Home > 10月 7th, 2017

2017.10.07

今日のみ言葉【No.1620】(2017年10月 7日)「 強敵の出現(2)」

「なにゆえ、主はきょう、ペリシテびとの前にわれわれを敗られたのか。シロへ行って主の契約の箱をここへ携えてくることにしよう。そして主をわれわれのうちに迎えて、敵の手から救っていただこう」
(サムエル記上4:3)

——————

NHK大河ドラマの時代考証も依頼される日本舞踊の第一人者の方が、ドラマチックな舞踊劇に挑戦されるというので主催者側にお話を聞いてみました。

今の環境の中だけで安住していては日本舞踊の良さは広められない。現代的場面に積極的に出て行ってのチャレンジだという熱い息吹を感じました。

日舞の核となる部分は変えず、しかし時代に合わせて変えられる部分は大いに変えていこうとする素晴らしい生き方です。

古代イスラエルがこの生き方に目覚めるには、強敵ペリシテによる痛い敗北が必要でした。

-*-*-*-*-*-*-

強敵ペリシテとの敗北の事実に、イスラエルの民は「神がおられなかったからだ」と考えました。

そこで彼らは「主の契約の箱」を戦場に持って来させました。

40年の荒野の時代、神はモーセを通して契約の箱を作らせました。

そこにはマナを収めた壺、アロンの杖、十戒を記した石板が入れられています。

これによって、イスラエルの民は宿営の中に神ご自身が共におられるという意識を常に持つことが出来ました。

その箱さえあれば我々は勝利できる。

契約の箱がただの偶像になっていることに気づかないほど、イスラエルの霊性は衰えていました。

-*-*-*-*-*-*-

本来なすべきことは、敵であるペリシテびとのやり方に謙遜に学ぶことだったのです。

ペリシテびとは士師シャムガルとサムソンによって負かされた後、どうやったら強くなれるのか、イスラエルに勝つことができるのかを考えました。

彼らは鉄製の武器を帯び、よく訓練された常備軍を組織しました。

彼らが「自分自身を変えた」ということがポイントです。

決して軍備増強をすることが正解だと言っているのではありませんので誤解なきように。

強大な軍事力を持ったペリシテに対して、その場しのぎで行きあたりばったりのイスラエルが負けるのは当然です。

イスラエルは自分を変えなければならなかったのです。

自分たちの生き方が神から大きく離れているのに、形だけ繕って事を上手に進めようとしても、それは神がお壊しになります。

この時がイスラエルにとって最暗黒の時でした。

しかし、この時代を通ることによって腐敗は一掃され、新しい霊的リーダーであるサムエルが登場することとなります。

どん底の底の底に、神は新しい命の芽を吹き出させて下さる御方なのです。

-*-*-*-*-*-*-

敗北を味わったら、神の示す新たな方向を探しましょう。

昨日とは違う新しい自分へと一歩でも進む今日として参りたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。