Home > 2月, 2018

2018.02.28

今日のみ言葉【No.1715】(2018年 2月28日)「 敬虔な信仰」

父なる神のみまえに清く汚れのない信心とは、困っている孤児や、やもめを見舞い、自らは世の汚れに染まずに、身を清く保つことにほかならない。
(ヤコブ1:27)

——————

敬虔な信仰は生活に現れます。

神学的な難しい議論はよく分からなくても、その人が実際に行っている生活を見れば、その人が信じていることがよく分かるということです。

聖書はこう語ります。

「父なる神のみまえに清く汚れのない信心とは、困っている孤児や、やもめを見舞い、自らは世の汚れに染まずに、身を清く保つことにほかならない」
(ヤコブ1:27)

ただし、神とのベルトがかかっていない状態でこれをやると、ガンバリズムになります。

調子のいい時は「助けてあげよう」と困っている人を探しますが、自分の調子が悪い時は困った人を見つけないように避けます。

他者を愛せる自分だけを認め、嫌いな人がいるという自分を抑圧して出てこないようにするので、いつしか人と会うことに息苦しさを覚え出します。

そして、「今日は大丈夫かな?」とチェックしないではいられない毎日を送ります。

我力でやるとこういう事態になるのです。

-*-*-*-*-*-*-

仮に、調子がいい時の自分を80点、調子が悪い時の自分を20点としましょう。

常に80点の自分でいたいものです。しかし、自分の本体は20点です。

20点のまま80点を演じようとするのはかなり無理があります。

ですから人前では気が張り、家に帰って一人になるとストンと力が抜け、疲れきってしまうのです。

そのような人は、常に80点を取るのが自分だということをあきらめ、20点の自分を認めるといいのです。

そうすると、とても楽になります。

同時に、「本当にこんなことでいいのか」という罪悪感めいたものを感じます。

しかし、背の低いザアカイが木の上に登った時、イエス様は

「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」
(ルカ19:5)

と言われました。

イエス・キリストは20点のあなたと会おうとしているのです。

なぜなら、それが本物のあなただからです。

もう一度木に登りたくなる衝動を抑え、今度は地面の上にしっかりと足を据える生活を始めてみましょう。

-*-*-*-*-*-*-

20点に下りて、その自分で良いとされている平安。

それを味わい、自分でも20点のままの自分を受け入れると、

「80点の自分でいようとしていて、なんと自分は傲慢だったのだろう」

と本当に心からそう思えます。

これが真の悔い改めです。

そこから始まる「行い」を神は待っておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神が待っておられる本当の自分の位置まで下り、そこで味わう平安を体の隅々にまで広げましょう。

そして人を愛する行動に出る一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールをまとめた書籍『365日 生きていていい!』(税込1500円)は好評発売中です。

ご希望の方は、米沢興譲教会テープ伝道委員会までお問い合わせください。

メール:tapeinfo@kojochurch.com
電 話:0238-23-6439
FAX:0238-23-6440

2018.02.27

今日のみ言葉【No.1714】(2018年 2月27日)「 耐え忍ぶ」

しかし、愛する者たちよ。あなたがたは、最も神聖な信仰の上に自らを築き上げ、聖霊によって祈り、神の愛の中に自らを保ち、永遠のいのちを目あてとして、わたしたちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。
(ユダ20-21)

——————

霊肉二元論という考え方があります。

ごく簡単に言うと、肉体は悪でその中に閉じ込められている霊を救うというものです。

肉体を否定する人々は禁欲主義に走り、肉体は霊の救いとは関係ないと主張する人々は放縦主義に走りました。

キリストの福音によって与えられた自由を乱用する人々です。

-*-*-*-*-*-*-

「ゆるされているのだから何をやっても構わない」という考え方を持つ人々は、ユダの手紙の中で

「不信仰な人々がしのび込んできて、わたしたちの神の恵みを放縦な生活に変え、唯一の君であり、わたしたちの主であるイエス・キリストを否定している」
(ユダ4)

と表現されています。

もしかしたらこれらの人たちは真面目にそう考えていたのかもしれません。

しかし、真面目さや熱心さは必ずしもそれが正しいということの証明にはなりません。

旧約聖書の偽預言者同様、彼らは偽クリスチャンとなりました。

聖書は以前から神の裁きがこのような人々に下されていたことを語っているからです。

「主が民をエジプトの地から救い出して後、不信仰な者を滅ぼされたことを、思い起してもらいたい、…、ソドム、ゴモラも、まわりの町々も、同様であって、同じように淫行にふけり、不自然な肉欲に走ったので、永遠の火の刑罰を受け、人々の見せしめにされている」
(ユダ5、7)

-*-*-*-*-*-*-

私たちが考えていることは、ほとんど全て、過去において誰かがすでに同じように考えていたことです。

同様に、あなたの悩みも全く新しいものではなく、過去において誰かが同じように悩んでいたことです。

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない」
(第1コリント10:13)

ここに聖書を学ぶ意義があります。

聖書に登場する人物の失敗とそれに対する神のお取り扱いを知れば、これから自分がしようとすることの結果も自ずと明らかにされるというものです。

あなたが周囲の無理解や誤解、そして人々が間違った方向に進んでいるのを心配すれども、どうしようもない無力さを感じるとき、初代教会のクリスチャンたちも同じ思いを味わっていたことを覚えましょう。

そしてその際の生き方はこうだと聖書は語ります。

「しかし、愛する者たちよ。あなたがたは、最も神聖な信仰の上に自らを築き上げ、聖霊によって祈り、神の愛の中に自らを保ち、永遠のいのちを目あてとして、わたしたちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい」
(ユダ20-21)

耐え忍ぶのです。

1年でも2年でも、5年でも10年でも…。

その間に磨かれたあなたの人格と信仰は、やがて「いぶし銀」のような輝きを放ち、言いたい放題したい放題の生き方をしていた人々の人生は、あっけなく、もろくも崩れ去ることを見るでしょう。

「また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである」
(マタイ7:26-27)

-*-*-*-*-*-*-

神の言葉は真実です。

試練の中で耐え忍び、信仰を磨く今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2018.02.26

今日のみ言葉【No.1713】(2018年 2月26日)「 神の示す方向」

あなたがたは、むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように、気をつけなさい。それはキリストに従わず、世のもろもろの霊力に従う人間の言伝えに基くものにすぎない。
(コロサイ2:8)

——————

世には外向的な人と内向的な人がいます。

人と会うとエネルギーを吸収し、元気になるのが外向。

人と会うとエネルギーを使い、疲れるのが内向です。

内向の人にとって最高のごちそうは、自分だけの時間と居場所です。

ですから、

「ここに5時間いて外に出ないで下さい。その間この部屋には誰も来ません」

と言われたら最高に幸福です。

一方、外向の人にとってこれは耐え難い拷問となります。

キリスト教も正しい救いの道から外れると、両極端の道に進みます。

禁欲主義か放縦主義かです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの弟子たちやパウロが伝道した初代教会時代、キリストの福音に物足りなさを感じた人たちがいました。

「信じるだけで救われるなんて…。何かもっと必要なのではないか?」

何かをやることによって手ごたえを感じ、それで救われているという感覚を得たい人たちです。

自分が苦労して釣った魚の味は格別にうまいということでしょうか。

キリスト教の初期ではグノーシス派と呼ばれる人たちが現れました。

彼らの考えは多岐に渡るのでひとつに統一することはできませんが、キリストへの信仰に対して何か他のものを加えなければならないと考えていたことは確かです。

その一つが禁欲主義です。

-*-*-*-*-*-*-

自己否定や律法を守るということ、古い自分にある肉の欲を制圧するということはクリスチャン人生を送る際に伴うことです。

しかしそれをエスカレートさせて、人間のすべての欲望を禁止してしまわなければ救われない、となると異端になります。

異端に走る人たちは皆真面目で熱心です。こうと決めたら徹底的にやり抜く人たちで、手を抜くことを知りません。

そして、自分が正しいと信じて疑わないので、その方向を変えるとなると非常に厄介です。

高速道路を逆走する高齢者ドライバーの話がニュースになりますが、それと同じようなもので、周りの車の方が逆走していると感じていらっしゃるので、どこかにぶつかるまで走り続けます。

逆走は認知症の高齢者ドライバーが起こすものと思ってはいけません。

その割合はたった1割で、9割は普通のドライバーなのです。

-*-*-*-*-*-*-

「むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように、気をつけなさい」
(コロサイ2:8)

これは私たちに向けられている言葉です。

逆走しやすく、アレもダメ、これもダメ、と自分にダメ出しをして正しい方向に走っていると勘違いしやすいのが私たちなのです。

正しい方向は、

「愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている」
(第3ヨハネ1:2)

と言われる神の方向であり、

「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである」
(ヨハネ10:10)

と語るイエス・キリストの方向です。

-*-*-*-*-*-*-

今日も神の言葉が示す方向へ向きを合わせ、一歩々々、足を進めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.02.24

今日のみ言葉【No.1712】(2018年 2月24日)「 負けを認める」

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。
(第1ペテロ5:8)

——————

将棋界で29連勝を達成し、記録を更新した藤井聡太五段(15)が羽生善治竜王(47)と公式戦で初対決し、中学生が将棋のトップに勝ったことがニュースとなりました。

将棋では勝負の決着は審判が決めるのではなく、「投了」という用語で表される態度で決まります。

それは「負けました」とどちらかが負けを認めるのです。

どんな名人であろうとも、ごまかしたりウヤムヤにしたりすることはできません。

「負けました」と先に言って頭を下げます。

いさぎよい世界です。

ところが、聖書の世界ではこれと正反対の存在がいます。

サタンです。

悪魔はキリストの十字架によって決定的な敗北を宣言されたのに、いまだに負けを認めず、この世を徘徊しています。

クリスチャンの生涯にはこのサタンとの戦いが生じます。

-*-*-*-*-*-*-

なぜ神がサタンを止めないのかは分かりません。

わかることは、神は否定的な事柄を用いて肯定的事柄をなさるということです。

「あなたがたはわたしに対して悪をたくらんだが、神はそれを良きに変らせて、今日のように多くの民の命を救おうと計らわれました」
(創世記50:20)

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている」
(ローマ8:28)

この神の御心に対して、私たちは「負けを認める」ことが必要です。

それは、悪が存在する現実を認めて生きるということです。

理不尽な扱いを受けたり、ルール違反がまかり通る現実に目をつぶれ、ということではありません。

そのようなことは実際あり、自分も同じ目に遭ってもおかしくはない、とサタンと出会う現実を受け入れて生きることです。

-*-*-*-*-*-*-

「あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている」
(第1ペテロ5:8)

というこんな恐ろしい世界をどうやって歩いて行ったらいいのでしょうか?

聖書はまず

「身を慎み、目をさましていなさい」
(第1ペテロ5:8)

と語っています。

警告がなされるのは脅すためではなく、私たちの命が守られるためです。

天気予報で

「今季最大級の寒波が来ます」
「大雪の恐れがあります」
「数十年に一度あるかないかの大雨になります」

と言われると、怖い思いが湧いてきますが、それは事前に十分な備えをするためです。

大雪になるとわかれば、事前に灯油やガソリンを満タンにし、出来る限りの雪片付けを済ましてしまいます。

また、不要不急の外出は控えます。

どうしても仕事で出なければならない時は、水や食料、着替えを用意し、脱出用のスコップまで車に詰め、万全の準備をした上でソロリソロリと慎重に運転します。

身を慎み、目をさましているとはこういうことです。

-*-*-*-*-*-*-

また、聖書は続く9節で、黙って引っ込んでいるだけではなく戦えと命じています。

「この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい」
(第1ペテロ5:9)

悪魔は私たちが信じていることが

「嘘だ」

と言って信仰の道から引き離そうとします。

サタンが提供するのは無制限の自由という誘惑です。

悪は派手で魅力的なので、人間はついつい引っかかってしまいやすいのです。

しかし、高い犠牲を払って彼から得た箱を開けると、そこにはムッとした悪臭が漂い、あれだけ魅力的に見えたものが維持するだけでも大変なガラクタだったことに気づきます。

サタンが笑っている声が聞こえてきそうです。

ですから、

「この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい」
(第1ペテロ5:9)

と神は私たちにサタンに抵抗せよと語っておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

負けるなら神に負けることです。

神に降参し、神の言うとおりの人生を歩んでみること。

そこにサタンの付け入る隙はありません。

サタンの誘惑に耳を閉ざし、神のささやきに耳を澄ます今日の一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2018.02.23

今日のみ言葉【No.1711】(2018年 2月23日)「 試練への対処法」

愛する者たちよ。あなたがたを試みるために降りかかって来る火のような試錬を、何か思いがけないことが起ったかのように驚きあやしむことなく、むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい。それは、キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである。
(第1ペテロ4:12-13)

——————

秋の終わりに急に寒くなった頃、ヒーターやエアコンのスイッチを入れて暖を取ります。

温度設定を20度にしてもまだブルブルと冷える感じがします。

しかし、真冬の2月になると逆に20度は暑すぎます。体が寒さに慣れるのです。

試練も同じことが言えるようです。

-*-*-*-*-*-*-

今日の聖句では、試練が降りかかってきたときに、

「何か思いがけないことが起ったかのように驚きあやしむことなく」
(第1ペテロ4:12)

と述べています。

私たちは空から雨が降ってきても当然のこととし、外に出るときは傘をさし、長靴を履いて歩き、薄暗い日中を過ごします。

誰も雨が降る事を「驚きあやしむ」人はいません。

試練も同じだというのです。

人生には晴れの日のような祝福に輝く日もあり、雨の日のように試練が降る日もあります。

それはクリスチャンであるかどうかには一切関係ありません。

神を信じている人には祝福のみがあり、信じていない人は試練の道を歩むなどということはないのです。

神を信じている信じていないに関係なく、人生には苦労があります。

-*-*-*-*-*-*-

ではその

「降りかかって来る火のような試錬」
(第1ペテロ4:12)

にはどう対処したらいいのでしょうか?

まずそれは

「あなたがたを試みるために」
(第1ペテロ4:12)

とあるように、神から出ている試練なのだと理解することです。

どこまで神を信頼しているのかと信仰が試され、自分の限界が明らかにされる、いわば抜き打ち試験のようなものだということです。

問題を作った先生が神様で、試験監督が意地の悪いサタンなのかもしれません。

サタンは

「お前の先生はこんな問題を与える悪い先生だなあ」

「こんな問題できるわけがない」

とささやいてくるでしょう。

そのときは、

「主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」
(ヘブル12:6)

の御言葉を思い出しましょう。

試練への対処法の第1番目は、神を思い出すことです。

-*-*-*-*-*-*-

試練への対処法の第2番目は、

「キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい」
(第1ペテロ4:13)

とあるように、喜ぶことです。

これは試練が解決した先のことをあらかじめ思い描き、先取りの喜びをすることです。

どうやったらこの試練が解決するのか、と思い悩む方に頭を使うのではなく、試練は解決したものとして、その先の喜びを見ていくのです。

なぜなら、試練には定められた期間があるからです。

問題の最中にいる時は、未来永劫、いつまでもこの問題に終わりが無いように感じるものです。

しかし、どんな問題も永続することはありません。

必ず何かの形で決着するのです。

クリスチャンには

「キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである」
(第1ペテロ4:13)

と、最終的決着が約束されています。

そのことを思い描き、

「この試練には終わりがある。問題は必ず解決する」

と信じて喜ぶことが第2番目の方法です。

-*-*-*-*-*-*-

3つ目は生活上の工夫をすることです。

試練があることを重荷と感じる人は、まだ寒さに慣れていない11月頃の体なのです。

寒さに慣れる体に徐々になっていくように、私たちは試練に慣れます。

「ああ、いつものアレが来たか」

と思えるようになるのです。

習慣化するということがポイントです。

子供に歯磨きの習慣をつけさせる際に、どんな子でも最初は嫌がります。

しかし習慣化すると、今度は歯を磨かないで寝るとなんだかモヤモヤして眠れません。

試練が来るたびに「ドンと来い!」と覚悟を決めてやり続けていくと、試練に対する手順がわかってきます。

やがてそれが習慣化すると、考えなくてもいつの間にかやっている自分となります。

そこまで自己訓練するのです。

その訓練の日々を神は愛をもって見守っていて下さいます。

-*-*-*-*-*-*-

試練を料理する名シェフとなる道を今日も歩んで参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

Next »