Home > 2月, 2016

2016.02.27

今日のみ言葉【No.1237】(2016年 2月27日)

イスラエルよ、あなたの神に会う備えをせよ
(アモス4:12)

——————

日本の細菌学の父と言われる北里柴三郎。

彼は優秀な研究者を育成するために、時々、門下生たちを叱責することがありました。

普段穏やかな先生が、突然怒り出すので、北里柴三郎につけられたあだ名は「ドンネル先生」。

ドイツ語で「雷おやじ」という意味です。

しかしその甲斐あって、赤痢菌を発見した志賀潔や、黄熱病の研究に一生を捧げた野口英世らが世に出ています。

叱るということは、「そんなことではダメだ」という裁きと、「あなたを育てる」という愛の両面があるのです。

そこを見極め、正しく叱責を受け止めることが私たちには必要です。

-*-*-*-*-*-*-

アモス書第4章でも主の叱責は続きます。

1節の「バシャンの雌牛どもよ」というのは上流階級の婦人たちのことを言っています。

バシャンは放牧で有名で、のんびりと草を食み肥え太る雌牛たちがいました。

その姿から、貧しい者へ分け与えることなど考えもせず、贅沢の限りを尽くして生きている人々の描写だとわかります。

神は人をご自分に立ち返らせるために、様々な手立てを用いられます。

アモス書第4章で起こる数々の災いがそれです。

自然災害や感染症などの病気、外敵の侵入等があると、

「神が愛ならなぜこんなことが起こるか」

と思ってしまいます。

しかしこれは神が人間を立ち返らせる機会として与えている、というのがアモスの主張です。

ですから、

「イスラエルよ、あなたの神に会う備えをせよ」
(アモス4:12)

とアモスは叫ぶのです。

-*-*-*-*-*-*-

聖地旅行に行った際、エルサレムの嘆きの壁の前で、ユダヤ教のラビ(教師)らが珍しい服装をして儀式をしているのを見ました。

これはチャンスと私はバチバチ写真を撮りました。

あっちの方向から、こっちの方向から、角度を変えて、アップで…。

すると、ラビの一人が私に向かって手を振り、厳しい口調で何か言ってきます。

ヘブル語の意味はわかりませんでしたが、明らかに「写真を撮るのをやめて、あっちへ行け!」と叱られていることはさすがに私でも感じました。

もちろんすぐそこを離れましたが、私は怒られたというよりも、彼らがいかにその儀式を聖なる思いでなさっているのか、とその純粋さに心打たれました。

それに比べて私の観光客根性の薄っぺらいこと…。

神に対する聖なる態度、ということを神様は私に実物教育を通して教えたかったのでしょう。

痛い思い出ですが、神様はあらゆる機会を通して私たちを成長させようとされる方だと実感した出来事でした。

-*-*-*-*-*-*-

神の裁きと思える出来事を通して、神は人をご自分に近づけようとなさいます。

その神に出会う準備を今日も整え、一日を始めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2016.02.26

今日のみ言葉【No.1236】(2016年 2月26日)

ふたりの者がもし約束しなかったなら、一緒に歩くだろうか。
(アモス3:3)

——————

今日の聖句は反語形式で書かれているところです。

「ふたりの者がもし約束しなかったなら、一緒に歩くだろうか」

「いや、そんなことはあるまい。約束していなかったら一緒に歩くはずがない。約束しているから一緒に歩くのだ」

という意味を強調する表現形式です。

つまり、神がイスラエルと共に歩かれるのは、契約があるが故であり、一方、イスラエルも神と共に歩むことが契約のゆえに求められたのです。

預言者アモスは、神がその契約を誠実に守られたのに、イスラエル、つまり人間側では約束に忠実な歩みをしたとは言えず、むしろその反対の不正な生き方をしている、と指摘しました。

ですから、アモス書の大半は厳しい裁きの言葉となっています。

-*-*-*-*-*-*-

神はあなたと共に歩かれます。

あなたを選んだからです。

では、選ばれた私たちは自分勝手な歩みをしてよいのでしょうか?

当然その答えは「ノー」です。

神が私たちと共に歩まれるというのは、私たち側も神と共に歩むことが求められるのです。

ただし、それはいつも完璧に生きることではありません。

人間は不完全ですから、罪を犯し、失敗もし、神の御心を共有するどころか、自分の思いを成し遂げることを貫き通したいとまで思うものです。

しかしそのたびに、神に立ち返り、神のご計画は何であったかと方向を再確認し、神が見ておられるビジョンとは何かと焦点を再び合わせることが肝心なのです。

日々の悔い改めのし直し、毎回の信頼の確認。

それがクリスチャン生活の日常なのではないでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

数年間のひきこもり生活を経て、今はコンビニで働いているM兄がおられます。

世の中の価値観にさらされ、ふと、

「この私ではダメなのではないだろうか」

と思い、力を失いそうになる時があります。

その時、彼が立ち返るのは、神に選ばれ、神によって生かされている自分、という原点です。

この世の価値観や人の要求につぶされそうになる時、彼は自分の心を探し出します。

そして自分の命の部分に耳を澄ますのです。

内なる自分は本当は何と言っているのか。

外の声がガアガア騒がしく自分を駆り立てようとする時、彼はじっと内なる自分の声に耳を澄まします。

これをM兄は

「命の主張を受け入れる」

作業だとおっしゃいます。

まさにそこを通った人でなければ語れない「いのち言葉」です。

神が共に歩まれるのは、その本当の自分とです。

そこから再び神と歩調を合わせ直して、M兄は立って歩んでいかれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神と共なる歩みのために、一日のスタートの時、そして気づかされた時はいつでも御心に焦点を合わせる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.02.25

今日のみ言葉【No.1235】(2016年 2月25日)

イスラエルの三つのとが、四つのとがのために、わたしはこれを罰してゆるさない。
(アモス2:1)

——————

ほんのひと握りの人たちに全人類の富の半分が集中しています。

国際貧困支援NGOオックスファムの報告によると、世界のトップ62人の大富豪が全人類の下位半分、つまり36億人と同額の資産を持っているのだそうです。

この状態は異常ではないか、と声が上がっていますが、これは2016年現在の現実です。

ここから私たちはどうしていくか、が問われます。

まずは自分の持っているものを他者に与え、分かち合えるかどうか。

それが第一歩なのではないでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

アモス書第1章から第2章3節までは他民族への神の裁きでしたから、イスラエルにとっては「当然だ」と思えたでしょう。

しかし第2章4節からは、南ユダ王国と北イスラエル王国への神の裁きの預言が始まります。

彼らにとってそれは意外であり、心外だったのではないでしょうか?

しかし、神の側からすれば、イスラエルの生存のために豊かな恵みを施してきたのに、不正がまかり通り、国民がそのことに無感覚である異常な社会状態だったのです。

今日の聖句は人々を目覚めさせるために神が預言者アモスを通して語らせた言葉です。

-*-*-*-*-*-*-

気づいた時に、すぐ行うことがあなたを助けます。

神のささやきを聞いた時に、

「まあ、ちょっと…」

と、自分の方を優先させていませんか?

少々面倒くさかったり、気乗りがしなくても、神の声に従って体を動かし、すぐ行動してみることです。

神の声を黙らせる方にエネルギーを費やすより、神の声に聞き従い、少々つらくても行動する事にエネルギーを費やす方がずっと有益です。

その祝福の結果はあなたご自身が体験されることでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

神の御声に聞き従う一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.02.24

今日のみ言葉【No.1234】(2016年 2月24日)

主はシオンからほえ、エルサレムから声を出される。
(アモス1:2)

——————

アモスが預言者として活動した時代、国は危険な状態とは見えませんでした。

「ユダの王ウジヤの世、イスラエルの王ヨアシの子ヤラベアムの世」
(アモス1:1)

には、外敵の脅威は去り、国内の土木事業に力を注いだ結果、経済は発展し、軍備を増強して外敵に備えることができ、農産物の収穫は豊富で、日本が高度経済成長を遂げたような時代でした。

しかし、アモスは表面の華やかさの裏に隠れて見えないイスラエルの罪を暴き出しました。

すなわち、社会意識が影を潜めてしまい、国民が自己満足に陥り、宗教的指導者たちの不正があったのです。

豊かで何の問題もなく見える時代でも、

「主はシオンからほえ、エルサレムから声を出される。」
(アモス1:2)

と、神は私たちに強く語りかける時があるのです。

問題がないから聖書を開かなくても良い、というのではなく、問題の有る無しにかかわらず、聖書を通して神の言葉に触れ、常に神の言葉に耳を澄まし、その恵みに浸ることが肝心なのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の言葉を聞くことを怠り、我が身の罪や至らなさ、情けなさを痛感した時は、ガッカリすればよいのです。

それは人間の当然の反応です。

ただし、そこで

「主はシオンからほえ、エルサレムから声を出される。」
(アモス1:2)

とまでに強く語っておられる神の御言葉を強制的にでも自分に言い聞かせる新しいパターンを身につけることが必要です。

なぜなら、落ち込む人には次のようなパターンがしばしば見られるからです。

<スタート>

喜ばしくない結果を味わう

ガーン、と落ち込む

「なんでこうなった?」

「私の不注意だ。私が悪かったからだ」と自分を責める

イジイジと責めることによって罪の代償を支払っている感覚を味わう

やがて自分を責めることに疲れ果てる

ひと眠りする

体力が回復し、なんとなく気分がおさまる

忘れる

いつの間にかもとに戻って日常生活を送っている

<ゴール>

-*-*-*-*-*-*-

がっかりしたり、落ち込んだ時に、神のゆるしの言葉を聞くことがこのパターンを破る鍵になります。

自分で罪の償いをしようとするのではなく、キリストが私の代わりに罪の代価を支払ってくださったのですから、自分を責めることで支払おうとするパターンをそこでストップすることです。

慣れないうちは、自分をゆるすことは苦しい感じがしてしょうがありません。

新しいものは何でも最初のうちは合わない感じがするものです。

しかし、今までのパターンではそのまま人生の最後まで繰り返してしまいます。

あなたに語っていてくださる神の御言葉に耳を向け、そこに従ってみる決心をすることがあなたの人生を変えていきます。

-*-*-*-*-*-*-

ゆるしの言葉に浸る恵みと訓練の日として今日一日を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.02.23

今日のみ言葉【No.1233】(2016年 2月23日)

見よ、わたしがユダとエルサレムとの幸福をもとに返すその日、その時、
(ヨエル3:1)

——————

真面目な科学の実験で、

「雨が降る中、横断歩道をわたって向こう側に行くのに、歩いて渡るのと走っていくのとでどちらが雨に濡れないか」

というものがあります。

進むスピードが速ければ、水平面で多く雨粒に当たることが予想されます。

しかしスピードが遅ければ、垂直面で多く雨粒に当たることが予想されます。

実験結果は、走って行った方が濡れません。

試練の雨が降り注ぐ中では、立ち止まらずに、濡れながらでも歩き抜き、走り抜いて行くことが正しい選択肢のようです。

-*-*-*-*-*-*-

イナゴの襲来という大災害で始まったヨエル書は、第3章で幸福がもとに返されることで終わります。

イスラエルをイナゴの大群のように襲い、迫害し略奪した異邦人に対する裁きが下されます。

そして、

「われわれの目の前に食物は絶え、われわれの神の家から喜びと楽しみが絶えたではないか。」
(ヨエル1:16)

という嘆くばかりの状況は、

「その日もろもろの山にうまい酒がしたたり、もろもろの丘は乳を流し、ユダのすべての川は水を流す。泉は主の家から出て、シッテムの谷を潤す。」
(ヨエル3:18)

という繁栄に変えられます。

ただしこのことは、願ったら今すぐ出てくるインスタント食品のようなものではなく、世の終わりの時代の描写ですから、私たちは

「その日、その時」

を待たなければなりません。

幸福には、今すぐかなうものもありますが、

「その日、その時」

が来るまで待たなければならないものもあるのです。

それは主の御手の働きを通してやってきます。

私たちはその働きに参加させていただける恵みに預かっていますが、主導権を持っているのは神です。

神は御心のままに

「その日、その時」

をお決めになります。

しかしそれは必ずやって来ます。

その未来に支えられて現在を生き、様々な矛盾や問題を乗り越えて生きていく力を聖書は私たちに与えてくれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

Y子さんは、短気で怒りっぽい夫、口やかましい姑、言うことを聞かない子供という三重苦にあえいでいました。

しかし仕事をしていたので、家庭での苦しみは外に出れば味わわなくてすみます。

職場が憩いの場、家庭が戦いの場、という現実に生きていたのです。

しかし、いつまでも逃げていてはいけない、「きっと幸せが来る」と前向き肯定的に人生を生きていこう、と、彼女は神を信じる決心し、洗礼を受けられました。

彼女は祈りました。

「神様、どうぞ夫を変えて下さい」

すると、奥様が変わった姿を見て、ご主人も教会に来るようになり、洗礼を受け、夫婦ともども礼拝に出席するようになりました。

絵に描いたような幸せな姿です。

しかし、あろうことか、働き盛りのご主人に病が襲い、数年後、天に召されました。

その後も、試練につぐ試練で、周りの人々の方が、

「神を信じているのにどうして…」

とつぶやきたくなる現状が続きました。

しかしY子さんは前に向かって進み続けました。

試練の雨でびしょびしょになりながら、それを厭わず、走り続けられました。

あれから20年。

気がつけば、口うるさかった姑に仕え続けた結果、彼女もイエス様を信じてクリスチャンとなり、天に凱旋していかれました。

娘も洗礼を受け、孫も洗礼を受け、クリスチャン一家となっていたのです。

一人の魂を救いに導くだけでも大事業なのに、Y子さんを通して次々と救われる方が起こされています。

試練の中、

「その日、その時」

があることを信じて、進み続けた結果です。

神は信じる者を決して裏切ることはなく、人間が願う以上の祝福を用意して待っていてくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の時があります。

「その日、その時」に出会うまで歩み続けて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »