Home > 8月, 2015

2015.08.31

今日のみ言葉【No.1119】(2015年 8月31日)

ああ、地よ、地よ、地よ、主の言葉を聞けよ。
(エレミヤ22:29)

——————

韓国の天気予報がよく外れます。

原因を調べたところ、各地の気象観測装置の点検を予算削減で1ヶ月に1回から半年に1回にしたことから、故障がほったらかしになっていたことが分かりました。

これでは当たるはずがありません。

機械も人間も、定期的に点検が施され、正しい姿に修正されてこそ、最初に意図された通りの結果が出されるのです。

-*-*-*-*-*-*-

エレミヤ書第22章では5人の王が出てきます。

そのうちのヨシヤ王だけが認められ、後の4人は厳しく批判されています。

神の言葉に聞き従わなかったからです。

ヨシヤ王に関してはこう言われています。

「あなたの父は食い飲みし、公平と正義を行って、幸を得たのではないか。彼は貧しい人と乏しい人の訴えをただして、さいわいを得た。こうすることがわたしを知ることではないかと主は言われる。」
(エレミヤ22:15-16)

しかしその後の王たちは、

「公平と正義」

が欠けていたのです。

エレミヤは何度もこのことを伝えますが、彼らは耳を貸そうとせず、自分の利を求めることに熱中し、不正・圧制・暴虐の道を突き進んでいきます。

「ああ、地よ、地よ、地よ、主の言葉を聞けよ。」
(エレミヤ22:29)

エレミヤは嘆きの叫びをあげるしかできませんでした。

-*-*-*-*-*-*-

彼らを反面教師として私たちが学べることは、

「静まって、わたしこそ神であることを知れ。」
(詩篇46:10)

の御言葉です。

エレミヤが

「地よ、地よ、地よ」

と3度も叫んだのは、私たちが自分こそ正しい者として、神のように天に上ってしまうことを戒めている言葉です。

私たちは地の者、つまり、罪人です。

静まって、自分を遥かに超えた神の存在に心を向ける時、私たちは自分が不完全な罪ある存在であることがわかります。

そしてその私の罪の身代わりとして十字架にかかって下さったキリストにより、罪赦され、神はもはや裁きの神ではなく、愛の神として慈しみの眼を向けてくださっていることを知るのです。

そこからは、自分の要求を神に呑ませる戦いの生き方ではなく、神が与えるものを「食い飲みし」、共に歩む平和の生活が始まります。

時にイエス様が味わったような苦しみの杯が差し出される時もあります。

しかし、神の愛ゆえに差し出されていることを知る時、私たちは甘んじてそれを受け入れ、やがて飲み干した自分に気づくのです。

-*-*-*-*-*-*-

私は親を完全に受け入れ、乗り越えたわけではありませんが、自分の罪人性を受け入れた分だけ、親を受け入れられるようになったと思っています。

父はお金に細かく、お金に執着する人でした。

亡くなる数日前まで、枕元に預金通帳を置き、それを見ていました。

この世でお金以外頼れるものがなかったのでしょう。

私はその姿を見て、「は〜」とため息をついていましたが、責める気にはなりませんでした。

クリスチャンの私ですから、お金の有る無しにかかわらず、神がおられるのだから何の心配をもする必要がない、という信仰を持っています。

しかし、お金がなければ不安になり、お金が入ればホッとする罪人の私が現に存在しています。

本来ならば、そのような自分でいていいはずはないのです。

しかし、私の罪を許して下さり、そのままの姿で愛して下さる神は、このような私を罰するわけではなく、ここからの成長を期待し、育てようとしてくださっています。

私は父と自分は同じだとは思いたくありませんが、根っこは同じだと認めざるを得ません。

しかし、この自分が赦されているので、同じたぐいの罪人を目の前にしても、感情を引き出されることもなく、目を背けることもなく、じっと見ていることができるのです。

-*-*-*-*-*-*-

地に張り付き、罪人の自分のままで赦され、生きていられる恵みを今日も味わって参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2015.08.29

今日のみ言葉【No.1118】(2015年 8月29日)

わたしは命の道と死の道とをあなたがたの前に置く。
(エレミヤ21:8)

——————

8月15日の終戦記念日近辺にご高齢の方を訪問すると、必ず戦争の話をされます。

「日本は必ず勝つ。最後には神風が吹いて敵を負かす」

と教えられていたそうです。

鎌倉時代に中国から元寇が攻めてきた時、強風で敗れた史実を元にした話です。

しかし神風は吹きませんでした。

神の御心に反した日本の軍国主義は滅ぼされました。

-*-*-*-*-*-*-

エレミヤ書第21章では、この神風と同じことを期待するゼデキヤ王が登場します。

彼はかつてヒゼキヤ王の時代、アッスリヤの大軍が神の手によって一夜にして滅ぼされたことと同じ御業を神がなしてくださることを期待したのです。

神がエレミヤに語らせたことは、

「わたしは命の道と死の道とをあなたがたの前に置く。」
(エレミヤ21:8)

という厳粛なものでした。

ただし、勇ましく戦えば神は助けてくれる…、というゼデキヤの自己中心の思い通りではありません。

助かる道は敵に降参すること。死の道とは戦うことでした。

つまり、自分が正しいと盲目的に思っている立場をひっくり返してごらん、ということです。

自分の方が神の御心に反している。

だから、戦えば戦うほど神に反することになる。

この場合、降参することが神の御心であり、異国の地に連れて行かれることにはなりますが、命をつなぎ、その先に神が用意された未来が与えられるのです。

自分は今どちらの側にいるのか。

神の側かその反対の側か。

今日のチエックポイントはそこの所です。

-*-*-*-*-*-*-

イスラエルの民が40年の荒野の生活を終え、いよいよ約束の地へ入り、エリコを攻め取る直前、指導者ヨシュアは不思議な体験をしました。

「ヨシュアがエリコの近くにいたとき、目を上げて見ると、ひとりの人が抜き身のつるぎを手に持ち、こちらに向かって立っていた」
(ヨシュア記5:13)

そこでかれはこう問いただします。

「あなたはわれわれを助けるのですか。それともわれわれの敵を助けるのですか」

お前は我らの味方か敵か、と問うたのです。

するとその人は

「いや、わたしは主の軍勢の将として今きたのだ」
(ヨシュア記5:14)

と告げました。神の使いだったのです。

ここにおいて、自分を中心として考えるヨシュアが、神中心に考えるヨシュアへと転換します。

「ヨシュアは地にひれ伏し拝して言った、『わが主は何をしもべに告げようとされるのですか』」
(ヨシュア記5:14)

主の軍勢の将が言ったことは、

「あなたの足のくつを脱ぎなさい。あなたが立っている所は聖なる所である」
(ヨシュア記5:15)

でした。

くつを脱ぐとは、主権を主なる神に明け渡す、ということです。

ヨシュアはそのようにしました。

その後、神は難攻不落のエリコの町を驚くべき方法でヨシュアの手に渡しますが、それはくつを脱いで神に従う決心をしていなければ、到底受け入れられない方法だったでしょう。

神に明け渡すこと。これが命の道を歩み通す秘訣です。

-*-*-*-*-*-*-

今日も神に明け渡すスタートをもって一日を始めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.08.28

今日のみ言葉【No.1117】(2015年 8月28日)

主の言葉がわたしの心にあって、燃える火のわが骨のうちに閉じこめられているようで、それを押えるのに疲れはてて、耐えることができません。
(エレミヤ20:9)

——————

アメリカで1500人を対象に20年間に渡る調査がなされました。

彼らは職業選択の仕方で、AとBの2つのグループに分けられました。

グループAは、やりたい仕事はあるが、今は高給の仕事に就職する決断をしました。これが全体の83%。

グループBは、自分のやりたいことを仕事として選び、お金の心配は後にする決断をしました。残りの17%がこの人たちです。

さて20年後の結果です。

(1)1500人のうちの101人が100万ドル以上を稼ぎだしました。

(2)この101人のうちの100人が、グループBの人たちでした。

ジョン・C・マクスウェルはこの結果をこう評しています。

「見返りがなくても熱中できることを見つけて一所懸命に努力すれば、喜んでお金を払ってくれる人が出てくるものだ」
(『戦う自分を作る13の成功戦略』より)

「好きこそものの上手なれ」という諺は本当のことのようです。

-*-*-*-*-*-*-

エレミヤ書第20章に記されている彼の姿は、これとは正反対です。

エレミヤはいい加減嫌になってきました。

神から与えられた預言は「滅び」です。

そんな否定的・不吉な言葉を人々が好むはずがありません。

当然迫害され、第20章では鎖につながれます。

しかもいつまでたっても彼の預言は成就しませんから、人々の物笑いの種になります。

彼自身、国の滅びと人々が悲惨な運命をたどることなど望んでいませんから、預言が成就しても悲しみであり、成就しなくても悲しみです。

エレミヤは本気で預言者をやめようかと思います。

「主のことは、重ねて言わない、このうえその名によって語る事はしない」
(エレミヤ20:9)

しかしやめられません。

お金をもらっているからでしょうか?目立ちたがり屋だったからでしょうか?

いいえ違います。

「主の言葉がわたしの心にあって、燃える火のわが骨のうちに閉じこめられているようで、それを押えるのに疲れはてて、耐えることができません。」
(エレミヤ20:9)

お金が儲かるからでもなく、好きだからでもなく、内にある神の言葉が燃える火のようになり、使命感が彼を動かしていたのです。

-*-*-*-*-*-*-

1980年代に、中国に中国語訳聖書を持っていった方のお話を聞いたことがあります。

共産党政権は正式にキリスト教を認めていないので、詳細に打ち合わせがされた後、聖書を秘密裏に受け渡しします。

その場が見つかり、逮捕されれば、中国人クリスチャンは何年間もの投獄を覚悟せねばなりません。日本人側はすぐに国外追放です。

それこそ命がけのことでした。

しかし彼らの目は輝き、生き生きしていました。

命の御言葉を人々に届け、死後の地獄での滅びから天国の祝福へと導くのだという使命感にあふれていたのです。

あれから30年がたち、多くの中国人クリスチャンの犠牲の上に、今や中国国内の人口の10%がクリスチャンという数字が一般的になっています。

共産党幹部の家族にも続々とクリスチャンが増えています。

神によって与えられた使命感で動かされた人々の伝道の実は、いつか、必ず、どこかで大収穫を得られるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の御心を求め、神の使命感で動かされる一日を送って参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.08.27

今日のみ言葉【No.1116】(2015年 8月27日)

陶器師の器をひとたび砕くならば、もはやもとのようにすることはできない。このようにわたしはこの民とこの町とを砕く。
(エレミヤ19:11)

——————

ロバート・シュラー牧師は、

「もし先週、神と共にいた経験がなかったと感じたとすれば…」

と言い、こう続けました。

「それはあなたが、病人を見舞い、悩みの人の話に耳を傾けなかったということです。」

自分のことで精一杯、というのが本音のところかもしれません。

しかし、自分の利を求める生き方から軌道修正して、新しい生き方に今からチャレンジしていきたいものです。

その先に待っているのは、私たちの求めるものとは全く異なる神からの祝福された人生です。

-*-*-*-*-*-*-

エレミヤ書第19章は前章の続きで、陶器師の器の話です。

粘土で作られ、陶器師の意にそぐわなければもう一度姿を変えて作りなおされていましたが、商品として瓶となったその器をエレミヤは買い求め、人々の前で砕きます。

「陶器師の器をひとたび砕くならば、もはやもとのようにすることはできない」
(エレミヤ19:11)

ということなのです。

イスラエルはもはや悔い改めて神の裁きを受けないようにする一線を遥かに越えてしまったのです。

それはマナセ王の時代に人々が成したことです。

子供たちを全焼のいけにえとして焼き、真の神ではないモレクに捧げ、自分たちの願いが通るようにとした行為でした。

神はエレミヤに瓶を砕かせ、粘土の時代とは違って元には戻せないことを示しました。

「このようにわたしはこの民とこの町とを砕く。」
(エレミヤ19:11)

神はイスラエルを滅亡させ、無きものにする決定を下されました。

これは覆りません。

人々は滅びを味わい、国は無くなり、異国バビロンで補囚される数十年の生活を味わいます。

しかし、それでイスラエルが終わるわけではありません。

アブラハムとの間に結ばれた祝福の契約は必ず果たされます。

神は無となったイスラエルをよみがえらせ、新たな民として創造するために、砕かれ、滅ぼされたのです。

-*-*-*-*-*-*-

もはや望みがなく、自分の人生は終わりだと思う時があります。

それは、古い自分は終わり、無から有を生み出す神によって、新しい自分に生まれ変わるスタートラインに立ったということです。

全てが粉々に砕かれ、もう元には戻らない…、その先があるのです。

神との新しい人生は、

「虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない」
(マタイ6:20)

天に宝をたくわえる人生です。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの復活と共に私たちもよみがえらせていただき、新たな命が与えられた人生を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.08.26

今日のみ言葉【No.1115】(2015年 8月25日)

イスラエルの家よ、陶器師の手に粘土があるように、あなたがたはわたしの手のうちにある。
(エレミヤ18:6)

——————

エレミヤ書第18章では、有名な陶器師の話が記されています。

陶器師が粘土を自分の意のままに操り、意にそぐわなければ潰してまた新たに練り上げ…、を繰り返す姿です。

主権者なる神が人を思いのままに造り上げることができるのは当然のことだ、というメッセージです。

しかしそうなると、人間が何を望んでも、いかに努力しても、結局神の考え次第で「グシャッ」と潰されてそれで終わりになる気がします。

「どうせ神の思い通りにしかならない…」

「私の思いを祈っても、それは通らない」

「結局、御心しかならないんでしょ!」

という虚無的気分になりそうです。

-*-*-*-*-*-*-

それに対して、御言葉を注意深く読んでいると、そうではないようです。

確かに、

「粘土で造っていた器が、その人の手の中で仕損じたので、彼は自分の意のままに、それをもってほかの器を造った。」
(エレミヤ18:4)

とありますが、

「もしわたしの言った国がその悪を離れるならば、わたしはこれに災を下そうとしたことを思いかえす。」
(エレミヤ18:8)

と、人間の応答によって神は災いの計画をおやめになる、とおっしゃっています。

その逆もあります。

「もしその国がわたしの目に悪と見えることを行い、わたしの声に聞き従わないなら、わたしはこれに幸を与えようとしたことを思いかえす。」
(エレミヤ18:8)

神の主権は変わりませんが、人間の応答次第で御心を変えられる御方だ、とご自分を表しておられます。

ですから、

「あなたがたはおのおのその悪しき道を離れ、その道と行いを改めなさい」
(エレミヤ18:11)

と語っておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

主の御手の中の幸いを味わう一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »