Home > 10月, 2015

2015.10.31

今日のみ言葉【No.1169】(2015年10月31日)

「神である主はこう仰せられる。悔い改めよ。」(新改訳)
(エゼキエル14:6)

——————

私の神学校の卒業論文の題は、『悔い改めの聖書的意味』です。

罪を「悔い」ということは分かりますが、その後の「改め」という行動は自分の力ではできないので神を信じたはずなのに、それを自分の力でやらなければならないのか、という疑問から生まれた論文でした。

私なりに調べた結果は、自分の今までの常識を覆すものでした。

悔い改めをとことん極めたエッスンスには、涙も鼻水も流す必要はありません。

何と行動を変えることも条件ではありません。

純粋な悔い改めを究極の一滴に絞りあげると、それは、

「考えを変える」

「思いの方向転換」

「神に向き直る」

ということでした。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエル書第14章には、表立っての偶像は持っていないが、心に「自分の願望」という偶像を持っている人たちがやって来たことが記されています。

彼らは、「故国への早期帰還」という自分の願望を手放さず、その成就だけを願ってエゼキエルのもとに来たのです。

たとえて言えば、手術が必要な患者が医者のところに来て、「明日退院できるように診断書を書いて下さい」というようなものです。

エゼキエルを通して語られる神の言葉は、

「あなたがたの顔を、そのすべての憎むべきものからそむけよ。」
(エゼキエル14:6)

です。

そして、そむけた先に新たに何を見るかが肝心です。

そうです、神の御顔を見るのです。

「無事退院」という最終的場面を見るためには、「明日退院」という自分の偶像を捨てなければなりません。

そして、「手術」という医師の計画を受け入れ、従うのです。

悔い改めとは、思いを変えることです。

自分の思いの通りにやれる、という考えから、神の思いの通りにお任せする、という考えに方向転換するのです。

その先にある神の御顔を発見し、神の御手のわざを見させていただくこと。

それが悔い改めの決心をした人に与えられている恵みです。

-*-*-*-*-*-*-

私はうまく行かないことがあると、いつまでもネチネチと自分を責める方です。

何年も前の失敗をふと思い出し、「はぁ〜」とため息をつきながら、「主よ!」と叫ぶことがよくあります。

しかし、自分を許す達人レベルのクリスチャンもいらっしゃいます。

「神様、どうもすいません!」

とひとこと言ったきり、後はスパッとその失敗やヘマを忘れてしまうのです。

私は

「あなたもクリスチャンなんだから、もう少し自分の罪に苦しむ時間を取ったらどうか…」

などと見当違いな考えを持つのですが、どちらの結果が良いかは一目瞭然です。

周囲の人の評価は、

「あの人は切り替えがいい」

「ストレスマネジメントがうまい」

という好評価です。

自分を罰することは、イエス様がお望みになりません。

なぜなら、イエス様が十字架で私たちの罪の罰をすべて負ってくださったからです。

もう罪がないところで自分を更に罰することは愚かであり、更に罪を加えることにもなりかねません。

思いを変え、方向転換をし、神の方向に向き直すこと。

自分を責めずに、ゆるす方向へと一歩踏み出すことが悔い改めのスタートです。

-*-*-*-*-*-*-

新たな「悔い改め」へと進んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.10.30

今日のみ言葉【No.1168】(2015年10月30日)

あなたがたは主の言葉を聞け
(エゼキエル13:2)

——————

傾斜マンションの行く末はどうなっていくことでしょう。

杭が土台となる固い岩盤層にまで届いていなければ、建物は傾いたり倒れたりするのは素人考えでも分かります。

地面から上がどんなに立派に見えても、地面から下の部分がいい加減であれば、それがいつまでも存続するはずがありません。

建物の基礎工事にたとえられるのが、神の言葉を聞くことです。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエル書第13章では、偽預言者と女占い師に対する宣告が記されています。

彼らは

「自分の心のままに預言する人々」
(エゼキエル13:2)

