Home > 8月 31st, 2017

2017.08.31

今日のみ言葉【No.1599】(2017年 8月31日)「 困難を通しての祝福」

ここに、ヨセフのことを知らない新しい王が、エジプトに起った。
(出エジプト記1:8)

——————

Jアラートが鳴りました。

戦時中の空襲警報とはこういうものかと思うような体験でした。

このような状況は決して好ましいものではありませんが、困難や試練を通して人間は成長するということも事実です。

イスラエルはエジプトの圧制の下で民族として成長し、統一されていきました。

-*-*-*-*-*-*-

アブラハムは「個人」として神の召命を受け、イサクの時代に「家族」となり、ヤコブやヨセフの時代では「部族」へと成長しました。

そして彼らはエジプトで増え広がり、共通の言語・信仰・文化様式を持つ一つの「民族」へとなりつつありました。

いろいろな出来事がありながらも、創世記ではイスラエルは順調に育っていったように見えます。

しかし、出エジプト記で状況は一変します。

「ここに、ヨセフのことを知らない新しい王が、エジプトに起った」
(出エジプト記1:8)

かつてエジプトの大飢饉を救った恩人ヨセフの存在は忘れ去られ、イスラエル民族を敵視する王が現れたのです。

イスラエルには厳しい労役が課せられ、彼らは圧迫感の中で過ごさねばならなくなりました。

-*-*-*-*-*-*-

私たち人間は自分にとって良いと感じられるものだけを神の祝福と考えがちです。

しかし今までの人生を振り返ってみれば、困難を通して多くの良きものを得てきたのではないでしょうか?

むしろ失敗体験を通してのほうが、強烈に正しい道に導かれたような気がします。

もちろん悪意ある人の行動を野放しにして、されるがままでいいということではありません。

出エジプト記を通して私たちが学ぶべき大事なことの一つは、神はこの上ない苦しみを通して祝福を与えることがあるということです。

そしてそれはイスラエル民族が想像もしていなかった「国家」へと彼らを形作るための一つの階段だったのです。

家族 → 部族 → 民族 → 国家

神のご計画はイスラエルを通して全世界に祝福を与えることです。

その目的のために、彼らは一つの共同体として強くまとまることが必要でした。

その手段として神はエジプトの圧制を用いられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

困難に出会うと、第1段階では「不平や愚痴」が出てきます。

言ってもどうなるものでもないとわかると、第2段階の「忍耐」のレベルに来ます。

ただひたすら耐えるのです。

さて、次の第3段階から信仰の世界に入ります。

それは「感謝する」というレベルです。

「困難や苦労は祝福の一歩手前である」

「神の大きな御計画の中でこのことが許可されて起きているのであって、やがて最善に導かれる」

そう信じて現在の苦境をしのいでいく生き方です。

同じ耐えながら生きていくことに変わりはありませんが、第3段階の「感謝」では喜びがあります。

すでにそうなったという信仰により、未来の先取りの祝福を味わいながら生きることが出来るからです。

神は試練を与えて私たちを神に近づかせるのです。

困難に直面すると、人間は自分の弱さに気づき、神に祈り、解決を求めます。

やがて99個の不満があっても1個ある感謝に気づき、それを大切な火種として力を得ていく人生を送り出すのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたは必ずそう生きることができます。

自分のペースで今日一日を生き、一つの感謝を見つける一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。