今日のみ言葉【No.320】(2012年 5月31日)

すると、主がわたしに言われた、『行きなさい。わたしが、あなたを遠く異邦の民へつかわすのだ』」。
(使徒22:21)

——————

パウロが迫害者サウロとして生きていた時代、

「そして、この道を迫害し、男であれ女であれ、縛りあげて獄に投じ、彼らを死に至らせた。」
(使徒22:4)

とあるように、彼はぬぐいきれない過去を持っていました。

そのパウロに、

「行きなさい。わたしが、あなたを遠く異邦の民へつかわすのだ」

と神は語られたのです。

彼の過去の罪には一言も触れていません。

パウロは神からの赦しと人生の使命の二つを一度に得たのです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書が言う罪の赦しとはこういうものです。

私たちの過去に何の汚点もない、真っ白な者として神様は見てくださいます。

キリストの十字架の犠牲で罪の代価はすべて払われたので、膨大な借金がすべて正当に支払い完了し、もう毎月の返済に悩む必要がなくなったようなものです。

恐る恐るでもそのことを信じ、「赦された者として生きていこう」と決心して進む人には、新しい人生が開かれ、神の使命が与えられていくのです。

-*-*-*-*-*-*-

アメリカ南北戦争後、リンカーンの奴隷解放宣言がなされました。

黒人奴隷の中に2種類の反応が起きました。

一つは、

「まさか。奴隷は奴隷だ」

と解放を信じず、自由の身となったはずなのに、今まで通り奴隷としての生活を送った人々です。

もう一つは、リンカーン大統領の言葉を信じた人々です。

彼らはその主人に申し出、奴隷から解放され自由の身となりました。

当然のごとく、彼らはこの良い知らせを他の黒人奴隷たちに伝えていきました。

-*-*-*-*-*-*-

神の赦しと解放を信じて、今日も一歩踏み出していきましょう。

御言葉

Posted by maruyama