのことによって豊かな収穫を得る人生へと導かれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの教会にはカルト宗教から救出された方が何人もいらっしゃいます。

無休で働いて健康を害された方、詐欺まがいの霊感商法に携わった方…。

その人にとっては、人生の中の「黒歴史」とも言うべきものです。

「無かったことにしてしまいたい…」

というのが本音かもしれません。

その方々に共通していることは、同じように人生の遠回りをしてきた人と接する時、決して責めたり励ましたり直そうとアドバイスしようとしないことです。

「ああ、そうですか」

と、文字にすると無機質な感じがしますが、実際は実にジワッと受け止められます。

そして、

「それは無理もない」

「仕方がない。その時はそれが全てだったのだから。」

と、次々と赦しの言葉が差し出されます。

なぜでしょう?

そうです、彼ら自身がゆるされ、赦しの体験をしているからです。

そしてその黒歴史の体験があったがゆえに、同じように悩む方々へ

「癒しの器」

としての豊かな働きをなしているのです。

神の赦しの中にあって、悩みの「アコルの谷」は、慰めと癒しの泉が湧く谷へと変えらていきます。

-*-*-*-*-*-*-

神はあなたが帰って来るのを今日も一日中待っておられます。

神の招きの手に、自分の手を差し出す一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2015.07.25

今日のみ言葉【No.1095】(2015年 7月25日)

されど主よ、あなたはわれわれの父です。われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。われわれはみな、み手のわざです。
(イザヤ64:8)

——————

私は毎年1回、胃の内視鏡検査をしますが、経験豊富な医師は必ずこう言います。

「丸山さん、胃カメラで苦しまない秘訣は…」

皆さんは何だと思いますか?

お医者さんの言う

「苦しまない秘訣は…」

の続きの言葉はこうです。

「あきらめることだ。」

「苦しまないようにするとかえって苦しくなるから、『まな板の上の鯉』の心境になって下さい。」

私は言われた通り、あきらめてみました。

いえいえ、そう簡単にあきらめられるものではありません。

「あきらめるんだ!あきらめるんだ!」と繰り返し自分に言い聞かせていたのが現実です。

すると、「多少の苦しみ」はありますが、「かなりの苦しみ」ではなくなります。

身体が抵抗しないので、検査時間も短く終わります。

あきらめるとは、医師に全くゆだねよ、ということなのです。

ゆだねたら、自分の希望通りに苦しみが全て消える…、というわけではありませんが、医師側の仕事が迅速に進むので、結果的に患者側の労苦が少なくて済む、ということのようです。

イスラエルも、苦しみの果て、神にゆだねる方向に進んでいきました。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句は、神を「父」という親しい存在としてみなし、同時に、

「われわれは粘土であって、あなたは陶器師です。われわれはみな、み手のわざです。」
(イザヤ64:8)

と、その父である神に完全にゆだねる信仰を表明しています。

この預言がなされた当時のイスラエルは、どんなに努力してもうまく行かない時代でした。

祖先が神に選ばれたにもかかわらず、反逆し、バビロンに捕囚されるという罪の結果を彼らは味わいました。

そして、ペルシャ王クロスの勅令によりエルサレムに帰還できても、生活は豊かにならず、周囲の国から妨害を受け、計画は中途で挫折する憂き目に遭っていました。

全て自分たちの罪が招いた結果ですから、誰をも恨むことはできません。

しかし、四面楚歌、八方塞がりの状況であっても、天の一角は開いています。

イスラエルはそこに目を向け、天の父なる神に賭けたのです。

きっと、

「このような私たちですから、今さらあなたにおすがりする資格もございませんが、父なる神様だと信じてお願いいたします。」

という気持ちだったのでしょう。

それは、ルカによる福音書第15章に出てくる放蕩息子の心境と同じです。

「立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください」
(ルカ15:18-19)

放蕩息子の父は、ずっと彼の帰りを待っていて、暖かく迎えてくれました。

神はこのような御方なのです。

この神にゆだねていく時、あなたの人生は陶器師である神の手によって造り変えられていきます。

-*-*-*-*-*-*-

神の御手にゆだねる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.07.24

今日のみ言葉【No.1094】(2015年 7月24日)

彼らのすべての悩みのとき、主も悩まれて、そのみ前の使をもって彼らを救い、その愛とあわれみとによって彼らをあがない、いにしえの日、つねに彼らをもたげ、彼らを携えられた。
(イザヤ63:9)

——————

私はシュワルツネッガー主演の映画「ターミネーター」が好きです。

「私が初代ターミネーターの腕の中の部品を作ったんですよ」

という日本人クリスチャンとロサンゼルスの教会でお会いしたこともあります。

そう言えば、腕の皮をペロリとめくると、中に細かい部品が動いていたなあ、とそのシーンを思い出しました。

ハリウッド製のみならず、映画の中には人類を救うスーパーヒーローが敵をやっつける爽快感を味わわせる作品がありますが、本当の救い主は聖書が示すイエス・キリストです。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第63章は、救い主メシヤが全世界の王として敵対する勢力に報復する姿を表す章として有名です。

ただしこれは再臨のキリストで、2度目に地球に来られる姿を預言しています。

神の救いは2段階に分かれており、初臨のキリストはベツレヘムに生まれ、一番下の「しもべ」としての生涯を送られ、十字架で人の罪を負われる救い主でした。

将来、スーパーヒーローのように力を持った存在として再臨されるキリストが来られるまで、私たちは

「最初に来られた救い主」

と日々出会いながらこの人生を過ごします。

その方とは、

「彼らのすべての悩みのとき、主も悩まれて」
(イザヤ63:9)

という今日の聖句で表されている姿なのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちは、病も戦争も借金も人間関係の問題も、全て一気に解決してくれる強力な救い主を求めます。

しかし、キリスト教の神は、私たちが悩みの時にいる時、

「主も悩まれて」

というお方なのです。

人が

「困ったなー」

という時、神も

「本当に困ったねー」

では何とも頼りにならないのではないでしょうか?

しかしこの

「どうしようもない」

という気持ちに寄り添い、この

「どうしようもなさ」

を共に味わってくれる人から、本当の愛というものを感じるのです。

世の中には、善意からでしょうが、上から

「何とかなるよ」

と無責任に引き上げようとする人がいます。

また、

「あんたのほうがまだマシだよ。世の中にはもっとひどい人が…」

と、励ますおつもりなのでしょうが、下から突き上げているのを意識せずにとうとうと話す人がいます。

しかし、真の愛は、

「彼らのすべての悩みのとき、主も悩まれて」
(イザヤ63:9)

という神との出会いの中から生まれてくるのです。

-*-*-*-*-*-*-

グラミー賞に5回もノミネートされたアコーディオン奏者のリンマリー・リンク(LynnMarie Rink)さん。

40歳でダウン症のお子さんが生まれましたが、その子を4年間、受け入れられなかったと言います。

「神様、どうしても障がい児の母にはなりたくありません。愛情を感じないのに、どうすれば愛せるのですか」

と祈っていると、家の乾燥機が壊れました。

その子を連れてお店に行くと、年配の婦人に声をかけられました。

「私の息子もダウン症でした。息子は61歳で天に召されたばかり。私は一生涯、息子の世話をしました。大変だとは思いますが、明日のことは心配しないで、今を生きて下さい。これまでに想像したこともないほど豊かな愛を感じることになるでしょう。」

婦人も泣き、リンマリーさんも泣きました。

その直後、店の駐車場で音楽のイベントをしていたキーボード奏者が近寄り、

「私にもダウン症の弟がいます。明日のことは心配しないで、今を生きて下さい。これまでに想像したこともないほど豊かな愛を感じることになるでしょう。」

と全く同じことを言われました。

さらに駐車場で染色体障がいの息子を持つ3人目の女性が現れ、これも全く同じ言葉をかけてくれたのです。

神はダウン症を癒やすことをなさいませんでしたが、彼女の悩みを共に悩んでいて下さることを知らせ、神の愛を知らせてくださったのです。

-*-*-*-*-*-*-

共に悩まれる神がそばにいることを信じて、今日の一歩を踏み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.07.23

