Home > 7月, 2016

2016.07.30

今日のみ言葉【No.1342】(2016年 7月30日) 020 「嵐の湖上で死にそうになった弟子たち」(2)

「静まれ、黙れ」
(マルコ4:39)

——————

私は高校時代、英語が得意で数学は苦手でした。

後に教会で子供たちに勉強を教える機会があった時、得意なはずの英語は教えることができませんでした。

なぜなら、

「何でこんなの覚えられないの?」

「2〜3回練習したらできるでしょ」

という言葉が私の口から出てくるからです。

私にとっては自明の行為で、全く当たり前のことなのですが、こんな冷たいことを言う先生では生徒は逃げていってしまいます。

ところが、苦手なはずの数学を教えると大変好評でした。

自分自身も分からなくて苦労したので、同じような問題で難儀している子供たちの気持ちと一致できるのです。

「そうだよね、こんなの分かるはずがないよね」

そして、

「ここでつまづくんだよね。でも、ここを通り過ぎるとスイスイ進むよ」

と自分が通った道なので、懇切丁寧に、親身になって教えられます。

どの立場に立つかによって、私は冷たい先生になることも暖かい先生になることもできたのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストと出会うための聖書の読み方は、弱い方の立場、御心でない方の立場の人になって読むことです。

ガリラヤ湖で嵐に襲われた記事では、イエス様と反対側の弟子たちの立場にたち、彼らの気持ちになってこの個所を読むと、イエス様との出会いのための読み方となります。

彼らがやったことは何だったでしょう?

弟子たちは眠っているイエス様を起こしました。

突然嵐が来て舟が沈みそうになっているのですから当然です。

しかしその時のものの言い方が問題です。

彼らは、

「先生、このままだとおぼれて死んでしまいます。起きて下さい。」

とは言わずに、

「先生、わたしどもがおぼれ死んでも、おかまいにならないのですか」
(マルコ4:38)

と言いました。

自分のことしか考えられない。

これが弟子たちのありのままの本当の姿でした。

そして、この姿が自分なのだ、と思ってこの聖書箇所を読むと良いのです。

私ならおそらく、

「おい、イエス!俺達が死んでもいいのか!早く起きろー!」

と言ったことでしょう。

命がかかっているので必死なのです。

必死なので、本性が現れてしまいます。

これをイエス様は待っておられるのです。

本当の自分が現れるからこそ、その本当の自分と会って下さるイエス・キリストとの出会いがあるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様はこの弟子たちの言葉に対して、怒りもせず、また、寂しがりもしません。

本当の自分を持ってイエス様に会いに行くと、イエス様も本当の自分を出して接して下さいます。

それが

「静まれ、黙れ」
(マルコ4:39)

という言葉でした。

大波と嵐に向かってこの言葉を発すると、

「風はやんで、大なぎになった」
(マルコ4:39)

とあります。

つまり、イエス様は大自然をも支配されるお方だという姿を弟子たちの前に表して下さったのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様は本当のあなたと出会おうとされています。

恐れず、本当の自分を携え、神の前に祈る一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2016.07.29

今日のみ言葉【No.1341】(2016年 7月29日) 020 「嵐の湖上で死にそうになった弟子たち」(1)

「向こう岸へ渡ろう」
(マルコ4:35)

——————

建物や施設の非常口には、人が駆けていく姿のイラストがあります。

あれは世界共通のサインで、日本人がデザインした日本発信のものです。

「非常口」の漢字3文字さえ書いてあれば良さそうに思いますが、実際はそうはいきません。

人はパニックに陥ると思いもよらない行動をとるからです。

たとえば、「火事だ!逃げろ!」となった時、人はいつも自分が使っている通路、階段、エレベーターに向かうそうです。

冷静であれば非常口に向かうのでしょうが、とっさの時は別の方法が考えられません。

ですから、2歳児でも分かる単純明快なイラストが非常口のサインとして使われているのです。

-*-*-*-*-*-*-

マルコ福音書第4章35節〜41節の記事で、弟子たちはパニックの中でイエス様との出会いを体験しました。

彼らが舟でガリラヤ湖を進む途中、嵐が起き、波が船の中に入り、沈みそうになりました。

弟子たちは自分の身に危険を感じ、こんなことを口走ってしまいました。

「先生、わたしどもがおぼれ死んでも、おかまいにならないのですか」
(マルコ4:38)

平常時なら、自分の尊敬する先生にこんなことは言わないでしょう。

それくらい彼らは追い込まれ、自分のことしか考えられない状態にあったのです。

特に、

「イエス自身は、舳の方でまくらをして、眠っておられた。」
(マルコ4:38)

とありますから、なおさら腹が立ったのでしょう。

しかし、イエス様は眠っておられました。

もっと正確に言うと、眠っていることができたのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様はこのような事態になることをご存知だったのでしょう。

これから夜に向かって暗くなる夕方という時を選び、あえて

「向こう岸へ渡ろう」
(マルコ4:35)

と弟子たちに命じられたのには、彼らに学びの時を与えるという意図があったと思われます。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは私たちの人生に平安をもたらしますが、その前に、あえて

「向こう岸へ渡ろう」
(マルコ4:35)

と私たちに呼びかけられ、嵐の中を通らせることがあるのです。

波が舟の中に満ち、自分が拠り所としているものがいかに頼りないものであることを悟らしめ、本当に信頼できるものが何であるかを知らせるために、イエス様は私たちの人生に波乱を起こさせるのです。

真の平安を得る前に嵐が、そしてその前に、

「向こう岸へ渡ろう」
(マルコ4:35)

という神からの呼びかけがあります。

なぜこんな時に?

しかし、私たちの考えを一歩引っ込め、キリストの御声に聞き従っていく時、平安そのものであるイエス・キリストとの出会いがあり、「嵐の中での平安」を体験することができるのです。

-*-*-*-*-*-*-

山形の食材に特化したジェラードを作るお店を出そうとした時のK兄がこれを体験なさいました。

今までのお店でも十分やっていけるのですが、神様は自分を新たな方向へ進み出させようとしていることを感じ、チャレンジなさいました。

彼は社長として営業に出なければなりませんが、内向的な性格なのでそれは苦手な分野でした。

出発点でのいきなりの嵐。しかもそれは自分自身のうちにあるものなので、人のせいにはできないものです。

神の御心と信じて進むときに、意外にも自分がそれを妨げていると知ることは、大きな壁にぶつかったような感覚だったことでしょう。

さて、そんなK兄の転換点となったのは、新たに教会の会堂が建てられ、記念の献堂式に出席した時でした。

来賓のお歴々を目にし、その方々も自分たちも一緒に神の前でお祝いをする、という光景を目にした時、

「ああ、神様の前ではどんな人も平等なんだな」

と腹の底から分かる体験をしたのです。

その時から、人と会うことに恐れを感じることが減っていきました。

神の平安をいただいたK兄は、神の恵みをジェラードを通して届ける人生を送っておられます。

-*-*-*-*-*-*-

主の御声を信じて進む一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.07.28

今日のみ言葉【No.1340】(2016年 7月28日) 019 「遺産分けの相談に来た人」(3)

自分のために古びることのない財布をつくり、盗人も近寄らず、虫も食い破らない天に、尽きることのない宝をたくわえなさい。
(ルカ12:33)

——————

無農薬で天日に干したお米をいただきました。やはり美味しさが違います。

ところが、恐れていたことが起きました。蛾が湧いたのです。

米糠の匂いに誘われ、成虫が厚い紙袋の外側を食い破って侵入し、卵を産みつけたようです。

袋から出した米を数時間天日に当て直し、見つけた幼虫は全て取り出し、米を別の清潔な容器に入れ直しましたが、私の妻は毎日じーっと米を見つめ続けています。

すると、

「やっぱりいた」

とか、

「今日も蛾になって出てきた」

と毎朝の食卓で報告してくれます。

まるで「ノシメマダラメイガの生態」という夏休みの自由研究に勤しんでいるかのようです。

-*-*-*-*-*-*-

この世のものは、虫がついたり、腐ったり、必ず朽ち果てる運命にあります。

イエス様が遺産分けの相談を受け付けなかったのは、その人が富を真の意味で自分のものとするように、とのお考えがあったからです。

自分のために宝を積みたければ、神の前に富めば良い、ということです。

イエス様は蓄財を真っ向から否定はしていません。

むしろ、イエス様を通して私たちが豊かになることを望んでおられ、それが神の御心であることを示しておられます。

「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。」
(ヨハネ10:10)

しかしその富を自分のことのためだけに使おうとすると、いつか必ず

「愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか」
(ルカ12:20)

という神の声を聞く時が来ます。

-*-*-*-*-*-*-

神の前に富むとは、御国を求めることです。

「ただ、御国を求めなさい。そうすれば、これらのものは添えて与えられるであろう。」
(ルカ12:31)

御国とは神の支配のことです。

ですから、御国を求めるとは、「神様ならこうなさるだろう」とあなたが考えることを実行することです。

そうすれば、必要なものは添えて与えてあげようと神様は約束しておられます。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストはあなたの人生の使い方に光を当て、神に対して富む人生へと導いて下さる方です。

永遠に朽ちることのない、天に宝を積む今日の一日の歩みとして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.07.27

今日のみ言葉【No.1339】(2016年 7月27日) 019 「遺産分けの相談に来た人」(2)

そこで一つの譬を語られた
(ルカ12:16)

——————

パプアニューギニア島の奥地に伝道に行った宣教師が、現地の住民と仲良くなりました。

木と葉っぱで造られたお家に招かれた時、

「お前はどんな家に住んでいるか?」

と尋ねられました。

彼は母国ではマンションの7階に住んでいましたが、高層ビルなど見たこともない人たちにそれを理解させるのは至難の業です。

結局彼は、

「家の上に家があり、またその上に家があり…」

と、彼らが見ているものを材料にして説明し始めました。

聞いていた人たちは、

「それでは下の家は潰れるだろう」

などと言いながらも、ある程度はわかってくれたそうです。

-*-*-*-*-*-*-

全く新しいことを理解してもらうには、身近な存在を使って説明します。

これを「譬(たとえ)」と言います。

イエス様は遺産分けの相談に来た人と群衆に対して、16節以降、ある金持のたとえ話をなさいました。

それによって、いかに自分が物に執着し、頼りにならないものに頼りきっているのかを理解させようとなさったのです。

-*-*-*-*-*-*-

このたとえ話の主人公の金持には強い意識が見られます。

それは以下の言葉であらわにされています。

「わたしの作物」(17節)

「わたしの倉」(18節)

「自分の魂」(19節)

「自分の所有」という意識が強い人という設定のたとえ話です。

聞いていた群衆は、「ああ、あの人のことだ」とか「嫌なアイツの事だ」と身近な人の顔を思い浮かべたことでしょう。

もちろん、自分を愛し、自分自身をケアすることは必要なことです。

しかし、自分のためにだけ生きると、この話のような誤った人生の使い方をしてしまうことになるのです。

たとえ話とは言え、この金持の人生の送り方の根本的過ちが、実は自分たちの生き方を指しているのだ、とジワリと迫ってくるのが、イエス様の最後の締めくくりの言葉です。

「自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」
(ルカ12:21)

-*-*-*-*-*-*-

聖書はこの後、遺産分けの相談に来た人がどうなったかを記していません。

その場で悔い改めた…、のでないことだけは確かです。

イエス様がたとえを使って語るのは、聞いた人の理解力に合わせておられるからです。

今日、イエス様に出会って、それが分からなくても、そのたとえ話が心に残り、その後、様々な人生経験を積んだ後、

「ハッ、と気づきが与えられる瞬間」

があるのです。

イエス様はその時のために、私たちの心に神のいのちの種を蒔いておられ、やがて芽が出て花が咲き、豊かな実がなる時を待っておられます。

一度目の出会いで真の出会いを果たすことができず、元の道に帰ってしまったとしても、二度目の出会いを神は期待し、そのためにたとえ話を用いて語られていることを忘れないでいましょう。

-*-*-*-*-*-*-

今わからなくても、やがて分かる時が来ます。

人生の収穫の時があることを信じ、神の畑に種を蒔く今日一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.07.26

今日のみ言葉【No.1338】(2016年 7月26日) 019「遺産分けの相談に来た人」(1)

それから人々にむかって言われた、「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」。
(ルカ12:15)

——————

私は3人兄弟の長男です。

親の介護をしてみてわかりました。手続きの全ては、まず最初に長男に来ます。

この運命からは逃れられないのだと悟った私は、次にやってくる「相続」の問題について、先に弁護士さんに相談に行きました。

詳しい説明を受け、納得して帰る段になったとき、弁護士さんが言われた最後の一言が忘れられません。

「兄弟仲良く。これが一番!」

数多くの相続問題を手がけてこられた弁護士さんの実感こもったエッセンス中のエッセンスのアドバイスでした。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストのもとに遺産分けの相談にきた人がいました。

この出来事は、イエス様が弟子たちに話しておられた最中に、群衆の中からひとりの人が割って入ったような雰囲気があります。

当時のラビ(律法の教師)は、宗教的なことに関わるだけでなく、民事訴訟や商売上のトラブルなどの争議の調停役も兼ねていましたから、このような願いをすること自体、おかしなことではなかったでしょう。

しかし、この人はイエス様が大切なことを弟子たちに教えておられる真っ最中に、それをさえぎるような形で調停を願い出ました。

そこに彼の生き方、心が現れ出ているのではないでしょうか。

人に助けてもらったり、相談することは悪いことではありません。

しかしこの人の場合、イエス様を利用しようとしてやって来た感があります。

もう少し言うと、非人格的な関わり方です。

 
-*-*-*-*-*-*-

人格的関わりと非人格的関わりを説明する時、私はよく自動販売機のたとえをお話しします。

飲み物を選び、規定のお金を入れ、飲みたいドリンクのところのボタンを押すと、必ずそれがガタンと落ちてきます。

コーヒーなら必ずコーヒーが、オレンジジュースなら必ずそれが取り出されます。

自動販売機に人格はありませんから、これが当たり前です。

もしも自動販売機に人格があったら、こうはなりません。

ジュースのボタンを押したのに、ミネラルウォーターが出てくるときがあるのです。

「なんで?」

と目を白黒させていると、自動販売機が

「最近、糖分取り過ぎみたいだから、心配に思って…」

と答えます。

結果だけを求める人にとっては、このような自動販売機は迷惑でしかありません。

手っ取り早く自分の願望を満たそうとだけする人は、非人格的対応を求めるのです。

そのような人生の結果は、遺産分けの相談に来た人のように「持ち物」であふれかえる人生となります。

しかし、いのちのないものを集めても、真の頼りとはなりません。

そこでこの人は、

「これでもまだ足りない。頼りにならない。もっとだ。」

と、いのちのないものを集め続ける人生を送っていくことになるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様がこの人の願いを受け付けなかったのは、非人格的対応だけを求めるパターンに終止符を打たせるためです。

イエス様は、愛を持った人格的神との出会いをさせようと考えておられる方だからです。

人格を持った神との、いのちの出会い。

イエス様はその出会いをさせようとして今も働いておられます。

-*-*-*-*-*-*-

神の拒否に出会う時は、神との人格的出会いの時です。

いのちの出会いを体験する今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »