Home > 6月, 2017

2017.06.30

今日のみ言葉【No.1557】(2017年 6月30日) 090 「復活のイエスに会った弟子たち」(2)

イエスがはいってきて、彼らの中に立ち、「安かれ」と言われた。
(ヨハネ20:19)

——————

キリスト教笑い話を一つ。

聖地巡礼の旅に出たクリスチャンが、お目当ての教会にたどり着きました。

古代の建築様式、初期キリスト教美術、荘厳な雰囲気。

まるで聖書の時代にタイムスリップしたかのようです。

ふと見ると、誰もいない礼拝堂の最前列の長椅子で一人のシスターが一心不乱に瞑想しておられるようです。

そのクリスチャンは感激して

「そうだ、私もあの方の隣で瞑想させていただこう」

と静かに隣の列の椅子に座りました。

そして何気なくシスターの方を見やると、彼女は指を動かしています。

何だろうとよく見ると、

彼女が持っているもの

それは

スマホでした!

現代のシスターは世と離れた場所にいながらスマートフォンで世の中を知り、メールやSNSで信者さんのニードに応えておられるようです。

さて、イエス様の十字架後、丸3日間閉じこもっていた弟子たちには外の様子を知るすべはありません。

そこに復活のキリストご自身が入ってこられました。

-*-*-*-*-*-*-

弟子たちがなぜ「自分たちのおる所の戸をみなしめて」いたかというと、見つかって逮捕されるのではないかという恐れからです。

この外からの脅威と共に、自責の念という内側からの刃も彼らは感じていました。

身の置きどころがない苦しみです。

そのただ中に、気がついたらイエス・キリストが立っていました。

戸を堅く閉ざしていたにもかかわらずです。

そして、おびえ、自分を責める弟子たちに対して語ったイエス様の第一声は

「安かれ」(口語訳)

「平安があなたがたにあるように」(新改訳)

「あなたがたに平和があるように」(新共同訳)

“Peace be unto you.”(King James Version 英欽定訳)

でした。

現代の日常的言葉で言い換えれば、

「安心しなさい。大丈夫」

となるのではないでしょうか。

これは弟子たちの心に響いたはずです。

「ああ、ゆるされているのだ」

「イエス様は私を責めていない」

イエス・キリストと出会う人。それはキリストを裏切った人です。

信じると言っておきながら、そうできない人、できなかった人。

その人が「安かれ」という言葉と共にゆるされ、キリストと出会うのです。

-*-*-*-*-*-*-

「大丈夫。安心して」とおっしゃるキリストの言葉を聞く今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.06.29

今日のみ言葉【No.1556】(2017年 6月29日) 090 「復活のイエスに会った弟子たち」(1)

その日、すなわち、一週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人をおそれて、自分たちのおる所の戸をみなしめていると、
(ヨハネ20:19)

——————

72時間という数字は非常に大事な数字です。

災害時や遭難時、72時間を経過した後は救出率がグッと下がるからです。

そして現代日本では、この72時間=3日間を持ちこたえられれば、必ずどこかからの救出チームに出会えることがわかっています。

最後の晩餐から72時間後、弟子たちは復活のキリストと出会います。

-*-*-*-*-*-*-

現代の私たちの曜日感覚でイエス様の受難を表すとこうなります。

●木曜日の夕方に最後の晩餐。その後、ゲッセマネの園で逮捕される。

●金曜日の午後3時に十字架上で死なれ、日没前に墓に葬られる。

●土曜日は安息日なので記録なし。

●日曜日の早朝、復活され、まずマグダラのマリヤに、そして夕方、弟子たちの前に現れる。

最後の晩餐からから数えて丸3日間、激動の日々でした。

イエス様を見捨てて逃げ去った弟子たちはどのように過ごしていたかというと、

「ユダヤ人をおそれて、自分たちのおる所の戸をみなしめている」
(ヨハネ20:19)

という状態でした。

ここは最後の晩餐をしたのと同じ二階座敷だったようです。

ここしか逃げる場所がなかったのです。

誰にも見つからないように、彼らは木曜日の夜以来、息を潜めてずっと閉じこもっていました。

-*-*-*-*-*-*-

彼らは恐れと同時に自責の念を持っていたであろうことは容易に想像できます。

自分たちの先生を見捨て、置き去りにして逃げてきてしまったのですから…。

それは江戸時代のキリシタン弾圧に逆らえず、踏絵を踏んだ当時の信者たちと同じ気持ちだったのではないでしょうか?

そこに復活の体を持ったイエス様が超自然的な形で彼らの前に現れました。

私ならまずドキッとします。

そして、決して目を合わせず、自分には何も言わないで欲しいと思いながら緊張して立っているでしょう。

「私は悪いことをした」と罪責感にとらわれ、ゆるされるはずがないと自分を責めているからです。

-*-*-*-*-*-*-

自分を責める人は、相手からまだ何も言われていないのに、頭の中で責めの言葉を作り出します。

「お前はあの時どうしたんだ?」

「あの時約束した言葉は嘘だったのか?」

きっとイエス様からそのような言葉を聞かされるに違いない。

約束をしたのにそれを果たすことをせず、裏切った自分を先に責めることによって罰します。

そして自分を責め抜いた挙句、疲れ果てて何もできなくなったら自分を解放できます。

自分をゆるすというより、忘れるようにしてうやむやにするのです。

記憶を無くして罪責感を処理するパターンですから、将来また同じことを繰り返すだろうということはお分かりでしょう。

このような自分の殻に閉じこもって自分を責める人に対して、イエス様はどのような言葉をかけられたのでしょうか?

それは次回に譲ります。

-*-*-*-*-*-*-

自責の念を持って苦しんでいる人をイエス様は見捨てません。

必ず神様の方から声をかけられることを信じ、その時を待ち望んで今日という一日を過ごして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2017.06.28

今日のみ言葉【No.1555】(2017年 6月28日) 089 「復活のイエスと会ったマグダラのマリヤ」(3)

イエスは女に言われた、「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。
(ヨハネ20:15)

——————

ロシア南部のカフカス地方(コーカサス地方とも言う)は長寿の地として有名ですが、アブハズという地域が長寿者の中心地です。

長寿の秘密を調査した科学者たちはいろいろな要因を見い出しましたが、その中で子どもに対する態度の違いが目を引きました。

「アブハズの親は、普段はたっぷりと与える褒め言葉を抑えることで、非難の意を示す」
(『100歳まで元気に生きる!』,ジョン・ロビンス著,高橋則明訳,株式会社アスペクト,P31)

つまり、怒ったり罰を与えたりという子供を否定する行動は一切取らず、ほめる量の大小でその地方の人たちは育てられるのです。

罰を与えられる恐れがないので、若者はけっして恨みを口にすることはありません。

もしマグダラのマリヤがこの地方で生まれ育っていたら、彼女のイエス様に対する反応はきっと違っていたことでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

マグダラのマリヤは「もうダメだ」という否定的な思いを積極的に解消しようとはせず、かえってそれを強化し、ありもしない現実を本当のものとして証明しようとしていました。

そのような人に「ダメじゃないよ」と言っても、「いえ、やっぱりダメです」と言われ、火に油を注ぐような結果になります。

もしもイエス様がマリヤを納得させようとしたら、以下の例のようになるでしょう。

マ「もうダメなのよ」
イ「いや、そんなことはない」
マ「あなたは現実を知らないからそう言えるのよ。もう全ては終わったの」
イ「いや、希望はある」
マ「気休めもほどほどにしてね。墓の中を見たら!」

彼女は目の前のイエス様が見えず、見ようとしていたのは空っぽの墓でした。

-*-*-*-*-*-*-

ではどうすればよいのでしょうか?

質問することです。

人は質問されることによってはじめて考え出すからです。

イエス様はマグダラのマリヤに

「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」
(ヨハネ20:15)

と尋ねられました。

否定的思いに凝り固まった人を外から変えることはできません。

自分で気づいて初めて変わるのです。

自分の常識や自分の考えに凝り固まり、「これしか無いんだ」「もう無理だ」「もうダメなんだ」と思い込んでいる私たちに対して、イエス・キリストは呼びかけ、語りかけてくださいます。

しかも、マグダラのマリヤが数回呼びかけられた後、やっとその人がイエス様だと気づいたように、私たちに対しても気づくまで声をかけ続けてくださるお方がイエス・キリストです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは、あなたに声をかけ、

「なぜ泣いているのか」
「だれを捜しているのか」

と尋ねておられます。

この質問に対して答える今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールをまとめた書籍『365日 生きていていい!』(税込1500円)は好評発売中です。

ご希望の方は、米沢興譲教会テープ伝道委員会までお問い合わせください。

メール:tapeinfo@kojochurch.com
電 話:0238-23-6439
FAX:0238-23-6440

2017.06.27

今日のみ言葉【No.1554】(2017年 6月27日) 089 「復活のイエスと会ったマグダラのマリヤ」(2)

しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、
(ヨハネ20:11)

——————

人間だけが持っている能力は想像力です。

将来こうなるという「未来を先取りする力」ですが、これを否定的に使う人が大半です。

「病気になったらどうしよう」「試験に落ちたらどうしよう」

同じ未来を先取りするなら肯定的に描きたいものです。

マグダラのマリヤは、未来どころか現実の目の前の状況を否定的に捉えていました。

-*-*-*-*-*-*-

11節でマリヤは

「墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと」
(ヨハネ20:11)

