Home > 6月, 2016

2016.06.30

今日のみ言葉【No.1317】(2016年 6月30日) 012 「中風をわずらっている人」(1)

イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。
(マルコ2:5)

——————

中風(ちゅうふう、ちゅうぶ)とは、脳出血の後遺症で、手足のしびれやマヒ、半身不随、言語障害などの症状が出ます。

私は子供の頃、手をブルブルさせてお茶をいれるおばあちゃんを見て、「危ないなあ」と思っていたものでしたが、大人になった今、「ああ、あれが中風というものだったのか」とようやく理解出来ました。

周りの家族は、もう治らないもの、とその症状を受け入れ、テーブルの上にこぼしまくるお茶を、「ハイハイ、大丈夫よ」と文句も言わずに雑巾で拭いていました。

病を受け入れることも大事ですが、マルコ2章3-12節に出てくる友人たちは、「いや、この人の場合は違うだろう」と考えて行動した人たちでした。

-*-*-*-*-*-*-

彼らは群衆がイエス様を取り囲んで、近くに病人を運ぶことができなかったので、

「イエスのおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたまま、床をつりおろした。」
(マルコ2:4)

という行動に出ました。

目的のためには手段を選ばずという乱暴な態度とまで見える彼らの行動を、イエス様はどうご覧になったでしょう?

イエス様は、彼らの奇抜な発想を見たのでもなく、その行動力に注目し、心動かされたのではありません。

「イエスは彼らの信仰を見て」
(マルコ2:5)

とあります。

彼らはただ単純に「このイエスという人は病人を必ず癒して下さる」と信じていただけです。

その信仰をイエス様はご覧になり、彼らの信仰を通して神の力を働かせ、癒しを起こされたのです。

-*-*-*-*-*-*-

アメリカのフラー神学校でこの個所を学んでいた時、教授はこう教えてくれました。

「この中風の者は動くことができなかったのだろう。おそらく言葉も話すことができなかっただろう。もしかしたらこの人自身、治るなどと考えもしていなかったかもしれない。」

「しかし周りの友人たちは治ると信じていた。本人が信じていなくても、周りの人が信じていたから癒しが起きたケースだ。」

「イエス様は信仰がないところでは御業を成すことができないが、本人でなくても、誰かの信仰を通して神の御業をなされるのだよ。」

自分の力では出来なくても、周りの人の力でイエス様と出会うことができます。

誰かが信じている限り、イエス様は働かれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

できると信じる者を通してイエス様は神の業をなさいます。

信じて一歩、足を先に進める一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.06.29

今日のみ言葉【No.1316】(2016年 6月29日) 011 「らい病人」(3)

「そうしてあげよう、きよくなれ」
(ルカ1:41)

——————

教会スタッフは毎朝のミーティングで挨拶の稽古をします。

「ありがとうございました」
「申し訳ございません」
「はい、喜んでさせていただきます」

練習の時にスラスラ言えることも、いざ実践の場になると、練習していない言葉が出ることがあります。

たとえば、教会から寮に帰って休もうとする直前、牧師から

「悪いけど、○○のことをやってくれないか」

と言われた時、

「はい、喜んでさせていただきます」

という練習通りの言葉とは全く違った

「え、今ですか?」

という不満気なフレーズが口から飛び出します。

人の本音は厳しい条件が出された時に出るからです。

-*-*-*-*-*-*-

マルコ1章40節〜45節の記事のらい病人は、本当に厳しい条件下に置かれていました。

一番の特徴は、彼には助けてくれる人が一人もいなかった、ということです。

熱病にうなされていたシモンのしゅうとめには、周りに助けてくれる人が何人もいて、暖かい人間関係に囲まれていました。

しかしこのらい病人の場合、全く見捨てられていました。

自分の存在を喜んでくれる人は見当たらず、自分自身さえも頼りにならない中で、彼の本音は幾重にも重なり、変化し、作られていきます。

最終的には、

「みこころでしたら、きよめていただけるのですが」

という見事な言葉として表に出るわけですが、そこに至るまでの長い間は、否定的破壊的思いの連続であっただろうということは想像に難くありません。

-*-*-*-*-*-*-

私たちは肉体的にはこのような重度の皮膚病にかかっていないかもしれませんが、心のらい病人であるかもしれません。

「こんな私ではダメだ」

と、心の皮膚をかきむしったり、叩いたりしますが、それでは治りません。

その時こそ、キリストに解決を求めていく時なのです。

「神様、できているつもりで、本当はこういう状態です。でも、御心でしたらきよめていただけるのですが…。どうぞよろしくお願いします。」

と祈ってみることです。

イエス様は心のらい病も癒される御方ですから、すぐにきよめられます。

自分の醜さに目を留めても癒されません。

焦点を当てるべきところは、きよめて下さるイエス様です。

ここにまっしぐらに進むこと。

すると、

「そうしてあげよう、きよくなれ」
(ルカ1:41)

というキリストの言葉の通り、いつの間にかきよくなっている人生を送っているのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様は私たちの「らい病」を清くすることのできる御方です。

この御方に求める一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.06.28

今日のみ言葉【No.1315】(2016年 6月28日) 011 「らい病人」(2)

「みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。イエスは深くあわれみ、手を伸ばして彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。
(マルコ1:40-41)

——————

NHKの健康番組「ガッテン!」(旧名「ためしてガッテン」)で、2015年の感動ワザ大賞が選ばれました。

その一つが「氷水出し緑茶」。

お茶の葉っぱに氷水を注ぎ、5分間待つだけ。

お茶農家の方が「本当はこれが一番うまいんだ」と言うだけあって、お茶の旨味が一番良く出る淹れ方なのだそうです。

渋味の元であるカテキンが出ず、カフェインも抽出されないため、子供や妊婦さん、就寝前でも飲めます。

さらに、冷たい温度でしか抽出されないエピガロカテキン(EPG)という成分が免疫力をアップさせるので、一石何鳥にもなるやり方です。

冷たい水にじっと浸る時、緑茶は何も出さないのではなく、免疫力アップの力を出すように神様はデザインされたのだと思う時、本当にこれは「神様の感動ワザだな」と思わされます。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句に出てくるらい病人の特徴は、「癒して下さい」「治して下さい」「楽にして下さい」と言ってきたのではないことです。

彼の言葉は、

「みこころでしたら、きよめていただけるのですが」
(マルコ1:40)

でした。

人は冷遇されると「恨みつらみ」という苦いものが抽出されることが多いものです。

このらい病人とて、そのような時期を通ったことでしょう。

しかし、彼の場合、世間の冷たさや人生の闇の中に沈む時、自分の心も彼らと同じかそれ以上に汚いではないか、と気づかされた瞬間があったのです。

肉体の表面だけでなく、心の底からきよめてもらう必要がある。

イエス様の前に出た時の彼の心境はこのようなものだったのではないでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-

キリストに出会う時、人は決して裁かれません。

教会に来る人の中には、自分の罪が突っつかれそうだと身構える人がいます。

しかしイエス様は罪人を愛する方です。

「イエスは深くあわれみ」
(マルコ1:41)

とあるように、深く憐れむ御方です。

そして、

「そうしてあげよう、きよくなれ」
(マルコ1:41)

と私たちに手を伸ばして下さる御方なのです。

自分に伸ばされたキリストの手を

「あなたも汚れてしまいますから、結構です」

と遠慮するのではなく、されるがままにお任せすることが私たちのやるべきことです。

そこに神のわざがなされるのです。

-*-*-*-*-*-*-

M兄は実家で引きこもり、意を決してやって来た教会の寮でも外へ出られず引きこもりの生活が続きました。

彼の中から出てくるのは、

「教会にも行けず、同じ寮生と顔を合わせるのも辛いなんて情けない」

「もっとしっかりしないとダメだ」

という自分を責める苦味成分だけです。

しかし、寮の仲間はM兄に

「M君がいてくれることでどんなにホッとすることか。教会に来ても来なくても、どちらでもいいんだよ。強いて言えば、あなたの顔が見えないから寂しいな」

と言って、彼の話を聞いてくれました。

彼はそのことを通して、どんな自分も愛されていて、自分だけが苦労しているのではなく、イエス様が自分を背負っていてくださっているのだと考えるようになりました。

M兄はアルバイトにも出るようになり、今では引きこもりの人を訪問し、話を聞く側の働きをするようになっておられます。

「外に出ることよりももっと大切なことを、今あなたは引きこもっているこの時にやっているんだよ」

彼が語るからこそ、その言葉に力強さと命が宿り、引きこもりの方々から命を引き出しているのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様のあわれみの御手を受け入れる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.06.27

今日のみ言葉【No.1314】(2016年 6月27日) 011 「らい病人」(1)

ひとりのらい病人が、イエスのところに願いにきて
(マルコ1:40)

——————

聖書に出てくる「らい病」は、現在ではハンセン病か重度の皮膚病であるとされています。

ハンセン病は感染率が低いことが解明されていますが、古代イスラエルでは伝染病と考えられ、患者は隔離しなければならないと考えられていました。

レビ記第13章にこう書かれています。

「患部のあるらい病人は、その衣服を裂き、その頭を現し、その口ひげをおおって『汚れた者、汚れた者』と呼ばわらなければならない。」
(レビ記13:45)

わざわざボロボロの衣服を着て、髪の毛をモジャモジャにし、顔に覆いをかけ、人の目にふれる時は自分の方から「私は汚れています!」と大声をたてなければならなかったのです。

らい病人はその当時、やむを得ない社会事情とは言え、大変不自由な、しいたげられた生活を送らざるを得ませんでした。

-*-*-*-*-*-*-

さて、一人のらい病人がイエス様のところにやってきました。

実はこれだけでも律法を犯しかねない危険な行為です。

しかし、そのような大胆な行動に出ることができたのは、彼の人生が八方ふさがりであり、理不尽さで埋め尽くされていたからこそ、と言えます。

彼は自分のせいで病気になったのではありません。

保護され、いたわられて当然のはずが、逆に社会から追放され、普通の人の当たり前の生活を営めない不自由さを運命づけられていました。

そして、病が治るという確かな治療法がないので、明るい将来の見通しが全くありません。

生きることが喜びではなく、生きていること自体が苦痛を感じる連続だったのです。

-*-*-*-*-*-*-

そこに、「イエスという人はどんな病も癒されるそうだ」という噂が伝わってきたのでしょう。

その時、彼が味わってきた人生の不条理は「心のガソリン」として貯められていたことが明らかになりました。

彼の「癒やされたい」「こんな状況から抜け出したい」という思いに火が付き、心のガソリンが爆発的推進力となって彼を前に押し出したのです。

「なぜ私にこんな人生が…」

この思いがあなたをイエス様への出会いへと押し出すエネルギーとなるのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの過去は宝の山であったことを見出す一日でありますように…。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2016.06.25

今日のみ言葉【No.1313】(2016年 6月25日) 010 「沖へこぎ出したシモン・ペテロ」(3)

「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」
(ルカ5:8)

——————

アメリカのメジャーリーグで活躍するほどの青木宣親選手でも、WBC日本代表として初めてイチロー選手と練習した時、

「光り輝いていた」

という印象を持ったそうです。

子供の頃から憧れていたイチロー選手が、「生イチロー」として至近距離から接することができる。

そこで感じるイチロー選手の「凄さ」というものが畏敬の念を覚えさせたのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

シモン・ペテロはイエス様の「凄さ」を体験しました。

プロの漁師としての自分の力を遥かに上回る何ものかを感じたのです。

ただしそれは「力対力」の勝負で負けた、という意味以上のものです。

ただ単に敗者になっただけなら、相手を「先生」と呼ぶくらいなものでしょう。

しかし呼び名が「先生」から「主よ」と変わりました。

つまりこの時、彼は自分の罪深さを痛烈に示されたのです。

何と高慢な言葉を言ってしまったのだろう…。自分の方こそ何も知らない者だったのだ…。

そこで彼は

「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」
(ルカ5:8)

と、

「イエスのひざもとにひれ伏して」
(ルカ5:8)

言わざるを得ない気持ちになったのです。

-*-*-*-*-*-*-

このシモン・ペテロに対するイエス様の言葉は、

「わかったか!」

「お前は傲慢な人間で、こうでもしないと自分の本当の姿がわからんから、少しお灸をすえてやったのじゃ!」

などという上から目線の言葉ではありません。

イエス様が最初にかけられた言葉は、

「恐れることはない」
(ルカ5:10)

です。

「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」
(ルカ5:10)

このイエス様に出会ったので、

「そこで彼らは舟を陸に引き上げ、いっさいを捨ててイエスに従った」
(ルカ5:11)

のです。

罪深い自分という存在との出会い、そして、その自分を罰することなく、恐れを取り除き、使命を与えて下さるイエス様。

この方との出会いが、「シモン(葦)」の人生を「ペテロ(岩)」の人生へと変えていきました。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様との出会いを期待する一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

Next »