Home > 1月, 2018

2018.01.31

今日のみ言葉【No.1698】(2018年 1月31日)「 完全な教会」

主もまた、あなたがたを最後まで堅くささえて、わたしたちの主イエス・キリストの日に、責められるところのない者にして下さるであろう。
(第1コリント1:8)

——————

「友人から離婚の相談を受けました。大汗かいて対応しましたが、次回どうしたらよいか教えて下さい」

という謙遜なお電話をいただきました。

私が聞き方のポイントをいくつかお話しする間、その方はしっかりメモを取り、

「ありがとうございます。私の対応で合っている部分もあり安心しました。この次は先生の言われたとおりにやってみます」

と言って電話を終えました。

私の30年分の経験を10分程度の短い時間で全て吸収されたのです。

問題を宝の山にする人とはこういう方のことを言うのだなと思わされました。

パウロがコリント教会の諸問題に対処するときも同じでした。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの復活、昇天後、弟子たちはユダヤ、サマリヤ、そして地の果てまで福音を伝えに行きました。

キリスト教の迫害者であったパウロは、ダマスコ途上で天からの光に打たれ、回心し、キリスト教の伝道者として各地にいくつもの教会を始めました。

コリントの教会はそのうちのひとつですが、多くの問題を抱えていました。

コリント人への第一の手紙では冒頭の挨拶文が終わると

「さて兄弟たちよ。わたしたちの主イエス・キリストの名によって、あなたがたに勧める。みな語ることを一つにし、お互の間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合っていてほしい」
(第1コリント1:10)

となっています。

つまり、「分争」なるものがあり、「同じ心、同じ思い」にはなっておらず、教会の中はバラバラだったわけです。

しかしパウロは決して希望を失っていたわけではありません。

「主もまた、あなたがたを最後まで堅くささえて、わたしたちの主イエス・キリストの日に、責められるところのない者にして下さるであろう」
(第1コリント1:8)

この御言葉にあるように、神にあって必ず良い方向に変えられることを信じ、教会員を教え諭し、神が呼び集められた「羊」を辛抱強く養い育てたのです。

-*-*-*-*-*-*-

これは全世界どこでも同じですが、教会とは罪人(つみびと)から成り立っている集団です。

パウロがコリント教会に対して完全を期待していなかったように、現在の教会の牧師も教会員に完全を期待してはいません。

期待するほうがおかしいのです。自分も罪人なのですから(笑)。

クリスチャンとは自分の罪深さを知らされ、それを神の前にきちんと告白した不完全な人々のことを言います。

そしてそれだけでは終わらず、キリストの十字架によって神との関係が正しくされた今、力の源泉を神に求め、神に手を差し伸べられながら生きる自分の弱さを知った人々です。

しかし、「弱いから、罪人だから」ということを言い訳にはしません。

神の恵みへの感謝の応答としてキリストに似た者になろうとして努力します。

それでも、時には失敗し、また元の古い自分に戻ってしまい、

「教会で話は聞いていたのになあ…。わかっていたはずなのに…。ああ、いつになったら自分は変われるんだろうか…」

と後悔しながら、今一度赦されて生きる人。

それがクリスチャンなのです。

ただし、繰り返される行為が犯罪、あるいは病気のせいであるなら、その場合の取るべき方法は別です。

日常的な範囲内で、私たちは過ちを犯し、法律には触れませんが神の前では罪とされる行為を続けることがあります。

しかし、「責められるところのない者にして下さる」御方がいらっしゃるということを心の支えにして、また再スタートするのです。

教会とはそのような生き方をする人々の集まりだからです。

-*-*-*-*-*-*-

最後にキリスト教小噺をひとつ。

ある人が教会に対して不平不満を言っていました。

「この教会には愛がない。牧師の説教もいまいちだ。だいたい、外から人を迎えるような椅子ではない…」

そこで完全な教会を探すための旅に出ました。

あちこち巡りましたが、どこへ行っても満足できる教会は見当たりません。

あきらめかけたところへ、とうとうこれこそ完全な教会だというところを見つけました。

「あそこへ行く人は全て愛に満ちた人たちだ。事前に聞いたCDでは牧師の説教は完璧だった。会堂も美しく素晴らしい。これこそ私が求めていた完全な教会だ!」

喜び勇んで待ちに待った日曜日、その「完全な教会」へと行きました。

ところが、その人が教会に入った途端、その「完全な教会」は「不完全な教会」になってしまいました。

その人が不完全だったからです!

-*-*-*-*-*-*-

不完全な自分のありのままを受け入れて下さるイエス・キリストに望みを置き、完全を目指して歩む一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールをまとめた書籍『365日 生きていていい!』(税込1500円)は好評発売中です。

ご希望の方は、米沢興譲教会テープ伝道委員会までお問い合わせください。

メール:tapeinfo@kojochurch.com
電 話:0238-23-6439
FAX:0238-23-6440

2018.01.30

今日のみ言葉【No.1697】(2018年 1月30日)「 教会とは」

この町には、わたしの民が大ぜいいる
(使徒18:10)

——————

少し長いですが牧会カウンセリングの教科書の一節を記します。

「教会員と接触している牧師が、日曜日の朝の礼拝に集まった会衆を見る時、多くの人が彼らの生活の中で、重荷と深い傷とをひそかに持っていることを知る」

それは次のような人々だというのです。

「ガール・フレンドが妊娠している男子高校生、前日に奥さんを精神病院に入院させた人、家族に受け入れられない老人、かけごとの誘惑から逃れられずにもがいている人、夫が悲惨な死をとげた若い妻、自分の子供が白血病であることを知った母親、離婚のせとぎわにある若い夫婦、…」
(H.クラインベル著、佐藤陽二訳、『牧会カウンセリングの基礎理論と実際』、聖文舎、P57)

私は神学校の授業でこの本を読んだ際、

「教会とは神の国ではないか。こんなにひどい問題のある人たちがいる場所ではないのではないか」

と不審に思ったことを覚えています。

今ですか?今は、全くこの本に同意します。

私が教会で毎日見ている風景と一致しているからです。

キリストの救いを提供する教会は素晴らしい場所ですが、バラ色の夢しかない花園ではありません。

問題を有する人々がキリストの救いにあずかり、そしてその問題があるがゆえに、真の信仰へと導かれる場所なのです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの福音が広まっていく中で、それは港町で大商業都市であったコリントの町まで届きました。

パウロはまずユダヤ人の会堂でイエス・キリストの救いを宣べ伝えましたが、彼らに拒絶され、異邦人への伝道に進みました。

そしてコリントの教会が建つのです。

しかし考えてもみて下さい。

種々雑多な人々が、それぞれ独自の価値観を持って教会に集うのです。

全く神様とも旧約聖書の伝統とも縁がなかった人々ですから、様々なバックグラウンドがあります。

そこに問題が発生しないはずがありません。

また、神に出会う以前から引きずってきた問題もあります。

コリントの教会は最初から問題山積の教会として始まりました。

-*-*-*-*-*-*-

しかし神はパウロにこう語っていました。

「この町には、わたしの民が大ぜいいる」
(使徒18:10)

神がそのように語っておられ、それゆえにパウロが伝道を続け、神に呼び集められた民としてコリントの教会があったのです。

ですから、

「この教会は問題があるから神の教会ではない」

とは言えません。

-*-*-*-*-*-*-

神はむしろ問題のある人を招いていると聖書には記されています。

「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」
(マルコ2:17)

この並行箇所でルカはこう記しています。

「わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」
(ルカ5:32)

招かれた罪人はいつまでもそのままではいられません。

必ず悔い改めという自分の生き方の方向転換が迫られます。

それはまじめに生きるというこの世の通りいっぺんの生き方ではありません。

自分の罪が赦されて真っ白な人生を歩んでいくという方向転換です。

人は問題を通してこの道を歩んでいきます。

神はこのように人生の問題をお用いになって、人を悔い改めに導き、キリストの人格に似た神の民へと罪人を変えてくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの福音が宣べ伝えられるところには教会が建ち、そこには問題が満ち溢れます。

神に呼び集められた者として、問題を通して真の神の民となるよう、今日の一日を用いて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.01.29

今日のみ言葉【No.1696】(2018年 1月29日)「 働く」

そして、あなたがたに命じておいたように、つとめて落ち着いた生活をし、自分の仕事に身をいれ、手ずから働きなさい。
(第1テサロニケ4:11)

——————

地球最後の日までの残り時間を象徴的に示す「終末時計」が、過去最短の「残り2分」になったそうです。

これは核戦争を憂えるアメリカの科学雑誌の警鐘です。

世界の終末はどうなるのかは誰もが持つ関心事です。

初代教会ではテサロニケの教会で終末と救いに関して動揺した人たちがいました。

-*-*-*-*-*-*-

確かにイエス・キリストご自身、もう一度地上にやって来られることを預言しておられます。

「あなたがたは、間もなく、人の子が力ある者の右に座し、天の雲に乗って来るのを見るであろう」
(マタイ26:64)

弟子たちも至る所でこのメッセージを伝えました。

「しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる」
(ピリピ3:20)

ではこのキリストの再臨はいつ起こるのでしょうか?

それに関しては「わからない」が正しい答えです。イエス様ご自身がこうおっしゃっているからです。

「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる」
(マタイ24:36)

そう言われていたとしても、苦しみから今すぐにでも解放されたいのが人間の本音です。

初代教会時代、自分たちが生きている間にキリストの再臨が起こると考えた人たちがいたのも十分理解できることです。

-*-*-*-*-*-*-

ただし、神の時間感覚は人間のそれとは大きく異なります。

「愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである」
(第2ペテロ3:8)

また、

「わたしは、すぐに来る」
(黙示録3:11)

という聖句の「すぐに」という言葉は、「あらかじめ定められた時に遅れることなく」という意味です。

この辺の理解の仕方の違いから、テサロニケの教会では地上の労働に意味を感じることができずに働くことを放棄し、毎日天を見上げてキリストの再臨を今日か明日かと待っていた人たちが現れたようです。

-*-*-*-*-*-*-

パウロはせっかくの再臨という救いの核心的恵みを誤解しないようにと、

「そして、あなたがたに命じておいたように、つとめて落ち着いた生活をし、自分の仕事に身をいれ、手ずから働きなさい」
(第1テサロニケ4:11)

とテサロニケ教会の人々に手紙を出しました。

これが新約聖書中で最も古い文書、つまり、一番最初に書かれた手紙となりました。

「明日、世界が滅ぶとも、今日リンゴの木を植える」という態度が救いを受け取った人がなすべき生き方なのです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の一日を精一杯生きる日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2018.01.27

今日のみ言葉【No.1695】(2018年 1月27日)「 神様から届くギフト」

あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。
(エペソ2:8)

——————

私は洗礼を受けようと決心して、一度挫折しかけたことがあります。

それは外部からの迫害によってではなく、洗礼志願者の心得なるものを目にした時です。

教会員になるのですから、それなりの務めがあります。

もちろんそれは感謝の応答としての自発的なものです。

しかしそれが、

「祈りつつ一生涯を信仰に生き抜き、伝道に力を尽くし」

という具体的表現になると、こんな不安定な自分にそんなことができるだろうかと不安になってきました。

ところが、最後の一文で救われ、洗礼を受けることができると思いました。

「洗礼後のことは主の恵みにより、実行できます」

信仰とは自力で獲得するものではなく、神の恵みによって与えられたものなのです。

-*-*-*-*-*-*-

キリスト教信仰は、知識や御言葉への信頼と従順など、様々な要素によって成り立ちますが、それらは分析した結果に過ぎません。

私たちの肉体が、タンパク質や脂肪、ミネラル等の物質でできていると言っても、それらを寄せ集めただけでは生きた人間にはなりません。

そこに神の霊の働きがあって人間という生命体が誕生するのです。

「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった」
(創世記2:7)

それと同様に、人間的要素は必要ですが、基本的に信仰とは神の恵みによって与えられた賜物です。

「あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である」
(エペソ2:8)

この基本部分をしっかり押さえていると、信仰が揺らいでも、また落ち着きを取り戻します。

それは、

「これは自分の力ではどうしようもない」

というところにストンと落ちた時です。

「賜物とはギフトであり、自分が信じているのではなく、神様によって信じさせていただいているのだから、恵みによってまた信じる心が与えられる」

という思いに至るのです。

-*-*-*-*-*-*-

自分がジタバタした時は、

「神の恵みによって今の私があるのだ」

と思い起こしましょう。

そして、

「何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい」
(ピリピ4:6)

の御言葉通りのことをやってみましょう。

するとどうなるでしょうか?

聖書はこう約束しています。

「そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう」
(ピリピ4:7)

-*-*-*-*-*-*-

神の平安に包まれる一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2018.01.26

今日のみ言葉【No.1694】(2018年 1月26日)「 知識と信頼」

ここでペリクスは、この道のことを相当わきまえていたので、「千卒長ルシヤが下って来るのを待って、おまえたちの事件を判決することにする」と言って、裁判を延期した。
(使徒24:22)

——————

聖書ジョーク子供篇です。

あるクリスチャンホームの男の子が昔から家にある大きな聖書を読んでみようと思いました。

旧約聖書の1ページ目から開いていくと、そこに挟まれていた古い葉っぱがヒラリと落ちてきました。

彼はそれを拾い上げ、まじまじと見つめた後、母親のもとに走って行ってこう言いました。

「ママ、聖書の中からすごいもの見つけたよ」

「あら、何を見つけたの?」

彼は誇らしげに言いました。

「多分これアダムの服だよ!」

これくらい純粋に聖書の言葉を信じたいものです!

-*-*-*-*-*-*-

神の言葉を聞いた後、人間はすぐ信じるという行動を取るとは限りません。

パウロはアテネで御言葉を語った後、人々の様々な反応に出会いました。

「死人のよみがえりのことを聞くと、ある者たちはあざ笑い」
(使徒17:32)

という人たちもおり、

「この事については、いずれまた聞くことにする」
(使徒17:32)

と決心を延ばした人もいました。

しかし、

「彼にしたがって信じた者も、幾人かあった」
(使徒17:34)

と聖書は記しています。

では十分知識があればキリストの福音に同意し、信仰を持つかというとそうでもありません。

「ここでペリクスは、この道のことを相当わきまえていたので、『千卒長ルシヤが下って来るのを待って、おまえたちの事件を判決することにする』と言って、裁判を延期した」
(使徒24:22)

聖書に関する知識はあくまで土台に過ぎないのです。

-*-*-*-*-*-*-

信仰には御言葉への信頼が必要です。

信頼があるとは、聞いて、まずその通りにやってみようと行動に移すことです。

もちろん現在の自分に無理なことはできません。

たとえば、

「しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい」
(マタイ5:39)

などはかなりレベルの高い話ですから、いきなり形だけ真似をしても嘘になります。

あなたの今いる所で、神の真理だと言われたことを信頼し、実際に一歩足を踏み出して生きてみることです。

それは祈りであったり、奉仕であったり、誰かに声をかけることかもしれませんし、今まで無理だと思っていたことに再チャレンジすることかもしれません。

神の御心だと信じられることを見出し、それに積極的に参加してみること。

「かみさま、約束だよね。信じてやってみるから見ててね」

と幼な子のように神の御手の中に飛び込んでみることです。

現実は紆余曲折があるでしょうが、最終的に「神の御心はこうだったのか」と満足でき、手応えのある人生が待っています。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの持っている知識が僅かであったとしても、それを確かな踏み台として一段登る今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

Next »