Home > 9月, 2018

2018.09.29

今日のみ言葉【No.1847】(2018年 9月29日)「 神の祝福を受けるための訓練『お中元・お歳暮(2)』」

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
(マタイ7:7-8)

——————

現代の検索技術は凄まじい勢いで進歩しています。

試しにあなたのスマホで

「お中元何がいい?」

「バレンタインのチョコ、何がいい?」

と検索ボックスに入力してみて下さい。

ギフトのランキングや定番商品ベスト10等の結果が山ほど出てきて圧倒されるほどです。

その中から1位のものを選べば間違いないのでしょうが、それではあまりにも機械的で相手の気持を考えていないように思われます。

「あの人には何がいいだろう?」

そう考えることが相手に仕えることになるのです。

ギフト・ギビング・カルチャーの2番目は、仕えるということです。

これは神様が最も喜ばれることです。

-*-*-*-*-*-*-

神は万事相働いて益となるようにしてくださると約束しておられます。

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている」
(ローマ8:28)

それは、この御言葉の直後に語られているように、私たちがキリストの姿に似るために行われているのです。

「神はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった」
(ローマ8:29)

神は私たちが「御子のかたちに似たもの」となるように、あらゆるものを用いて益となるようにしてくださることを覚えましょう。

では、神の御子キリストの似姿とはどのようなものでしょうか。

次の聖句がそれを表しています。

「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」
(マルコ10:45)

イエス・キリストの地上生涯は「仕えるしもべ」としての生涯でした。

生まれてすぐに飼葉おけの中に寝かせられ、人々を愛し、その病や傷を癒し、最後には全人類の罪を背負うために十字架につけられ、命を捧げられました。

キリストのように人に仕えて生きようとする時、

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう」
(マタイ7:7)

の約束が真の意味で成就します。

-*-*-*-*-*-*-

お中元やお歳暮、さらにはバレンタインの義理チョコやお返しのホワイトデイなどという日本の文化の中で生きる時、これは他者に仕えるために神様が与えて下ったらチャンスであり練習問題なのだということを感じます。

商売感覚やお付き合いというものとしてでなく、何がこの人のために最高なのかと考える良い機会となるのです。

そうやって人にお仕えして生きようとする時、

「天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか」
(マタイ7:11)

という御言葉の実際を肌身にしみて実感することができます。

たとえば、祈っていると、

「あ、そうだ、あの人は糖尿病だとこの間はじめて話してくれたっけ」

と気づかされた時がありました。

早速、甘いお菓子でなく、カロリーゼロのこんにゃくセットやお蕎麦に変更した思い出があります。

また、「あの人のためには何がいいか」という心配りをしていると、普段から人の必要に敏感になっている自分に気づきます。

逆に定番商品を選んでばかりいると、心はますます鈍感になっていたことでしょう。

こうやって神様は私たちの心を「仕えるしもべ」の心へと変化させて下さり、神の愛の器として用いられるよう、あらゆる機会を与えて下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

求めたら与えられます。

人に仕えるために求める時、さらに神の御心が知らされます。

神が与える良きものを、他者に仕えるために用いる今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.09.28

今日のみ言葉【No.1846】(2018年 9月28日)「 自然の奇跡(1)」

イエスは起きあがって風をしかり、海にむかって、「静まれ、黙れ」と言われると、風はやんで、大なぎになった。
(マルコ4:39)

——————

勧誘の電話を1分以内で気持よく切ることが出来る奇跡的方法を発見しました。

教会の電話は固定電話なので、インターネットや電話代が安くなるとか、電力料金、健康食品等のセールスの電話がかかってきます。

長々と説明を聞いた挙句、お断りするのは気が引けます。

そこで、そういうたぐいの電話だとわかった瞬間、

「ご用件をお伺いいたします」

「はい、ご用件は何でしょうか」

とこちらから進んで聞くことにしています。

電話先の相手からは、ほぼ100%「えっ?」「あ!」と戸惑う声が聞こえてきます。

話を聞くのを渋るお客への対応は学んでいても、自分から話を聞こうとするお客様への研修は受けていないのかもしれません。

そうすると、説明を省いてすぐに結論を言ってくれます。

「○○がお安くなる話です」

それが本当に必要なことならば、後で自分で調べればよいのです。

ですから

「はい、それは今必要ございません。お電話ありがとうございましたー!」

と言って、嫌な思いをせずに電話を「ピッ!」と切ることができます。

もちろんこれは奇跡でも何でもなく、電話オペレーターが対応の仕方を学べば、やがて通じなくなるでしょう。

さて、イエス様が成された奇跡はこんなちゃちなものではありません。

大自然を言葉ひとつで支配する壮大なスケールの奇跡です。

-*-*-*-*-*-*-

ガリラヤ湖に突風が吹くのはよく知られています。

ペテロやアンデレはガリラヤ湖周辺の漁師でしたから、舟が嵐に見舞われても

「いつものことだ」

と悠然と対処できたはずが、彼らが慌てふためくほど激しい突風に襲われたのでしょう。

命の危険を感じた弟子たちは

「先生、わたしどもがおぼれ死んでも、おかまいにならないのですか」
(マルコ4:38)

と訴えました。

すると

「イエスは起きあがって風をしかり、海にむかって、『静まれ、黙れ』と言われると、風はやんで、大なぎになった」
(マルコ4:39)

とあります。

言葉を出すとその通りになる。

それは天地創造の時と同じです。

「神は『光あれ』と言われた。すると光があった」
(創世記1:3)

弟子たちは、イエス様が成された奇跡に神の力を見、イエス様こそ聖書が預言した救い主であり、神であることを知り、体験したのです。

-*-*-*-*-*-*-

弟子たちは自分たちの能力で嵐に対応しようとしたり、自分の心を平安に保ち、冷静に対処しようとしましたが、大自然のパワーはそんな人間の力を遥かに上回ります。

問題に対処するのに、人は自分の心を鼓舞し、内側から解決を求めようとします。

確かにそれはある面において大いに有効です。

しかし、人間が出会う問題は、自分の心だけでは解決されないものが数多くあります。

自分という存在以外の、外側からの力・存在というものがあるのだ、というのが聖書のメッセージです。

イエス・キリストを信じるとは、このような力ある方を信じるということです。

この信仰を持っていると、生活に対して勇気が湧いてきます。

すなわち、私たちは神の力によって生かされ、祈りを通して神に求める時、神は御心にかなった形で助けを与え、問題と見えたことが祝福に変えられているという現実を見させて下さるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは神の力の現れだという信仰を持って、今日与えられている課題に対処して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールのスケジュールは、
 ・月曜と木曜…初級(入門講座)
 ・火曜と金曜…中級(マルコ福音書講解)
 ・水曜と土曜…上級(信仰生活の訓練)
となっております。

2018.09.27

今日のみ言葉【No.1845】(2018年 9月27日)「 復活(2)」

肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのである。
(第1コリント15:44)

——————

お祭りで買ってきた金魚を、勢い良く家の水槽に「ポッチャーン!」と入れていた思い出があります。

本当は「水合わせ」をしないとお魚に負担をかけてしまうのだと後で知りました。

金魚が入ったビニール袋を水槽の上に30分ほど浮かせ、水温を同じにします。

それから徐々に水槽の水を袋に入れ、水質を同じにします。

最後に、網ですくって丁寧に水槽に移すか、金魚が自分で水槽に泳いでいけるように袋を横にします。

新しい世界に入るのには踏むべき段階があるのです。

人はまず魂が救われ、その後に体が救われます。

-*-*-*-*-*-*-

ところが、キリストを信じてクリスチャンになったのはいいのですが、救われた魂がまだ救われていない肉体の中にある状態で地上の生涯を送らねばなりません。

これが霊的に新生したクリスチャンが感じる葛藤の原因となります。

パウロが

「わたしは、なんというみじめな人間なのだろう。だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか」
(ローマ7:24)

と嘆くのも当然です。

しかし、彼はいつまでもクヨクヨと悩んではいませんでした。

なんと直後の25節でガラッと転換し、解決しています。

「わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな」
(ローマ7:25)

それまでの絶望の闇が、一瞬にして希望の光に変わったような感覚です。

肉体の救いは復活の時になされるという福音を彼は得ていたからです。

-*-*-*-*-*-*-

永遠の生命にふさわしい霊の体がどういうものかは私たちには詳しく知らされていませんが、自然界を見た時にある程度推察することができます。

あの美しい蝶を例にとって考えてみましょう。

醜い毛虫が、やがて死んだように動かなくなる蛹になり、そこから蝶となって羽ばたき、美しい花々の間を飛び回ります。

母親が幼い子供に

「あの綺麗なチョウチョは、元は毛虫だったのよ」

と教えても、子供は毛虫と蛹と蝶は全く別の生物としか思えないことでしょう。

しかし大人は、これが一つの同じ生命の連続体であることを知っています。

-*-*-*-*-*-*-

人の復活はこれと似ています。

私たちの今の肉体は毛虫にたとえられます。

この肉体は蛹のように一時的に滅びますが、やがて永遠の生命にふさわしい霊の体が与えられる復活の時が来ます。

「肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのである」
(第1コリント15:44)

その時は、蝶のように美しく、神を賛美しながら自由に生きることが出来るでしょう。

もはや病気も死もなく、おびえることは何もありません。

全ての働きが調和の取れた健全なものとなります。

これが人類に与えられた唯一の希望です。

その保証はイエス・キリストの復活にあります。

-*-*-*-*-*-*-

復活の希望という灯火を灯して、今日の闇の中を照らし出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2018.09.26

今日のみ言葉【No.1844】(2018年 9月26日)「 神の祝福を受けるための訓練『お中元・お歳暮(1)』」

しかし食物は、信仰があり真理を認める者が、感謝して受けるようにと、神の造られたものである。神の造られたものは、みな良いものであって、感謝して受けるなら、何ひとつ捨てるべきものはない。
(第1テモテ4:3-4)

——————

アメリカのフラー神学校で世界宣教の授業を受けていた時、

「アジアでは贈り物をし合う習慣がある。これは賄賂ではない。”Gift giving”という文化だ」

と教授が教えるのを聞き、これは主に日本のことを言っているのだな、と理解しました。

かつてのバブル景気時代の都市伝説ですが、

「アメリカの企業が弁護士に払う費用と、日本企業が交際費に使う金額がほぼ同じだ」

というまことしやかな話が流れたことがありました。

真偽の程は別にして、問題に対応する日米の文化の違いをよく表しています。

私たちは意識するしないに関わらず、このような文化の中に生まれ育ち、これからもその現実の中で生きていきます。

-*-*-*-*-*-*-

日本で生きるクリスチャンは、お中元やお歳暮を世渡り上手の処世術的なものとはとらえません。

「神の造られたものは、みな良いものであって、感謝して受けるなら、何ひとつ捨てるべきものはない」
(第1テモテ4:4)

という御言葉の上に立ち、神の目を通して日本文化を見、それにキリスト教的意味付けをして神の御心を見い出すのです。

アメリカの神学校の教授がギフト・ギビング・カルチャーと表現した現実の中で実際に生きてみると、次の3つのことが見えてきます。

(1)感謝
(2)仕える
(3)存在を認める

-*-*-*-*-*-*-

まず「感謝」です。

お中元やお歳暮は、義務や慣習として、そして最も多いのは「人間関係維持のため」ということではないでしょうか。

しかし、いざその季節となり、贈る側の立場に立ってみると、まず考えるのは費用です。

「高すぎても安すぎても…」

「相手もこちらに送ってくるだろうし、釣り合いがとれないと塩梅が悪いし…」

こういうことで頭を悩ますのは、いばらの中に蒔かれた種のようだ、とイエス様のたとえ話を思い出します。

しかし、このいばらの中を突き抜ける方法があります。

それは、感謝を見つけることです。

「あの人にはお世話になったなあ」

とギフトシーズンでは強制的に感謝を思い出させられます。

そうすると、値段どうこうというのは二の次三の次に思われるようになるのです。

感謝があれば、気分すっきり支払えます。

まず第一に感謝すること。

それが神の御心です。

-*-*-*-*-*-*-

神が与える良いものを受け取り、それに感謝する一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2018.09.25

今日のみ言葉【No.1843】(2018年 9月25日)「 神の国のたとえ(3)」

神の国を何に比べようか。また、どんな譬で言いあらわそうか。それは一粒のからし種のようなものである。
(マルコ4:30-31)

——————

からしの木とはどんな植物で、その種はどのくらいの大きさなのでしょう?

私がイスラエル聖地旅行に行った時の画像がありますので、下記リンク先をご覧下さい。

聖地イスラエル報告メール(4)

1円玉の右側にある茶色の粒々がそのからし種です。

神の国とはこのようなものであるとイエス様はお語りになりました。

-*-*-*-*-*-*-

神の国のスタートはこの地上にあって小さいのです。

「地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さい」
(マルコ4:31)

この世の企業・団体と比較すれば小さすぎて見えないくらいで、地の塩・世の光たる影響力をほとんど持ちません。

当然、周囲の人々も関心を持ちません。

しかし、

「まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる」
(マルコ4:32)

と約束されているように、神の命を宿すところには成長があり、やがて「空の鳥」で象徴されるように世の人々があなたを通して神の恵みにあずかるような未来が設計されているのです。

-*-*-*-*-*-*-

ただし、神の国は個人の夢実現のための機関ではなく、利益追求団体でもありません。

それは神によって支配される生活共同体であり、聖霊という同じスピリットによって一致した霊的共同体です。

このコミュニティーは、最初は小さくて見えなくても、神の命を宿して成長します。

そして目に見える形として、世の終わりの時に神の支配が行き渡るようになります。

この神の国の完成を待ち望みつつ、それを目指し、この世で生活するのがクリスチャンです。

ですから、常に表に出てその存在を誇示し、その勢力を誇るようにする必要はありません。

自分が成功しているのか失敗しているのかをしょっちゅう気にしている必要はないのです。

目先の出来・不出来や成功・失敗に一喜一憂することはあっても、「やがてああなる」と神の国の完成を見据えているので、神の支配の中に身を委ねている人は間もなく回復します。

からし種ひと粒ほどの大きさでよろしい、と神から受け入れられている人は幸いです。

他者と比較することなく、自分の中にある神のいのちの成長をただひたすら喜び楽しみ、神の力によって目の前の難関が開かれる奇跡を体験する人生を送れるからです。

-*-*-*-*-*-*-

かと言って、何でも自分の思い通りにうまくいくということではありません。

私は自分の祈りを振り返ってそう思います。

「神様、この苦しみ、悩みを今すぐ取り除いて下さい。試練から抜け出させて下さい」

という祈りは、ほんの僅かの例外を除いて、かなえられたことはありません。

まず無理です。

ですから今も苦しみの中におり、それは生涯続くものと思っています。

しかしやがて、

「この苦しみを通して、あなたが私に身につけさせたいものがあるなら、どうぞ成し遂げてください」

という祈りまで人は導かれていくものです。

この祈りはスムーズに聞かれます。

振り返れば、

「あの時は苦しく、試練はいつまでも続くように思ったけど、あの祈りの聞かれ方には何の文句も出ない」

と思います。

神の国は、放っておいたら自動的に大きくなっていたというのではなく、このような苦しみの日々の積み重ねとして成されていくように思われます。

-*-*-*-*-*-*-

あなたという良い地に小さなからし種ひと粒をまく今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

Next »