Home > 8月, 2016

2016.08.31

今日のみ言葉【No.1362】(2016年 8月31日) 027 「イエスに養われた五千人」(2)

飼う者のない羊のようなその有様を深くあわれんで、いろいろと教えはじめられた。
(マルコ6:34)

——————

「どうしたらいいでしょう?」と相談されると、私たちはすぐに「こうしたら?」と解決策を提示します。

しかし、昭和40年から続くラジオの長寿番組「テレフォン人生相談」で長年パーソナリティーを務めた加藤諦三氏は、

「生きることに疲れた人に事態を改善する具体的提案をするのは、相手をもっと追い込むことになる」

と述べています(加藤諦三著,『心の休ませ方』,PHP研究所)。

電話をしてくる人は、悩みの相談という形を取っていますが、実はそうではありません。

心の底で本当に求めているのは、「私の辛い気持ちをわかって…」ということです。

人は答えを求めて来るのではありません。

問題解決は二の次三の次。

最初に求めているのは、わかってもらうことなのです。

わかってもらった、という実感を得た後、その人の心は自分の問題を解決する答えを受け入れようとする心となります。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは、飼う者のない羊のような群衆に対して、

「なぜこのような状況になったか、原因を探して、それを解決しましょう」

とは言いませんでした。

まずなさったことは、「その有様を深くあわれんで」ということです。

イエス様は、今のあなたがどんな原因で窮地に追い込まれているかを問いません。

「あなたのせいでこうなった」とも、「心当たりはないか?」などとも問われません。

何も言わずに群集を深くあわれまれたように、その心に深く共感し、わかって下さる御方なのです。

キリストの憐れみとは、「可哀想に…」という上から下への目線ではありません。

相手と同じ立場に立ち、相手の重荷を自分の重荷として一緒にその苦しみを感じる態度なのです。

-*-*-*-*-*-*-

私はカウンセリング場面に携わる者の一人として、この「共感性」を第一のこととし、毎回肝に銘じます。

そうでないと、「支配」してしまうからです。

支配とは自分の思い通りに相手を動かすことです。

援助する側が陥りやすい「支配」とは、「良かれと思って…」というものです。

相手のために良いことをしてあげよう、問題を解決してあげよう…。

これらは動機は良いのですが、油断すると「操作」や「コントロール」になります。

人は支配されると抵抗します。

具体的にはあなたのアドバイスに従わず、今までどおりの行動を続ける、ということです。

そのような時、私は

「ああ、共感をすっ飛ばして、問題解決の方向に走ってしまったなあ」

と反省し、相手を直すのではなく、自分を直すよう努めます。

もう一度共感から入り直すのです。

なかなかイエス様のように

「深くあわれんで、いろいろと教えはじめられた」
(マルコ6:34)

という順番では進みませんが、その私とイエス様は今日も会ってくださるのだと信じて、自分をゆるし、またやり直すのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様は深いあわれみをもってあなたと会って下さり、あなたを励まそうとしておられます。

キリストのあわれみを一身に受けて、今日も新たな一歩を進めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.08.30

今日のみ言葉【No.1361】(2016年 8月30日) 027 「イエスに養われた五千人」(1)

「さあ、あなたがたは、人を避けて寂しい所へ行って、しばらく休むがよい」
(マルコ6:31)

——————

世にブラック企業と呼ばれる会社があります。

その求人情報には特徴があるので、事前にある程度見抜けるそうです。

まず、残業なしを強調していること。ノルマを達成していれば、という条件が隠されています。

次に、社員の写真の茶髪率が異常に高いこと。

最低限のマナーを守れない社員がいるということは、会社も社員にマナーを守らないということです。

そして、意外に思われるかもしれませんが、

「熱意」「夢」「やる気」

というキーワード満載のところです。

つまり精神論をぶち上げて、社員に過酷な労働を強いるということです。

さて、イエス様というリーダーの下で、弟子たちはどういう働きをしたでしょうか。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様は弟子たちに「けがれた霊を制する権威」を与え、二人一組で遣わされました。

彼らの伝道は大成功で、イエス様のもとに帰って報告をした時、

「出入りする人が多くて、食事をする暇もなかった」
(マルコ6:31)

というほどに人々の求めが多く寄せられてきました。

そこでイエス様は弟子たちにこう言われました。

「さあ、あなたがたは、人を避けて寂しい所へ行って、しばらく休むがよい」
(マルコ6:31)

彼らの状態を見て、休め、と命じられたのです。

弟子たちはイエス様の言葉に従いました。

「そこで彼らは人を避け、舟に乗って寂しい所へ行った。」
(マルコ6:31)

もし現代に「イエス・キリスト株式会社」があるとするなら、イエス社長は大変有能で、適切な指示をヨハネやペテロ等の社員に与えて仕事の業績を上げさせ、しかも福利厚生完備、メンタルケアも充実している超優良企業と言うことができるでしょう。

このようなリーダーの下で働ける弟子たちは何と幸いだったことでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

一方、これと対照的なのが群衆です。

彼らに手厚いケアと将来の保証を与えてくれる存在はありません。

自分で自分のことを何とかしなければなりませんでした。

彼らにとって、今、自分たちの助けになれるかすかな光はイエス・キリストのみでした。

ですから、ここでイエス様一行を見失ってはならぬ、と

「多くの人々は彼らが出かけて行くのを見、それと気づいて、方々の町々からそこへ、一せいに駆けつけ、彼らより先に着いた。」
(マルコ6:33)

とあります。

人々は、陸路、一行より早くそこに着いて、イエス様の到着するのを待ちかまえていたのです。

岸辺でひしめくように待っていた群衆が、イエス様の目には「飼う者のない羊」のように見えました。

「イエスは舟から上がって大ぜいの群衆をごらんになり、飼う者のない羊のようなその有様を深くあわれんで、いろいろと教えはじめられた。」
(マルコ6:34)

自分の問題にどう取り組んだらいいのか分からず、どこへ行ったら解決があるのか探しながらさまよい歩き、不安の中、人生の道に迷っている存在。

それが「飼う者のない羊」である人間の存在です。

-*-*-*-*-*-*-

飼う者のない羊は、自分がさまよっていることがわかりません。

また、働き過ぎの弟子たちも、自分たちがオーバーワークでいる状況にいることがわかりません。

ですから、

「さあ、あなたがたは、人を避けて寂しい所へ行って、しばらく休むがよい」
(マルコ6:31)

と言われるイエス様の御言葉を聞く必要があるのです。

立ち止まり、神と自分というたった二人の関係にたたずむ時が必要なのです。

そこにおいて、自分の状態を客観的に照らしだしてもらい、本当に必要なものとは何であるかを知るのです。

-*-*-*-*-*-*-

神と共に、静まるひとときを持つ一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.08.29

今日のみ言葉【No.1360】(2016年 8月29日) 026 「イエスの郷里ナザレの人々」(3)

彼らの不信仰を驚き怪しまれた。
(マルコ6:6)

——————

中学校の数学で正式に「正の数、負の数」を習います。プラスとマイナスのことです。

先生は、

「2メートル後退した」

「マイナス2メートル進んだ」

と、妙な言い方を教えます。

信仰にもプラスの信仰とマイナスの信仰があります。

前者は普通私たちが言う「信仰」で、後者は「不信仰」と表現されています。

どちらも、それが強ければ強いほどその方向に進んでいきます。

-*-*-*-*-*-*-

結局イエス様は、ナザレで何一つ力ある業を行うことができませんでした。

神の働きを止めてしまうほどの強い不信仰がそこにあったからです。

イエスという方を

「神の力を持った救い主」

と信じて見ることをプラスの方向の信仰とするならば、彼らが意識もしないほどに堅く持っていたのはマイナス方向の信仰です。

すなわち、

「大工の息子、ただの人間」

あるいはもっと否定的に

「我々よりも下の人間」

という思いが既に入っていたのです。

イエス・キリストとの出会いを妨げているものは、先入観や間違ったイメージです。

古いものが入っていて満杯のところには、新しいものが入る余地はありません。

ですから、キリストとの出会いには、一度、「イエス・キリスト」という言葉に対して自分が持っているイメージや考えを全て捨てて、真っ白な心でのぞむことが必要です。

-*-*-*-*-*-*-

さて、現代の私たちに聖書が語りかけるメッセージは、

「あなたは神の子イエスが十字架で命を捧げるほど価値ある存在です」

というものです。

これが素直にスッと受け入れられないということは、あなたの心の中は別のもので満杯であり、そちらの方を堅く信じているということです。

つまり、

「自分はダメな人間。愛されるはずがない」

という、神が差し出すのとは反対方向のマイナスの信仰を持っていらっしゃるのです。

「まさか!」と否定したくなりますが、そのように思っている人ほど、自分に自信をつけることに一生懸命です。

セミナーで学んだり、資格を取得することは有意義なことで、何の悪いこともありません。

しかし、数多くの資格や技量を身につけても自信を得られず、かえって本当の自分がいつ人に知られるかとビクビクしているとするなら、それはあなたの心の中にマイナス方向に引っ張る考え方があるという証明です。

「彼らの不信仰を驚き怪しまれた」
(マルコ6:6)

というイエス様の嘆きは、ともすると私たちにも投げかけられる可能性があります。

今日がその転換点です。

マイナス方向にグングン進んで引っ張られていたということは、向きを変えれば、プラスの方向にグングン進んでいく力を持っているということです。

否定的思いにとらわれていた人ほど、その思いを捨てて神の愛を取り入れた時から、肯定的思いがどんどん積み重なり、ついには溢れ出て、今までの人の足を引っ張っていた過去とは正反対の、他者を慰め励ます人へと変わっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

幼な子のような素直な心で、イエス様の愛を受け入れる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2016.08.27

今日のみ言葉【No.1359】(2016年 8月27日) 026 「イエスの郷里ナザレの人々」(2)

イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里、親族、家以外では、どこででも敬われないことはない」。
(マルコ6:4)

——————

「あなたが犬ならどのタイプ?」というのをやってみました。

5つの質問に答えていった先で、どんなわんこになるのか興味津々です。

結果、私は「温和で優しいパグ」なのだそうです。

「ふ〜ん、こんな顔で見られているのか…」

と妙な気分になりましたが、自分が意識する「私」と、人が見る「私」には開きがあるものです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様の郷里ナザレの人々にとって、「イエスは貧しい大工ヨセフの子」として見られていました。

日本で大工の棟梁といえば、職人として人々から尊敬され、一目置かれる存在です。

しかし聖書の時代、「大工」は石工や金工も表し、一般的にはどんな小さな仕事も請け負う、便利屋・細工師・技術屋をさしました。

更に言えば、人々から尊敬されるどころか、むしろ下層階級として見られていたふしがあります。

人は自分の持っている過去の知識や目で見える「うわべ」で人を判断しがちです。

「この人は大工ではないか。マリヤのむすこで、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。またその姉妹たちも、ここにわたしたちと一緒にいるではないか」
(マルコ6:3)

ですから、イエス様はこう言われました。

「預言者は、自分の郷里、親族、家以外では、どこででも敬われないことはない」
(マルコ6:4)

イエス様の言葉と行いをありのまま受け入れたら、そこには尊敬以外出て来ないはずです。

ナザレの人々はイエス様を正しくとらえることに失敗しました。

目の前にずーっといたのに、真のイエス様に出会えなかったのです。

虚心坦懐に、ありのままのキリストの姿を追い求めたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

映画「ふうけもん」(中村雅俊主演)のモデルとなった、元祖便利屋の右近勝吉(うこんかつよし)さんとロサンゼルスでご一緒したことがあります。

私は安全上、誰が乗ってくるかわからないバスや電車に乗ることは一回もありませんでしたが、右近さんはカタコトの英語で、何のこともなく自由自在に乗り回していました。

彼はどこへ行くにも作業服を着て行きます。

社長さんから呼ばれて会いに行く時も、講演を頼まれて壇上で着ていくのも、全て作業服で通すそうです。

彼は言います。

「作業服でダメだ、というところには、頼まれても行きません」

つまり、外見や服装で人を判断するところには行かない、ということです。

そういう人には、そういう人が出会うようです。

「うちの奥さん、東大卒だったよ。結婚して初めてわかった。アッハッハ!」

と何の他意もなく豪快に笑う右近さん。

本物には、本物を求める人が引かれてくるのだな、と思ったひとときでした。

-*-*-*-*-*-*-

ありのままのイエス様の姿を求める今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2016.08.26

今日のみ言葉【No.1358】(2016年 8月26日) 026 「イエスの郷里ナザレの人々」(1)

「この人は、これらのことをどこで習ってきたのか。また、この人の授かった知恵はどうだろう。このような力あるわざがその手で行われているのは、どうしてか。」
(マルコ6:2)

——————

福島県猪苗代湖のほとりの野口英世記念館に行った時のことです。

英世が手に大火傷を負った囲炉裏(意外と小さい)や、彼が自分の決心を刻んだ床柱などを見学しましたが、土間に続く家畜小屋、そして厠を見た時にはムワッとした臭いが襲ってくるような生活感を感じました。

同じ村の人々にとって、自分たちと同じ生活環境で育った野口英世が、後に洗礼を受け、伝染病の研究でノーベル賞候補に挙がるほどの偉人となるとは考えもつかなかったことでしょう。

彼らにとってはあくまで「野口さんちの清作ちゃん」なのです。

イエス様の郷里ナザレの村でも、イエス様は神の子救い主とは見られず、「ヨセフさんとこのイエスちゃん」でした。

-*-*-*-*-*-*-

郷里のナザレは、イエス様が幼い時から公生涯に入るまで過ごされた村です。

その会堂でなされた力ある業や、素晴らしい教えに人々は驚嘆しました。

しかし、この人こそ旧約聖書で約束され、民がずっと待っていた救い主(メシヤ)であるという結論には達せず、むしろ人々はイエス様につまづきました。

その原因は、ナザレの人々が、イエス様の公生涯以前の職業や家族のことを引き合いに出して見ていたからです。

私たちの中にはどうしても「先入観」というものが入っています。

それが正しくものを見ることを妨げていることが往々にしてあるのです。

-*-*-*-*-*-*-

先入観を打破し、正しい道をたどることができる方法の一つは、信頼できる人の言葉に「はい」と従うことです。

たとえば、私の小学生時代、プールの中で目を開くことはできないと思っていました。

何か大変なことが起こって目が見えなくなる、と、根拠のない恐れを持っていたのです。

しかし仲の良い友達らが

「なーんてことない、へっちゃらだ。水の中でも目が見える。やってみろ」

と言うので、恐る恐る目を開けてみたら、ちゃんと水の中でも見えて、感動した思い出があります。

自分ではどうしてもそう思えない。

しかし、嘘をつくことのない真実な人が言っていることを信頼してその通りに行なってみる。

これがイエス・キリストと出会うための一つの鍵となります。

-*-*-*-*-*-*-

信頼する人の言葉に「はい」と従い、一歩踏み出す一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

Next »