2017.11.15

今日のみ言葉【No.1648】(2017年11月15日)「 わたしは誰?」

わたしを見た者は、父を見たのである。
(ヨハネ14:9)

——————

時の権力者は誰がなっても批判を受けます。

たとえばそれは歴代首相につけられた「あだ名」でやんわりと表されます。

ノーベル平和賞を受賞した佐藤栄作氏は「佐藤無策」

日本列島改造論の田中角栄氏は「今太閤」

中曽根康弘氏は「風見鶏」

-*-*-*-*-*-*-

ではイエス・キリストはどうだったかというと、驚くほど多くの名で呼ばれています。

ある律法学者は「先生」と呼び、高貴な教師として見ました(マタイ8:19)。

ダビデ王時代の再来を期待する人々は、国を復興する革命家として「ダビデの子」と呼びました(マタイ12:23)。

また、イエス様を「食をむさぼる者、大酒を飲む者」と非難中傷する人たちもいました(ルカ7:34)。

他にも「大工の子」「罪人の友」「大預言者」「神の聖者」等、様々です。

これらは人々が「人間としてのイエス」を見た時の名称です。

-*-*-*-*-*-*-

そしてイエス・キリストは弟子たちに対して最終的にこう問われました。

「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」
(マタイ16:15)

この質問は気軽に答えられるものではないでしょう。

また、強制されて「イエス様は救い主です!」と模範解答を出したり、人間関係の妥協の産物として表面上だけ相手に合わせて言っておけばいいというものでもありません。

あなたが永遠の行く末を考え、自分の心の深みを探った上で、「私はこう思います」として自分なりの回答を出すべきものです。

イエス・キリスト自身はこう言っておられます。

「わたしを見た者は、父を見たのである」
(ヨハネ14:9)

すなわち、自分のうちに神がおられ、永遠の神の性質と御心は自分を見ればわかると言っているのです。

その自分で出した答を実践する場。それが人生です。

-*-*-*-*-*-*-

聖路加国際病院を設立したルドルフ・トイスラー氏は自分の人生を信仰によって日本に捧げた方です。

彼は

「聖路加病院は病気を治療する場所ではない。神の愛によって患者の苦しみを癒やす場所である」

という理念を遺しました。

日野原重明先生はその思いに込められた言葉をしっかりと握りしめ、聖路加病院の建て直しの際に、病院に酸素吸入器が出る礼拝堂を作り、広い廊下を設計しました。

すぐに批判が飛んできました。

「日野原は贅沢ばかりする。こんな広い廊下が何のためになるのか」

しかし、地下鉄サリン事件の際、その廊下に酸素吸入を含めた施設的体制が整っていたため、600名を超える生死の境をさまよう患者さんを受け入れることが出来ました。

信仰によって生きる時、批判を受ける時があります。

しかし、その信じた道を神はどこかで必ず祝福してくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

人としてのキリスト、神としてのキリスト。

両方共100%存在しているイエス・キリストという方はどなたなのだろうと考えつつ、神の導きを求めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2017.11.14

今日のみ言葉【No.1647】(2017年11月14日)「 従順」

キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、かえって、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず、おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。
(ピリピ2:6-8)

——————

昔の高校には「名物教師」がいたものです。

英語のM先生の授業では毎時間英単テストがあり、不合格の者には体罰辞さじという勢いで迫られました。

さて、厳しい一面、人情味あふれる熱血先生が語った一つの言葉が私の人生に多大な影響を与えました。

「いいか、素直な奴が伸びるんだ!」

私はそれを信じました。

その先生のお陰で、今や一人でアメリカに行って帰って来られる基礎的な英語力がついたのだと思います。

素直さ、従順。

これが人として生まれたイエス・キリストの最大の特徴でした。

-*-*-*-*-*-*-

最初の人アダムと第2のアダムであるイエス・キリストは、人間であるという点で全く同じでした。

そして、両者とも神のかたちに造られた全く罪のない者と宣言されました。

しかし後にサタンの試みにあった時、その選択の仕方によって二人の運命は全く正反対に分かれました。

アダムは神の命令に意図的に反逆しましたが、第2のアダムは「十字架の死に至るまで従順」であられました。

アダムは無制限の自由が欲しくて禁断の木の実に手を伸ばしましたが、イエス・キリストはそれを手放して神への従順の方を選び取りました。

その結果、アダムによって全人類に罪が入り、死が来ることになりました。

しかし第2のアダムにより全人類の罪が赦され、キリストの救いを信じる者に永遠の命がもたらされました。

「アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである」
(第1コリント15:22)

人間は万能ではないのです。

人間は神が与えられた制限された範囲内でのみ自由であり、その中で神の御心を受け入れていく時に、真の自由を体験して生きる存在なのです。

-*-*-*-*-*-*-

聖路加国際病院の日野原重明先生が105歳で天に召されました。

先生の最後の本『生きていくあなたへ』(幻冬舎刊)は、一つ一つの質問に答える対話形式で綴られています。

その最初の質問は、

「105歳になられた日野原先生、死ぬのはこわくないのですか?」

というものです。

それに対して日野原先生は驚くような答をしています。

「恐ろしい……。あなたにそう聞かれるだけで恐ろしい……」

生きることの達人たる日野原先生でも死を恐れているというのです。

先生はそのことを、自分にとっての死はまだ経験していない未知の分野なので恐れが湧くのだとご自分で説明しておられます。

しかし日野原先生はこう続けて記しています。

「人間は生まれた瞬間から死ぬことが決まっています。死と生は切り離すことのできない一続きのもの、いや同じものなのです」

「僕達は死ぬことから逃れられないし、逃れなくてもいい。死だけを凝視するのではなく、目を背けるのでもなく、ただただ今生きている自分の命を輝かせていくこと。それこそが死と一つになった生を生きるということなのです」

人生には神が定めた死という限界があります。

その中で神に従順に生きる時、日野原先生のように周囲に祝福を与えながら命を輝かせて生きる人生を送ることができるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神の御言葉に素直に従い、天からの祝福に満たされる一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.11.13

今日のみ言葉【No.1646】(2017年11月13日)「 人として生まれ、人として生きる」

ところが、彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。
(ルカ2:6-7)

——————

「イエス・キリストはどこの国の人でしょう?」というクイズに、「アメリカ人?」と答える人が今でもいらっしゃいます。

正解は「イスラエル生まれのユダヤ人」です。

彼は人類の歴史上確かに存在し、もしイエス・キリストがいなかったと仮定したら、織田信長や豊臣秀吉もいなかったとしなければならないほどの存在確率なのだそうです。

誕生日が正確に12月25日かどうかは別として、イエス・キリストという人は間違いなくこの世におられました。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストは人間として生まれました。

「しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生れさせ、律法の下に生れさせて、おつかわしになった」
(ガラテヤ4:4)

これを聖書は普通の出産と同じこととしてこう記しています。

「マリヤは月が満ちて、初子を産み、布にくるんで」
(ルカ2:6-7)

同時代の誰もが彼をごく当たり前の人間として見、異世界から来たエイリアンなどとは考えもしませんでした。

「この人は大工ではないか。マリヤのむすこで、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。またその姉妹たちも、ここにわたしたちと一緒にいるではないか」
(マルコ6:3)

もし当時のイエス様がそのままの姿で現代の東京の街中を歩いたとしたら、

「中東から来た外人さんみたいだ。映画の撮影でもしてるのかな」

という程度の目でチラリと見られはするでしょうが、すぐに忘れ去られるでしょう。

イエス・キリストはそれくらい普通の人間として生まれたのです。

-*-*-*-*-*-*-

キリストが人間として生まれたのには深い神学的理由が挙げられますが、私たちに身近な理由として、私たちと同じ苦しみを味わってくださったからこそ、私たちの気持ちを理解し、助けてくださるということが挙げられます。

「そこで、イエスは、神のみまえにあわれみ深い忠実な大祭司となって、民の罪をあがなうために、あらゆる点において兄弟たちと同じようにならねばならなかった。主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試錬の中にある者たちを助けることができるのである」
(ヘブル2:17-18)

イエス・キリストは痛みも悲しみも感じないくらい強く、どんな誘惑をも意に関せず、吹き飛ばして楽々人生を生きた方ではありません。

私たちと同じように誘惑に会い、疲れ、悲しみ、他者との心の交流を必要としていた方なのです。

「イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである」
(マタイ4:1)

「イエスは旅の疲れを覚えて、そのまま、この井戸のそばにすわっておられた」
(ヨハネ4:6)

「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである」
(マタイ26:38)

「イエスは、マルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた」
(ヨハネ11:5)

キリストと共に生きるとは、同じ人間として生まれ、私たちと同じ思いを味わった方と共に生きることであり、その方を頼りとして生きることです。

そこには人生の暖かさがあり、気張らないで生きることのできる道が開かれています。

-*-*-*-*-*-*-

頼れる存在を見つけ、否定的意味でなく上手に依存して生きることは、自立を目指して生きることと同じくらい大切です。

心理学の世界では、フロイトが自立を強調した代表です。

かつての日本ではフロイトの精神分析が主流でしたが、現在はアドラー心理学が花咲いています。

そして次に来るのが、人は依存し合って生きるものだと主張するコフート心理学であると言われています。

フロイトは自我を育てて鍛えることが正解だと論じ、彼は自分のガンの治療に自分たちが開発したコカイン麻酔を最後まで使おうとせず、あくまで自我によって生きる生き方を追求しました。

一方、コフートは周囲の人の助けを求め、そのサポートによって死の3日前まで講演を続けたと言います。

どちらも人の生き方ですから、どちらかが正解とは言えません。

しかし、イエス・キリストが人間の姿をとって生まれ、私たちと同じ苦しみを味わわれたということは、その苦しみ悲しみを分かち合えるということです。

キリストと共に生きる道。

神に頼り、神に依存しながら生きる道があることを知っておきたいものです。

-*-*-*-*-*-*-

人となったイエス・キリストと共に生きる今日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2017.11.11

今日のみ言葉【No.1645】(2017年11月11日)「 世界は準備されている(6)」

しかし、聖書に書いてあるとおり、「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもしなかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」のである。
(第1コリント2:9)

——————

人工知能AIやロボットが発達した10年後の近未来、世界はどうなっているのでしょうか?

エジソンが電灯を発明したのでそれまで使われていたガス灯が姿を消したように、今ある職業の多くが無くなると予想されています。

単純作業がロボットに肩代わりされることはわかるとして、頭脳明晰な人も危ういそうです。

なぜならAIはそれ以上に優秀になるからです。

-*-*-*-*-*-*-

では絶対に残る仕事はあるのでしょうか?

あります。

その代表的例が山形県にあります。

それは「サクランボの箱詰め」です。

「はぁ?何を言っているの?」と思われますか?

実は「指」を使う繊細で丁寧さが要求される仕事は、まだまだAIもロボットも及びがつかない領域なのです。

神様は私たちが思いもよらないところで生きる道を用意されていらっしゃいます。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストのご降誕のため、そしてその後の伝道生涯のため、さらには弟子たちの世界宣教のため、神はあらゆることのために準備をされ、完璧なタイミングで事を始められました。

しかしそれらは今まで見てきたように、その当時に生きた人にとっては必ずしも心地よいものではありませんでした。

アレクサンドロス大王やローマの支配。国を無くして他国へ離散する中での生活。霊的飢え渇き。

人間の側から見れば「何もかもうまく行かない」ことばかりですが、神の側から見れば「全て順調」なのです。

「しかし、聖書に書いてあるとおり、『目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもしなかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた』のである」
(第1コリント2:9)

もちろん現実の生活のために、衣食住、水道光熱費、老後の準備をする必要があります。

快適な生活になるよう、改善の努力をしていいのです。

しかし、自分の快適さとは関係なく、神の大きな救いのご計画があり、それに沿って

「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもしなかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」

という事実があることを忘れてはなりません。

-*-*-*-*-*-*-

そのことをご自分の人生で体験されたK姉のお話です。

いい子、良い嫁、良き母と誰からも言われていた彼女に試練がやって来ました。

それはご自分の娘さんの体調不良から始まった不登校でした。

あれこれやる中でお母さんのK姉自身が無気力なっていくのがご自分でもわかったそうです。

講演会を通して教会を知った彼女は、心の安らぎを求めて礼拝に出席しました。

メッセージを通し、教会の先生を通して、Kさんは自分がいかにいい子を演じ、自分を抑え、自分が損をすることで周りと調和できるようにし、安心感を得ようとしていたかがわかりました。

本当はもっと自分を出したかったのです。

それは人を押しのけてでも目立ちたいという欲求ではなく、ありのままの自分の気持を正当に主張するということです。

それをしないでも忍耐できていたのですが、娘さんの不登校という大問題でとうとう限度を越えました。

それで自分の生きづらさに気づいたのです。

K姉はこの出来事が不運なことではなく、神の導きであると悟りました。

彼女は神に全てをゆだねようと決心し、洗礼を受けてクリスチャンとしての歩みを始められました。

教会に来てからのKさんしか知らない人に

「Kさんってどんな人?」

と尋ねると、一様に

「明るい人」

「芯が強くて、いつも希望を語ってくれる人」

という返事が返ってきます。

彼女の奥に閉じ込められていた本当の姿が、ありのままの輝きをもって表に出るようになったのです。

娘さんはその後、介護施設で働くようになり、「私の天職」と言うほどの充実感を持つ人生となりました。

-*-*-*-*-*-*-

世界は準備されている。

このことを覚える一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2017.11.10

今日のみ言葉【No.1644】(2017年11月10日)「 世界は準備されている(5)」

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
(マタイ7:7-8)

——————

作家の曽野綾子さんは、実年齢では測れない心理的老化の度合いを、新しい機械を使うかどうかで測るそうです。

ちょっと長いですが引用します。

「新しい道具を与えられると、どう使っていいかわからない。何度、人から説明されても、説明書を読んでも、自分にはわかりっこない、と思う。どんなに高い教育を受けていても、知能が高くても、わからないと決めてかかって、そんな新しい道具を使わせられるくらいなら、多少の不便は我慢してもいいから、今のままがいい、と拒絶する。」

「使いそこなうことは、その人の性格と能力の問題である。しかし、初めから使わないと拒否することは老化である。」
(『戒老録』、曽野綾子著、祥伝社、p106)

新しい機械を使い出すと、最初は失敗続きで混乱します。

すると、「自分はできなくなったのだ」と認めることが辛いので、新しいものに手を出さなくなるのです。

心が老化すると安定を求めます。今と同じ状態がずっと続くことを求めるのです。

ですから、迷い、混乱するということは、「まだまだ私は若いぞ」という証明です。

神は苦悩する心に働いてくださるのです。

-*-*-*-*-*-*-

イエス・キリストが降誕した時代は「ローマの平和(パックス・ロマーナ)」と呼ばれる長く平和が続いた時代でした。

人々は生存の恐怖に怯えることが無くなり、生きる意味を求めることが出来る時代となったのです。

この平和の時代、争いが起きなかった理由の一つは、ローマ帝国が各地の宗教に寛容だったからです。

征服された民がカイザルの前にひれ伏して拝む限り、彼らがどんな神々を信じていても迫害されることはありませんでした。

そうすると、何を選ぶか、どれが本当の生きる道なのか、人々は悩み混乱します。

「○○様のお陰で治った」

「△△の神様に行ったら経済の問題が解決された」

「□□の女神は効き目がある」

さらに、宗教では飽き足らぬ人々が哲学者に人生の問題の答を求めました。

-*-*-*-*-*-*-

この霊的知的混乱の時代を神様は用いられたのです。

それはちょうど山登りの状況にたとえられます。

まだ暗いうちに出発し、木々の中、藪の中を頂上目指して進みます。

自分は今どこにいるのか、どこまで登ったのか全くわからず、果たして頂上に着けるのかさえ確信がありません。

疲れてくると、景色を見ようとする意欲すらなくなり、ただただ足を進めるだけです。

やがて喉がカラカラに渇いてきます。

そしてとうとう山の頂上に着いた時、そこで飲む水は格別の味です。

霊的混乱の時代だからこそ、命の清水の味がわかるのです。

-*-*-*-*-*-*-

神は求める者には与えてくださる御方です。

それまでに混乱の時期を過ごすかもしれませんが、神はあえてそこを通させるのです。

それは私たちが本物を手に入れ、離すことが無いようにするためです。

今日も新しいことにチャレンジし、命の水を味わって参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

« Previous | Next »