今日のみ言葉【No.1093】(2015年 7月23日)

エルサレムよ、わたしはあなたの城壁の上に見張人をおいて、昼も夜もたえず、もだすことのないようにしよう。
(イザヤ62:6)

——————

アメリカ発のカウンセリングで「頭上のオレンジ」という方法があります。

頭の上にオレンジが1個乗っていると想像して下さい。

そしてそのオレンジから周囲を見ている、と仮定します。

いつもより目線を一段上に持っていくようにするイメージです。

それだけです。

そうすると何が良いのかというと、視野が広がり、客観的に自分を捉えることができるようになり、物事を冷静に考えるきっかけがつかめます。

そして、自分にとって本当に必要なことは何か、あるいは自分が進みたい道が見えてくるのです。

聖書では、オレンジならぬ神ご自身があなたの上に見張り人となってくださることを語っています。

-*-*-*-*-*-*-

イザヤ書第62章は、「神の助けなど来ないではないか」と訴える民に対して、「そんなことはない」と預言者イザヤが将来の幻を語った所です。

神は「見張人」を置いて、決してイスラエルを忘れることはない、と言うのです。

例として、エレミヤ書の第1章にこのような個所があります。

「主の言葉がまたわたしに臨んで言う、『エレミヤよ、あなたは何を見るか』。わたしは答えた、『あめんどうの枝を見ます』。主はわたしに言われた、『あなたの見たとおりだ。わたしは自分の言葉を行おうとして見張っているのだ』。」
(エレミヤ1:11-12)

あめんどうとはアーモンドのことで、花は日本の桜とそっくりです。

しかも桜と同様、葉が出る前に花が咲きます。それも一斉に。なおかつ、冬から春に変わる季節の最初の花なので、「目覚めの木」という別名があります。

つまり、他の木は葉が出て芽が膨らんで、それから花が咲きますから、

「ああそのうち花が咲くなあ」

とのんびりしていられますが、

桜やアーモンドの場合はそうはいきません。

「そろそろなんだけど…」

と、いつ咲くか、いつ咲くか、と目を離すことができません。

そのように、神はイスラエルを見守り、ご自分の言葉を実行に移す時を定めようとして、常に見張っているというのです。

「見よ、イスラエルを守る者はまどろむこともなく、眠ることもない。」
(詩篇121:4)

-*-*-*-*-*-*-

私はある時、教会から逃げ出したことがあります。

自分の能力の無さをひしひしと感じ、

「これは道を誤った」「向いてなかったんだ」「あれは確信でなくて誤信だった」

としか思えなくなったのです。

東京に遊びに行って、思いっきり楽しい思いをしてから他の道を…、などという本音を牧師に話すことはできませんから、

「研修を兼ねた気分転換をし、リフレッシュしてからまた奉仕に励みたいと思います」

などと白々しい嘘をつき、まんまと脱出に成功しました。

大急ぎで乗った新幹線は満席で、ずっと立ったままでしたが、少しも苦にはなりません。

なぜなら、私の頭の中ではすでに都会のネオンがキラキラ光っていたからです。

ところが、その幻想を打ち破る出来事が起きました。

隣に座っていた小学生の男の子が、急に立ち上がったかと思うと、私のズボンに

「ゲー!」

と吐いたからです。

その子のお母さんと一緒に大急ぎで始末し、一段落した時、お母さんがこう言われました。

「教会の先生ですか?」

聞けば、そのお子さんが教会の日曜学校に行っており、お母さんはクリスチャンではなかったのですが、教会に毎週日曜、子供たち一緒に行っていたので、何となく同じ雰囲気を感じた、というのです。

私はその瞬間、

「神は新幹線の中まで追いかけてきた!」

と思い、ゾッとしました。

神と出会ってあれほどの絶望感を抱いたことは後にも先にもありません。

私は「見張りの神」に降参しました。

その時は恐れの神でしたが、それ以来、ずっと見守っていて下さる愛の神と共に歩ませていただいています。

-*-*-*-*-*-*-

神はあなたを今日も見つめておられます。

その平安の中を歩ませていただく一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »