Home > 4月, 2016

2016.04.28

今日のみ言葉【No.1279】(2016年 4月28日)

夕暮になっても、光があるからである。
(ゼカリヤ14:7)

——————

ゼカリヤ書の最終章は

「見よ、主の日が来る。」

で始まります。「主の日」とは世の終末、キリストが再臨する時代のことを言います。

この第14章には、ヨハネの黙示録にある大患難時代の様子や、その後に続く千年王国の描写がなされています。

神の地上統治が成される時代、それは、

「夕暮になっても、光がある」
(ゼカリヤ14:7)

という時代です。

具体的に太陽や月がどうなるのかはわかりませんが、神の臨在があるところには常に神の栄光があり、どんどん暗さを増していく夕暮れになっても光があるのです。

このことは感傷的なイメージとしてではなく、私たちが当たり前だと思っているこの世が終わろうとし、新しい神の世界が始まる時、具体的事実として実現されます。

-*-*-*-*-*-*-

さて、私たちがこの御言葉を知ったからといって、今すぐ問題が解決し、暗い現実がガラッと変わって明るい毎日になるかといえば、そうとは限りません。

ただひとつ言えることは、聖書を信じ、

「夕暮になっても、光がある」
(ゼカリヤ14:7)

となる未来があると約束する神の言葉を信じていく時、その人の心の中には「希望」という光がともされ、その実現に向かって前に進む力が与えられるということです。

そこから心が明るくなり、目の前にあるものが輝いて目の中に飛び込んでくる日々が始まるのです。

-*-*-*-*-*-*-

洗礼を受けるかどうか迷っていたA姉が牧師に相談しました。

あれこれと話した後、最後に、牧師から

「御言葉によって決めてください」

と言われ、彼女はびっくりしました。

「そういえば、御言葉に聞く、などということはしてこなかったなあ」

と気づかされたからです。

「そんなことがあるのかなあ」

と思いながらも、家に帰って早速祈り始めました。

「神様、御言葉に聞くなどしていませんでした。どうか私にもわかるように、御言葉を語ってください。」

彼女は本当に頭を下げて祈りました。

すると、

「『主の道をまっすぐにせよと荒野で呼ばわる者の声』である」

という言葉が心の内に響いてきました。

不思議な体験でした。

彼女はその時、ほとんど開いたことのなかった聖書を開き、念の為に調べてみました。

すると、ヨハネによる福音書第1章23節にその言葉が書かれてあるのを発見しました。

A姉はこれで確信を得、受洗を決意しました。

やがて洗礼を受けたその日、教会からの帰り道の空がキラキラと輝いて見えました。

-*-*-*-*-*-*-

神の約束の言葉を信じる人生は、夕暮れになっても光がある人生です。

今日も神の輝きをいただき、光を見つめる一日として歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.04.27

今日のみ言葉【No.1278】(2016年 4月27日)

銀をふき分けるように、これをふき分け、金を精錬するように、これを精錬する。
(ゼカリヤ13:9)

——————

ピカソの絵がわかるためには、キュビズムという手法を知っておくと良いのだと聞きました。

例えば風景画なら、ある一点から見たたった1つの情景を描きますが、キュビズムではいろいろな角度から見た複数の形が同一画面に盛り込まれます。

一見、鼻も目も口もバラバラの変な顔にしか見えませんが、よーく見ていくと、ピカソの目がモデルとなるその人の周りをグルッと回った時に見える部分の集合体なのだと分かります。

すると、写真が急にビデオに変わる感じで動き出すのです。

平面が立体となり、静止画が動画に変わる。

そのためには、自分が止まって絵を見るのではなく、絵に動かされて自分が回る必要があります。

聖書の預言を理解する時もこれと同様なことが起きます。

順序正しく時系列に事が並んで書かれているのではなく、ピカソの絵のように同じ章の文章に次々と過去・現在・未来・終末の情景が描かれます。

預言を読み解くためには、自分中心でなく、神中心に読み、自分が動かされて読む必要があるのです。

-*-*-*-*-*-*-

ゼカリヤ書第13章の冒頭にある

「その日には」

だけを見ると、単純にその一日でこの章に書かれていることが一気に起こるように感じるのが普通の人の読み方です。

しかし実はそうではありません。

この章は何千年に渡る重要な出来事が1日で起こっているかのように書かれているのです。

ですから、ピカソの絵を鑑賞する時の気分でこの個所を読まなければなりません。

具体的な解釈は、聖書の注解書や牧師先生の説明にお任せしますが、これらのことがなぜ起こるのかというと、神の民を

「銀をふき分けるように、これをふき分け、金を精錬するように、これを精錬する」
(ゼカリヤ13:9)

という神の目的があるからです。

神はご自身が選んだ人々を訓練なさいます。

ゼカリヤ書第13章で直接的に言っているのはユダヤ人のことです。

「彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『彼らはわが民である』と言い、彼らは『主はわが神である』と言う」
(ゼカリヤ13:9)

このような関係になるように、世の終わりの大患難時代、神はユダヤ人を導いていかれます。

-*-*-*-*-*-*-

私たち自身も、神に選ばれたのなら、当然のごとく神の訓練を受けます。

「主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」
(ヘブル12:6)

訓練はつらいものです。聖書自身がこう証ししています。

「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。」
(ヘブル12:11)

しかし、続いてこうあります。

「後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。」
(ヘブル12:11)

自分を中心に据えて見ていくと、疑問と苦しみのパレードのような人生に見えます。

しかしそこに神を中心とした視点を据えていく時、私を金や銀のように価値あるものと見て下さり、それを更に精錬し、純粋なものにしようとされる神の御手が見えてきます。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの人生という絵は、バラバラの矛盾に満ちた絵ではなく、ピカソが描くような傑作です。

今日も神の訓練を受けながら、その人生を喜び、楽しんで生きて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.04.26

今日のみ言葉【No.1277】(2016年 4月26日)

わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。
(ゼカリヤ12:10)

——————

ニコラス・ケイジ主演の映画「レフト・ビハインド」は、世界中で人類の大量失踪事件が起きた世界を描くパニックアクションです。

これを見た私は、

「ああ、終わりの始まり。まだ序の口だなあ。続編があるんだろうなあ。」

「それにしてもニコラス・ケイジを引っ張り出してリメイク作品を作るとは、製作者側は相当の執念の持ち主だなあ」

などと能天気な感想を持ち、いかに聖書に忠実に映画が作られているかなどというところはすっ飛ばしていました。

一般の日本人の感想は酷評ばかりです。

無理もありません。聖書を知らない人にとってはどれもつじつまが合わず、荒唐無稽で、観客が置いてきぼりにされている印象を持つことでしょう。

聖書を知らない人にとって、この世とは何が出て来るかわからない真っ暗なお化け屋敷のようなものです。

その中を自分の携帯電話のか細い明かりを灯しながら進んで行っているのが実状なのではないでしょうか。

しかし、聖書を知る者は、世界が歴史の今どの辺りに来ているかわかり、終末が近いこと、そして、それまでの僅かな期間、人生をどう生きたらいいのかが分かるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神は古代イスラエルに対して、

「わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。」
(ゼカリヤ12:10)

と、将来の民には「聖霊の照明」が与えられるとの預言を与えられました。

ずっと昔から、そして救い主イエス・キリストが到来した時代も、そして現在も、ユダヤ人は

「救い主はまだ来ていない」

という立場でいます。

彼らの霊的目は閉ざされ、心に覆いがかかっているため、ありのままの姿が見えないのです。

「今日に至るもなお、モーセの書が朗読されるたびに、おおいが彼らの心にかかっている。」
(第2コリント3:15)

これを打開するには、彼らがイエス・キリストの福音に耳を傾け、自分自身で検証しなければなりません。

「しかし主に向く時には、そのおおいは取り除かれる。」
(第2コリント3:16)

これには霊なる神の働きが必要です。

「主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。」
(第2コリント3:17)

外部からの神の介入、つまり、特別な聖霊の働きがあって初めて、人の心は悔い改めに向かい、自分の正しい姿が見え、自分が今どこにいるのかがわかるのです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句の

「わたしはダビデの家およびエルサレムの住民に、恵みと祈の霊とを注ぐ。」
(ゼカリヤ12:10)

とは、終末時のユダヤ人の悔い改めのため、神が特別に聖霊を降されることを示しています。

それは

「恵みと祈の霊」

です。

この霊が注がれることにより、ユダヤ人の霊的目が開かれ、個人々々がイエス様を拒絶していた罪を悔い改め、国家的な悔い改めが起こります。

「彼らはその刺した者を見る時、ひとり子のために嘆くように彼のために嘆き、ういごのために悲しむように、彼のためにいたく悲しむ。」
(ゼカリヤ12:10)

悔い改めはつらいものですが、その一歩先には、神の恵みの手が差し伸べられています。

-*-*-*-*-*-*-

S兄は職場の先輩から、

「お前はカッコつけてるなあ。そんなのやめたらどうだ?」

と言われました。

何のことか初めは全然わかりませんでした。

自分では自分の仕事をこなし、精一杯やっていて、成果も出しているつもりです。

しかし、よくよく考えてみると、周りの人から助けられ、おんぶにだっこで毎日を乗り切っている自分の姿が客観的に見えてきました。

そこで素直に、「はい、教えて下さりありがとうございました」となればいいのですが、人の心はそう単純ではありません。

建前では言えますが、本音の部分では自分の心を防衛する反応が即座に出て来ます。

「そう言ってるあなただってカッコつけてるじゃないですか」

という思いがムクムクと湧いてくるのです。

職場の人たちを見ても、

「なに悲劇のヒロインぶってるんだ!」

と、その人たちの中に自分の姿を見ていることも知らず、心の中で責めだします。

教科書通りの正論と自分の本音の板挟みとなり、彼は葛藤で疲れきってしまいました。

そんな時、教会の礼拝でこんなお話を聞きました。

「あなたの本当の姿を見せると、人は去っていきます。」

S兄は、

「本当だ。僕はそれを恐れてカッコつけてるんだ」

とピンときました。

牧師は続けてこう言いました。

「しかし、自分の本当の姿を見せると、本当の友達ができます」

S兄の心にはこの言葉がしみました。

彼の心に聖霊が語って下さったのです。

どんなに罪深く、醜い心の自分であっても、イエス様は自分から離れず、本当の友となってくれることが深く理解できたのです。

彼の心の重荷は取り払われました。

まだまだ完全とは言えませんが、以前よりもずっとやすらかな心で彼はいられるようになりました。

-*-*-*-*-*-*-

恵みと祈の霊を求め、神と共に歩む一日を続けて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.04.25

今日のみ言葉【No.1276】(2016年 4月25日)

わたしは二本のつえを取り、その一本を恵みと名づけ、一本を結びと名づけて、その羊を牧した。
(ゼカリヤ11:7)

——————

イスラエルの羊飼いは2種類の杖を持っていました。

(1)先端がフック状になっている曲がった杖。大切な羊を安全に導くための杖です。

(2)真っすぐな杖。こん棒と言った方がよいような形状で、羊を外敵から守るための杖です。

有名な詩篇第23篇4節で

「あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。」

とありますが、ここで訳されている「むち」が(2)の方で、「つえ」が(1)の方です。

-*-*-*-*-*-*-

ゼカリヤが語る2本の杖の1本は「恵み」(ヘブル語で「ノーアムנֹעַם」)と名づけられました。

これは詩篇第27篇3節でダビデが歌う「うるわしき」と同じ言葉です。

「わたしは一つの事を主に願った、わたしはそれを求める。わたしの生きるかぎり、主の家に住んで、主のうるわしき(ノーアム)を見、その宮で尋ねきわめることを。」
(詩篇27:3)

ダビデが願った「一つの事」である恵みの杖が折られるということは、「主の家」であるエルサレムの神殿が破壊され、神との恵みの契約が果たされなくなることを意味します。

もう一本の杖「結び」は、ヘブル語で「エハドאֶחַד」で「一つ」という意味です。

これも折られます。

すなわち、一つであったイスラエルの民がバラバラになり、離散してしまうということです。

イスラエルが真の羊飼いになしたことは、この2本の杖を折る結果となりました。

-*-*-*-*-*-*-

彼らが真の羊飼い(キリスト)をどう評価していたかということが次に記されています。

「彼らはわたしの賃銀として、銀三十シケルを量った。」
(ゼカリヤ11:12)

これは奴隷一人分の値です。

彼らにとって、ほとんど価値がなかったのです。

このことはユダがイエス様を裏切った時の値段として成就しました。

「時に、十二弟子のひとりイスカリオテのユダという者が、祭司長たちのところに行って言った、『彼をあなたがたに引き渡せば、いくらくださいますか』。すると、彼らは銀貨三十枚を彼に支払った。」
(マタイ26:14-15)

-*-*-*-*-*-*-

私たちはここから何を学べばよいのでしょうか?

まず、私たちには神様から2本の「つえ」の扱いが用意されているということです。

それは私たちを外敵から守り、正しい方向へ導き、守ってくれるための杖です。

しかし、もし私たちが神の御心とは違う方向に行きたいという欲望を持っていたら、それは自分を束縛する嫌なものとしか感じられないでしょう。

古代イスラエルが真の羊飼いを奴隷の価値しか無いものとしか思わなかったように、私たちもそのような危険に陥る可能性があります。

自分を中心として値積もるのではなく、神を中心とする価値観に目覚めること。

それが人生の様々な問題の中に、神の「つえ」を見出すための勘所です。

-*-*-*-*-*-*-

新しい目で今日の課題に取り組んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2016.04.23

今日のみ言葉【No.1275】(2016年 4月23日)

あなたがたは春の雨の時に、雨を主に請い求めよ。
(ゼカリヤ10:1)

——————

かつてジョイフルチャーチの隣が畑だった頃、耕運機の音で目がさめました。

明日は「晴れ」の天気予報なのに、一日かけて老夫婦が苗を植えます。

その農家のおじさんに聞くと、

「月山にああいう雲がかかっているから明日は雨だ」

とおっしゃいます。

天気予報が勝つか、おじさんが勝つか?

翌朝、雨の降る音で目を覚まし、

「オッチャンの勝ちだ!」

と驚いたことが何度もありました。

長年の経験で雨がいつ降るか、空の兆候でおわかりになるのでした。

-*-*-*-*-*-*-

日本全体では定期的に雨の季節がやって来ます。

梅雨です。

温暖な地中海性気候のイスラエルにも雨の季節があります。

秋の雨と春の雨の2回です。

その雨は定期的に必ず降ります。

ですからイスラエルの農家は、秋の雨が来る直前、まだ畑が乾いているのに種を蒔きます。

すると秋の雨が降り、種が芽吹き、順調に成長し始めます。

春の雨は収穫前に降る雨です。

この雨によって農作物は豊かに実るのです。

-*-*-*-*-*-*-

雨は作物の出来不出来を左右する重大な条件です。

つまり、食料が得られるか得られないか、雨に命がかかっているのです。

古代イスラエルはこの雨を降らせる方を正確に見極めなければなければならないはずでした。

しかし彼らは安易に豊穣を約束するバアル神などの他の神々に向かって行きました。

本当は、何の力もない偶像の神々ではなく、自分たちをエジプトでの奴隷から解放し、人格的に愛し、契約を結ぶ真の神と共に歩まなければならなかったのです。

「あなたがたは春の雨の時に、雨を主に請い求めよ」
(ゼカリヤ10:1)

この御言葉は、私たちの人生を本当に支えてくださる方は誰であるか、それを正しく見極め、その方に人生を預け、求めて行きなさいと私たちに語っています。

-*-*-*-*-*-*-

K子さんは小学生のお子さんを持つお母さんです。

子供たちが小さい時は自分の目の届くところにいて、十分に手をかけることが出来ましたが、大きくなるにつれ、そうも行かなくなりました。

特に、子どもは子どもなりの考えを持つようになり、母親の考えとは反対の考えを持つ時もあります。

子育てのひとつの転換点の時期が来たようです。

K子さんは神様にどうしたらいいか祈りました。

すると次の御言葉が心に浮かんできました。

「わたしは植え、アポロは水をそそいだ。しかし成長させて下さるのは、神である。」
(第1コリント3:6)

彼女は

「そうだ、成長させて下さるのは神様であって、親であるけれど私はその一翼を担っているに過ぎないのだ。」

と気づかされ、スッと肩から荷が降り、キツイ気持ちが緩やかになった気がしました。

そして、お子さんが何を考え、どんな気持ちでいるのか聞いてあげるゆとりが生まれました。

子どもが選ぶことが何であれ、それで成功したり、逆に痛い目にあったりのその一つ一つに親である自分が伴い、寄り添い、支えていくことが自分のできる最善であることが見えてきたのです。

「成長させて下さるのは、神である」

K子さんはこの御言葉によって、徐々に子離れができるようになり、お子さんの自立を見守っていくお母さんとしてご自分も成長されておられます。

-*-*-*-*-*-*-

天から雨を降らせ、私たちの命を支える神に力と知恵を求め、今日も成長させていただく一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

Next »