です。

まず神の言葉を聞き、それがどんなに厳しい内容であったとしても民に語るべきことを語るのが真の預言者ですが、偽預言者は人々に耳ざわりの良いことを語ります。

「彼らはわが民を惑わし、平和がないのに『平和』と言い、」
(エゼキエル13:10)

このようなことを言えば、人々は喜び、支持者が集まることでしょう。

ですから、

「イスラエルを攻める敵は滅ぼされ、神は我々に罰を下さない」

というメッセージがまかり通ったのです。

また、占い師は自分の生活の糧(パン)を得るために無責任な言葉を語りました。

「あなたがたは少しばかりの大麦のため、少しばかりのパンのために、わが民のうちに、わたしを汚し、かの偽りを聞きいれるわが民に偽りを述べて、死んではならない者を死なせ、生きていてはならない者を生かす。」
(エゼキエル13:19)

彼らもイスラエルの民も、そして現代に生きる私たちにも必要なことは、

「あなたがたは主の言葉を聞け」
(エゼキエル13:2)

の御言葉です。

自分の都合に合わせずに神の言葉を聞き、語られている神のご計画の中で生きること。

本当に意味ある人生を送るために、ぜひその方向の道を選びとっていきたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

教会スタッフのSさんは、周囲から「問題児」とレッテルが貼られたK子さんを担当することになりました。

彼女を正しい方向に導きたいと意欲満々のSさんは、ある日ゲッソリとした顔で牧師の前に現れました。

「限界です。担当を変えていただきたいのですが…」

すると牧師は、

「そうか、そりゃあ大変だった。今までよくやったなあ。」

とほめてくれたので、交代させてもらえると思った彼女はホッとしました。

しかし牧師は次にこう言ったのです。

「さあ、これからが本番。よろしく頼むよ。」

Sさんは、何を言われているのか一瞬分からず、

「えっ!あっ?これからが本番ですか?」

と言うのが精一杯でした。

「そう、今まではあなたの考えであなたの方向へとK子さんを引っ張ろうとしていたわけだ。それでは抵抗されて彼女が動こうとしなかったのも当然だ。」

「もう自分の力は尽きたのだから、ここが新しい始まり。祈って神様の声を聞き、K子さんの心の声を聞いて、今度はあなたが振り回される番になりなさい。」

Sさんはその通りに従ってみる決心をしました。

案の定、振り回されっ放しです。

Sさんの提案はことごとく退けられ、K子さんの気分と都合に動かされる日々が続きました。

しかしSさんはK子さんの不安定な行動に付き合いました。

やがてK子さんはスタッフのSさんを信頼できる人と認めてくれたようです。

二人は姉妹のような仲良し関係となり、時満ちて、K子さんは自立していきました。

-*-*-*-*-*-*-

人の行き詰まりは神のスタートラインです。

神の言葉に耳を傾け、神の御心の方向に一歩足を踏み出す今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.10.29

今日のみ言葉【No.1167】(2015年10月29日)

わたしの語る言葉は成就する
(エゼキエル12:28)

——————

かつて「ダンサー」と言うと、歌手の引き立て役で、背後で踊るその他大勢の人たちというイメージがありました。

そのダンサーの地位を向上させたのが、TRFというグループだったと思います。

そして今やエグザイルという人気グループでは、「ダンサー」という呼び名はせず、「パフォーマー」と呼んでいます。

ボーカルを担当するメンバーと同等の地位で、その踊りを見るとこちらの心も踊ってきます。

耳から入る歌と、目から入るパフォーマンス。

人々の心が動かされるのも当然と思えます。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエルは今で言う「パフォーマンス」を2つ行なえと神から命ぜられます。

1つは壁に穴を開けて夜逃げするように荷物を運び出すこと。

もう1つは、震えながらパンを食べ、恐れおののいて水を飲むことです。

1つ目はゼデキヤ王の悲惨な末路の預言であり、2つ目はバビロニア軍に包囲されたエルサレムの惨状を、言葉でなく行動で預言したものです。

神は言ってもわからない人には、目に見える行動で示されます。

裁きの前にはこのような警告が必ずあるのです。

-*-*-*-*-*-*-

さて、イスラエルの民の反応はどうだったでしょう?

これを見て恐れおののき、国を挙げて思いも行いも変えようと悔い改めたでしょうか?

答えは、

「日は延び、すべての幻はむなしくなった」
(エゼキエル12:22)

ということわざにもなってしまった彼らの考えにあります。

つまり、

「いや、それは起こるとしても、まだまだ先のことでしょう。」

「誰だ?『世界の終わりが来る』などと言っていたのは?そんなのは幻のように消えてしまったよ。」

ということだったのです。

誰も本気にしません。

また、先に補囚されていた民も、エジプト軍がバビロニア軍を打ち破り、そうすれば我々も早いうちに帰還できるだろうと楽観視していました。

これでは悔い改めなど起こりません。

-*-*-*-*-*-*-

それに対して

「しかし主なるわたしは、わが語るべきことを語り、それは必ず成就する。決して延びることはない。ああ、反逆の家よ、あなたの日にわたしはこれを語り、これを成就する」
(エゼキエル12:25)

と、主なる神は言われました。

イスラエルを神の御心を行う民として復活させるために、神は一度これを滅ぼされます。

人間にとって都合良く事が進むのではなく、神のご計画が進むのです。

それが

「わたしの語る言葉は成就する」
(エゼキエル12:28)

という言葉の厳粛な意味なのです。

-*-*-*-*-*-*-

N子さんは高校の時不登校になりました。

ご両親は大変心配され、あれこれ手を打ちましたが効果は上がりません。

とうとう近所に住むクリスチャンの方に相談し、米沢興譲教会を紹介してもらいました。

N子さんが教会に来るようになり、洗礼を受けたいとご両親に申し出、クリスチャンとなられました。

教会スタッフ一同は、

「きっと神様は祈りに答えて彼女を学校に戻して下さる」

と思っていましたが、そうはなりませんでした。

その後、N子さんは別の方法で高卒の資格を取り、彼女が教会に来たことを通してご両親もクリスチャンとなられました。

礼拝で3人が賛美をしている姿を見る時、私は神の奇跡を目の当たりにしている思いがします。

神の言葉が成就するというのはこの事なのだな、と思いを強くさせられるファミリーです。

-*-*-*-*-*-*-

「わたしの語る言葉は成就する」
(エゼキエル12:28)

この御言葉を味わう一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.10.28

今日のみ言葉【No.1166】(2015年10月28日)

石の心を取り去って、肉の心を与える。
(エゼキエル11:19)

——————

バブル時代以前の生命保険業界では、売るには「GNP」が欠かせないと言われていました。

国民総生産のGNPではありません。

Giri(義理)とNinjou(人情)とPresent(プレゼント)の3つです。

これでガンガンと売り込みをかけ、契約を取ってきました。

しかしバブル崩壊後のデフレ不況下ではそうもいきません。

その後、

「人の必要を満たす」

ことに焦点を当てたコンサルタント営業で外資系生保が躍進しました。

現在は、

「与えることで友人となり、お役に立つ関係の結果として契約をいただく」

という営業の形になっているそうです。

これこそ本来の、そしてまさに聖書的営業なのではないかと思わされます。

堅固な鎧兜を脱ぎ、人間らしい柔らかい心で相対することができる素晴らしい形です。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエル書第11章は奇妙な会話で始まっています。

「家を建てる時は近くはない。この町はなべであり、われわれは肉である」
(エゼキエル11:3)

エルサレムの指導者たちの言葉はこのようなことを意味していました。

「家を建てる時は近くはない」 → 戦争が近い

「この町はなべ」 → なべが火で燃えないように、エルサレムは城壁で守られる。

「われわれは肉」 → 我々は、皮・骨・内臓を取り除いた肉の部分、すなわち良いものである。

つまり、補囚で連れ去られたエゼキエルたちは罪深かったからあんな目に遭ったのであって、我々は良い者だからエルサレムに残ることができ、堅固な城壁はバビロニアの侵略から我々を守る、と考えていたのです。

神はこれをとんだ勘違いだと述べています。

「この町はあなたがたに対してなべとはならず、あなたがたはその肉とはならない。わたしはイスラエルの境であなたがたをさばく。」
(エゼキエル11:11)

この会話をしていたペラテヤはその後死んでしまいます。

「ペラテヤ」という名の意味は「神が逃れさせる」です。

その彼が神の裁きによって滅ぼされたのですから、エルサレムの指導者たちは誰一人として神の裁きから逃れることはできないのだ、ということを意味しています。

-*-*-*-*-*-*-

神の御心は、捨てられたと思われたバビロン捕囚の人々から新しい民を創り出すことでした。

「石の心を取り去って、肉の心を与える。」
(エゼキエル11:19)

不従順な固い石の心ではなく、従順な柔らかい肉の心を神は与えるというのです。

これは人間の修行によって到達する状態ではなく、「与える」という言葉が表す通り、神が創造して下さる心です。

神は一瞬にしてこの御業を成すことができますが、そうはなさいません。

補囚となったイスラエルの民が、何十年もかけて異国での苦労と絶望の日々を過ごす中で、少しずつ創り上げていかれたのです。

私たちの「石の心」も同じです。

実際の生活の様々なチャレンジをくぐることを通し、柔らかい「肉の心」の持ち主へと私たちを変えて下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

自分の「石の心」を神に差し出す一日でありますように…。

-*-*-*-*-*-*-

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.10.27

今日のみ言葉【No.1165】(2015年10月27日)

「ケルビムの下の回る車の間にはいり、ケルビムの間から炭火をとってあなたの手に満たし、これを町中にまき散らせ」
(エゼキエル10:2)

——————

教会の和室には冬に火鉢を出します。

炭を起こして手元の暖を取るのですが、その付近の畳には何箇所かの焦げ跡があります。

たまに火鉢の炭から「パチン!」とはじけた火の粉が飛んで、畳の上に残した茶色い跡です。

ある時、私の目の中に飛び込んできた時がありました。

さすがに焦り、眼科に行って、お医者さんから「大丈夫です」とお墨付きをもらうまで安心できませんでした。

あんな極小の火の粉でさえ危険なのですから、それが燃えさかる炭火でしたら本当に大変です。

聖書では当時の民にとって身近だった「炭火」が神の裁きの象徴として表現されています。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエルはバビロン捕囚中に預言活動をした人ですから、もう神の裁きを覆すことができない時代に生きていました。

ですから、エゼキエル書では神からの徹底的な刑罰の描写が延々と続きます。

そこではどんなに人間の思いや行動が変わっても、すぐさまそれが現状の変化へとはつながりません。

つまり、

「ごめんなさい。私が悪かったです。」

と謝っても、定められた期間内は相変わらず苦しみが加えられていく、という状況です。

今日の聖句の「炭火」とは神の裁きの象徴です。

これが天使ケルビムから渡され、エルサレムの町中にまき散らされる、すなわち、バビロニア軍の侵略という形でエルサレムが滅亡する幻をエゼキエルは見ました。

もう逃れることはできません。エルサレムは徹底的に破壊され、燃やし尽くされ、滅亡するのです。

-*-*-*-*-*-*-

この神の裁きは私たちにも適用されます。

つまり、神の前で御心を行えない私たちは罪人ですから、その罪の代償を支払わなければなりません。

それが上記のような「炭火」であるとしたら、何と恐ろしいことでしょう。

しかし、この裁きを進んで身代わりとなって引き受けた方がいるというのです。

それがイエス・キリストです。

神の御子が愛ゆえに自ら進み出て人間の罪の刑罰を受けて下さった。

燃えさかる炭火をその身に受けて下さった。

それが十字架の意味です。

そのことを信じるだけで人は救われます。

これがキリストの福音です。

旧約の裁きは私にも適用されるのだと認めるなら、新約の救いも同じように適用されます。

自分が罪人であると認めることは、汚れたことでも負けでもありません。

新しい人生を、希望を持って、責任を持って生きていくために必要なことなのです。

-*-*-*-*-*-*-

十字架の救いの深さに今一度目を向ける一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »