Home > 5月, 2018

2018.05.31

今日のみ言葉【No.1766】(2018年 5月31日)「 キリスト教の絶対性(1)」

わたしを見た者は、父を見たのである。
(ヨハネ14:9)

——————

AKB48(えーけーびー、ふぉーてぃーえいと)

どこにでもいそうな平凡な感じの女の子のアイドルグループですが、実はメンバーは100人以上いて、交代で出演して毎回48名にしているのだそうです。

「会いに行けるアイドル」

これがAKB48だけにあって他にないコンセプトでした。

つまり、

「テレビやコンサートでしか見ることができない存在」

であった今までのアイドルから

「秋葉原の専用劇場(定員250名)や握手会に行けば実際に触れられる存在」

となったのです。

この「会いに行けるアイドル」という独自性・超差別化性が、AKB48を国民的アイドルにまで押し上げた大きな理由です。

-*-*-*-*-*-*-

さて、キリスト教だけにあって他にはないものは何でしょう?

第1に、それはイエス・キリストの人格です。

キリスト教は教えや理論以上に、イエス・キリストの人格に触れることが重要です。

イエス様は弟子のピリポから

「主よ、わたしたちに父を示して下さい」
(ヨハネ14:8)

と、天の父なる神様のことを教えて下さいと求められた時、

「わたしを見た者は、父を見たのである」
(ヨハネ14:9)

とお答えになり、私というただひとつの人格を通して知りなさい、と語られました。

つまり、イエス・キリストの言葉と行いを通して、私たちはまことの神を知るのです。

そして、イエス・キリストを知れば、まことの人間の姿も知ることができます。

ですからイエス様は、

「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない」
(ヨハネ14:6)

とおっしゃられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

三浦綾子作の小説『塩狩峠』の中に印象的シーンがあります。

金銭面での不祥事を起こした同僚が左遷され、主人公の長野政雄は彼と同じ職場に転勤を願い出ます。

何のためかというと、雪降る中を熱心に語っていたキリスト教の伝道者から、

「キリストの言葉を徹底的に行おうとすると自分の罪が分かる」

と言われたからです。

「汝の敵を愛せよ」

主人公はイエス・キリストの愛を実践しよう、善きサマリヤ人のように彼に接しようとしました。

ところが、愛しても愛しても同僚はそれに応えてくれません。

その反対に、彼は長野に反抗し、捨て鉢になっていきます。

とうとう主人公の長野は同僚に対して怒りを感じだします。

その時点で、自分は人のために命を捨てたキリストの愛など持っていない、と気づきます。

持っているのは

「ここまでやっているのにどうして分かってくれない!」

という怒りだけ。

たった一つの御言葉さえ実行できない自分こそ罪人である、と長野は悟ります。

そして、罪人のために自分の命を犠牲にするほどまでの神の愛、キリストの愛とは計り知れないほど大きいものだと悟るのです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書を通してキリストの人格に触れる最高の時を持つ今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールのスケジュールは、
 ・月曜と木曜…初級(入門講座)
 ・火曜と金曜…中級(マルコ福音書講解)
 ・水曜と土曜…上級(信仰生活の訓練)
となっております。

2018.05.30

今日のみ言葉【No.1765】(2018年 5月30日)「 神の祝福を受けるための訓練『言葉を変える』(6)」

恐れるな、小さい群れよ。御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである。
(ルカ12:32)

——————

問題です。

受験勉強で次のどちらの態度のほうが効果があるでしょうか?

A.落ちないように必死に取り組む

B.合格した姿を思い描いて勉強する

答は「短期的にはA。長期的にはB」です。

落ちた後の地獄を見せられると、人は恐怖を感じ、その恐怖が人に猛烈な力を与えます。

ただしこれは一時的なもので、アドレナリンを放出しまくった後で力は出なくなります。

それどころか、次回、もっと強い刺激でなければ動かなくなります。

受験勉強のような長丁場では、調子を維持し、コンスタントに勉強した人が実力をつけていきます。

地獄でなく天国を、落ちる恐怖でなく合格した喜びを見て勉強することが勝利を得る秘訣です。

-*-*-*-*-*-*-

さてあなたは今どちらを見ていますか?

天国ですか地獄ですか?

地獄を見ながら生きていると、「〜しないように…しなきゃ」という考え方となり、その言葉が出てきます。

・落ちないように
・間違えないように
・遅れないように
・忘れないように
・病気にならないように

この反対の天国を見る生き方では、「〜するように…しよう」となります。

「合格するように勉強しよう」
「正確にできるように練習しよう」
「時間に間に合うように準備しよう」
「覚えておくようにメモしよう」
「いつまでも健康でいられるように運動しよう」

あなたの中から肯定語が出るか否定語が出るかの根本は、天国を見ているか地獄を見ているかです。

神様は

「御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである」
(ルカ12:32)

とあるように、あなたに御国(天国)を与えたいと願っておられる御方です。

天国を得るには、まず

「天国はもらえるものなのだ」

とあなたの考えを変えましょう。

そしてその具体的な方法は、

「見る方向を天国に変え、そこで見えるものを言葉に出す」

です。

たったこれだけのことですが、それが人生の行き先を決めていきます。

-*-*-*-*-*-*-

S子さんは左足首の捻挫をしましたが、「私は若いんだから大丈夫。そのうち治る」と思って医者には行かず、本当にそのうち痛みはなくなっていました。

ところが50代を過ぎた頃、その個所を頻繁に捻挫するようになりました。

どうやらあの時放置したことが原因らしく、足や歩き方に影響が出ていたようです。

医者に行ってレントゲンを撮ってもらっても異常は発見できず、せいぜい湿布をもらって安静を勧められる程度。

S子さんはとても不安になり、

「将来は車椅子生活か…」

と、考えることは否定的未来ばかりでした。

ところが、ある健康セミナーに出席した時、それが彼女の症状に合っていたのでしょう、10分ほどのマッサージで痛みが軽減しているのを感じました。

効果を感じたS子さんはそれを続け、1年も経たないうちにほとんど痛みを感じないまでになりました。

すると全く新しい考えが彼女の中から湧いてきました。

「もっと筋肉をつけるにはどうしたらいいのだろう?」

彼女は痛みを感じずに済む現在に感謝しながら、この先、軽やかに歩いている未来の自分を思い描いたのです。

その天国を味わうためにいま自分がなすべきことは何か、と考え方がまるで変わってしまいました。

S子さんは嬉しくなって、多方面に教えを請いに出かけるエネルギーを得ました。

そして後にわかったことは、反対側の右足が外反母趾で、その影響で正しい歩き方をしておらず、右足の筋肉が正常なつき方をしていなかったということです。

ですから、もしあのまま何もしないでいたら、左も右も両方の足が悪くなり、本当に彼女が思い描いていた否定的未来が実現する可能性があったのです。

しかし、S子さんは天国を見る方を選択しました。

それが現在の輝かしい歩き方という実を結んでいるのです。

-*-*-*-*-*-*-

天国を見て生きるか、地獄を見て生きるか。

それは今日のあなたの選択にかかっています。

天国に目を向け、言葉を変え、神の祝福を得る一日となりますように…。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.05.29

今日のみ言葉【No.1764】(2018年 5月29日)「 キリストの圧倒的愛」

しかし、彼は出て行って、自分の身に起ったことを盛んに語り、また言いひろめはじめたので、イエスはもはや表立っては町に、はいることができなくなり、外の寂しい所にとどまっておられた。
(マルコ1:45)

——————

牛丼の吉野家のコンセプトは「うまい、やすい、はやい」だそうです。

なるほど、これを最優先として力を集中させるお店なら人は集まってくるはずです。

宗教の「うまい、やすい、はやい」に該当するのは「貧・病・苦」の解決です。

これを優先する宗教団体は流行ります。

キリスト教の場合はどうでしょうか?

答えはYesでもありNoでもあります。

-*-*-*-*-*-*-

マルコ福音書1章40〜45節には、らい病人の癒しの記事があります。

イエス様はその人を深くあわれみ、

「そうしてあげよう、きよくなれ」
(マルコ1:41)

と言って癒やしてあげました。

まさに「貧・病・苦」の解決です。

しかし、イエス様はそのためにこの世に来られたのではありません。

「ひとりのらい病人が、イエスのところに願いにきて、ひざまずいて言った、『みこころでしたら、きよめていただけるのですが』」
(マルコ1:40)

とあるように、人がイエス・キリストのところへ来て、神の前でひざまずくことが目的なのです。

つまり、イエス様は人が神へ帰ることができるようにこの世に来られ、罪人が悔い改めて神に従って生きるようになることが優先順位の一番目だったのです。

-*-*-*-*-*-*-

そうすると、このらい病人に対して

「何も人に話さないように、注意しなさい」
(マルコ1:44)

と、イエス様にしては珍しく弱者に対して厳しい態度を取った理由が理解できます。

ところが、このらい病人は癒されたことがあまりにも嬉しかったのでしょう、イエス様からきびしく戒められていたのを忘れてしまい、

「彼は出て行って、自分の身に起ったことを盛んに語り、また言いひろめはじめた」
(マルコ1:45)

としてしまいました。

残念ながら、これはイエス様の伝道の妨げとなりました。

キリストの本来の使命を人々に誤解させ、自分の目的のためにイエス様を利用しようとする思いを周囲の人々に与えるという結果になってしまったのです。

-*-*-*-*-*-*-

こういう人はムチで打たなければならないのではないでしょうか?

天から雷を下すとか、らい病の癒しを取り消すとかの罰を与えるのが必要なのではないでしょうか?

イエス様の取った態度はこうでした。

「外の寂しい所にとどまっておられた」
(マルコ1:45)

イエス様は彼に何もなさいません。

手も足も出なかったからではありません。

イエス様はこの人のためにも十字架上で死ぬ決心を持っておられたからです。

「もし、わたしたちが敵であった時でさえ、御子の死によって神との和解を受けたとすれば、和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう」
(ローマ5:10)

これがキリストの圧倒的愛です。

やるな、と言われてもやってしまう人間。

せよ、と言われても忘れている人間。

良かれと思ってやったことが、かえって逆効果になっていることを知らずにのうのうと生きている…。

私たちとはそういう存在です。

その私たちが、そのままで生かされている。

イエス様は、らい病人に対する愛と同じ愛をもって私たちを愛し、どんな存在でも良いからそのままの姿で神に帰って来なさいと今日も呼びかけておられるのです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストの圧倒的愛の中にいる自分を確認する一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.05.28

今日のみ言葉【No.1763】(2018年 5月28日)「 信仰の絶対性(2)」

信仰による祈は、病んでいる人を救い、そして、主はその人を立ちあがらせて下さる。かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる。
(ヤコブ5:16)

——————

公共の会館をお借りして集会をした時、他宗教の方と隣の部屋になりました。

休憩時間、ロビーで一緒になり、意図せず話が耳に入ってきました。

「まず祈ってみることね」

「○○さんは経済の問題が祈って解決されたから、あの人のところに相談に行ってみたら?」

あれ、教会で聞くのと同じような話をしているな、と思って私は思わず笑みがこぼれました。

-*-*-*-*-*-*-

客観的に見て、癒しは他宗教でも起こります。

全人格を傾けて信じる時、そこに医学では説明できない治癒が起きることがあるのです。

ですから、キリスト教だから病を癒せるのではなく、「キリスト教だって癒しくらいは起きますよ」というのがより正確な言い回しだと思われます。

さらに、医学ではプラセボ効果(偽薬効果)というものがあります。

胃腸の調子の悪い患者さんに、ただの小麦粉を「最新の特効薬」だからと飲んでもらうと、症状が本当に緩和してしまうというような例です。

人の心次第で治る病気というものは確かにあるのです。

このように、癒やされたから信じる、ということがあっても良いのですが、癒しが必ずしも信仰の絶対性に結びつくわけではありません。

癒やされて信じる人もおり、癒やされても信じない人もおり、癒やされなくても信じる人は信じるのです。

信じていたから癒やされた、というのが正当なところです。

-*-*-*-*-*-*-

また、神を信じたら経済的に豊かになり、そうでない人は祝福されないという説を聞くことがありますが、それは現実を正しく見ていない考え方です。

確かにイエス・キリストを信じ、生活を改めて行けば、自ずと浪費癖や無駄な出費を抑えられ、前向きに生きていくので仕事や経済が好循環していくだろうということは考えられます。

しかし、クリスチャンでも貧しい方はおられますし、経済的に豊かな人もおられます。

神を信じていない人のほうが圧倒的に多い日本での現実を見ると、神を信じていなくてもお金持ちはお金持ちですし、貧乏な人は貧乏です。

ですから、「信じたらお金が儲かったので神はいる」という考え方は必ずしも信仰の絶対性の保証となるとは限りません。

-*-*-*-*-*-*-

さて、「癒し」と「お金」の話をしてまいりましたが、それは「御利益(ごりやく)」の代表として使わせていただきました。

決して癒しと経済の祝福を否定しているわけではありません。

多くの人は最初は御利益目当てで神に近づきます。

自分を幸せにしてくれる存在としてでないと、神の存在はなかなか視野に入ってこないからです。

入り口はそこからでいいのですが、やがてどこかで御利益に頼る姿勢から卒業していかなければなりません。

そうでなければ信仰が続いていかないからです。

癒やされたから信じた人は、自分が健康でなくなると信仰がぐらつきます。

そして、自分の教会より癒しがもっと盛んな他の教会、あるいは他宗教に移っていきます。

経済的に豊かになることを土台として信じていると、経済が破綻した時点で信仰も足場を失い、信仰も破綻してしまいます。

-*-*-*-*-*-*-

焦る必要はありません。

まず、

「信仰による祈は、病んでいる人を救い、そして、主はその人を立ちあがらせて下さる」
(ヤコブ5:16)

という恵みを大いに味わいましょう。

そしてそれに続く

「かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる」
(ヤコブ5:16)

という所から、他宗教に無い、キリスト教を選ぶべき領域に入っていきます。

そこから本格的に歩みだしていけばよいのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたの行く道は、神が一歩々々、導いて下さいます。

ゆっくりじっくり歩み、走るべき所に来たら思い切って進ませていただく…。

そのような神と共なる人生を送って参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2018.05.26

今日のみ言葉【No.1762】(2018年 5月26日)「 神の祝福を受けるための訓練『言葉を変える』(5)」

主にむかって歌え、主をほめ歌え。そのもろもろのくすしきみわざを語れ。
(歴代志上16:9)

——————

以前の御言葉メールで前向き肯定的Yさんの例を紹介したことがあります。

「Yさんが同級会に出席した時のことです。60代になり、話題はほとんど孫や年金のことだけだと彼女は感じました。そして話が盛り上がるのは健康の話。ただし、皆、あちらが悪い、こちらが痛い、先は短い…、という悲観的話題に終始しています。Yさんはそこで初めて口を開きました。『あら、私、人生は60代から花開くと思ってるよ。人生これからじゃない?』。その言葉に同級生一同、ビックリしたそうです」
(http://mikotoba.nows.jp/?p=1275)

このような方と一緒にいれば、自然と前向きになるように影響されることでしょう。

-*-*-*-*-*-*-

前回のメールで、前向き肯定的言葉を使う人のそばにいて、その実体に触れることが言葉を変える最速の道だと申しましたが、

「そんな人は見つからない」

「私の周りにはモデルとなるべき人物は存在しない。みんな愚痴と弱音と否定的未来を語る人ばかりだ」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

ではどうすれば前向き肯定的な人を見つけられるのでしょうか?

簡単です。

あなたが前向き肯定的言葉を使っていればよいのです。

そうすれば必ず良きモデルを見出します。

なぜなら、人は同じ言葉を話す人とだけコミュニケーションが取れるからです。

-*-*-*-*-*-*-

たとえばこういうことです。

アメリカのロサンゼルスにいた時、日系人の教会の集まりがありました。

皆日本人の顔をしていますが、日本から来た人とアメリカで生まれ育った人とは言葉の点で違います。

日本語と英語の両方使えるバイリンガルではあっても、やはり英語のほうが得意です。

ですから、

「ほんと?まさか!」

と言うよりも、

“Really? You’re kidding!”

と言ったほうが楽なのです。

20〜30分もすれば、会場は日本語グループと英語グループの2つに分かれていました。

-*-*-*-*-*-*-

この例でもうおわかりでしょう。

否定語を話す人たちは言葉が通じ合う否定的人を見つけ出し、

「やっぱりダメだよね」

というコミュニケーションをして理解し合うのです。

一方、肯定語を話す人たちは同じ肯定的人と話が合います。

「こうするとうまくいく」

「やれるところまでやってみましょう」

ですから、もしあなたが英語を話す人を見つけたいと思ったら、

「今日は天気がいいですね」

と言う代わりに

“It’s a beautiful day, isn’t it?”

と言い続けるのです。

そうすると、多くの人は何を言われているのかチンプンカンプンなので、せいぜい「バイバイ」と言って手を振って後はさよならですが、どこかで必ず

“Oh, yes. It’s a perfect day!”

と英語で返答する人が現れます。

つまり、あなたが、たとえたどたどしくとも、あるいは、たった一つしか言えないとしても、その肯定語を繰り返し使い、周囲から変人扱いされたとしても、前向き肯定語を使っていれば、やがて同じ言葉を使う肯定的人と出会い、その良きモデルを通してあなたの人生が変わっていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

今日からたった一つでいいです。

前向き肯定語を使い、繰り返し使っていきましょう。

そうすれば、神が遣わす人との出会いが待っています。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールのスケジュールは、
 ・月曜と木曜…初級(入門講座)
 ・火曜と金曜…中級(マルコ福音書講解)
 ・水曜と土曜…上級(信仰生活の訓練)
となっております。

Next »