とあります。

彼女は「泣く」という行為を何回か繰り返していたのです。

「イエス様のお体はない」と思っては泣き、「もういらっしゃらない」と嘆いては泣き…。

現実とは違う自分の中の否定的な考えを、「それこそ事実」と証明しようとしていたのです。

私たちもこのような人生の送り方をしてはいないでしょうか。

もしそうなら、マグダラのマリヤと同じで、イエス様から愛されているのは確実です。

目を上げれば、イエス・キリストと出会うことができます。

-*-*-*-*-*-*-

私もマグダラのマリヤと同じで、現実ではない否定的状況を思い描いて悲惨な気分を味わい続けるタイプの人間です。

観測史上最強クラスの寒波が来ると気象庁が予報した日、まだ真っ暗な朝4時に豪雪地米沢へ向けて出発したことがありました。

コンビニも開いてないかもしれない、スリップ事故の車が立ち往生して進めないかもしれない…。

心配は募るばかりで、途中で断念して戻って来ることも覚悟していました。

ところが、大雪なので市の除雪車がフル稼働で出動し、早朝の道路はいつも以上に広くきれいに除雪されていて、車の走行に何の支障もありません。

何と予定の1時間前に着いてしまいました。

否定的な思い込みがあると人はそれをどんどん強化し、現実には無いものまで見ようとします。

私の場合は、スリップ事故、真っ暗なコンビニ、遅刻して皆さんに迷惑をかける…、等の想像でした。

現実は広くきれいに除雪された安全快適な道路、24時間営業のコンビニの明るい光、予定より早く着いて暇を持て余す(!)という状況でした。

-*-*-*-*-*-*-

神がいるように思えない時には泣くことしかできません。

しかし多くの場合、現実はそれとは全く異なります。

「私が思っているのとは違う未来があるのかもしれない」という程度の浅くはかない信仰でかまいません。

その一歩が新たな未来へと私たちを引っ張っていってくれるのです。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.06.26

今日のみ言葉【No.1553】(2017年 6月26日) 089 「復活のイエスと会ったマグダラのマリヤ」(1)

「だれかが、主を墓から取り去りました。どこへ置いたのか、わかりません」
(ヨハネ20:2)

——————

歌舞伎役者で小林麻央さんを妻にした市川海老蔵さんの胸中は戦いの連続だったと思われます。

妻の命が助かる望みを持ち続けることと、やがて来る死を受け入れなければならない思い。

察するに余りあります。

ヨハネ福音書第20章に出てくるマグダラのマリヤは、イエス様の死を受け入れることに懸命になっていました。

-*-*-*-*-*-*-

安息日が明けてすぐ、イエス様を葬った墓に来た婦人たちの中にマグダラのマリヤがいました。

彼女はかつてイエス様に7つの悪霊を追い出していただいた人物として知られています。

「また悪霊を追い出され病気をいやされた数名の婦人たち、すなわち、七つの悪霊を追い出してもらったマグダラと呼ばれるマリヤ」
(ルカ8:2)

彼女はイエス様によって癒やされ、どん底から救われた感謝の応答として、他の婦人たちと共にイエス様と弟子たち一行のお供をし、奉仕をしました。

-*-*-*-*-*-*-

ところが、そのイエス様が十字架につけられ、彼女の目から見れば「殺されて」しまいました。

彼女はもちろんイエス様が墓に葬られ、大きな石で封印された時まで立ち会っていたでしょう。

イエス様が金曜日の午後3時に息を引き取られ、女たちが日曜日の早朝に墓に来た時刻を午前3時とすると36時間経過しています。

その間、彼女の心の中には、「イエス様は死んでしまったのだ」「人は死んだらそれで終わりだ」という考えが繰り返し巡っていたものと想像されます。

彼女はそうやって強制的に自分の心を納得させ、悲しみに沈む心を無意識に癒やそうとしていたのでしょう。

ですから、よみがえりを示唆する一連の事実が目にも耳にも入ってはいても、それを飲み込むことができません。

石が取りのけられた空の墓を見た時、イエス様が語られた復活の預言の成就だとは思えず、マグダラのマリヤは

「だれかが、主を墓から取り去りました。どこへ置いたのか、わかりません」
(ヨハネ20:2)

と弟子たちに言うことしかできなかったのです。

彼女は「死んだイエスを探すマリヤ」でした。

ただひたすら「終わった」「もう無理だ」という事実だけを集めようとしていたのです。

-*-*-*-*-*-*-

私たちは彼女を笑うことができません。

マグダラのマリヤは自分を立て直すことに必死だったのです。

かと言って明るい未来を思い描くことなど無理です。

ムクムクと湧いてくる「なぜ」「どうして」という思いを、「終わったのだ」という思いで強制終了させ、打ち消さなければ生きていけない。

それがマリヤの姿であり、私たち人間のありのままの姿なのではないでしょうか?

ここに命を与え、新たに生かすのが復活のイエス・キリストです。

-*-*-*-*-*-*-

命に満ちた復活のキリストと出会う前には闇夜があります。

「終わり」の次に「始まり」があるのがクリスチャンの人生です。

キリストとの出会いを待つ今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

Next »