Home > 11月, 2015

2015.11.30

今日のみ言葉【No.1186】(2015年11月30日)

見よ、わたしはあなたをレバノンの香柏のようにする。麗しき枝と森の陰があり、たけが高く、その頂は雲の中にある。
(エゼキエル31:3)

——————

中東の国レバノンの国旗の中央には、レバノン杉が描かれています。

現在は乱伐によりほとんど失われていますが、古代から「レバノンの香柏」と呼ばれる高級木材であり、この国のシンボルだったのです。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエル書第31章ではエジプトがこのレバノン杉にたとえられ、周辺諸国がうらやむほどの大国に成長したことが述べられています。

しかし、エジプトはなぜ自分が大きくなれたかを誤解し、その高慢の故に切り倒されてしまうのです。

古代エジプトの成長はナイル川がもたらす肥沃な土が基礎となっていました。

「その根を多くの水に、おろしていたからである。」
(エゼキエル31:7)

つまり、大自然の賜であり、その自然を造った神の恵みを使わせていただいたゆえでした。

残念ながらエジプトはそのように思い至らず、自分たちの力で他国を凌ぐ国に成長できたと考えました。

この思い違いによって高慢となったエジプトという大木は、神の裁きを受け、切り倒され、陰府に下ることが記されています。

「神の恵みによって今があり、私はただの人間なのに、神が用いて下さっておられるので、今、神の働きができる」

絶えずこの意識に戻ることが私達が守るべき生命線です。

-*-*-*-*-*-*-

傲慢になり、スットーン、と落とされたら、またこの生命線まで戻り、悔い改めて再スタートしたら良いのです。

人間ですから何度も落ちます。

いつの間にか高慢になり、神がなくても生きていられるように思い、ついつい

「ここまではいいだろう」

と手を抜きたがるのが人間の肉の性質です。

そのまま行けば、エジプト同様「陰府に下る」のですが、愛の神はそうさせまいとして、揺さぶりをかけ、時にストンと落とすのです。

ありがたいことに、キリストの十字架の恵みで、人は何度でも悔い改めできます。

「もし、わたしたちが自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。」
(第1ヨハネ1:9)

この神の約束を手にし、

「私は罪ゆるされたただの人間で、神の恵みによって生かされているだけです」

というこのラインさえつかんでいれば大丈夫。

神との絆は切れません。

いえ、たとえ自分の方から切ったとしても、神の側から結び直そうとするチャンスが人生では幾度となく与えられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

私は毎日1回はパソコンでやるパズルゲームがあります。

うつ病真っ盛りの時は、本当にこれしかできなかったのです。

ですから毎日このゲームで遊ぶたびに、

「あの時はこれしかできなかった自分だったのだ。今は歩けるし、人とも話せるし、すごいなあ。」

そう思うと、仕事が多少行き詰まっていることなど問題でないことが身にしみてわかってきます。

「仕事をすることで悩めるなんて、そこまで回復できたんだ。感謝なことだ」

と思うのです。

そして、

「あの時に比べたら、人間関係で悩み、仕事で悩み…。何と贅沢な悩みを抱えてもらわせているんだろう。」

と思えるのです。

しかしいつの間にか、毎日のように不平不満、ストレス充満の私になっています。

ですから、あのパズルゲームをするのです。

そして、

「神の恵みによって今があり、私はただの人間なのに、神が用いて下さっておられるので、今、神の働きができる」

という意識に戻り、

「私は罪ゆるされたただの人間で、神の恵みによって生かされているだけです」

という最終ラインで高慢から解放されます。

この毎日の繰り返しがクリスチャン生活の基本なのではないでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

高慢な木は、たとえ大木でも一瞬で切り倒されます。

何度でも悔い改め、神に立ち返り、今日も神の恵みをいただいて成長して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2015.11.28

今日のみ言葉【No.1185】(2015年11月28日)

彼らはわたしが主であることを知る
(エゼキエル30:26)

——————

エゼキエル書第30章では、神が北の大国バビロニアを道具として南の大国エジプトに裁きを下すことが記されています。

「主なる神はこう言われる、わたしはバビロンの王ネブカデレザルの手によってエジプトの富を滅ぼす。」
(エゼキエル30:10)

神の裁きは苛酷です。

「人の子よ、わたしはエジプトの王パロの腕を折った。見よ、これは包まれず、いやされず、ほうたいをも施されない。」
(エゼキエル30:21)

その結果として、

「つるぎを執ることができない」

ようになります。

つまり、神に対して抵抗できなくなるのです。

-*-*-*-*-*-*-

裁きには神の目的があります。

それは、神に降参して、

「彼らはわたしが主であることを知る」
(エゼキエル30:26)

ようになるためです。

人間の限界や自分の分というものを知り、神のご計画を歩み出すようになるため、神は人生のある時、私たちにバビロンの王ネブカデレザルを遣わします。

強制停止です。

それは仕事上のミスであったり、病気であったり、家族の問題であったり、様々です。

しかも相当の痛みを伴います。

そうでなければ私たちの暴走は止められないからです。

何もかもが止められて、初めて人間は天を見上げます。

「彼らはわたしが主であることを知る」
(エゼキエル30:26)

というのはこの時のことを言うのです。

何となく薄らぼんやりと、

「どうやら人生は自分が全て決められるのではないようだ。天命というのがあるのだ」

と感じさせられるようになる時です。

これから先は暴走ではなく、一歩々々、丁寧に歩みを進めていけば良いのです。

神の導きは遥か彼方でなく、一歩先にあるからです。

-*-*-*-*-*-*-

私はパソコンオタクなので遠隔操作でパソコンの電源を切ります。

おそらくほとんどの人が見たこともないスマホの真っ黒い画面で、「HALT」(ホールト。停止の意)という命令を打ち込むと、即座に別室のPCが停止します。

人生にもこの「HALT」の時があります。

Hungry…空腹の時
Angry …怒った時
lonely…寂しい時
Tired …疲れた時

このような時は、いくら精神状態をコントロールして自分にやる気を起こさせ、身体を動かせようとしても無理です。

むしろ、ますますストレスが高まり、酒や過食、薬に頼りたくなる傾向が大きくなります。

このような時は、停止するのです。

温かい飲み物を飲み、気になることはとりあえず後回しにし、眠くなくても横になるのです。

ここで、

「私が頑張ってやるのではない。神様の導きでさせていただいているだけなのだ」

という心境になれればしめたものです。

あとは神の上昇気流に乗ったも同然。

グングン上がって、いつの間にか課題は終了しています。

-*-*-*-*-*-*-

人生の停止の時は、神のプランへの乗り換えの時です。

じっくりと静まり、新たな方向へ一歩を踏み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2015.11.27

今日のみ言葉【No.1184】(2015年11月27日)

あなたはその川の中に伏す大いなる龍で、『ナイル川はわたしのもの、わたしがこれを造った』と言う。
(エゼキエル29:3)

——————

「エジプトはナイルの賜(たまもの)」

これはギリシャの歴史家ヘロドトスの言葉です。

ピラミッドやスフィンクスに象徴される古代文明が栄えたのは、ひとえにナイル川が定期的に氾濫し、それによって運ばれる肥沃な土のおかげだ、ということです。

なるほど、とこれは納得できますが、もし古代エジプト人が

「ナイル川は私が造ったのだ」

と言ったとすれば、それには「?」という疑問符がつくことでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

しかしそのエジプトは

「ナイル川はわたしのもの、わたしがこれを造った」
(エゼキエル29:3)

と語っていたのです。

神が「ナイル川はわたしのもの、わたしがこれを造った」と言うのなら分かります。

古代の人間ができることは、せいぜい堤防を作ることや、河川の環境整備くらいでしょう。

いかに当時の人間が高ぶり、とんだ思い違いをしていたかが分かります。

この傲慢がエジプトに神の裁きを下す原因となりました。

-*-*-*-*-*-*-

ひるがえって、これを現代に当てはめるとどうなるでしょうか?

「地球は神からの賜(たまもの)」

として、人間はこの環境の管理監督を任されているというのが聖書の立場です。

「神は彼らを祝福して言われた、『生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ』」
(創世記1:28)

これを古代エジプト人のように

「地球はわたしのもの、わたしがこれを造った」

という態度で進んでいけば、そこにストップをかける神の裁きの御手が現れることでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

今与えられているものは神からの賜であることを思い、今日の一日を謙遜に歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.11.26

今日のみ言葉【No.1183】(2015年11月26日)

主なる神はこう言われる、わたしがイスラエルの家の者を、その散らされたもろもろの民の中から集め、もろもろの国民の目の前で、彼らにわたしの聖なることをあらわす時、彼らはわたしが、わがしもべヤコブに与えた地に住むようになる。
(エゼキエル28:25)

——————

カセットテープがいまだに根強い人気を持っているそうです。

今や音楽はデータをダウンロードしてスマホで聴く時代です。

一方、MDは生産終了。CDは売れない時代。

それらが脚光を浴びた時代は、振り返ればほんの僅かで、市場からどんどん姿を消していきます。

さて、デジタルについていけないアナログ中高年層は、やっぱり自分で自由に使えるカセットテープが良いのだそうです。

しかも、真夏の炎天下や冬の極寒の車内にほったらかしにして20年たっても、ちゃんと音が出る頑丈さも特筆すべき点です。

ですから、もう絶滅かと思っていたカセットデッキが家電量販店で売り場面積を広げています。

また、東日本大震災を契機に、データ保存の媒体としての磁気テープの優秀さが見直され、生産量が増えています。

あるものは役目を終え、あるものは生き残り…。

何が最後まで通用するのか、世の中はわからないものです。

-*-*-*-*-*-*-

エゼキエル書の第25章から28章には、イスラエルの周辺国家の滅亡が預言されています。

特に大繁栄した商業都市ツロがあとかたもなく消え失せるなど当時の人々には想像もつかなかったでしょう。

これらの国家、都市、民族は永遠に失われてしまいました。

しかし、同じ滅亡の憂き目にあっても、イスラエルだけは回復するのです。

私たちは現時点(2015年)でそのことを目にできる幸運な時代に生きています。

そしてこの預言はますます本格的に進み、最終的にはキリストの再臨の時に成就します。

浮き沈みの激しい世の中で、何が一体頼りになるのか?

聖書の御言葉こそが神の確かさを歴史的にも証明しています。

-*-*-*-*-*-*-

E子さんは神様の愛を知り、イエス様を救い主として受け入れ、クリスチャンとなられました。

「神は愛である」
(第1ヨハネ4:8)

この御言葉を座右の銘のようにして生きてこられましたが、ある時牧師にこう質問してきました。

「先生、本当に神様が愛なら、なんでこんなに不幸があるのですか?」

素直でストレートな質問です。

牧師はこう答えました。

「世の中に、神は愛であるという証拠が百万個あるとすると、神は愛でないという証拠も百万個提出できます。科学的証明はできません。あなたがどちらを信じ、どちらを選ぶかです。」

何ともつかみ所のない、頼りない返答です。

しかし彼女はこの言葉にインスピレーションを得ました。

「そうだ、神を信じられない事実は山ほどあるが、私がどう信じるかだ!」

彼女はそれ以降、ますます、「神は愛である」という前提で人生を生きることにしました。

もちろん、「こんなの愛じゃありません」と感じる出来事にいくつも遭遇しましたが、それはそれとして、神の愛を見つめ、探しだす人生を送りました。

さて、人生の終着駅が見えてきた年齢になり、振り返ると、彼女の周りには、その愛に心打たれ、E子さんを慕う人たちの麗しい人間関係ができています。

「いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。」
(第1コリント13:13)

この御言葉通りです。

-*-*-*-*-*-*-

確かな神の御言葉に人生の土台を据え、今日の一日も進んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2015.11.25

今日のみ言葉【No.1182】(2015年11月25日)

海の中で東風があなたの船を破った。
(エゼキエル27:26)

——————

インスタントコーヒーの「内蓋シール」。むきにくいですね。

それは当然です。

あの内蓋シールは容器の中のコーヒーの香りとおいしさを守っているからです。

メーカーがお勧めする開け方は、

「ビンのフチにあたる部分だけ、内蓋シールを残して切り取る」

というやり方です。

コーヒーは湿気が大敵。

全部シールをはがしてしまうと、ビンと蓋と間のわずかなスキマから湿気を吸い込んでしまうのだそうです。

ビンのフチに内蓋シールを残すと、その隙間が塞がれ、湿気を防止できます。

ただの空気、湿気と思いますが、私たちの生活を意外なところで左右しています。

聖書では湿気ならぬ「東風」がキーワードとなっています。

-*-*-*-*-*-*-

聖書で東風といえば、それはアラビア砂漠からの熱風を表します。

その熱風が通るところ、緑の草原は1日で枯れて茶色の地となります。

「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草」
(マタイ6:30)

とは強烈な熱風で枯れた草のことを言います。

この陸地に吹く東風が海上の豪華船としてたとえられているツロに吹くというのです。

「海の中で東風があなたの船を破った。」
(エゼキエル27:26)

歴史的に見れば、この東風とはバビロニアのネブカデネザル王であり、最終的にペルシャのアレクサンダー王のことを意味します。

どんなに装備していても、それは所詮人間の力で成したものに過ぎません。

想定外の自然の力が襲えば、大丈夫なはずの堤防が崩れ、「絶対安全」であったはずの原子力発電所が今もって収束の見えない状況に陥るのです。

「まさかそんなことが…」

と思うようなことが起きるのが人生です。

-*-*-*-*-*-*-

しかし先程のマタイ6章30節の前の個所で、イエス様は、そのいつ枯れるか知れない野の草がどう育っているか考えてみよ、と言っておられます。

「栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」
(マタイ6:29)

と言うほど、神は私たちを美しく装っていて下さり、配慮していてくださっているというのです。

ですから、

「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。」
(マタイ6:30)

と神にゆだねることをイエス様は強調しておられます。

人間はいつ東からの熱風が吹いてくるかわからない日々を送る脆い存在です。

しかしその人生を、野の花以上に装い、配慮して下さる神の存在があります。

そこに目を向けて生きることによって、人生の様々な障害を乗り越えていけるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の手の中にある野の花であることを思い、今日の一日を充実して過ごして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »