Home > 1月, 2017

2017.01.31

今日のみ言葉【No.1463】(2017年 1月31日) 062 「バプテスマのヨハネの二人の弟子とシモン」(2)

「きてごらんなさい。そうしたらわかるだろう」
(ヨハネ1:39)

——————

弟子たちに求める心を起こさせ、自分以上の力ある方に結びつけられることを喜びとするバプテスマのヨハネによって、二人の弟子たちはイエス様について行く心を持ちました。

求める者に対して、イエス様はその存在を快く受け入れて下さいます。

イエス様は後に

「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」
(マタイ4:19)

と有無を言わさない威厳で召命の御言葉をかけて下さいますが、この時点ではそこまで明確でない彼らの心の思いを確かなものとするために、順を追って導いて下さっています。

「イエスはふり向き、彼らがついてくるのを見て言われた、『何か願いがあるのか』」
(ヨハネ1:38)

・ふり向き
・彼らがついてくるのを見て
・「何か願いがあるのか」

です。

願いは明白です。

「先生、弟子にして下さい」の一言です。

しかしイエス様はこの段階では

「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」
(マタイ4:19)

とはおっしゃらずに、

「何か願いがあるのか」

と、彼ら自身が自分の思いを自覚するようにお尋ねになりました。

-*-*-*-*-*-*-

案の定、彼らの口から出た言葉は「先生、弟子にして下さい」というストレートなものではありませんでした。

「ラビ(訳して言えば、先生)どこにおとまりなのですか」
(ヨハネ1:38)

が彼らの質問でした。

当時、弟子になるということは、その先生と生活を共にし、その中で学ぶということです。

一緒に泊まって、先生の行くところ、どこへでもお供し、実地で学ぶのですから、

「どこにおとまりなのですか」

という問いは、間接的に弟子入門のお願いと言えなくもありません。

しかしそこには、100%信頼して我が身をお任せするというより、「この先生で大丈夫なのだろうか?」と、まず相手を値踏みする意図が含まれているように感じられます。

予想通りの先生ならこの人についていくが、当てにしていた内容とは違っていたら、またバプテスマのヨハネ先生のところに戻ればいいや…、という保身が見え隠れします。

そんな二人の思いは百も承知で、イエス様はそこに一切とらわれず、

「きてごらんなさい。そうしたらわかるだろう」
(ヨハネ1:39)

と、彼らをまるごとそのまま受け入れられました。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは求める者がいれば、決して拒まずに会って下さる御方です。

そしてそこにはイエス様の導きがあります。

私たちが最善の手順でゴールに到達できるように、段取りをして下さっているのです。

それは私たちが考えるものとは異なっているでしょう。

思い通りにならない時も、「私は愛されて今導かれているのだ」と信じて、足だけ前に進ませようとしていればいいのです。

1ミリも前に進まず、無駄に見えるその日々は、やがて後に心の筋肉を鍛えていた日々だと分かり、壁を打ち破るのに必要な力を養っていた時間だとわかる時が来るのです。

-*-*-*-*-*-*-

Yさんは生きることに意味を見い出せず、ただ毎日を空しく生きていました。

たまたま行った教会の集いで、「天国行きの切符はイエス・キリストを信じたら得られます」というお話を聞き、彼女はすぐ手を上げ、クリスチャンになると決めました。

生きているのが嫌だったからです。

しかし洗礼を受けて2年、何も変わりません。

教会の先生から、自分の罪とイエス様の十字架の関係を正しく知るためにディボーションをすることを勧められ、聖書を読み、祈り、静聴の時を持つようになりました。

途端に、以前よりもっとつらい日々となりました。

なぜなら、今まで気づかなかった怒りや悲しみといった感情が出てきて、みじめな自分が浮き彫りにされてきたからです。

自分の内から噴き出してくる生々しい感情を神様にぶつけ、祈りとも叫びとも呻きともつかない言葉を発していたその時期を、彼女は

「神様と押し問答をしていた」

と語っています。

自分はダメだと責める思いと、神様からの「そのあなたを愛している」という思いのぶつかり合いだったのです。

しかし、神様のトンネルには入口と出口があります。

心が鍛えられ、トンネルを出て行く力を身につけた彼女は、自分自身を取り戻していきました。

そしてその後は、人を教会にお導きするほどにまで変えられ、成長されたのです。

-*-*-*-*-*-*-

「きてごらんなさい。そうしたらわかるだろう」
(ヨハネ1:39)

この御言葉を心に貯めて、今日の一歩を進ませて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.01.30

今日のみ言葉【No.1462】(2017年 1月30日) 062 「バプテスマのヨハネの二人の弟子とシモン」(1)

「見よ、神の小羊」。そのふたりの弟子は、ヨハネがそう言うのを聞いて、イエスについて行った。
(ヨハネ1:36-37)

——————

「井の中の蛙大海を知らず」という諺があります。

自分の周りの狭い世界だけが全てだと思い込んでいるという否定的な意味で使われることが多いのですが、その世界しか知らなければ、案外蛙は幸せなのです。

しかし、もっと広い世界を知っている師は、弟子たちにそれを求める心を起こさせなければなりません。

師の務めは弟子を成長させることだからです。

バプテスマのヨハネはそれができる良き師でした。

-*-*-*-*-*-*-

バプテスマのヨハネにもたくさんの弟子たちがいましたが、そのうちの二人の弟子たちが師であるヨハネを離れて、イエス様の方について行きました。

「『見よ、神の小羊』。そのふたりの弟子は、ヨハネがそう言うのを聞いて、イエスについて行った。」
(ヨハネ1:36-37)

バプテスマのヨハネのヨハネは、自分の弟子をあくまでも自分に引き留めておこうとするのではなく、

「わたしのあとに来るかたは、わたしよりもすぐれたかたである。」
(ヨハネ1:30)

とあるように、自分よりもすぐれたかたに結びつけようとしています。

彼は自分よりも弟子たちのことを考えている良き師であったわけです。

その指導のもとで育った彼らは、キリストとの出会いをきっかけとして、見事に巣立っていくことができました。

-*-*-*-*-*-*-

飛び立っていけるのは、送り出してもらえるから。

そのことを覚える今日の一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2017.01.28

今日のみ言葉【No.1461】(2017年 1月28日) 061 「イエスと出会ったバプテスマのヨハネ」(3)

わたしはこの人を知らなかった。
(ヨハネ1:33)

——————

私の子供の頃、「イエス・キリスト」という呼び名からから連想されるイメージは暗いものでした。

小学生の時、校門の前で、あるキリスト教団体の人たちから渡された小冊子に、地獄の火で罪人が焼かれる絵や、天国の花園の絵が描かれてあるのを見て、子どもながら「うさんくさい」と思いました。

また、町中の塀に「死後さばきにあう」等と書かれた黒い看板には不気味さを覚えました。

これは全くの個人的感想で、その活動を批判するつもりは全くありませんし、今ではその熱心さに感銘さえ覚えます。

私が子どもの時にはキリストと結びつく接点がなかったのです。

それは罪意識と罪のゆるしということです。

それがあって初めて、自分の人生にイエス・キリストが入ってくる準備が整えられます。

それまでは、名前は知っていても、それがどういう存在かは知らないでいるのです。

-*-*-*-*-*-*-

バプテスマのヨハネは、預言者として人々に告げ知らせてきた救い主ご本人が、自分の目の前に立たれたことがわかりました。

神から

「ある人の上に、御霊が下ってとどまるのを見たら、その人こそは、御霊によってバプテスマを授けるかたである」
(ヨハネ1:33)

と告げられていたからです。

彼はその情景を見ました。

それが幼い頃から顔見知りのナザレのイエスでした。

バプテスマのヨハネとイエス様はいとこ同士ですから、当然知っているはずですが、

「わたしはこの人を知らなかった。」
(ヨハネ1:33)

と言っています。

人間としては知っていたが、神からの救い主であったということは、この時初めて知ったということです。

「世の罪を取り除く神の小羊」
(ヨハネ1:29)

この存在を知った時に、自分とイエス・キリストとの関わりが生まれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

「罪」とは原語で「的外れ」という意味を持っています。

弓矢を的以外のところに飛ばすことが罪です。

そして、的を正確に目指していても、そこに到達しないで手前に落ちてしまうのも「的外れ」に該当するので罪と判断されます。

たとえて言えば、借金1億円を最初から踏み倒そうとするのは当然罪。しかし、まじめに返そうとして返しきれないのも罪、ということです。

イエス様が素晴らしいのは、そういう罪人を何とかしてやろうとか、罪人を滅ぼすと言っているのではなく、私たちの罪の身代わりとなってくださるということなのです。

「世の罪を取り除く神の小羊」
(ヨハネ1:29)

とは、自ら犠牲(いけにえ)となって下さる方だとバプテスマのヨハネはイエス様を紹介しています。

その時はそういうつもりでなく始めたのに、都合が悪くなるとコロッと変わってしまう自分を見出す時こそ、この救い主イエスと出会う最短距離にいるのです。

「それはしょうがなかったんだ」とか「みんながやっていることだ」などとごまかさないで、「それは私が責任を負うべきことなのだ」「私は本当に約束を守れない者です」と、きちんと自分は罪人だと認める時、一番イエス様と近いところにいるのです。

そうすると、イエス様と出会うことができます。

あなたの気になっている過去、いつか誰かに突っつかれるかもしれないと怯えている昔の出来事。

それらを全部赦してくれ、身代わりになって犠牲になってくれる御方。

それがイエス・キリスト、世の罪を取り除く神の小羊です。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの罪の赦しと身代わりになってあなたを解放してくださるという約束を受け入れる人生を歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2017.01.27

今日のみ言葉【No.1460】(2017年 1月27日) 061 「イエスと出会ったバプテスマのヨハネ」(2)

見よ、世の罪を取り除く神の小羊。
(ヨハネ1:29)

——————

私はいとこのお兄ちゃんお姉ちゃんたちとよく遊び、面倒を見てもらいました。

1歳上で同じ高校に通ったいとことは、今でも○○ちゃん、と呼んでいます。

しかし彼の社会上の立場は、あるところの所長です。

そこに連絡する時は、フルネームに「様」をつけた上で、お取り次ぎをしていただかなければなりません。

バプテスマのヨハネとイエス・キリストの関係にもそのようなことがありました。

-*-*-*-*-*-*-

バプテスマのヨハネとイエス様とは、実は従兄弟同士です。

ヨハネの母エリザベツとイエスの母マリアは親戚関係だったからです。

生まれた時も6ヶ月程度しか離れていませんから、ほぼ同い年と言えます。

子供の頃からお互いを知っていて、一緒に遊んだこともあったことでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

しかし、大工ヨセフの子イエスとしての生涯から、30歳にしてメシヤとしての公生涯に出られた後のイエス様と、バプテスマのヨハネは最初に出会った時、

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」
(ヨハネ1:29)

とヨハネは言いました。

決して、

「イエスちゃん、久しぶり。どうしたの?」

などという今までと同じようなものではありません。

バプテスマのヨハネは、イエス様の姿に、旧約聖書の過越の小羊の姿を見たのです。

モーセに率いられてイスラエルの民がエジプトから脱出する夜、1頭の小羊をほふり、

「その血を取り、小羊を食する家の入口の二つの柱と、かもいにそれを塗らなければならない。」
(出エジプト記12:7)

という神の命令を受けました。

犠牲になった小羊の血が塗られている家には死の使いは訪れずに過ぎ越し、小羊の犠牲がないエジプト人の家の初子が死の使いによって命が奪われてしまうという災いです。

バプテスマのヨハネの目にはこのことがはっきりと映ったのです。

全人類の罪の負債がイエス・キリストの命という犠牲によって払われ、イエス様が十字架で流された血が出エジプトの小羊の血と同じで、信じた者が救われるという神の作られた救いへの道です。

彼はこの事のゆえに、

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」
(ヨハネ1:29)

と言葉を発したのです。

-*-*-*-*-*-*-

今まであったものが、神との出会いによって全く違うものに映ることがあるものです。

イエス・キリストを通して、同じ世界でも全く違った祝福の世界を見させていただく今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.01.26

今日のみ言葉【No.1459】(2017年 1月26日) 061 「イエスと出会ったバプテスマのヨハネ」(1)

「わたしは、預言者イザヤが言ったように、『主の道をまっすぐにせよと荒野で呼ばわる者の声』である」
(ヨハネ1:23)

——————

「弱い犬ほどよく吠える」という諺があります。

これは犬に例えて人間のことを言っていることはお分かりでしょう。

自信がなく、弱い人ほど虚勢を張ってまくしたてますが、自分の実力に自信のある人は静かなものです。

バプテスマのヨハネは後者の方でした。

-*-*-*-*-*-*-

新約聖書の時代、ユダヤを支配していたのはローマ帝国です。

ローマから解放してくれる政治的メシヤこそ人々が期待していたメシヤ(救い主)でした。

このような時代の中でバプテスマのヨハネが現れました。

彼は人々からメシヤのような存在として期待されましたが、自分はそうではないことを宣言しました。

「わたしは、預言者イザヤが言ったように、『主の道をまっすぐにせよと荒野で呼ばわる者の声』である」
(ヨハネ1:23)

彼は人々の期待に応えようとする人ではなく、謙遜にただ救い主の到来を告げ知らせる役目に徹した人でした。

-*-*-*-*-*-*-

バプテスマのヨハネは、ナザレのイエスを次のような方だと人々に紹介しています。

「それがわたしのあとにあとにおいでになる方であって、わたしはその人のくつのひもを解く値うちもない」
(ヨハネ1:27)

彼は徹底的に自分を低くし、そのことによって来たるべき救い主はどんなに素晴しい方であるかを人々に伝えました。

しかし、イエス様は彼を世界最高の人物だと高く評価しておられます。

「女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。」
(マタイ11:11)

バプテスマのヨハネは、神に与えられた役目に徹し、謙遜の極みを身で表した人物です。

それゆえ、神は彼を大いに用いられ、キリストが来る直前の前触れという大事な役目を与えられたのでしょう。

「荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」
(マタイ1:3)

-*-*-*-*-*-*-

神は謙遜な人を用いられます。

そのために、神様は事前に「謙遜のテスト」をなさるようです。

一例をあげると、教会での牧師とスタッフとの会話です。

牧:「○○君、ちょっと××さんの所へ行ってくれないか?」
ス:「はい、喜んでさせていただきます。」

これが模範例です。

しかし、大方起きるのは次のような例です。

牧:「○○君、ちょっと××さんの所へ行ってくれないか?」
ス:「え、今ですか?」「は、私がですか?」

謙遜さが問われるのは、「今すぐ」従うかどうか、ということです。

もちろん言われた際に別の仕事にとりかかっている最中なら、そちらを中途半端にほっぽり投げてしまうことはできません。

その時は

「はい、今すぐさせていただきたいのですが、先に言われた仕事があります。こちらはどのようにしたらよろしいでしょうか?」

と、自己判断せずに相手の指示を伺うという謙遜さが必要です。

あくまでも相手の下にいることに徹しきること。

相手が謙遜な人だと、向こうの方が下になってくださいますが、こちらはそれに甘んじることなく、更にその下を掘ってでも相手の下に潜り込むこと。

それが謙遜に徹するということです。

神はそのような人を大いに用いて下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

バプテスマのヨハネの謙遜さに学ぶ一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

Next »