Home > 4月, 2017

2017.04.27

今日のみ言葉【記事の誤りのお詫びとゴールデンウィーク休暇のお知らせ 】

いつも御言葉メールのご愛読ありがとうございます。山形ジョイフルチャーチの丸山芳浩です。

4月24日(月)に送信した記事の内容に誤りがありましたので、お詫びいたします。皆様のメールボックスにある【No.1520】は削除してくださいますようお願いいたします。

当日は日付を間違い、また、次に取り上げる予定のピリポとトマスを混同してしまいました。重大な過失です。反省しております。

悔い改めと頭の冷却期間の意味を込めて、少し早めですがゴールデンウィーク休暇とさせていただきます。

このような欠けのある者ですが、キリストの十字架の赦しを信じて、5月8日(月)からまたメール配信を再開させていただきたいと思っております。

皆様のお祈りのうちに覚えてくださいますようお願いいたします。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.04.26

今日のみ言葉【No.1522】(2017年 4月26日) 079 「トマス(「どうしてその道がわかるでしょう」)」(3)

だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
(ヨハネ14:6)

——————

緊急地震速報を受けた時というのは、一瞬頭が真っ白になり、何をどうしていいかわからないパニック状態になるものです。

ではすぐやることは何でしょうか?

東京都の防災マニュアルによると、

「まず落下物から身を守りましょう」

です。

具体的行動としては、机の下に入るとか、クッションや雑誌などで頭を保護する等が勧められています。

ところが、パニックに陥ると、

「頭の上に何も落ちて来ない場所」 → 「空の下だ!外だ!」

というイメージが湧くらしく、一刻も早く外に飛び出したくなる衝動に駆られます。

それをとどめるのは有無を言わさぬ強い言葉です。

心を騷がせているトマスに対して、イエス様は強烈なメッセージを発せられました。

-*-*-*-*-*-*-

ヨハネ14章6節の

「わたしは道であり、真理であり、命である」

という箇所は、原語のギリシャ語では大変強い表現になっています。

より詳しく訳せば

「わたしこそが道、真理、命である」

となります。

ですから、

「だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない」
(ヨハネ14:6)

とは、他に救いの道はなく、イエス様ご自身が天国への唯一の道であると言い切っている強い言い方なのです。

先生が去ると聞かされ、パニックに陥り、自分の方からしかものが見えないトマスに対して、イエス様はこうやって歩むべき道を教えられたのです。

天国への唯一の道はイエス・キリストです。

この方を信じ、この方を見上げながら生きていく時、私たちは先が見えないパニックに陷る状況にあったとしても、必ず天の御国へと到達することが出来るのです。

-*-*-*-*-*-*-

教会には高い塔があり、そのてっぺんに十字架があります。

教会の隣のお宅では、おばあちゃんがお孫さんにこう教えたそうです。

「いいかい、もし迷子になったとわかったら、あわてないで空を見上げなさい」

「そして十字架を探すんだよ。見つけたらそっちに向かって歩いて来なさい。十字架のついた教会の隣が家だからね」

この生き方こそが神を信じ、イエス・キリストの救いを信じて生きる生き方です。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストを通して天の御国に至る道を今日も踏みしめて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。
 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.04.25

今日のみ言葉【No.1521】(2017年 4月25日) 079 「トマス(「どうしてその道がわかるでしょう」)」(2)

わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
(ヨハネ14:6)

——————

昨日の御言葉メールの日付が間違っていました。お詫びして訂正いたします。

なぜ間違えたのだろうと考えていると、ははんとその理由がわかりました。

御言葉メールの本を6月8日に出すと締め切りを設定したので、そのための仕事に追われ、心ここにあらずの状態になっていたのです。

そういえば最近、体をあちこちにぶつけていました。擦り傷・切り傷、果ては火傷までしていました。

相当心を騒がせていたようです。

私もトマスと同じです。

-*-*-*-*-*-*-

自分の心の支えとしている人や、尊敬している人、信頼している人に去って行かれたり、別れなければならない時、心が騒ぐのは当然です。

トマスは自分が問う言葉によって、先生であるイエス様の心が傷つくなどということには一切気づかないほど恐れと不安でいっぱいでした。

しかし、トマスという弟子は本当に愛されています。

イエス様は、何でも自分で知り自分で確認できること以外は信じないという考えの持ち主のトマスに対して、心を騒がせなくてもよい理由を彼にわかるように次々と語っておられるからです。

・天の住まいを用意しに行くこと
・その住まいはたくさんあること
・用意が出来たら、また迎えに来ること
・天で一緒に住むこと

-*-*-*-*-*-*-

極めつけが今日の聖句です。

「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない」
(ヨハネ14:6)

この御言葉は大変有名ですから、あなたもきっとどこかで読んだことがあり、また、自分に語られた神の言葉として受け取っておられることでしょう。

しかしこれは本来、心を騒がせているトマスに向けて語られた言葉です。

トマスは「道」と言われると初めて理解できるのです。

「道」とは、そこを歩いて行ったら確実に目的地まで到達できるものです。

たとえば、登山で山の頂上というゴールははっきりと見えているが、どうやって登ったらいいかわからないとしましょう。

しかしそこに登山道の目印があったら、とにかくその道を進んでいけば必ず頂上に到達できます。

疑い深いトマスに対して、イエス様はこのように接しておられます。

トマスはこのキリストの愛に出会っていたのです。

-*-*-*-*-*-*-

道であるイエス様に出会った後は、その道を実際に歩むだけです。

道は見ただけでは目的地に行くことはできません。

その道を歩いてのみ目的地に到着することが出来ます。

イエス・キリストの言葉を聞き、それを眺めたり研究するだけにとどまらずに、その言葉に従って行動することが道を歩むということです。

そこにあなたならではのキリストとの出会いがあります。

-*-*-*-*-*-*-

あるお蕎麦屋さんのご主人が洗礼を受けられました。

日曜日の営業についてしばらく思案しておられたようでしたが、ある時を境に、「日曜定休とさせていただきます」の貼り紙を店に出しました。

これには先にクリスチャンとなっていた奥様が震えました。

「日曜日来てくれるお客様に何と言ったらいいか」

「売上はどうなるか」

ご主人に本気なのかと尋ねると、

「神に従うとはこういうことだ」

の一言。

さすが奥様

「わかりました」

の、これも一言で夫婦の会話が完結し、日曜日を休み、神を礼拝する道を邁進することに決定しました。

実はご主人は、洗礼を受けてから神のサインが示されていたのです。

休日勤務のスタッフを確保することが急に難しくなったり、人気繁盛店ならではの種々の問題に、

「これには神のメッセージがある」

と受け止めたゆえでの決断でした。

さて、その後どうなったでしょうか?

相変わらず人気繁盛店です。

何よりもご夫婦が一致団結している仲の良さが、スタッフにもお客様にも伝わり、いい雰囲気が満ちあふれる中でおいしいお蕎麦を食べられるお店となっています。

キリストの示される道を歩む時、神がその保証となって祝福に導いてくださるということがわかる天国直営店となっているのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは疑い深いトマスにもわかるように愛を示されました。

神が示される道を、信頼をもって今日も歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.04.17

今日のみ言葉【本の題名募集を終了させていただきます】

山形ジョイフルチャーチの丸山芳浩です。

今朝の御言葉メールで本の題名を募集致しましたが、大勢の方々から候補名を挙げていただきました。ありがとうございます。

本当に私の予想を遙かに超える数のメールをいただきました。

タイトル名だけでなく、励ましや感想、御言葉メールに関するエピソードもお寄せいただき、私が心潤され、力を得たこと、並大抵ではありません。

今日一日だけで、もう十分な数をいただきましたので、予定より早く、ここで募集を終了させていただきたいと思います。

これから熟慮し、仕上げて参ります。

皆様の愛と祈りに感謝致します。

今日のみ言葉【本の発刊・今週お休み・皆様へのお願いのお知らせ】

山形ジョイフルチャーチの丸山芳浩です。

■本の発刊

御言葉メールが本になります。6月8日発刊予定です。

原稿は既に印刷所に送りました。表紙やレイアウトの細かいところもほぼ決定し、今月中に誤字・脱字等の校正を終える予定で進められています。

■お休みのお知らせ

それで、今週は最後の追い込みのために御言葉メールをお休みさせていただきます。

来週から再開いたします。どうぞお祈り下さい。

■皆様へのお願い

本の題名(タイトル)は最後に決めるものという鉄則がありますが、いよいよ決定しなければならない時期に来ました。

そこでアイディア豊かな皆様に【本の題名とサブタイトル】をお寄せいただきたいのです。

一応、私の仮題としては

『今日のみことば 〜365日の慰めと励まし〜』

としてみたのですが、これだと

「いかにもクリスチャン向けで、一般の方は手に取りにくいのではないか」

「ネット検索でヒットしやすい言葉が入っていたほうが良い」

等のご意見をいただき、もっと磨き上げられた題名に仕上げる必要を感じておりますが、如何せん、知恵が足りません。

是非皆様のお力で助けていただきたく、お願い申し上げる次第です。

日本時間の明後日、4月19日(水)午前8時45分まで受け付けております。そしてその日の午後3時の会議で決定いたします。

ぜひメールでお知らせ下さい。

よろしくお願いいたします。

Next »