Home > 3月, 2016

2016.03.30

今日のみ言葉【No.1257】(2016年 3月30日)

あなたのうわさを聞く者は皆、あなたの事について手を打つ。あなたの悪を常に身に受けなかったような者が、だれひとりあるか。
(ナホム3:19)

——————

「ドラえもん」の作者で知られる藤子・F・不二雄のマンガには、登場人物に決まったパターンがあります。

●「主人公」…のび太

●「マドンナ」…しずかちゃん

●「腕っ節の強い乱暴者」…ジャイアン

●「家が裕福で乱暴者の腰巾着」…スネオ

これが藤子マンガに共通する「王道」です。

ジャイアンはのび太をいじめる役ですが、どことなく憎めません。

彼よりさらに強い「母ちゃん」に激怒され、家に連れて帰らされるシーンがあるからなのかもしれません。

-*-*-*-*-*-*-

ナホム書が啓示する神は、徹底的に悪を裁く正義の神です。

暴虐の限りを尽くして他国を侵略したアッスリヤは、やがて衰退し、悲惨な最後を遂げます。

それに対して誰も憐れみの情を浮かべないことが記されています。

「あなたのうわさを聞く者は皆、あなたの事について手を打つ。」
(ナホム3:19)

これは

「やった〜!あんな国は滅びて当然だ!拍手喝采!」

と嘲笑されている表現です。

新改訳聖書では、アッスリヤに対して「いじめ」という表現が採用されています。

「だれもかれも、あなたに絶えずいじめられていたからだ。」
(ナホム3:19)

-*-*-*-*-*-*-

ヨナの時代には、ヨナの宣教によってニネベの人々は悔い改め、それを見た神は彼らを救われました。

しかし、その後の時代のナホムのメッセージを、当時のニネベの人々は拒否しました。

アッスリヤは国の最盛期を迎え、向かうところ敵無しの時代だったからかもしれません。

自分の力を頼みにし、神の力も愛の御手も目に入らなかったアッスリヤは厳格な裁きに遭ったのです。

-*-*-*-*-*-*-

歴史の背後で私たちをじっと見ておられる神は、ある時に御手を差し伸べられます。

それは自分を変えなければならない決断であるかもしれませんし、耳の痛い忠告という形で入ってくるかもしれません。

自分の仕事や人間関係がスムーズに行っている時に、そのような人が周りにいると、

「なんで私の邪魔をするのだろう」

と思ってしまいがちです。

しかし、神はいつ誰を通して語られるかわかりません。

だからといって人の言葉に神経質になる必要はありません。

大事なことは、今の自分は自分の力でそうなったのではなく、神の力でさせていただいているのだ、という意識を持っていることです。

すなわち、栄光を常に神にお返しし、自分は塵から造られた土の器に過ぎないことを肝に銘じておくことです。

この原点に繰り返し戻ること。

それが神のメッセージを聞き逃すことなく、忠実にそれに従っていける秘訣です。

-*-*-*-*-*-*-

M兄は自他共に認める内向的性格で、積極的に人と関わりを持とうとする方ではありません。

時に聖書を読むことも祈ることもできない期間が長く続きます。

「私はこれでもいいのかな…、神様?」

というのが彼の無意識に出す祈りです。

ある時、街の本屋さんで、未完の教会「サグラダ・ファミリア」の建築設計者ガウディの本を手にし、次のような現実のストーリーに触れます。

ガウディは「サグラダ・ファミリア」の建設に着手した時、無神論者でした。

家族が次々に亡くなり、医師となった兄も若くして死に、それを追うようにして母も亡くなり…、という状況を作り出した神を彼はゆるせず、カトリック教会からも神からも離れていたのです。

しかし、神が宿る場所を作る私が神を信じていなくて良いのだろうか、という疑問が彼を襲い、とうとう40日間の断食の修行を始め、それを転機としてガウディは神に立ち返るのです。

「ガウディもそうだったのか。じゃ、私もそれでいいのかな…。」

「おまかせします、神様」

一般書店の本を通して語られた神のメッセージに対して、これが彼の応答の祈りでした。

このような

「私はこれでもいいのかな…、神様?」

という祈りの持ち主のM兄は、教会で長年、忠実に奉仕をしておられます。

神様はM兄をしっかりとつかみ、導きを与え続けておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神が造られた土の器である自分に戻り、原点から出発する自分として今日を歩み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.03.29

今日のみ言葉【No.1256】(2016年 3月29日)

見よ、わたしはあなたに臨む。
(ナホム2:13)

——————

ナホム書第2章は、「赤」に象徴されるメディア・バビロンの連合軍に、「雄じし」で象徴されるアッスリヤが敗れる預言です。

堅固な城壁で囲まれ、難攻不落であったはずのニネベの都には、人々の気づかない弱点がありました。

それはニネベの中を流れるコセル川でした。

敵は水門を押さえ、それを一気に開き、都の中に大水を送り込みました。

建物は流され、人々は大混乱に陥り、それに乗じてメディア・バビロン連合軍はニネベをあっさりと攻略してしまったのです。

これはヨナの100年後、ナホムの預言の20年後に起きた歴史的事実です。

-*-*-*-*-*-*-

ナホムはこの背後に神がおられると語っています。

「見よ、わたしはあなたに臨む。」
(ナホム2:13)

かつてアッスリヤはイスラエルを裁く神の器として用いられました。

「ああ、アッスリヤはわが怒りのつえ、わが憤りのむちだ。わたしは彼をつかわして不信の国を攻め、彼に命じてわが怒りの民を攻め、かすめ奪わせ、彼らをちまたの泥のように踏みにじらせる。」
(イザヤ10:5-6)

ところが、アッスリヤは自分たちが神に用いられた上での勝利だとは考えず、神を認めず、自分の力に酔いしれました。

進むところは世界制覇です。

周囲の国々を攻撃し、自分の支配下に収め、どんどん大きくなろうとし、その野望は成功します。

イザヤはそれをこのように記しています。

「しかし彼はそのようには思わず、その心もそのようには考えず、かえってその心は滅ぼすことを思い、あまたの国々を倒そうとする。」
(イザヤ10:7)

ただ神に用いられていただけのアッスリヤでしたが、その傲慢さは極みを迎えます。

ナホム書第2章では、その神の手によって裁きを受けることが預言されているのです。

どんなことの背後にも、

「見よ、わたしはあなたに臨む。」
(ナホム2:13)

と語られる神がおられることを意識し、謙遜に歩むことを神は求めておられます。

そしてその通りに生きることによって、私たちの命が救われ、人生は正しい方向に向かって行くのです。

-*-*-*-*-*-*-

T姉は子供の頃から日曜学校に通ってきた信仰歴何十年のベテランクリスチャンです。

彼女にはキリスト教信仰にことごとく反対する息子さんがおられました。

「お母さんはキリスト教が一番だと思っているかもしれないが、世界にはたくさんの宗教がある。俺は俺が一番いいと思った宗教を信じるからな!」

ここが謙遜になるか傲慢になるか、運命の分かれ道です。

「何言ってる!お前はまだ世の中のことが分かってないから…」

と思わず息子の挑発に乗ってしまうのか、

「ごもっとも、ごもっとも」

と御説を拝聴するのか…。

もちろん彼女は後者の態度を選択なさいました。

やがて彼の人生にも試練が訪れ、神の導きがあり、あれほどキリスト教に嫌悪感を示していた息子さんがコロッと変わり、洗礼を受けられました。

長年祈ってきた甲斐があったというものです。

ただし、お母さんから見れば、成人したとはいえ「息子」という見方からは離れられません。

信仰的にもまだまだ「初心者クリスチャン」なのですから、導いてあげねば、という思いがつきまといます。

さて、T姉が家で探しものをしていた時のことです。

なかなか見つからず、家の中をウロウロしていると、息子さんが

「祈ってから探したのか?」

と、いっぱしのクリスチャン言葉で言ってきました。

さあ、ここが第2の謙遜か傲慢か運命の分かれ道です。

この言葉の背後に神様がおられます。

「救われたのが先か後かの違い。神の前では赦された罪人同士」

と思っているお母さんからは

「うん、ここは祈るしかないな」

と共に心を合わせる言葉が出てきたことは言うまでもありません。

-*-*-*-*-*-*-

今日も神の前に謙遜を身につけ、一日を着実に歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.03.28

今日のみ言葉【No.1255】(2016年 3月28日)

主は恵み深く、なやみの日の要害である。彼はご自分を避け所とする者を知っておられる。
(ナホム1:7)

——————

プレゼンテーションの極意は「愛のあるサプライズ」だと脳科学者の茂木健一郎氏は語っています。

人間の脳は「意外なこと」が大好きなのだそうです。

予想と実際のズレが「サプライズ」(驚き)となるわけですが、そこに愛の存在を認めると、人の脳はドーパミンを分泌し、プレゼンがより一層強く頭にも記憶にも心にも刻まれるのです。

そういえば、プレゼンの名手、故スティーブ・ジョブズ氏の得意技は、ひと通り説明が終え、聴衆が

「今回はこんなものか。とりたてて新しいものはないな…」

と思う時、

「もう1つ(One more thing)」

と言いながらステージ中央に戻り、そこで一番のメインの発表をすることでした。

人々が、iPhoneやMac Airの発表に熱狂したのも当然でしょう。

-*-*-*-*-*-*-

ナホム書のサプライズはその名前です。

ナホムという名前は「慰め」を意味しますが、ナホム書のメッセージはそれとは反対に、敵国アッスリヤに対する裁きと滅びの預言です。

敵がやられるメッセージですから、イスラエルの民にとっては痛快極まりない預言だったことでしょう。

しかしそこには深い神の御旨があります。

ナホム書はヨナ書と反対で、ヨナ書においてはニネベの人々は彼のメッセージによって心打たれ、悔い改めて方向転換したため、神が下そうとした裁きから逃れることができました。

しかし、ナホム書では徹底的な神の怒りが下されます。

つまり、全世界を支配する神に敵対する存在を神は許されませんが、その中でも悔い改める者には救いがあるということを、ナホム書とヨナ書の両方の預言書を通して知ることができます。

-*-*-*-*-*-*-

神は神に寄り頼む者を徹底的にお救いになります。

「主は恵み深く、なやみの日の要害である。彼はご自分を避け所とする者を知っておられる。」
(ナホム1:7)

この世では、こちらからアピールし、哀願し、叫びを上げなければ、そうそう願いは取り上げてもらえません。

利害損得で動くのがこの世だからです。

しかし神は私たちが声を上げて自分の問題を知ってもらおうとする前に、

「彼はご自分を避け所とする者を知っておられる」
(ナホム1:7)

というのです。

すでにあなたを知っておられる神はあなたの味方です。

神様を敵に回すと、これほど恐ろしい方はいませんが、神を「避け所」とする者には

「主は恵み深く、なやみの日の要害である。」
(ナホム1:7)

という御言葉通りの方として現れてくださいます。

-*-*-*-*-*-*-

A子さんは同じ信仰を持つアメリカのゴスペルハウスを訪ねている途中でした。

ところが天候不良の影響で飛行機の便に遅延が相次ぎ、当初の予定とは違って国内線のゲートをあちらこちら移動しなければならなくなりました。

ようやく待合室の椅子にホッとして座った時、

「そうだ、パスポート…」

と海外旅行中に最も大事なパスポートを確認しました、…が、ありません!

荷物をくまなく探しても、無い、ということは、どこかに落としたに違いありません。

彼女は今歩いてきたアメリカの国内線の空港の通路を戻り、パスポートを探し回りましたが、ありません。

もう一度乗継便のゲートに帰ってきましたが、疲労困憊と不安と心配で動けません。

そこで彼女は

「そうだ、祈ろう」

と思いました。

ここまで導いてくださった神様への感謝を捧げ、平安とエネルギーに満たされた時、ふと、ゲートの入り口にいる係員に聞いてみようという思いが与えられました。

行くと、

「A子さんですか?」

と自分の名前を告げられるではありませんか!

