2017.09.04

今日のみ言葉【No.1602】(2017年 9月 4日)「 危機によって鍛えられる」

あなたがたは恐れてはならない。かたく立って、主がきょう、あなたがたのためになされる救を見なさい。
(出エジプト記14:13)

——————

田中信生先生のお父様の田中美男(たなかよしお)先生は、栄光に輝くツルツルの頭を持っておられました。

かろうじて後ろ側に髪の毛が残っているのを題材にして、ユーモアたっぷりでこう教えてくれたものです。

「チャンスは前髪あって後ろ髪なし。その時つかまなければ後は無いんだよ。この頭とは反対じゃ。アッハッハ!」

戦時中、かの治安維持法でキリスト教会が弾圧される中、命がけで伝道された先生だけに、その言葉の重みが伝わってきました。

出エジプトのイスラエルも危機の連続の中で生かされていました。

-*-*-*-*-*-*-

イスラエルの民がエジプトを出たのは、圧制からの逃避ではなく祝福となる運命の達成のためです。

脱出のチャンスは一瞬です。

しかし、一晩の内に大急ぎで出発しなければならなかった彼らに、十分な準備を期待することはできません。

エジプトから出てパロの圧制から解放されたのはいいが、とにかく彼らは急いで移動せねばならず、食べることの心配やこれからどうなるのかわからないという不安に襲われました。

「われわれはエジプトの地で、肉のなべのかたわらに座し、飽きるほどパンを食べていた時に、主の手にかかって死んでいたら良かった。あなたがたは、われわれをこの荒野に導き出して、全会衆を餓死させようとしている」
(出エジプト記16:3)

厳しい試練には常に危機感と絶望感が伴います。

十分に訓練が施された民なら冷静沈着な行動を期待できますが、いきなり荒野に立たせられ、昨日まで何の訓練も準備もなされていなかった人々にそれを期待するのは無理なのです。

-*-*-*-*-*-*-

この事態を神はどうご覧になられたのでしょうか?

この民は資質がないと諦められたでしょうか?

いいえ、イスラエルの民が試練を通らされるたびに、神はご自身が全ての必要を満たされる存在であるという確信を彼らに植え付けられました。

つまり、危機によって彼らの神信頼を鍛えあげられたのです。

前には紅海、後ろにエジプトの軍隊が迫り来る絶体絶命の時、

「あなたがたは恐れてはならない。かたく立って、主がきょう、あなたがたのためになされる救を見なさい」
(出エジプト記14:13)

と、紅海を渡る奇跡を行われました。

飲み水がない時には

「見よ、わたしはホレブの岩の上であなたの前に立つであろう。あなたは岩を打ちなさい。水がそれから出て、民はそれを飲むことができる」
(出エジプト記16:6)

として、水を与えられました。

危機は神を信頼するためのチャンスとなったのです。

-*-*-*-*-*-*-

私は先週、ひとつのチャレンジを受けました。

実は今週後半から約1週間、アメリカのピッツバーグへ行き、数回のバイブルレクチャー、2回のメッセージをすることになっています。

当初、日本語だけでOKの予定でしたが、段々近づいてくるとアメリカ人の方が多く集まる集会があり、そこは英語でメッセージをすることになりました。

イスラエルの民が味わった危機とは比べ物になりませんが、私にとっては大きなチャレンジです。

試練や危機がやってくると、そこをどう通り抜けようかと人は考えます。

「神様どうしましょうか?」

と祈ると、

「それはお前が考えろ」

という答が返ってきました!

「やっぱり日本語でいいです」とか「代役が見つかりました」とか、自分が楽をできるように神様を動かそうとしてもそうはならないということです。

私が私自身を何とか動かさなければなりません。

さて、私の性格は、妻からは「見栄っ張り」、精神科医からは「ええ格好しい」と言われています。

つまり、人前で恥をかかないように一生懸命頑張るプライドが高い人間なのです。

そこで強制的に人前で恥をかくかもしれない事態にしました。

教会の英語礼拝でピッツバーグ用のメッセージをさせてくれ、と担当者に無理矢理お願いをし、何とかかなえてもらったのです。

人が大勢集まる前で、「ア〜、ウ〜」と言ったきり詰まって突っ立ったまま、というのは私にとっては最大の拷問です。

そうならないように、むしろ「流暢に英語を操り、人々を魅了するメッセンジャー」という肯定的ビジョンを描き、何とか間に合わせ、昨日の英語礼拝でメッセージをすることができました。

このようにして神は私を鍛えてくださっているのだな、としみじみ思う今日なのです。

-*-*-*-*-*-*-

危機は神信頼を養うチャンスの時です。

「きっとあなたはできるよ」と語ってくださる神がおられることを信じ、あなたならではのチャレンジの一歩を踏み出して参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2017.09.02

今日のみ言葉【No.1601】(2017年 9月 2日)「 一つの目的、一つの方向」

わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。
(出エジプト記20:2)

——————

今日のみ言葉メールが昨日で1600号となりました。

最初は1000号に届くのも夢だったのに、今やそれをとうに越していることに神の力を覚えます。

御言葉メールは東日本大震災で教会に来ることができない方々への励ましを目的に始められました。

旧約聖書のイスラエルも一つの目的のために進んでいきました。

-*-*-*-*-*-*-

創世記でアブラハムに祝福の契約が与えられた後、彼らはエジプトに導かれ、そこで強い民族へと成長しました。

しかしエジプトの王パロの圧制を受け、モーセを通して神の導きを受けた民はエジプトを脱出します。

もし私たちがそのまっただ中にいたら、何が何だかわからないうちに荒野に出て、紅海を渡り、シナイ山に来た、と思うことでしょう。

その所で神は十戒に代表される律法を授け、崇高な神の民となる使命を彼らに与えられました。

私たちの身の回りに起こる様々な出来事は、一見何の脈絡も無いように見えますが、神の大きな御計画の中で一つの方向に向かって統一されていくのです。

イスラエルの民はシナイ山で受けた新たな契約をもって、血縁や地縁で結ばれた共同体から、契約で結ばれた共同体へと成長していきます。

-*-*-*-*-*-*-

私たちの人生でも、何のためにこれが起きているのかわからない事態に出会うことがあります。

なぜこんなに忙しいのか。逆になぜこんなに退屈なのか。

なぜあんなことを言われなければならないのか。逆になぜあんなことを言ってしまったのか。

自分の力ではどうしようもないものに巻き込まれて生きていかざるを得ない時があるものです。

私にとっては突然のうつ病でした。

1年間は何もできずに「とりあえず生きている」という状態でした。

その後も以前と比べて6割程度の仕事量ができれば良い方だという年月が続いています。

私は自分の力の限界と無力さ、そこで味わう気持ちの移り変わり、そして神への向き合い方をとことん訓練されたのでした。

ですから、以前バリバリ使っていたパソコンのスケジュールソフトやスマホのGoogleカレンダーなどは一切使っていません。

今は昔からある手書きの手帳を使っていますが、空白スカスカ状態です。

そのような中から生まれたのが「今日のみ言葉メール」であり、書籍となった『365日 生きていていい!』なのです。

神は一旦私を粉々にする必要があったのです。

「主は仰せられる、イスラエルの家よ、この陶器師がしたように、わたしもあなたがたにできないのだろうか。イスラエルの家よ、陶器師の手に粘土があるように、あなたがたはわたしの手のうちにある」
(エレミヤ18:6)

私が造り上げる陶器ではなく、神が造り上げる陶器。

私たちの人生の暗闇の時でも、神は必ず確かな方向に向けて私たちを導いていてくださることを忘れたくないものです。

-*-*-*-*-*-*-

自分にはわからなくても、神は全体をご存知です。

忙しくて目が回りそうでも、退屈で息が詰まりそうでも、そこを流れる神の目的があることを信じ、今日の一歩を進めて参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-
-*-*-*-*-*-*-

●過去記事(バックナンバー)は全て

http://mikotoba.nows.jp/

に保管されていますので、いつでもご自由にお読みいただけます。

2017.09.01

今日のみ言葉【No.1600】(2017年 9月 1日)「 夢を見ながら苦労をする」

どうか、わが悩みと苦しみ、にがよもぎと胆汁とを心に留めてください。
わが魂は絶えずこれを思って、わがうちにうなだれる。
しかし、わたしはこの事を心に思い起す。それゆえ、わたしは望みをいだく。
主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。
これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。
(哀歌3:19〜23)

——————

「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉があります。

年長者がそれを言うのは、結果としての祝福が大きいことを身をもって知っているからです。

ただし、苦労100%ではつぶれてしまいます。

その先にある祝福という夢があるからこそ苦労を通り抜けていけるのです。

-*-*-*-*-*-*-

苦労することによって人間は大事なことを学び、成長を遂げますが、その陰で忍耐を支える夢が必要です。

人は夢がある時、多くの苦難を耐え忍ぶことができ、正しい方向を見失うことがありません。

ちょうど闇夜を航行する船が、遥か彼方の灯台の光に安心を得、自信を持って進んで行くことが出来るように、イスラエルは神から与えられた夢によって一つの民族へと統一されていきました。

見渡す限りの広大な土地が与えられ、星の数のように子孫が増え広がる…。

悩みと苦しみにうなだれる時、彼らはその夢を思い起こし、望みをいだきました。

「主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい」
(哀歌3:22〜23)

-*-*-*-*-*-*-

夢を持って生きる時に気をつけるべきことは、現実の自分の位置を生きることです。

先ほどの灯台の光を目印にして航行する船の乗組員が、「もう灯台に来たから安心だ」などと思って船を止めてしまったら一向に目的地に着きません。

灯台の光を見たら、そこから遥か彼方の沖合にいる自分のいる位置から陸地に向かって進む努力をするのです。

私はこのことを本を出版する過程で学びました。

「御言葉メールを本にする」

そんな夢を見始めて、実際に出版するまで実は3年の月日がかかりました。

その間、原稿の内容はほとんど変わっていません。

なぜそんなに時間がかかったかというと、私が一挙に本の著者になるという夢の側に居続けてしまい、その位置から本当の自分の位置へ降りることができなかったからです。

つまり、立派な人を演じていたので、立派な原稿・文章・言い回し等、自分の実力以上の自分に見せようとして、そうなっていない私に対して必死にブレーキをかけていたのです。

これは今でこそわかる無意識の世界です。

ある時ハッと気づかされました。

「このお粗末な私でいいと言う人に読んでもらえば良い」

そうやって自分をさらけ出す覚悟ができた時から、スムーズに事が進むどころか、加速度がついて目が回るほどのスピードで本が世に出ることとなりました。

「ストン!と自分の位置に落ちてみなさい」

と言われると恐ろしい感じがしますが、実際落ちてみると、実はそこが本来の自分の居場所なので平安です。

この世に生きていますから「売らねばならぬ」というプレッシャーを感じる時も

「必要とされる人のところに本が届けば良い」

と思えるので焦りは消え失せてしまいます。

苦労の中で夢を見るのでなく、夢を見ながら現在の苦労をする。

これが神の与える生き方だと学びました。

-*-*-*-*-*-*-

あなたが本当の位置に降りることは何の恥ずかしいことでもありません。

そこから人生が急展開することを信じ、夢を見ながらやり甲斐のある労苦にチャレンジして参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールの申込、停止は全て自動でなされます。下記メールアドレスに件名も本文も無い空メールを送信して下さい。

 ●御言葉メールをお申し込みになりたい方は
   → reg@mikotoba.nows.jp

 ●御言葉メールを停止したい方は
   → del@mikotoba.nows.jp

2017.08.31

今日のみ言葉【No.1599】(2017年 8月31日)「 困難を通しての祝福」

ここに、ヨセフのことを知らない新しい王が、エジプトに起った。
(出エジプト記1:8)

——————

Jアラートが鳴りました。

戦時中の空襲警報とはこういうものかと思うような体験でした。

このような状況は決して好ましいものではありませんが、困難や試練を通して人間は成長するということも事実です。

イスラエルはエジプトの圧制の下で民族として成長し、統一されていきました。

-*-*-*-*-*-*-

アブラハムは「個人」として神の召命を受け、イサクの時代に「家族」となり、ヤコブやヨセフの時代では「部族」へと成長しました。

そして彼らはエジプトで増え広がり、共通の言語・信仰・文化様式を持つ一つの「民族」へとなりつつありました。

いろいろな出来事がありながらも、創世記ではイスラエルは順調に育っていったように見えます。

しかし、出エジプト記で状況は一変します。

「ここに、ヨセフのことを知らない新しい王が、エジプトに起った」
(出エジプト記1:8)

かつてエジプトの大飢饉を救った恩人ヨセフの存在は忘れ去られ、イスラエル民族を敵視する王が現れたのです。

イスラエルには厳しい労役が課せられ、彼らは圧迫感の中で過ごさねばならなくなりました。

-*-*-*-*-*-*-

私たち人間は自分にとって良いと感じられるものだけを神の祝福と考えがちです。

しかし今までの人生を振り返ってみれば、困難を通して多くの良きものを得てきたのではないでしょうか?

むしろ失敗体験を通してのほうが、強烈に正しい道に導かれたような気がします。

もちろん悪意ある人の行動を野放しにして、されるがままでいいということではありません。

出エジプト記を通して私たちが学ぶべき大事なことの一つは、神はこの上ない苦しみを通して祝福を与えることがあるということです。

そしてそれはイスラエル民族が想像もしていなかった「国家」へと彼らを形作るための一つの階段だったのです。

家族 → 部族 → 民族 → 国家

神のご計画はイスラエルを通して全世界に祝福を与えることです。

その目的のために、彼らは一つの共同体として強くまとまることが必要でした。

その手段として神はエジプトの圧制を用いられたのです。

-*-*-*-*-*-*-

困難に出会うと、第1段階では「不平や愚痴」が出てきます。

言ってもどうなるものでもないとわかると、第2段階の「忍耐」のレベルに来ます。

ただひたすら耐えるのです。

さて、次の第3段階から信仰の世界に入ります。

それは「感謝する」というレベルです。

「困難や苦労は祝福の一歩手前である」

「神の大きな御計画の中でこのことが許可されて起きているのであって、やがて最善に導かれる」

そう信じて現在の苦境をしのいでいく生き方です。

同じ耐えながら生きていくことに変わりはありませんが、第3段階の「感謝」では喜びがあります。

すでにそうなったという信仰により、未来の先取りの祝福を味わいながら生きることが出来るからです。

神は試練を与えて私たちを神に近づかせるのです。

困難に直面すると、人間は自分の弱さに気づき、神に祈り、解決を求めます。

やがて99個の不満があっても1個ある感謝に気づき、それを大切な火種として力を得ていく人生を送り出すのです。

-*-*-*-*-*-*-

あなたは必ずそう生きることができます。

自分のペースで今日一日を生き、一つの感謝を見つける一日として参りましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールが届かない方へ

ご自分の「迷惑メール設定」を変更し、
maruyama@mikotoba.nows.jp
を受信許可に設定変更して下さいますようお願いいたします。

2017.08.30

今日のみ言葉【No.1598】(2017年 8月30日)「 聖書を正しく読む秘訣」

「わたしは、…、あなたを祝福し、…、あなたは祝福の基となるであろう。地のすべてのやからは、あなたによって祝福される」
(創世記12:2〜3)

——————

お魚をきれいに食べるとわかりますが、体の中心に太い背骨が走り、そこから細い骨がいくつも出ています。

魚の全体構造を知るには喉に引っかかるような細い骨を研究しても始まりません。

背骨から見ていくと、この小さい変わった骨は何のためにあるのかわかってきます。

聖書も同じで、背骨をしっかり捉えると大筋で間違えることはありません。

それが創世記第12章のアブラハム契約なのです。

-*-*-*-*-*-*-

聖書を正しく理解するための一句は何かとまとめれば、今日の聖書個所となります。

アブラハムとの間に神が結んだ契約が、聖書全体を貫くバックボーン(背骨)であり、これが時代を貫いて成就されていきます。

そこから派生して、魚には様々な小骨があります。

聖書で言えば、アブラハムが純粋に神の約束を信じることができずに、サラではなくハガルとの間にイシマエルという子をもうけたことや、自分の身の安全を図ってサラを妹と偽ったこと。

イサクがいけにえとなって殺される寸前だったこと。妻にリベカが選ばれたこと。ヤコブが兄エサウを出し抜いて長子の権利を得たこと。

さらに新約聖書のイエス・キリストの来臨もアブラハム契約を成就するための一つの出来事であったと言っても過言ではありません。

-*-*-*-*-*-*-

そして現在の教会の時代、あなたの周りで毎日織りなされる様々な出来事がありますが、それらは魚の小骨の数々です。

それだけを追っていると、本当に喉に引っかかるような思いをすることがあるでしょう。

しかし、歴史全体を流れる太い背骨があることを覚えておくべきです。

「わたしは、…、あなたを祝福し、…、あなたは祝福の基となるであろう。地のすべてのやからは、あなたによって祝福される」
(創世記12:2〜3)

すなわち、

(1)神はあなたを一方的に祝福されます。

(2)あなたは祝福の発信基地、祝福の基(もとい)となる人生を生きます。

(3)その結果、周囲の人々に祝福が広がります。

ということです。

このアブラハム契約は聖書理解のために第一番目に覚えて置かなければならない大事な約束です。

これをしっかり押さえていれば、誤った聖書の読み方をすることはありません。

新約の時代の今、アブラハム契約はイスラエルのみならず、イエス・キリストを信じる者に受け継がれました。

「野生のオリブであるあなたがそれにつがれ、オリブの根の豊かな養分にあずかっている」
(ローマ11:17)

と神に接ぎ木されたと表現される私たちです。

常にイエス・キリストの十字架で罪赦されたと信じる信仰に立ち返ることが祝福を受け継ぐための鍵なのです。

-*-*-*-*-*-*-

自分を見失わないためには背骨を見つけることです。

今日も祝福の基となる人生を送らせていただきましょう。

-*-*-*-*-*-*-

※御言葉メールをまとめた書籍『365日 生きていていい!』(税込1500円)は好評発売中です。

ご希望の方は、米沢興譲教会テープ伝道委員会までお問い合わせください。

メール:tapeinfo@kojochurch.com
電 話:0238-23-6439
FAX:0238-23-6440

« Previous | Next »