Home > 9月, 2016

2016.09.30

今日のみ言葉【No.1379】(2016年 9月30日) 033 「変貌山でのペテロ、ヤコブ、ヨハネ」(1)

これらのことを話された後、八日ほどたってから、イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブを連れて、祈るために山に登られた。祈っておられる間に、み顔の様が変り、み衣がまばゆいほどに白く輝いた。
(ルカ9:28-29)

——————

「クッキーが割れた!」

小さい子供が泣き出しました。

「たったそれだけのことで?」

と思うような些細な出来事なので、お母さんは

「別のお菓子があるよ」

とやさしく差し出しますが、泣き止むことはありません。

実は、クッキーが惜しかったからではなく、心にたまっていた傷を癒やすために子供は泣くのです。

「もう泣くのはやめなさい!」

と強く叱って泣くのをやめさせても、心の悲しみは残っていますから、なにか次の機会を見つけて子供は感情を発散させようとします。

次回は些細なことで癇癪(かんしゃく)を起こし、感情を爆発させて泣くようにするのかもしれません。

ですから、子育てをする親は、泣いている子供にじっと根気強く付き合い続け、心の傷が癒されるまで待たなければなりません。

根負けして子供が泣き止むまで待たせられた、というのが案外ベストの子育てなのかもしれません。

変貌山での出来事を通し、イエス様は粘り強くそのように関わり続けて下さる御方であると知ることができます。

-*-*-*-*-*-*-

変貌山に行く8日前、イエス様がピリポ・カイザリヤでご自分の受難と復活の予告をした時、弟子たちはそれをどう受け止めたでしょう?

ペテロが

「主よ、とんでもないことです。そんなことがあるはずはございません」
(マタイ16:22)

と、先生であるイエス様をいさめたことから分かるように、彼らにあったのは「抵抗」という感情でした。

自己犠牲の道を進む気は無く、イエス様と一緒に受難の道を選ぶ覚悟もない。

苦労は避けたいが、得をするおいしい場面は外したくない。

これが弟子たちの本音であり、どの時代の人間も、クリスチャン・ノンクリスチャンに関係なく、一皮むけば同じです。

この弟子たちを、あきらめて見捨てること無く、成長を信じて最後まで愛し通されるのがイエス・キリストです。

彼らの揺れ動く心に対して、確信を与えようとされたのが変貌山での出来事です。

-*-*-*-*-*-*-

ここにイエス様と一緒に、モーセとエリヤが現れました。

モーセはイスラエルの出エジプトを導いた指導者で、旧約の律法の代表者をあらわします。

エリヤは旧約の預言者の代表を意味します。

栄光の中で3人が語り合っていたのは、イエス・キリストのエルサレムでの最後、つまり十字架のことでした。

これによって、イエス・キリストは旧約の流れを引き継ぎ、完成して下さる方であることがわかります。

「み顔の様が変り、み衣がまばゆいほどに白く輝いた。」
(ルカ9:29)

とあるのは、イエス様が変身されたということではなく、元の本来の姿になられた、ということです。

こちらのほうが神の子としての通常の姿で、弟子たちが見ていた地上の人間の姿としてのイエス様のほうが「変身」していたということができるでしょう。

信じようと思っても信じられない弟子たちに、確信を据えようとして関わり続けるイエス・キリスト。

この方が、私たちの人生の終わりまでずっと共にいて下さり、つい疑ってしまい、諦めたくなる私たちに関わり続けて下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の美しい御業を見る一日でありますように…。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.09.29

今日のみ言葉【No.1378】(2016年 9月29日) 032 「ペテロ(ピリポ・カイザリヤの告白)」(3)

イエスは振り向いて、ペテロに言われた、「サタンよ、引きさがれ。わたしの邪魔をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」。
(マタイ16:23)

——————

今の若者のキーワードは「コミュ障」(こみゅしょう)です。

「コミュニケーション障害」を略した言葉で、医学的定義とは異なり、実際の使われ方では、昔で言う「口下手」「人見知り」に近いでしょう。

他愛のない雑談が苦手どころか非常に苦痛、空気を読みすぎて黙ってしまう等の特徴があり、高度なコミュニケーション能力を要求される現代において生きづらさを覚える方々です。

ところが、「私はコミュ障です」という菊原さんは、トヨタホームで営業トップの成績を残しています。

彼は、もしタイムマシンに乗って過去のダメ営業部員の自分に会えるなら、こう言うそうです。

「そのままの自分でやり方を変えればいいんだよ」

コミュ障の自分はコミュ障のままでいい。

コミュ障の自分でなければできない営業がある。

本当の自分を発見し、それを受け入れ、その自分になり切ることで、人生は開けていきます。

弟子のペテロの場合、自分の真の姿を知らされるというところから始まっていきました。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様についての正しい信仰告白がされた後、イエス様は弟子たちにこう告げられました。

「この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示しはじめられた。」
(マタイ16:21)

自分は十字架で死ぬ救い主であることを、徐々に弟子たちに知らせていかれたのです。

すぐさまペテロは反応しました。

「すると、ペテロはイエスをわきへ引き寄せて、いさめはじめ、『主よ、とんでもないことです。そんなことがあるはずはございません』と言った。」
(マタイ16:22)

これに対してイエス様もすぐに答えられました。

「イエスは振り向いて、ペテロに言われた、『サタンよ、引きさがれ。わたしの邪魔をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている』。」
(マタイ16:23)

ペテロにとっては、ドーン!と激しく突き飛ばされたような印象だったでしょう。

まさか自分に対して「サタンよ」と言われるとは…。しかも「邪魔をする者だ」とまで言われた…。

おそらくペテロは何を言われているのか分からなかったことでしょう。

 
-*-*-*-*-*-*-

イエス様の生涯は、自分が栄えることを目指す生涯ではなく、他者のために自分を犠牲とすることを喜びとするものでした。

これは神の愛に裏打ちされた自己犠牲の生涯です。

その道を歩もうとされたイエス様に対して、ペテロの思いは、それとは全く反対の、自分が栄え、自分が守られるように、というものでした。

人は皆そのような生き方をしているものです。

そして、自分を守るつもりで始めたことで、逆に人生を失ってしまうのです。
 
イエス様の拒否、祈りが応えられない神からの拒絶。これらはあなたを守るためです。

イエス様はあなたを拒否されてはいません。

ペテロの中にある自分を中心とする考え方や、サタンの誘いで乗ろうとしている方法を否定されているのであって、あなた自身をダメだと言っているわけではないのです。

イエス・キリストは全人類の救い主であると同時に、あなたを今救おうとされている方であることを忘れてはなりません。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは、自分を犠牲にしてあなたを救いに来られた方です。

その御手の働きに委ねる今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.09.28

今日のみ言葉【No.1377】(2016年 9月28日) 032 「ペテロ(ピリポ・カイザリヤの告白)」(2)

シモン・ペテロが答えて言った、「あなたこそ、生ける神の子キリストです」。
(マタイ16:16)

——————

弟子たちの中で、ペテロだけは目に見える人間の姿に目をとめず、イエス様の本質を告白しました。

「シモン・ペテロが答えて言った、『あなたこそ、生ける神の子キリストです』。」
(マタイ16:16)

人に神を認めさせるものは何でしょうか?

人間の生来の知性や教育、ひらめきや才覚ではイエス様を正しくとらえることは出来ません。

ただ神の霊が働く時にのみ、「イエスは生ける神の子キリストである」と告白できるのです。

「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』と言うことができない。」
(第1コリント12:3)

それは思いもよらない内から湧く力として実感されます。

-*-*-*-*-*-*-

K子さんは子供の頃から「よく気がつきよく働く子」と評判を取っていました。

それは、両親から愛されているという実感を強く求めたかったからでした。

ところが、大人になり、自立し、社会に出ていろいろな人間関係に直面すると、単純にそうも行きません。

人の期待を先取りし、人の要求していさそうなことをこちらが気を回して先にやってあげたとしても、結果は必ずしも好循環とはならないこともあるからです。

夫のため、子供のため、誰それさんのため…。

そのように一生懸命他者のために生きると、予想通り報われることもあれば、全く反対の結果の、嫌われて文句を言われることもあります。

K子さんは混乱してしまいました。

-*-*-*-*-*-*-

そんな折り、彼女は「子育ての勘所」というテープに出会い、教会に出席するようになりました。

そして、

「私はもう後ろに向かっては進まない。礼拝と祈祷会のない生活はしない」

と心が定まり、洗礼を受ける決心をしました。

ご主人にそのことを話すと、

「うちは仏教だけど、どうするのか?」

と尋ねられました。

結婚する前に、お互いの考えが違うようになったら離婚しよう、と決めて結婚されたほど仲の良いお二人でしたので、

「ああ、私一人、家族から離れて別の生き方をするのかな…」

と思いつつも、彼女の決心は変わりませんでした。

どこからそんな強い力が湧いてきたのか不思議なほど、K子さんは平安につつまれ、イエス様に従う道を突き進んでいかれました。

やがて、そのご主人も、お子さんも、ご家族すべてがクリスチャンとなられました。

生きて働くイエス・キリストが、K子さんに信仰の力を与え続け、そしてそのご家族を祝福に導いて下さったのです。

-*-*-*-*-*-*-

信仰の力は聖霊によって与えられます。

神の霊の働きが今日もあるように祈る一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.09.27

今日のみ言葉【No.1376】(2016年 9月27日) 032 「ペテロ(ピリポ・カイザリヤの告白)」(1)

「人々は人の子をだれと言っているか」
(マタイ16:13)

——————

芸能人の好感度ランキングで常に上位にいるのが明石家さんまさんです。

ロケ先でも移動中でも、ファンのお願いに答えてサインをしたり、一緒に写真をと頼まれれば、

「ええで!」

と快く受ける姿があちこちで報告されています。

無理して好かれようとしての努力でしょうか?

いいえ、本人曰く、

「しんどいねん、断るの」

これが理由です。

自分がどう思われるかとは関係なく、ファンを大事にするという建前からでもありません。

この本心からの率直さがさんまさんの魅力なのかもしれません。

-*-*-*-*-*-*-

イエス様はご自分のことが何と言われているか、と弟子たちに問われました。

「人々は人の子をだれと言っているか」
(マタイ16:13)

自分に対する評判や好感度が気になっていたからでしょうか?

そうではないことは明らかです。

このように質問することによって、

「私はそうは思いませんが、皆さんこう言っています」

と言う弟子たちの報告を聞いて、弟子たち自身がイエス様に対して持っているイメージをお知りになるためだったのでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

人々は、イエス様のことを色々な人にたとえて言っていました。

・バプテスマのヨハネ
・エリヤ
・エレミヤ

これらの人々は、際だった個性の持ち主であり、同じような性格の人々ではありませんでした。

このように、人々のイエス様への評価が異なっていたということは、イエス様の人間性の豊かさをあらわしています。

と同時に、人々のイエス様に対する印象がバラバラだったということは、イエス・キリストという人物の全体像を人々はつかんでいなかったということを表します。

つまり、自分の目に映るイエス・キリストは、ほんの一部だということです。

なぜそのようになるのでしょうか?

人の目や耳は、自分の見たいものを見ようとし、聞きたいことを聞こうとする選択性があるからです。

お金儲けをしようとする人には儲かる話がよく聞こえ、旅行に行きたい人はリゾート地のポスターが目に止まります。

「○○はどこか?」と尋ねても、全く同じ場所なのに、男性は外車販売会社の近くだと言い、女性はケーキ屋さんの近くだと言います。

-*-*-*-*-*-*-

「自己実現」というフィルターを通して見るのが人間です。

ペテロを代表とする弟子たちもそうでした。

自分を最高に生きるためには、イエス様について行けば何とかなる。

そう考え、自分の人生を最高に活かしてくれる存在としてイエス様を選びました。

しかし、このピリポ・カイザリヤでの出来事を境にして、イエス様は「自己実現」の道から「自己犠牲」の道へと弟子たちを導いていきます。

自分が生きるのではなく、自分が一粒の麦となって死に、多くの人を生かす人生の方向を指し示されたのです。

途端に理解できなくなる弟子たちから離れることなく、イエス様はずっと共にいて下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

どのような印象でイエス・キリストを見てもよいのです。

どの入り口からでも入って良しとされるイエス様は、今日も私たちを神の道へとやさしく導いて下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

●配信停止は下記に空メールを送信して下さい。
del@mikotoba.nows.jp

●お申し込みも同様です。
reg@mikotoba.nows.jp

2016.09.26

今日のみ言葉【No.1375】(2016年 9月26日) 031 「ベツサイダの盲人」(3)

すべてのものがはっきりと見えだした。
(マルコ8:25)

——————

「浜までは 海女も蓑着る 時雨かな」

江戸時代の俳人、瀧瓢水(たきのひょうすい)の句です。

目の前の海に入ればどうせ濡れるのですから、海女は蓑など着る必要はないように思えます。

しかし、サッと降ってきた時雨に対して、身をかばって蓑を着るたしなみ、ゆかしさ、美しさ。

一瞬の構図を絵画にしたかのような見事な一句です。

この句には、

「どうせいつかは死ぬ命なのだから」

と命を粗末に扱うことを戒める意が込められています。

瓢水が言いたいことは、

「せめて命のある限り、生かされている我が身を大切していく」

ということなのです。

ベツサイダの盲人は、イエス様によってこの世界へと導かれていきました。

-*-*-*-*-*-*-

最初は何が何だか分からず、人々に連れられてやってきたのがベツサイダの盲人でした。

神に希望を置くなどという考えすらありません。

また、この盲人の場合、肉体の目が見えなかっただけでなく、心の目も閉ざされたままでした。

彼は自分の人生を見つめることができなかったのです。

目が見えないハンディがあるなら、それはそれなりに自分はこれからどう生きていこうか、というチャレンジ精神はもう枯渇してしまったのでしょう。

「人生こんなもんだ」「どうにもなるわけでもない」「どうせ無理」

このような言葉にしがみついていれば、望みを持たず、特別に期待せず、流れに身をまかせて生きていけます。

その方が楽なのです。

-*-*-*-*-*-*-

そのような人でも、いいえ、そのような人だからこそ、イエス様は周りの人たちの信仰を通して働いて、神の御業を体験させようとなさるのです。

「私も生きていけそうだ」

ぼんやりとでもそう思えただけで、一歩前に進みだしたというものです。

イエス・キリストは、神に望みを持たない人にも働きかけ、その人生観を変化させようと働かれるお方なのです。

-*-*-*-*-*-*-

神に望みを持たない下向きの人生を送ってきた人こそ、イエス・キリストと出会える資格十分の人です。

人生観が変えられる出会い。

それは今日であるかもしれません。

はっきりと見え出す人生の転機があることを堅く信じ、「どうせ」から「せめて」への人生観の転換をさせていただきましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

Next »