どこかで落とした彼女のパスポートは、ちゃんと届けられていたのです。

彼女はこれを神様が与えた訓練と愛のしるしとして受け止め、最高に恵まれた旅を続けていきました。

-*-*-*-*-*-*-

神は神に寄り頼む者をお忘れになりません。

味方となってくださる方と共に今日も一日を始めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2016.03.26

今日のみ言葉【No.1254】(2016年 3月26日)

わが敵よ、わたしについて喜ぶな。たといわたしが倒れるとも起きあがる。たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。
(ミカ7:8)

——————

ミカの預言は同時代の人々には聞かれませんでした。

彼が熱意を持って言う言葉は無視され、どう頑張っても何も変わりません。

正しいことを伝えても、それで人が動き、世の中が変わるとは限らないのです。

ミカの一生は失意の内に終わります。

そして彼が言った通り、南ユダ王国はバビロン捕囚の憂き目に遭い、国が滅亡します。

-*-*-*-*-*-*-

しかしミカはその暗闇の中で希望を持ち続けた人でした。

何の報いも手応えもない人生の中で、彼はこう語ります。

「たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。」
(ミカ7:8)

神は真実で正しく、神の言葉は言われた通りに成る、と信じた心の中に神の光が宿るのです。

-*-*-*-*-*-*-

明日はイースター。

昨日イエス様が十字架につき、全てが終わったとしか思えない今日は真っ暗闇の日だったことでしょう。

その当時、本気でイエス様が明日復活されることを信じていた人はいませんでした。

しかしそれは成就したのです。

「たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。」
(ミカ7:8)

との御言葉は確かなものとして人類の歴史の中に燦然と輝いています。

この光を、私たちの心の中に灯すこと。

それが暗闇の中を歩む時の助けとなります。

-*-*-*-*-*-*-

心に主の光をいただき、復活前日の今日を慎ましく過ごして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2016.03.25

今日のみ言葉【No.1253】(2016年 3月25日)

人よ、彼はさきによい事のなんであるかをあなたに告げられた。主のあなたに求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか。
(ミカ6:8)

——————

米沢のうまいものABC。

Apple(アップル)…りんごです。

Beef(ビーフ)…米沢牛は日本のブランド牛です。

Carp(カープ)…鯉は江戸時代の内陸に住む人々の貴重なタンパク源でした。

鯉は、鯉のあらい、鯉の甘煮、鯉こく等の美味しい食べ方がありますが、とりわけ甘いのは笹の葉に巻いて蒸し焼きにする時だそうです。

これを「鯉の笹焼き」(こいのささやき)と言います(ジョークです!)

ミカ書第6章は、ささやきどころか、神がイスラエルを告発し、論争を挑んでいる個所です。

-*-*-*-*-*-*-

神はミカ書第6章3節で、2つのことを問われます。

(1)「わたしはあなたに何をなしたか」

(2)「何によってあなたを疲れさせたか」

1番目の答えは、「モーセという優れた指導者によって彼らをエジプトの奴隷から解放した」

2番目の答えは、「数々の危機を取り除き、約束通りカナンの地まで導いた」

がイスラエルの出すべき模範解答でした。

彼らはこの神の愛に応答するのが人間として当たり前の事だったのです。

しかしイスラエルが成してきたことはその反対で、神に反逆することがずっと続き、神はそれを忍耐を持って見つめておられました。

-*-*-*-*-*-*-

ここにおいて、イスラエルは自分たちの罪滅ぼしをし、犠牲を払って何とか勘弁してもらおうと図ります。

「燔祭および当歳の子牛」
「数千の雄羊」
「万流の油」
「わがとがのためにわが長子を」
「わが魂の罪のためにわが身の子を」

このような莫大な犠牲を払うことを神はお望みになっておられません。

主が求めておられることは、

「ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むこと」
(ミカ6:8)

なのです。

物やお金で神様を釣ろうと思ってもそうは行かないのです。

一時期大変だけれど、精一杯の犠牲を払っておけば後はそれで済む、ということではありません。

「主のあなたに求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか。」
(ミカ6:8)

神はこの愛する姿勢をあなたに求めておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの教会には3人の奏楽者がいます。

いずれも音楽の専門家ではありません。

「月1回でも奏楽をさせていただければ」

という謙遜なお申し出をいただき、教会側では喜んでお頼みしている、という形です。

初期の頃は、弾けるレパートリーが限られていたので、その人が弾ける讃美歌に合わせて礼拝の曲目を決めるという時期がありました。

それで良いのです。

自分以上の自分を演じようとすることなく、あなたの持っているものを神様に捧げて用いていただく…。

これが

「へりくだってあなたの神と共に歩む」

ということではないでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの持っている精一杯の捧げものを神様に差し出す一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »